エコ バック。 人気の「エコバッグ」8品徹底比較! 丈夫で持ちやすくてたくさん入るのは?

エルク・エコバック♬

エコ バック

こんにちは、調査隊員Kです。 今回のテーマは「エコバッグ」です。 2020年までのレジ袋有料化(無料配布の禁止)を環境省が提案するなど、最近はなかなかホットな話題ではないでしょうか。 この流れを受けてか隊員Kが普段使っているスーパーも、先日からレジ袋を有料にしていましたよ。 というわけで、ネット上の評判を吟味のうえ、8種類のエコバッグを取り寄せてみました。 これらを以下の3つの指標でチェックしていきたいと思います! じゃーん ・容量 「どのくらい入るか」だけなら単純に製品の「〇リットル入ります」という情報を見ればいいんですけど、それだけではちょっと情報としては足りないですよね〜。 さまざまな形状・大きさの商品が無理なく入り、運べるかどうか。 そんな「使い勝手としての容量」をチェックしたいと思います。 ・収納しやすさ エコバッグの特徴として「外出中ずっと使うわけではない」というのがありますよね。 なので「携行時いかにじゃまにならないか」というのも重要かと思いまして。 どれだけコンパクトになるのか、そしてコンパクトにするのにどのくらい手間がかかるか。 そういった点を見ようかと。 ・丈夫さ 隊員Kは1週間分の食材を買いだめするスタイルなので、ここが死活問題なんです。 縫製とか生地の厚さとかをしっかり見たいと思います。 いろんなものを入れるということで防汚性も一緒に見たいですね。 やっぱ便利なのが一番でしょ。 機能重視エコバッグ 【1】マーナ「Shupattoコンパクトバッグ M」 北欧柄がかわいいですね 収容量:14. こちらのエコバッグは使い終わったときの「収納」にひと工夫ありの製品です。 袋の両端を持って「シュパッ」と引くと、いとも簡単にコンパクトなベルト状に。 これはいいぞ。 フィンランドのテキスタイルブランド「カウニステ」の生地を使っていてデザインもかわいいです。 隊員Kのような1週間分の食材をまとめて買うような人間にはちょっと足りないですが、3日に1回くらいの買い物なら必要十分ではないでしょうか。 まだエントリーナンバー1ですが、これは「収納しやすさ」部門では1位かもしれません。 壊れるとしたらここからって感じがしますね。 生地は薄手ながらかなり丈夫な感じです。 ポケットティッシュレベルのミニサイズに収納できるエコバッグです。 バッグ収納用にくっついているポケットですが、広げて使うときや小物を入れるときにも役立ちそうですね。 ただし隊員K的にはちょっと容量が物足りないかな……。 こまめに買い物に出かける方ならピッタリかもしれません。 やっぱり隊員Kにはちょっと小さいかな……。 毎日、もしくは2日に1回くらいの頻度でこまめに買いに行く方にちょうどいいサイズではないでしょうか。 本当にポケットティッシュくらいですね。 ただ付属のポケットにしまうためにたたむのが結構手間です。 いや大したことないんですけど、マーナさんの「シュパッと1秒」を経験した後だと、どうしてもね。 これは仕方ないです。 縫製もきれいですが特に丈夫さに気を配っているふうではなく。 ただ、あまり量が入らないので、そこまで丈夫さに気を配る必要はないのではないでしょうか。 構造が複雑じゃないので、たとえば中で何かがこぼれたりしてもお手入れしやすそうなのはいいですね。 前にもひとつ持っていたんですが、あまりにヘビロテしすぎたためにダメにしちゃいました。 うう、よく帰ってきてくれたね……。 こいつの何がいいって、トートとしても使えるしリュックにもなるんですよ。 やっぱり重いものを運ぶなら背負うのが一番ラク、ということで本当に重宝していました。 切り替えカラーとスクエア型のシルエットでちょっとおしゃれなのも、またいい感じです。 いや無理すればもっと入るんですけど、形がボコボコになると背負うのに難があるので、それをかんがみるとこの程度が限度です。 背が高めなのでネギとかが楽々入るのは便利。 1つ前に紹介したトルネさんと一緒ですね。 しかもトルネさんほどにはコンパクトにならないので、荷物に忍ばせるにはちょっと大きすぎるかもしれません。 何かここまで書いて、「このバッグあまりいいところないな……」と思い始めましたが、やっぱり何を差し置いても「背負える」というのは強みです。 両手が空くって最高です。 私が気に入りすぎてヘビロテしすぎた結果です。 色が切り替わってる部分とか、生地が重なって結構厚めにできているので、安心感がありますよ。 どことなく北欧系のコンセプトを感じる製品です。 お会計時にかごへかけさせてもらうとあら不思議、レジ係の方がきれいにかご詰めしてくれた商品をそのままスポッと持ちあげて帰れちゃうんですよ。 すごい……画期的……。 詰め替えめんどくさいなって常々思ってたんですよね。 というのも、カバン本体の中に、レジかごに引っかけるための内袋みたいなものがついてるような構造で、実質そこには物が入らないんですよね。 ちなみに持ち歩くときはその内袋部分をキュッと巾着(きんちゃく)状に締めることができます。 安定感が増すのでその点はグッドですね。 あ、あと、小さいポケットがついているのは個人的に最高でした! 家の鍵をエコバッグの底に入れちゃって、家の前で泣く泣くお野菜を取り出す事故がなくなりました。 ただ、たたむのがすごいラクで、その点が個人的にかなり高評価です! クルクルとまるめたあとに、縫い付けてあるゴムバンドでキュッと締めるだけ。 かなり適当にたたんでも、ゴムバンドがどうとでもまとめてくれるため、ズボラ主婦的にはポイント高いです。 なんだろう、二重になってるのかな。 持ち手部分もぜいたくに布を使って幅広にしてあるので、かなり頑丈ではないでしょうか。 手や肩に食い込んで痛くなったりしないのもうれしいです。 あと、生地の触り心地がかなり独特です。 なんというか、「トロン」としている? 普通のナイロンとはちょっと違う、すごくなめらかな感じです。 私はこの感触大好きなんですが、防汚性の面はどうなんだろう? ナイロンよりも「布っぽい」感じがするので、お手入れしやすさの面ではほかのバッグに軍配が上がるかもしれませんね。 ひとつ前で紹介したクルリトさんと違ってガッツリレジかごの形をしてますね。 もうひとつ違う点としては、内部がアルミ貼りになっていて保冷できること、これはうれしいですね〜。 そんなに長く外を持ち歩くわけではありませんが、それでも夏の生肉とかちょっと心配ですからね。 あと、キャンプやBBQでも活躍してくれそうな点がかなりGOODです。 レジかごをそのまま持って帰れる感覚です。 本当はこの画像以上に物が入るんですけど、今度は私の腕力が追い付かなくなってしまうのでセーブしました。 玉子とか、あんまり動いちゃうと怖いですし。 「バッグインバッグしていつでも持ち歩く」という運用はこのエコバッグにおいては難しいですね。 たっぷり入ることですし、車で買い物に行く人向けの商品なのかもしれません。 隊員Kは徒歩で買い物に行く派なので、ちょっと相性が悪かったかもしれませんね。 ただ、かなりたくさんモノが入るので、耐久性に対するハードルも結構高いんですよね……。 このあたりはある程度使い続けないとわかりません。 ただオシャレなだけじゃなく機能も考えられています。 サイドにスナップボタンがついていて、留めると安定感重視のマチ付きバッグに変身するんですね。 いっぱい入れたいときと、少なくていいとき、どっちもフィットするのがいい感じです。 本当にシンプルで平べったいただのトートバッグなので、安定感はちょっと心もとないですが。 たたんでポーチにしまう手間はあるものの、ポーチの大きさに結構ゆとりがあるので、割と適当にバサバサたたんでも収まってくれます。 ここらへん、チリも積もれば結構な時短になるはず。 ボタンを留めたらマチ付きになる構造もアイデア的にはグッドなんですけど、重いモノ入れたらバチン!って取れそう。 いや隊員Kが「一度にたくさんのものを運びたい 運ぶ回数を少なくしたい 」ズボラ的欲求が強すぎるのかもしれませんが。 流れで「エコバッグ」と言ってしまいましたが、エコバッグと紹介していいものか迷うほどおしゃれですね〜。 ちなみにこちら、売り上げの一部は「オーストラリア海洋保存の会」に寄付されるそうです。 レジ袋は環境問題の大きな原因であると考えられていますが、とりわけ海の動物たちが誤飲してしまう問題が近年取りざたされていす。 海とゆかりの深い国オーストラリアのすばらしい取り組みですね。 マチはないものの、幅が広めに作られているためか底がわりと広がりやすく、見た目よりも安定感があります。 最初にカレールーとかの「箱モノ」を横にバン!と入れて床代わりにすると、ほかのものをなかなか快適に入れられます。 ポケットにも押し込めちゃう小ささですね。 この手のエコバッグで最もスタンダードな感じです。 ただ大きさの割にちょっと縫製が心もとないかな〜とは思いました。 取っ手のあたりとか、無理させると裂けそうな危うさを感じます。 ドイツはベルリンからはるばる海を越えてやってきました。 いやそれにしてもオシャレだな……。 こいつからニラを生やして道を歩く姿は、我ながらなかなかシュールでした。 ただしこちらのほうがさらに幅広です。 取っ手も広めに作られていて、肩にかけやすいのが個人的に好みでした。 かばんは手のひらで持つよりも断然肩にかける派です。 ・Fold me:たたんで付属のポーチにイン ・Roll me:くるくる巻いてボタンで留める ・Stuff me:インナーポケットにそのまま詰めちゃう そのときの気分やスタイルで好きにやっちゃって、ということだそうな。 取り回しやすそうでいいですね。 縫製は特に目立ったところはないですが、長く使えそうな安定感を醸し出していますね。 まあこのあたりは、実際に長く使ってみないとわからないところではありますが……。

次の

レジ袋有料化で代わりに使うお勧めエコバック4品と代替品4品

エコ バック

オリジナリティ溢れるデザインにこだわった多彩なシリーズ展開 「KEEP IT EASY」をコンセプトに掲げているライゼンタールは、1971年にドイツで誕生しました。 収納用品やバッグを中心に展開しており、使い勝手の良いエコバッグも数多くそろっています。 コンパクトに折りたためるタイプやトートタイプ、ショルダータイプと、多彩な種類のエコバッグが満載です。 どのタイプもオリジナリティ溢れるプリントやカラーリングなど、おしゃれなデザインにこだわって作られています。 コーデのアクセントになるようなエコバッグを探している人はチェックしてみてください。 ライゼンタール(reisenthel) エコバッグを人気ランキング2020から探す アウトドアシーンにも役立つ雨の日にも強いエコバッグが大人気 2013年にスタートしたキウは、天候に左右されずに外遊びを楽しむためのアイテムを提案しています。 高品質なレインウェアが広く知られているブランドですが、丈夫な素材にこだわったエコバッグも多くの人に人気です。 キウのエコバッグは、雨の日でも安心して使えることがベースとされているため、撥水性や防水性の高い素材で作られています。 そのうえ、おしゃれでかわいいプリント柄も豊富です。 普段使いはもちろん、アウトドアシーンでも活躍するものが手に入るので、アクティブな人にとくにおすすめします。 キウ(KiU) エコバッグを人気ランキング2020から探す こだわりの素材で作られたエコバッグはどんなシーンにもぴったり スーパーのレジ袋からインスピレーションを得て生まれたナイロン製のエコバッグで一躍有名になったバグーは、カリフォルニア発のバッグブランドです。 エコバッグに使われている素材は、軽くて丈夫なリップストップナイロンや耐久性の高いリサイクルコットンなどです。 人気のシリーズはコンパクトに折りたためたり日常使いがしやすかったりと、幅広いシーンで役立ちます。 単色使いのシンプルなもの、トレンドを押さえたおしゃれなプリントものなどさまざまなデザインのアイテムが展開されているので、色や柄違いでそろえるのもおすすめです。 バグー(BAGGU) エコバッグを人気ランキング2020から探す 存在感のあるものからシックなものまで見つかる多彩なラインナップ バッグやポーチなど収納アイテムを中心に扱うドイツ発のローキーは、何度も繰り返し使えるおしゃれなエコバッグを販売しています。 おすすめのポイントは、絵画や芸術などをモチーフにしたプリントやインパクトのある幾何学模様、シックでありながら人目を引くカラーリングなど、ほかのブランドにはないハイセンスなデザインです。 コーデを引き立てるアイテムとして活躍するので、おしゃれにこだわる人から人気を集めています。 コンパクトに折りたたみできるものが多いので、幅広いシーンで便利に使えます。 ローキー(LOQI) エコバッグを人気ランキング2020から探す デザイナーの自由な発想が詰まった個性豊かなデザインがおすすめ 大阪生まれの繊維製品ブランドが手掛けるデザイナーズジャパンは、さまざまな日本人デザイナーとともに新しい商品を提案しているブランドです。 個性豊かなデザイナーとコラボした、おしゃれでハイセンスなアイテムがそろっています。 エコバッグは、2way使いや保冷機能付きなどタイプは違えども、どれもたくさん収納できる大きめサイズであるのが特徴です。 軽量な素材のものは、コンパクトに折りたたんで持ち運べます。 雰囲気の異なる個性的なエコバッグが豊富に展開されているので、性別や世代を超えて多くの人から愛されています。 デザイナーズジャパン(DESIGNERS JAPAN) エコバッグを人気ランキング2020から探す 素材や形、デザインの異なる多彩なデザインが満載 アメリカで生まれたホールフーズ・マーケットは、ヘルシーやオーガニックにこだわった自然派商品を扱っています。 食料品や生活用品を中心に展開しているブランドですが、環境に優しいエコバッグも人気商品のひとつです。 コンパクトに折りたためたり丈夫なキャンバス素材で作られていたり、保冷機能が付いていたりと、タイプの異なるおしゃれなエコバッグが豊富にそろっています。 旗艦店があるハワイでも話題を集めているため、トレンドに敏感な人はぜひチェックしてみてください。 ホールフーズ・マーケット(WHOLE FOODS MARKET) エコバッグを人気ランキング2020から探す 動物や花、果物などをモチーフにしたキュートなデザインが充実 1990年に洋服の輸入・卸売業としてスタートしたフレンズヒルは、自然エネルギーを生かしたエコ村作りなどの取り組みをしているブランドです。 環境に配慮したエコバッグはブランドのメイン商品でもあり、デザインのおしゃれさにこだわっています。 エコバッグには、動物や花などをモチーフにしたキュートなプリント柄など、ひと目見てかわいいと感じるようなものが満載です。 持ち運びに便利な折りたたみタイプが充実していますが、普段使いに適したトートタイプも人気を集めています。 フレンズヒル(Friendshill) エコバッグを人気ランキング2020から探す 上品なデザインのエコバッグはきれいめスタイルにも相性抜群 ディーン アンド デルーカは、心を豊かにする美味しい食べ物を扱うセレクトショップとして1977年にアメリカで誕生しました。 ブランドのメイン商品は食材ですが、オリジナル商品であるタンブラーやトートバッグなども人気です。 定番商品のエコバッグは、ブランドロゴがおしゃれにあしらわれたシンプルで美しいデザインが特徴。 きれいめスタイルにも自然と馴染む上品さがあるので、大人の女性からとくに愛されています。 また、全体的にモノトーンベースの落ち着いたカラーが多いため、飽きることなく使い続けられます。 ハイセンスな高級品がそろっていますが、日本ではオリジナルのバッグ類やぬいぐるみなどの雑貨が人気です。 エコバッグも注目の商品で、トラディショナルなデザインに遊び心がプラスされたおしゃれなシリーズがたくさん展開されています。 なかでも、繊細な縫製技術を要する丈夫な作りのものや、持ち運び用の小さなポーチが付いているものなどは、老舗ならではのクオリティの高さが感じられます。 ハロッズ(Harrods) エコバッグを人気ランキング2020から探す 目を引くデザインが一味違った個性を演出するエコバッグ ドイツのブランド ライゼンタールには、人々の生活をより便利により楽しくする収納用品が展開されています。 エコバッグもそのひとつで、ドイツのものづくりならではの品質にこだわったおしゃれなデザインで評判です。 無駄をはぶいたシンプルなレジ袋タイプやレジカゴにセットできるタイプ、大容量のショルダータイプなど、多彩なエコバッグのなかから好みの1点を選べます。 シリーズ問わずオリジナリティ溢れるデザインのものがほとんどなので、コーデを引き立てるアイテムを求めている人にもおすすめです。 ライゼンタール(reisenthel) エコバッグを人気ランキング2020から探す 愛着が湧くおしゃれなエコバッグがトレンドに敏感な人に大人気 ミストゥーラは、おしゃれな女性が求めるハイセンスなアイテムを提案しているブランドです。 モデルや芸能人なども愛用している人気のエコバッグは、トレンドに敏感な人から絶賛されています。 エコバッグの種類は、コンパクトに折りたたみができるタイプや丈夫なトートタイプ、買物用に最適なレジ袋タイプなどさまざまです。 おもに、イニシャルがあしらわれたシリーズが多く、自分用のエコバッグとして愛着が湧くものが見つかります。 また、芸能人とのコラボシリーズなどが展開されているのもおすすめのポイントです。 ミストゥーラ(MISTURA) エコバッグを人気ランキング2020から探す 愛着を感じる大人かわいい雰囲気が子育て中のママからも好評 スウェーデン生まれのモズは、ヘラジカをモチーフにしたアイコンが印象的な北欧雑貨ブランドです。 バラエティ豊富なアイテムのなかでも、北欧らしいおしゃれなテキスタイルが盛り込まれたエコバッグは多くのファンから愛されています。 手のひらサイズに小さくたためるものや保冷機能が付いたものなど、エコバッグのタイプはさまざまですが、どれも手にするたびに愛着を感じられる大人かわいい雰囲気が特徴です。 とくに、人懐こいデザインのシリーズは子供達にも人気があるので、北欧雑貨が好きな人はもちろん、子育て中のママからも好まれています。 モズ(moz) エコバッグを人気ランキング2020から探す シンプルなものもインパクトの強いものも長く愛用したくなる魅力が満載 フィンランドのブランド マリメッコは、ファブリックのプリント柄をデザインするブランドとしてスタートしました。 そのため、個性的でおしゃれな柄の扱いを得意としており、存在感のあるエコバッグが注目されています。 ひと目見てマリメッコと分かる大胆な模様のものから単色使いのシックなものまで、雰囲気の異なるエコバッグが豊富。 折りたためるタイプやメインで使える丈夫なトートタイプなど、バリエーションもさまざまです。 流行に流されない、おしゃれなデザインのエコバッグが手に入ります。 マリメッコ(Marimekko) エコバッグを人気ランキング2020から探す 20 商品名 デザイナーズジャパン(DESIGNERS JAPAN) エコバッグ ローキー(LOQI) エコバッグ マリメッコ(Marimekko) エコバッグ バグー(BAGGU) エコバッグ エンビロサックス(ENVIROSAX) エコバッグ モズ(moz) エコバッグ ダブルピーシー(Wpc.

次の

エコ、折りたたみバッグ ランキングTOP20

エコ バック

見出し• 我が家の失敗と、一軍で活躍するエコバックを紹介 エコバックを持っているのだけど「実はあまり使っていない…」という方も多いはず。 我が家も最初はあまり活用できていなかったのですが、最近は使い分けができるようになって、便利に使いこなせるようになってきました。 エコバックで試行錯誤して分かった使い方• 便利な3種のエコバック• 我が家が一軍で使っているエコバック エコバックを使わなくなる理由 エコバックを持っているけれど使っていない方も多いはず。 使いたい時に手元にない• 商品がエコバックに入りきらない• 折りたたむのが面倒くさい• 汚れると洗うのが面倒で… といった感じで、 一個で、いつでも・どこでも便利に使えるエコバックはない あると便利なエコバックは3種類 これまでに30個近いエコバックを使ってきたのですが、最終的に使っていて便利だと思うのはズバリ3種類!• サッと買い物 … コンパクトなタイプ• ガッツリ買い物 … レジカゴ対応の大容量タイプ• 夏場の買い物 … 保冷タイプ 1. ふと思い立った時に買い物をする時に便利なのがコンパクトに折りたためるタイプ。 常に車やバッグに入れておけば、家に忘れてきた…ということがなくなります。 「買い物するぞ!」という時に便利なのが、大容量でのレジカゴ対応のバック。 作りがしっかりしていて、持った時に体への負担が軽減されるように工夫がされています。 個人的にはリュックタイプが断然おすすめ。 夏場の買い物で活躍するのが保冷タイプ。 我が家の一軍エコバック 3種 我が家が一軍で使っているエコバックを紹介します。 オシャレ• レジカゴ対応の大容量タイプ• 折りたたむと超コンパクト• リュックとして背負えて楽チン• 汚れに強いタイプ• やで常に上位にランクインしています。 一番の強みは「シュパッ!」と一瞬で折りたたみできるその作り。 折りたたむのが面倒だからエコバッグを使っていなかったという方におすすめの商品。 シュパット コンパクトバック M シュパット コンパクトバック Mは、マーナの「シュパット」シリーズのなかでも、ロングセラーの定番アイテム。 買い物かご半分ぐらいの商品が入る容量で、手のひらサイズに折りたたみができるのが強み。 また、物を入れた時にキュッとまとまって動かないのも特徴的です。 汚れに強いタイプ エコバッグの気になるポイントとして、食品などから汁が垂れて汚れた時に洗うのが面倒なこと。 その点、 レジャーシートのような生地を使っているエコバッグだと汚れが染み込まず、簡単に拭き取れるので使いやすいです。 無印良品のエコバッグ 無印良品のポリエチレンシート・ミニトートバッグ。 デザインがオシャレかどうかはちょっと気になるところですが、ビニール袋の代わりとしてさっと使えるのがメリット。 汚れてもサッと水洗いすればすぐに乾くのが便利なポイント。 100均 100均でもエコバッグが販売されています、個人的には、価格が安く抑えられている分、品質もそれなりといった印象があるので、試しに使ってみるのであれば便利だと思います。 ただ、品質はお値段相応なので、長く使うことを考えると、それなりの商品に手を出したほうが安物買いの銭失いになりません。 それなりの価格のエコバックは、作りがシッカリしていて質感が違いますし、作りも気が利いています。

次の