アボカド 簡単 食べ方。 アボカドの簡単な食べ方!そのまま生でも美味しい?味付けは?

アボカドの簡単で美味しい食べ方!栄養豊富なアボカドのアレンジレシピも

アボカド 簡単 食べ方

何年か前までは見かけることの少なかったアボカドですが、今はどのスーパーでも見かけるようになって、お手軽に手に入る食材になりました。 安いところなら1個100円程度で買えるそうですから有難いですよね。 アボカドは ギネスに「世界一栄養価の高い果物」と認められたほど栄養価の高い食物なので、一度挑戦してみようかな…と思っている人も多いのではないでしょうか。 でもアボカドって初めて見た人には、『いったいどうやって食べたら良いの?』と悩んでしまうような見た目をしていますよね。 わたしもアボカドには馴染みが薄いのでどうやって食べれば良いのか考えてしまいました。 今回はアボカドの簡単な食べ方や、皮のむき方などを紹介したいと思います。 Contents• 簡単でおいしいわさび醤油 アボカドは熟した姿がワニの背中に似ていることから 日本語名では「ワニナシ」と呼ばれるほど個性的な見た目をしているので、アボカドをそのまま渡されてもどうやって食べると良いのやら…と悩んでしまいますよね。 アボカドの簡単な食べ方にはどのようなものがあるのでしょうか? わさび醤油 やはり一番簡単に手軽に食べる方法と言えば、アボカドを薄く切ってわさび醤油で食べる方法ではないでしょうか。 アボカドは マグロに似た触感をしているので、 わさび醤油との相性がバッチリなのです。 醤油の他にも、 ハチミツやオリーブオイル、レモン汁などとも相性も良いです。 いずれの食べ方もアボカドを薄く切ってかけるだけなので簡単ですね。 アボカドの簡単な調理方法はこちらの動画をご覧ください。 アボカドの人気レシピ アボカドの簡単な食べ方にはわさび醤油やハチミツ、レモン汁などがあることが分かりました。 それでは普段頻繁にアボカドを食べる方はどのような食べ方をしているのでしょうか? 人気のアボカドレシピを調べてみました。 薬味と和えて食べる• アボカドの半分あたりのところ、縦に包丁を入れる。 種に当たったところで包丁を止め、 種に沿って一周ぐるりと包丁を入れる。 アボカドを両手で持ち、ぐるりをひねる。 そのまま剥がすように離すと、アボカドが2つに割れる。 片方の実に残っているアボカドの種にまっすぐ包丁を下す。 そのまま包丁をひねると種が実から離れる。 半分にした 実を三等分にする。 三等分にした実の皮を端から手で向いていく。 熟し加減によりますが、上記の方法で皮を剥くと きれいに皮が実から離れるのでおすすめですよ。 アボカドの食べ方が保存方法もきになりませんか?是非こちらの記事も参考にしてください。 簡単に皮が剥けるアボカドを気軽に食べよう 調べるまでは皮を剥いたり身を取ったりと下処理が大変なイメージのアボカドでしたが実際に調べてみると、皮を剥いたり身を取ったりするのもとても簡単だと分かりました。 アボカドを美味しく食べるレシピも簡単でおいしそうなものばかりでしたね。 アボカドにはビタミンやミネラル食物繊維などが豊富に含まれていますので、毎日定期的に食べると体の調子も整えられて良いですよ。 ただし、アボカドは食物繊維が豊富すぎるため食べ過ぎると腹痛や下痢を引き起こすこともあるため食べ過ぎには要注意です。 簡単美味しいアボカドレシピをぜひ一度試してみてはいかかでしょう?.

次の

簡単アボカド食べ染めレシピ

アボカド 簡単 食べ方

近年日本では、美容効果や健康に良いということでアボカドはブームになりました。 スーパーでも当たり前のように置いてあり、色々な料理に使われています。 原産は中央アメリカなどの亜熱帯で、メキシコは生産量・消費量ともに世界一です。 日本は輸入する果実の中でバナナ・パイナップルに次いで3番目に多いとされています。 本記事では、メキシコ料理として有名なトルティーヤやタコスの具などに使われるアボカドディップの人気レシピを紹介します。 アボカドやトマト・玉ねぎなどを刻んだりすりつぶして、コリアンダーなどの調味料で味付けしたワカモレというソースもありますが、もっと簡単に作れるアボカドディップをアレンジレシピも合わせて徹底解説します。 アボカド自体は、そのままですと常温で数日間から一週間保存できます。 しかし皮をむいて空気に触れてしまうと酸化してしまいますので、一晩で黒く変色してしまいます。 アボカドディップも同様で、一気に空気に触れるため冷蔵庫でも一日たてば変色してしまいます。 変色しても食べられないことはありませんが、あまり美味しく見えません。 一番良い使い方は、作った後すぐ冷凍庫で保存することです。 製氷皿に小分けに保存したり、ジップロックなどの袋にいれておくと、 約1か月くらいは保存できます。 使う時は、1時間ほど自然解凍して調味料で味を調えてください。 アボカドを1個切ったら使い切ろうとは思わず、冷凍庫で上手に保存してください。 【材料】• アボカド... 玉ねぎ... レモン... 足1本• ニンニクチューブ... 調理酒... オリーブオイル... 粗挽き胡椒... 適量 【手順】• 玉ねぎをみじん切りにし、皿に広げておく。 アボカドを半分に切り、中をくりぬく。 アボカドを潰し、レモンを絞る。 エビの殻を剥き、背わたを取る。 たこ、エビを小さく切り、調理種に10分程漬ける。 玉ねぎを塩もみし、水気を取る。 アボカドに玉ねぎ・ニンニク・塩・胡椒を加えて混ぜる。 たこ・エビを水洗いし、水気を切る。 オリーブオイルでたこ。 エビを炒め、塩を加える。 爪楊枝にたこ・エビを刺す。 ディップをアボカド容器に盛り付ける。 たこ・エビを盛り付ければ完成。 【材料】• アボカド... クリームチーズ... 大さじ1• マヨネーズ... 大さじ1• レモン汁... 大さじ1• はちみつ... 小さじ1• 塩胡椒... 生クリーム... 40ml• パスタ... 160g• ボイルえび... アボカド... バジル... 1枚 【手順】 (下準備) パスタは茹でて冷水で冷やして水気をよく切る。 飾り用のアボカドは薄めにスライスしておく。 ボウルにアボカド・クリームチーズ・レモン汁・はちみつ・マヨネーズ・塩胡椒を入れて粗く潰す。 1に生クリームを加え、さっと混ぜる。 パスタ・ボイルえびを加えて混ぜ合わせる。 (味見をして足りなかったら塩を足す。 お皿に盛りつけて、盛り付けようにアボカド・バジルをのせたら完成。

次の

アボカドの種って食べられるんですよ

アボカド 簡単 食べ方

アボカドの食べごろの見分け方 お店で食べごろのアボカドを 選びたい場合は 「 色」と「 ヘタ」を見ましょう。 色での見分け方 色での見分け方は とっても簡単です。 この画像のような感じです。 黒色のアボカドは 熟しすぎです。 熟しすぎる前は「完熟」で 最高の状態なんですが、 熟しすぎると 傷んでいる可能性もあるので 選ぶのはさけましょう。 ヘタでの見分け方 色を見た後は ヘタの部分を確認しましょう。 ヘタでの見分け方は簡単で、 ヘタがついているものを 選びます。 そして、ヘタと皮のスキマが あまりないものを選びましょう。 ヘタがついている場合でも 下の写真のように、 黒いものは傷んでいる 可能性もあるので避けましょう。 もしヘタがついていなくても、 下の画像のように穴の部分が 緑色なら大丈夫です。 この穴の部分が黒くなっていると 傷んでいる可能性があります。 触るのはダメ! 触って食べごろを 判断する方法もあるのですが、 お店の商品を触るのはやめましょう。 多くの人が触ることで、 そこからアボカドが傷んでしまいます。 アボカドシールで簡単に見分ける 自分の目で なかなか食べごろを判断するのが 難しいと思う人は、 「この色になったら食べごろです」と シールがついてるアボカドを 買うといいでしょう。 簡単に食べごろを 見分けることができて とても役立つシールです。 スポンサーリンク 秋のアボカドは青くて固い 秋のアボカドは他の季節と 比べると、青くて固いものが 多くなります。 青くて固くなる理由は ちょうどメキシコ産アボカドが 新物の時期だからです。 日本で売られている ほとんどのアボカドは メキシコ産です。 メキシコでつくるアボカドの 収穫時期は9月です。 秋はちょうど新物のアボカドになるので、 どうしても青々しく 固くなってしまいます。 また、皮目が緑のまま追熟して、 色でも見分けるのが難しくなります。 食べごろの見分け方は関係ないのですが、 アボカドという曲があるようです。。。

次の