スタンダードプードル 売れ残り。 みんなの犬図鑑

ペットショップのワンラブ 写真と動画でご紹介

スタンダードプードル 売れ残り

前に飼っていた犬が病気で急に死んでしまい、その子と同じ名前にしました。 前のナナは6年という短い命でしたが優しく利口で気を使う子で、前のナナのようにいい子になりますようにと。 個体差がやはりあるので今のナナはかなり賑やかな性格です(笑)。 前のナナが死んでから、どうしているかなと再度ペットショップへ行ったら売れ残りこれから繁殖犬として育てるとのことでそんなことするのであれば、うちにくださいと頼みうちに来ました。 遊びは、遊ぼ!という感じで人や犬を追いかけたり飛びついたり。 だっこをすると落ち着きます、大きいのでなかなか圧がすごいです(笑)。 もう10歳なので、少なくなり最近はよく外を見てます。 気分が悪くなると家具に体をぶつけながら歩きます。 あとは、プードルらしいところはお利口なのである程度の言うことや我慢はできてますね…微妙ですみません。 狭いところ、部屋の隅に行くのが好きですね。 私とはしゃいでて、その流れで一緒にソファに座ろうね!という時に撮りました。

次の

ペットショップのワンラブ 写真と動画でご紹介

スタンダードプードル 売れ残り

前に飼っていた犬が病気で急に死んでしまい、その子と同じ名前にしました。 前のナナは6年という短い命でしたが優しく利口で気を使う子で、前のナナのようにいい子になりますようにと。 個体差がやはりあるので今のナナはかなり賑やかな性格です(笑)。 前のナナが死んでから、どうしているかなと再度ペットショップへ行ったら売れ残りこれから繁殖犬として育てるとのことでそんなことするのであれば、うちにくださいと頼みうちに来ました。 遊びは、遊ぼ!という感じで人や犬を追いかけたり飛びついたり。 だっこをすると落ち着きます、大きいのでなかなか圧がすごいです(笑)。 もう10歳なので、少なくなり最近はよく外を見てます。 気分が悪くなると家具に体をぶつけながら歩きます。 あとは、プードルらしいところはお利口なのである程度の言うことや我慢はできてますね…微妙ですみません。 狭いところ、部屋の隅に行くのが好きですね。 私とはしゃいでて、その流れで一緒にソファに座ろうね!という時に撮りました。

次の

みんなの犬図鑑

スタンダードプードル 売れ残り

そうだったんだww 次の日行ってみると、またわこくんの周りのハウスは、別の子犬…。 しかも、その時ちょうど テレビで「引き取り屋」なる存在がいることを、私は知ってしまいました。 そしていよいよ事件が起こります(?) ペットショップの売れ残り?まさかの値引セールの対象に なんと!わこくんが値引されていたんです。 「やった!安くなった!」という気持ちよりも 「え!こんなことってあるの!?」と驚いてしまいました。 それと同時に思い出される引き取り屋の存在。。 この時点で、飼うこと前提で動き出すに決めました。 それと同時に 「飼うって決まったら、ちゃんと触れ合ってみよう!」ということを話していたので、初めてハウスから出してもらって、お店の中でわこくんと触れ合ったんです。 この時に言った店員さんの言葉、 「久しぶりに出してもらえたねぇ〜」は今でも忘れられません。 毎日のようにペットショップに通ってはいたんですが、確かにわこくんは営業中に出してもらえてなかったんですよね。 今思えばトイプーらしい風貌の子は「触れ合いたいです!」みたいな感じで、たくさんお客さんに相手にしてもらえるけど、 わこくんは相手にしてもらえなかったのかなぁ、なんて思います。 ちなみに開店前と閉店前には、他の子とお店の中を走り回ったりして仲良く遊んでいたらしいです。 引き取りたい!と決めて、私がやったこと 「ペットショップで売れ残りの子を引き取りたい!」と当時の私たちと同じ状況であれば、一番大事なのは その子をずっと愛せるかどうかだと思います。 実際に私たちは「引き取りたい!」「買いたい!」と決めてからは、毎日のようにわこくんに会いに行って、触れ合っていました。 わこくん自体が値引されて安くなっていたので 「他に誰かが迎えちゃうかも!?」という焦りの中、手配を進めていきました。 引き取りたい!と決めてやったこと• 賃貸のオーナーに相談• わこくんを引き取ります!とお店に伝える• 犬を迎えるためのグッズを準備する• お金を準備する 私たちは幸い、実家でわんちゃんを飼っていたので、前提知識もあったし、準備するべきことや、購入するべきもの、どのくらいの費用が購入後にかかるかもある程度、理解していました。 しかも、2人とも大のわんちゃん好き。 結婚はしていませんでしたが、同棲7年目。 仕事の都合がつけば、あとは書類を区役所にだけ状態だったので、「引き取りたい!」と思ってからは早かったです。 しかし、めちゃくちゃ大きい問題にぶつかります。 ちなみに、私たちが交渉した結果、今では「ペット相談」物件になっています。 というのも、もしオーナーからOKが出なかったら、お店の人に迷惑をかけると思ったからです。 この時に諸費用を計算してもらって、後日引き取りの日程を決めていきます。 わこくんはすでにワクチンを全て接種していたので、 生体代+ワクチン代がわこくんのお迎え費用でした。 基本的にペットショップの売れ残りになる子は、お店に来て時間が経っているので、ワクチンが全て終わってる子が多いのかな?と思います。 そのため値引きされていても、 ワクチン代が乗ってくるので、その分は先に計算しておくといいです。 また、この時点で特記事項の説明もしてもらえます。 わこくんはトイプードルっぽくない見た目ってだけだったので、 特記事項は「アンダーショット」だけでした。 (下顎の方が出てる噛み合わせの問題です。 わんちゃん用のハウス(ゲージ)• ペットシートとわんこ用トイレ• 毛並みを整えるコームやブラシ等• アルコール除菌シート• ハウスに取り付ける水飲み• 散歩用のハーネスとリード 基本的なわんちゃんのお迎え準備と一緒だと思います。 ウチでは 首輪ではなくて、ハーネスを準備しました。 というのも、首輪にリードをつけて散歩に行って万が一、力がかかってしまったら、 首を痛めてしまう危険性が高いからです。 ドッグフードに関してはお迎えから数日はストレスがかかるため、 ペットショップでわんちゃんが食べていたフードをあげるのがベストです。 そのため先に準備をするというよりは、その子のストレス具合や家への慣れ具合を見てから、ドッグフードは切り替えた方が安心かと思います。 あの時から本当に全然吠えなかったし、暴れなかったし、何より可愛かったなぁ。 (親バカ) 恐らく、私たち夫婦は「トイプードルを飼いたい」っていう意識は全くなくて、今でも「トイプードルを飼ってる」とはあまり自覚していない節があります。 笑) 一般的にいうトイプードルって、ふわふわもこもこのドワーフ体型の子が多いと思うんですが、わこくんってスクエア型のスタンプー体型なんですよね、4kg近くあるし。 どちらかと言えば、スタンダードプードルが小さくなっちゃった!みたいな感じです。 なので、大型犬を飼ってる方から「可愛いですね」と声をかけてもらうことが多いんです。 ペットショップで売れ残りを引き取りたい!特段変わったことはなし ここまで実際にペットショップで売れ残りだったわこくんを引き取った経緯や、流れをお話しさせていただきました。 結果、私が思うことは「本気」かどうかじゃないかなと思います! 私自身、実家のわんちゃんは「弟」のつもりで接してきていました。 わこくんの場合は「息子」だと思って愛しています!笑) それだけ身近で家族になる存在だということさえ理解して、愛することさえできれば、特段売れ残りだろうがなんだろうが関係ないのではないかなと。 もし売れ残りの理由が「特記事項」によるものだったとしたら、また別に覚悟が必要になってきます。 (わこくんの場合は「アンダーショット」だけだったので、大きな問題はありませんでした) もちろん、野犬の子を保護犬として迎えるとかは全く別の話だし、ハードルはめちゃくちゃ上がると思います。 1つ目は、わこママの実家で飼っていて、わこくんと出会う直前に亡くなってしまって ヒナちゃんというダックスフンドの存在。 2つ目は、わこくんを初めて見つけた日。 ペットショップでわこくんの真下のハウスに居たのが 「ウエストハイランドホワイトテリア(通称:ウエスティ)」だったこと。 私も実際に何度も会ったことはあるんですが、わこママだけが感じられる似ている何かがあったっぽいですね! ただ、確かになんとな〜く雰囲気は似てるんと僕も思いました。 わこくんと出会う直前にヒナちゃんは亡くなってしまっていたので、わこママのぽっかり空いてしまった心の穴を埋めてくれたのが、わこくんなのかなぁと思います。 ペットショップで見かけることも珍しいです。 最近だと、ちらほら散歩している方がいらっしゃるんですが、それでも全然少ないです。 私の実家ではウエスティを飼っていたので、ついついウエスティを見ると、実家のウエスティを思い出して寄っていっちゃんですよね!(寄っていくとか変態なのかな?) で、このウエスティがわこくんの真下のゲージに居たんです。 実は私、最初はわこくんではなく、このウエスティの子を見ていたんです。 笑) 「お!ウエスティがいる!」 と最初はウエスティの子犬を見ながら、実家のファルくんの昔と照らし合わせていたんです。 私がウエスティの子を見ていると、ずっ〜とクルクルと真上のゲージのなかを歩き回る子が1匹。 それがわこくんでした。 そして、私がウエスティの子ではなく、わこくんを見始めると、わこくんがお腹を見せながら、ひっくり返ってくれたりしたのを覚えています。

次の