猫乃木もち 中の人。 楠栞桜の前世(中の人)は夜桜たま?引退理由は?顔や年齢も

金剛いろは 中の人・声優は誰?かわいいと話題のVTuberの素顔は?

猫乃木もち 中の人

スマートなルックスにそぐわない、「ゴンゴン」という愛称を持つ金剛いろは。 まずは彼女のプロフィールを簡単に紹介します。 名前 金剛いろは(こんごう いろは) 誕生日 10月6日 年齢 17歳 身長 165cm 趣味 添い寝ボイス作成 好きなもの 漫画、アニメ、ゲーム、小説 得意料理 ポトフ 部活 アイドル部と吹奏楽部の掛け持ち 金剛いろはの特徴の一つは、何と言ってもビジュアル面です。 長い金髪をツインテールにしており、本人から見て左側だけが三つ編みになっています。 実家がバーチャル神社という設定があるため、衣装は巫女をモチーフとした和風テイスト。 休日には実家の神社のお手伝いをしているそうですよ。 切れ長の瞳にすらりとしたスタイルの凛としたルックスですが、声は軽やかでかわいらしい感じです。 本人は清楚キャラを自負している金剛いろは。 しかし彼女の趣味はそれとはまったく反対です。 映画はスプラッタ系やグロ要素のあるもの、アニメやゲームはいわゆる鬱展開などの闇を感じるストーリーが好きだと公言しています。 さらには「 虫を食べたことがある」という発言も過去にしていますので、とてもじゃないですが清楚キャラとは言えない気がしますね。 肝心の活動内容については、主にゲーム実況や雑談を配信しています。 特に「クソゲー」に分類されるようなつまらないゲームを実況することが多いようです。 配信の中では独特の引き笑いをすることが多く、そのあまりのインパクトに「 南米の変な猿」「 怪鳥ゴンゴン」などのあだ名を多数持っています。 「ジョイ君」というあだ名は、なんと食器用洗剤のCMでよく耳にする、綺麗になったお皿を指で拭く音が由来なんだとか。 仮にも年頃の女の子につけるには、どれもいささかパンチのありすぎるあだ名ですよね。。 しかし金剛いろはの魅力は、その配信にこそあるといっても過言ではありません。 どんなに強烈なあだ名で呼ばれようと、どんなにきついネタコメントが飛んでこようと、すかさず反応して笑いに変える才能を持っています。 実際に視聴者からもその点を広く支持されており、「コメントを拾う天才」「トーク力がクセになる」といった調子で絶賛されています。 しかし一方で、「赤飯」を「あかめし」と読んでしまうほど漢字に弱いという面もあります。 すべてにおいてパーフェクトではないというところが、むしろリアルで好感が持てますね。 17歳のJKという設定の金剛いろは。 部活はアイドル部と吹奏楽部の掛け持ちだそうです。 アイドル部では、金髪のVTuberである猫乃木もちと牛巻りこと3人で、私立ばあちゃる学園アイドル部の「パツキン3人組」と名乗って活動しています。 また、吹奏楽部ではトロンボーンとユーフォニアムを担当しているそうです。 金剛いろは 中の人(声優)は誰?顔バレしてる? クールな見た目と裏腹にかわいらしい声をしている金剛いろは。 金剛いろはの中の人(声優)はいったいどんな人なのでしょうか。 残念ながら公式からの発表は今のところないようですが、調べてみるといくつかの説があるようでした。 特に根強いのが、「 金剛いろはの中の人は声優志望の方」というものです。 金剛いろはの運営を手掛ける株式会社APP LANDが、所属VTuberの声を一般募集していたことがありました。 その対象に金剛いろはも含まれていたため、このような説が生まれたと考えられます。 また、「 中の人は20代後半の声優志望の女性」というなかなか具体的な推測もありました。 その根拠として挙げられているのが、「 TVゲーム『. hack(ドットハック)』を6歳の時にプレイした」という旨の発言です。 『』は2002年発売のRPGゲームですが、はっきり言って子ども向けの内容ではありません。 それを6歳の時にリアルタイムで買ってプレイするというのは正直考えにくいです。 そのため中の人は若くても 25歳前後、おそらく20代後半ぐらいが妥当ではないかという視聴者の指摘も複数あるようです。 ちなみにVTuber界隈には顔バレしている方も少なからずいるみたいですが、金剛いろはに関しては特にそういった情報はないようでした。 素顔が見れる日が楽しみですね。 金剛いろはが『かわいい』と話題!世間の反応は? 金髪碧眼で巫女モチーフの衣装、豊かな表情に愛らしい声。 配信を始めた頃は2Dだった金剛いろはは、当時からすでに かわいいと評判だったようです。 (かわいい) — Overblue@RYZEN7最高 overblue1640 あ……、この表情好き… ごんごんはかわいいなぁ! — らぎちゅん🎁🐏🐈🎉㊗️ brainrabbit002 そんな彼女は、持ち前の明るさと絶妙なトーク力で着実に人気を獲得していき、2018年9月3日にとうとうチャンネル登録者数が5万人を突破しました。 それを記念して、以前から約束されていた3D化が満を持して実現したのです。 衣装などは2D時代から大きく変化したわけではないですが、ツインテールにリボンがプラスされたり、巫女服の脇の部分が露出したりと、やはりアレンジが加えられている部分も少なくありません。 3D化に伴って変わったのは、ルックスだけではありません。 表情も2D時代よりぐっと豊かになり、いろいろな顔を見せてくれるようになりました。 また、彼女が動くのに合わせて長い髪がなびくなど、細かいながらも視聴者の心をつかむ工夫が随所に施されています。 2Dの頃からもともと評判の良かった金剛いろはですが、3Dになったことでさらに人気が上がったようです。 やはり立体的になると、それだけでずいぶん印象も変わりますものね! 動画を見ても所作や仕草がとても自然で、いつの間にか見入ってしまいました。 金剛いろはの事務所 ところで、金剛いろはの事務所はどこなのでしょうか。 金剛いろはの運営・プロデュースを手掛けているのは、という企業です。 彼女はAPP LANDが運営するVTuberプロダクションである「. LIVE(どっとライブ)」というところに所属している形になります。 この株式会社APP LANDですが、人気VTuberの電脳少女シロを運営していることでも有名な企業です。 所属VTuberたちに関しては「アイドル部」としてのプロデュースという形態をとっているようで、現在は他のVTuber運営企業とのコラボなどはほぼ行なっていない様子です。 その代わりに内部での絡みやコラボに力を入れており、アイドル部の所属メンバーがリレー形式で生配信していくスタイルが主流のようです。 特定の個人だけでなく事務所全体を応援する「箱推し」がしやすいというのは、大きなメリットの一つかもしれませんね。

次の

【アイドル部】夜桜たま・猫乃木もち契約解除・引退の理由を時系列順で解説|Vtuberファン

猫乃木もち 中の人

ご本人から契約解除を希望する旨の申し入れがあり、 当該申し入れを受理しましたことをご報告いたします。 皆様には長い間ご心配をおかけし、心からお詫び申し上げます。 長い間、所属タレント全員が継続して活動ができるように努めてまいりましたが、 このような結果となり、応援して下さった方には大変申し訳なく存じます。 大変遺憾ではございますが、どうかご理解頂けますと幸いです。 現状、詳細な事情のご説明をできない状況にあり、 ご心配をおかけし大変申し訳ございませんが、 ご容赦頂きますようよろしくお願いいたします。 なお、既に入稿、納品が完了している出版物に関してましては、 本人から出版社のご意向に沿いたいとの希望がありましたので、 出版社のご意向に沿い出版することとなりました。 今後もファンの皆様と真摯に向き合って 所属タレントをサポートしてまいりたいと考えておりますので、 変わらぬ応援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。 また、大変恐れ入りますが、 12月7日までの生配信に関しましてはお休みとさせて頂きます。 ということです。 現在予定されている出版物に関しては このまま販売されますが、 それ以降の活動はなく 引退と見て間違いないでしょう。 夜桜たまと猫乃木もちの 本人たちからの希望で契約解除ということで、 事務所側との話し合いが 上手くいかなかったことが伺えます。 夜桜たまと猫乃木もちの 契約解除の本当の理由は何なのでしょうか? スポンサーリンク 夜桜たまと猫乃木もちの契約解除の本当の理由は? 夜桜たまは以前、 事務所とのトラブルを起こしていました。 私はなんだかんだ言ってもみんなのこと好きだよ😡💢🗯 だからこそ、一緒に頑張ってくれたみんなと私の一年半を軽視されるような、言葉を、行動を、許せなかったです。 ごめんなさい。 許可もちゃんと頂いています。 こちらの生放送はアーカイブ残りません。 ご了承ください。 おはなし さんから — 夜桜たま🌸 YozakuraTama この生配信はアーカイブに残っていないため、 現在は見ることはできません。 が、有志の方がまとめています。 そして、 この時点では辞めるつもりは なかったようですね。 この夜桜たまの配信を受けて、. LIVEは話し合いをしていると Twitterで報告をしています。 【お詫びとお知らせ】 ファンの皆様にご報告が遅れてまして、ご心配をお掛けし大変申し訳ございません。 現在は情報を整理してアイドル部の皆様と順番に時間を掛けて話し合いをしております。 LIVE【どっとライブ】 dotLIVEyoutuber ですが、 この報告から約2ヶ月近く この問題に関しては触れていません。 直近の投稿では、 事務所が意図的に遅らせることはない とツイートしていますが、 夜桜たまのことについては触れられていません。 【お詫び】 アイドル部との話し合いについて、既に1ヶ月以上もの間お時間を頂き大変申し訳ございません。 事務所が意図して遅らせる事は一切ございませんので、その点ご理解頂けますと幸いです。 皆様には引き続きお時間を頂きご心配をお掛致しますが、何卒宜しくお願い致します。 LIVE【どっとライブ】 dotLIVEyoutuber そして、 夜桜たまと猫乃木もちの 契約解除へと繋がります。 この経緯を見ると、 話し合いはしていましたが 平行線のまま話が進まず、 夜桜たまと猫乃木もち側が 事務所への不信感から辞めた。 と考えるのが自然ですね。 意図的かどうかはさておき、 夜桜たまのスケジュールを 決めれなかったのは事務所側の責任。 そのことを最後まで認めなかったため、 契約解除へと話が進んだのではないでしょうか? いずれにしても、 真相は本人たちにしか分かりません。 夜桜たまと猫乃木もちの契約解除を機に、 他のVtuberも辞める可能性もありますが 今はただ見守ることしかできませんね。 ネットの反応 推しの契約解除の発表に悲しい気持ちでいっぱいです。 短い間でしたが、楽しい思い出の数々をありがとうございました。 夜桜たまのやったことは悪いことですよ。 でも、それ以上に頑張ってきたのも事実ですよ。 少なくとも事務所と 何らかのトラブルがあり、 それが解決できずに 契約解除となったようですね。 契約解除となった経緯が 説明されるのかどうかは分かりませんが、 夜桜たまと猫乃木もちが 別名義でも活動をしてくれるといいですね。

次の

金剛いろは 中の人・声優は誰?かわいいと話題のVTuberの素顔は?

猫乃木もち 中の人

実際何が有ったのかはわかりません。 なので全て推測でしか話せません。 猫乃木もちさんは歌や演技の面でもっと活発に活動したかったけれど、アイドル部のhPaの様に歌を制限し特別感を持たせるプロデュース方針のため活発に活動できず、契約が枷になっていたのだと思います。 仲が良かった八重沢なとりさんは学力テストでの「おいそこの猫」や配信の中での話から、リアルでの交流も深かった様ですし、自分のやりたい事を契約の枷なしにもっと活発にやって行ける様に、限られた若い時間をもっと全力で生きるために、前向きな意味で契約解消に至ったと一定の理解をしているのではないかと思います。 夜桜たまさんはもっと長時間配信をしたい、もっと頻繁に配信したいと言っていた事があります。 また、どうも半年程前からダンスレッスンやボイトレが多くなっていた様ですし、たまさんはどちらも苦手で心身にも時間的にも負担だったのではとも思えます。 北上双葉さんは動く姿を見せたい見せられそうと喜んでる面がありましたし、メンバー達がやりたい事とたまさんがやりたい事がどんどん乖離して行く負担が一因だったのかもしれません。 連日の様に2~6時間麻雀を中心にTRUE REMENBRANCEの続きの朗読配信などをする様になるのではないかと思います。 限られた人生を生きる上で、アイドル部のプロデュース方針に納得しているメンバー達と、本当に本人がやりたい事の乖離が大きい子が契約解消したのではないかと私は思えます。 1年半は若い子達にはとても大切で長い時間です。 大部分の男性視聴者層とは時間の感覚が全く違うのかもしれません。 私個人は、本人達が自分のやりたい事にもっと全力になれる様にという、前向きな契約解消なのではないかと思います。 そう思いたいと思います。 牛巻りこさんの活動休止は入院沙汰や点滴沙汰など過労は前々から有ったと思います。 ただ勤務先からVR機材を借りて使ってみたり、事務所も光学センサーが整ったり、配信で色々なプログラムを使ったり、自身のモデルを回転~移動で飛んで見せたり、この界隈でいずれ進むVRLive配信を最初にやっていた先輩の事務所に居る事は、やりたい事をやれる将来性を感じていると思います。 ただ牛巻りこさんが本気でやれる技術の限りの配信をしてしまうと、アイドル部のイメージが壊れる様な事をしてしまったり、他の子にも同じ事をやって欲しいという要望が来ると不平不満の元になってしまう恐れがあって、現状自由に全力で配信に技術を利用する事が制限されているのではないかとも思います。 夜桜たまさんはアイドル部の事を大切にしていました。 だからずっとやりたい事と違う負担が有っても我慢し続け、そこに更に負担が増え限界になった所で、希望 ソロライブ を与えられ失望を与えられた事で、心が折れたのではないかと思います。 そういう流れだったのではないかと。 行き過ぎた献身は自分を幸せにはしません。 たまさんは家庭の境遇的にも一番無理な献身をしやすいと思います。 たまさんは残されるメンバー達にも先輩にも可能な限り前向きな説明をしていたのではないかと思います。 もちさんとなとりさんの表に見えない親しい距離感があったりする様に、たまさんとちえりさんや双葉さんとの間にも表に見えないそれが有ったのだと思います。 ピノさんが2日に言った様に、運営はこれまでも親馬鹿に色々な事を叶えて来ました。 しかし12人も居れば多数決の意思決定は少数派に無理を強いるのが常です。 活動開始時にした契約を解消する事で2人を自由に活動できる様にする事は、子供を思い通りにしようと縛り脅す親に比べれば、自由に羽ばたかせる親馬鹿な気持ちもある様に思えます。 また卒業という言葉を使わせなかったのは、私はたまさんじゃないかと思います。 仲の良かった双葉さんやちえりさんは卒業せず在籍するのに自分達だけ卒業というのは皆で守って来た世界観の形を壊す事になるから、メンテちゃんなどのワードの様にあくまで現実的なメタ部分として契約解消という言葉を使って下さいと強く強く強いたのはたまさんなのではないかと。 私個人の見て来た範囲での推測による質問への回答は以上となります。 あと少しだけ返信で追記するつもりです。 運営は2014年頃にかなり開発が進んでいたと思われるスマホゲームのメインキャラから、2017年6月にVTuberデビューさせ、サブキャラから2018年4月にアイドル部をデビューさせました。 もし、1年後にたまさんが新たにVTuberとして活動し始めたなら、ちえりさん、双葉さん、牛巻とはコラボ配信を幾度か組む可能性はあると思います。 可能ならもちさんとなとりさんも。 説明を誤るとマルチアカウントで荒らしている人達が騒ぐので説明不足がどんどん積み重なっている様に思えます。 若さへの注目、若さを失っても続く人生と将来と生活費と報酬と現実と説明不可な点も多々有るでしょう。 今後も十分な説明がされるか不明ですが、私はこの運営ならば別の形の「続き」がいつかあってもおかしくはないと思っています。

次の