山口組 ナンバー 2 出所。 山口組ナンバー2出所…分裂抗争の今後を読む「2つのポイント」 一般人を巻き込む殺し合いが勃発する可能性は――(2019年10月18日)|BIGLOBEニュース

六代目山口組ナンバー2の出所にくすぶる火種

山口組 ナンバー 2 出所

高山清司若頭を乗せた「アルファード」は待ち構える報道陣の前を猛スピードで駆け抜けていった(記者撮影) 小雨が降りしきる10月18日早朝、府中刑務所(東京都府中市)の正門はものものしい熱気に包まれていた。 中から出てきたのは神戸ナンバーのトヨタ「アルファード」。 後部座席に乗っているのは六代目山口組のナンバー2、高山清司若頭(72歳)だ。 京都の建設業男性への恐喝容疑で逮捕されたのが2010年。 公判では無罪を主張するも裁判所は恐喝罪で有罪を言い渡した。 2014年6月、高山氏が最高裁への上告を取り下げたことで懲役6年の実刑が確定、府中刑務所に収監された。 高山氏「不在中」に三分裂 日本最大規模を誇った山口組には80人近い「直参」と呼ばれる直系組長がいた。 しかし高山氏が収監された翌2015年、司忍組長(本名・篠田建市、77歳)と高山氏の2人が築いた六代目体制に不満を募らせた直参13人が離脱を表明し「神戸山口組」を結成。 その2年後には神戸山口組から抜けた一部が「任侠山口組」を立ち上げ、山口組は六代目山口組(約1万人)と神戸山口組(約5000人)、任侠山口組(約460人)の3団体に分裂した。 その後に勃発したのが六代目山口組と神戸山口組の対立抗争だ。 事件やトラブルは100件以上にのぼり、高山氏の出所日が近づくにつれて激化した。 今年4月、神戸山口組の幹部が刺される事件が起きると、8月には司氏や高山氏の出身母体である弘道会事務所前で、バイクに乗った神戸山口組関係者とみられる男の銃撃に弘道会組員が被弾、重傷を負った。 【2019年10月18日14時50分追記】初出時、弘道会事務所の所在地が誤っていため、上記の通りに修正しました。 この「返し(報復)」が10月10日に神戸山口組系事務所で起きた銃撃事件だった。 雑誌記者を装った男が職務質問を受けている最中、近寄ってきた神戸山口組の組員2人に向かって発砲。 撃たれた2人は搬送先の病院で死亡した。 撃ったのは弘道会の組員(68歳)だった。 職務質問中に発砲を許すという失態を犯した警察は、六代目山口組や神戸山口組の組事務所20カ所に暴力団対策法に基づく使用制限仮命令を下す。 高山氏の出所によって抗争がさらに激化することへの警戒と、高山氏が司氏の後を継ぎ七代目山口組の組長に就くことを阻止せんとする強い意志表示だった。

次の

山口組ナンバー2若頭・高山清司の本当の恐ろしさ「強烈な頭脳、誰もが怖がる…」

山口組 ナンバー 2 出所

2015年に全国最大の指定暴力団山口組(神戸市灘区)から、指定暴力団神戸山口組(同市中央区)が分裂して4年余り。 対立抗争状態の両組に、神戸山口組から離脱した組員たちが結成した指定暴力団任侠山口組(尼崎市)を加えた三つどもえの構図が今も続く。 10月中旬には、強硬な姿勢で知られる山口組ナンバー2が出所する予定。 情勢の流動化が懸念され、警察当局が警戒を強める最中に、またしても発砲事件が発生した。 事件が起きたのは10日午後2時40分ごろ。 神戸市中央区花隈町周辺で「発砲音があった」と市消防局に通報があった。 現場付近には、神戸山口組の中核団体「山健組」の事務所がある。 警察庁によると、分裂以降、山口組と神戸山口組の対立抗争とみられる事件などは今年9月中旬までに113件発生。 8月下旬には、同市中央区にある山口組の最大勢力「弘道会」の拠点建物前で、同会関係者とみられる男性が拳銃のようなもので撃たれ重傷を負う事件が起きた。 県警が対立抗争との関連などを捜査しているが、犯人はいまだ逮捕されていない。 「山健組」(神戸市中央区)の井上邦雄組長がトップに就き、淡路市にある直系団体「俠友会」事務所を本拠地とした。 分裂の背景には、篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体「弘道会」(名古屋市)を優遇する組織運営や、高額な上納金制度などへの反発があったとされる。 双方の衝突が相次ぎ、警察庁は16年3月に「対立抗争状態」と認定。 兵庫県公安委員会は同年4月に神戸山口組を暴力団対策法に基づく「指定暴力団」とした。 同年末の構成員数は山口組約5200人、神戸山口組約2600人だった。 一方、神戸山口組では17年4月に一部組長らが離脱して「任俠団体山口組」(後に「任侠山口組」に改称)の結成を表明した。 対立は三つどもえの構図となったが、警察庁は「神戸山口組の内紛」との見方を示しており、構成員数は不明。 山口組と神戸山口組が分裂してから約2年間で、双方の衝突は約100件発生。 神戸山口組と任侠山口組の間でも2件の傷害事件などがあったほか、17年9月12日には、神戸市長田区にある、任侠山���組・織田絆誠代表の自宅付近で、代表らが乗った車を神戸山口組の組員が襲撃。 降りてきた任侠側の組員を射殺する事件が起きた。 兵庫県警は17年5月、全部署から構成する「歓楽街緊急対策本部」を設け、その実働部隊として歓楽街特別暴力団対策隊(特暴隊)を発足させた。 「みかじめ料」名目で飲食店などから金を脅し取っていたとして組員を逮捕するなど資金源の遮断にも乗り出している。

次の

山口組ナンバー2「緊迫の出所祝い」で司組長が吐き捨てた「ひと言」(時任 兼作)

山口組 ナンバー 2 出所

高山清司若頭を乗せた「アルファード」は待ち構える報道陣の前を猛スピードで駆け抜けていった(記者撮影) 小雨が降りしきる10月18日早朝、府中刑務所(東京都府中市)の正門はものものしい熱気に包まれていた。 中から出てきたのは神戸ナンバーのトヨタ「アルファード」。 後部座席に乗っているのは六代目山口組のナンバー2、高山清司若頭(72歳)だ。 京都の建設業男性への恐喝容疑で逮捕されたのが2010年。 公判では無罪を主張するも裁判所は恐喝罪で有罪を言い渡した。 2014年6月、高山氏が最高裁への上告を取り下げたことで懲役6年の実刑が確定、府中刑務所に収監された。 高山氏「不在中」に三分裂 日本最大規模を誇った山口組には80人近い「直参」と呼ばれる直系組長がいた。 しかし高山氏が収監された翌2015年、司忍組長(本名・篠田建市、77歳)と高山氏の2人が築いた六代目体制に不満を募らせた直参13人が離脱を表明し「神戸山口組」を結成。 その2年後には神戸山口組から抜けた一部が「任侠山口組」を立ち上げ、山口組は六代目山口組(約1万人)と神戸山口組(約5000人)、任侠山口組(約460人)の3団体に分裂した。 その後に勃発したのが六代目山口組と神戸山口組の対立抗争だ。 事件やトラブルは100件以上にのぼり、高山氏の出所日が近づくにつれて激化した。 今年4月、神戸山口組の幹部が刺される事件が起きると、8月には司氏や高山氏の出身母体である弘道会事務所前で、バイクに乗った神戸山口組関係者とみられる男の銃撃に弘道会組員が被弾、重傷を負った。 【2019年10月18日14時50分追記】初出時、弘道会事務所の所在地が誤っていため、上記の通りに修正しました。 この「返し(報復)」が10月10日に神戸山口組系事務所で起きた銃撃事件だった。 雑誌記者を装った男が職務質問を受けている最中、近寄ってきた神戸山口組の組員2人に向かって発砲。 撃たれた2人は搬送先の病院で死亡した。 撃ったのは弘道会の組員(68歳)だった。 職務質問中に発砲を許すという失態を犯した警察は、六代目山口組や神戸山口組の組事務所20カ所に暴力団対策法に基づく使用制限仮命令を下す。 高山氏の出所によって抗争がさらに激化することへの警戒と、高山氏が司氏の後を継ぎ七代目山口組の組長に就くことを阻止せんとする強い意志表示だった。

次の