テレワーク イヤホン マイク。 音楽も会話も楽しめる!テレワークでも使えるマイク付きイヤホンの選び方|@DIME アットダイム

テレワークでもスポーツでも使える!会話もできるマイク付きイヤホンの賢い選び方|@DIME アットダイム

テレワーク イヤホン マイク

スマートフォンで音楽を聴いている最中に電話がかかってくると、マイクなしイヤホンの場合通話のためにイヤホンを外さなければならない。 しかしマイク付きイヤホンがあれば、イヤホンを外さずにそのままスムーズに通話ができる。 ハンズフリーでいられるので、作業中など手が離せない時にも便利だ。 本記事では、マイク付きイヤホンの便利な使い方や選び方を紹介する。 両手がふさがっていてもOK! マイク付きイヤホンの使い方 マイク付きイヤホンがあれば、両手が空くので、パソコン作業をしながらでもランニング中でも通話ができる。 スマートフォンを耳に当てる必要もないため、画面を見ながらの通話も可能。 アプリを使っている時などに便利だ。 また、マイク付きイヤホンにはリモコンが搭載されている機種も多く、ポケットやカバンから端末を取り出さず電話に出たり、音量調節できる。 商品によってはスマートフォンのカメラの遠隔操作が可能なものまである。 ゲームに特化した「ゲーミングイヤホン」にもマイク付き製品がある ゲーミングイヤホンは、ゲームの迫力やリアリティをより楽しむことに特化したイヤホンだ。 サウンドバランス調節機能により、効果音やBGMを聞き取りやすくしたり、ゲームのジャンルや好みに合わせて音質を調節できる。 そんなゲーミングイヤホンの中にも、マイク付き製品がある。 ゲームをしながら遊んでいる仲間とボイスチャットをする時に便利だ。 【参考】 ちゃんと音を拾ってくれる? イヤホンマイクのマイク性能 イヤホンに付いているマイクの性能は、商品によって異なる。 音楽鑑賞がメインでマイクはあまり使わないなら重視しなくてもよいが、主な使用目的が通話ならば、マイク性能の良いものを選ぼう。 中には、雑音を軽減してクリアなステレオ通話ができるイヤホンもある。 スカイプなどPCでのオンライン通話に適したマイク付きイヤホンの選び方 スカイプなどのオンライン通話にマイク付きイヤホンを使う場合は、通話性能の良さと通信の安定性に気をつけたい。 相手の声をしっかり聞き取り、こちらの声もクリアに拾ってもらうために、双方向ノイズリダクション機能が付いているものが良い。 製品にもよるが、遅延が起こりにくいのは有線タイプ。 無線タイプならロングバッテリータイプを選ぼう。 マイク付き有線イヤホンの選び方 有線タイプのマイク付きイヤホンは、マイクの位置が口元に近いものを選ぶとノイズが入りにくい。 ノイズキャンセリング機能が付いているとなお良い。 ここからは、マイク付き有線イヤホンのおすすめ製品を紹介する。 遮音しながらアナウンスも聞き取れるおすすめマイク付き有線イヤホン「TaoTronics TT-EP002 ノイズキャンセリングイヤホン」 TaoTronicsの「TT-EP002 ノイズキャンセリングイヤホン」は、高いノイズキャンセリング効果に定評がある。 駅のアナウンスなど聞き逃したくない情報がある場合には、ボタン1つでモニタリングモードに切り替えられる。 ノイズキャンセリング機能は、1回充電すれば最大で15時間使用可能。 【参考】 真鍮で鮮やかな音を再生するおすすめマイク付き有線イヤホン「ソニー MDR-EX650AP」 ソニーの「MDR-EX650AP」は、インナーイヤー型のマイク付きイヤホン。 ハウジングと音導管に真鍮(しんちゅう)が採用されており、鮮やかなサウンドを再現する。 装着性にも優れ、耳から落ちにくい。 真鍮の質感を生かしたデザインは高級感がある。 【参考】 遮音性の高いおすすめマイク付き有線イヤホン「SHURE SE425」 SHURE(シュア)の「SE425」は、遮音性の高いマイク付きイヤホンだ。 弾力性のあるイヤパッドは耳へ快適にフィットし、周囲のノイズをカットする。 高精度ドライバー搭載で、臨場感あふれるサウンドを再現。 「ビジュアルグランプリ2020 ライフスタイル分科会」受賞で、そのデザインも人気だ。 なお「SE425」はケーブル着脱式なので、有線/ワイヤレスを使い分けることができる。 ワイヤレスはBluetooth 5. 0 対応で、接続も安定している。 【参考】 マイク付きBluetoothイヤホンの選び方 Bluetooth対応のマイク付きイヤホンは、ケーブルがないため扱いやすく収納もしやすいが、充電切れには注意が必要だ。 また、Bluetooth対応のイヤホンには、両耳タイプに装着するタイプと片側で装着するタイプがある。 両耳タイプは左右の耳で聴くことで音が立体的になるため、音楽鑑賞に向いている。 一方、片側で装着するタイプは周囲の音に注意が必要な場合に便利だ。 【参考】 Bluetooth対応マイク付き片側の耳に装着するイヤホン「Glazata H-EC200-1」 Glazataの「H-EC200-1」は、片側の耳に装着するタイプのマイク付きイヤホン。 260mAhの大容量バッテリーで、30時間の連続通話が可能だ。 ノイズキャンセリング機能搭載で、無線でも音がクリアに聞こえ、通話にストレスがない。 人間工学に基づいた設計により、快適な装着感を実現する。 USB・車載充電器・充電プラグで充電できる。 【参考】 防水性のあるBluetooth対応マイク付きイヤホン「YIHAI S5」 YIHAIの「S5」は、水洗いできるほどの高い防水性能を持つイヤホンだ。 ノイズキャンセリング機能搭載でBluetooth5. 1を採用しているため、有線にも劣らない安定したクリアな音質を楽しめる。 本体はわずか3. 4gで付け心地も快適。 耳元で音量調節や音楽の再生・一時停止などの操作ができる。 【参考】 ハイレゾ級の音質! Bluetooth対応マイク付きおすすめイヤホン「ソニー WF-H800」 ソニーのマイク付きイヤホン「WF-H800」は、ワイヤレスにもかかわらずハイレゾ級の音質を実現。 Bluetooth信号を左右同時に伝送することで、接続性も安定している。 人間工学に基づいた「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」採用で、快適な装着感。 両耳装着だけでなく、片側のみでも使用できる。 【参考】 スマートフォンを取り出さず通話できるマイク付きイヤホン。 街中でも使用する光景が珍しくなくなってきた。 音楽鑑賞を楽しむなら、両耳タイプで高機能のモデルを選ぼう。 通話がメインならば、収納の簡単な片側装着タイプがおすすめ。 マイク性能のチェックも忘れないようにしたい。 の登録商標です。 文/ねこリセット.

次の

テレワーク(在宅勤務)で地味に役立つ!?100円ショップのマイク付きイヤホンを使ってみる

テレワーク イヤホン マイク

最近の話題は東京五輪が延期になったり、世界の経済が落ち込んだりといったような暗いニュースが多くなっています。 それ以上に厳しい試練が私たちの身の回りに降りかかっています。 憎き新型コロナウイルス(武漢コロナ)による肺炎のパンデミックです。 世界各地にこれほど拡張するとは、発生した当時は夢にも思っていませんでした。 それがあっという間に世界各地に広まりを見せ、多くの感染者や亡くなってしまう人たちが、日を追って増えてきています。 本当に憎き奴だと思います。 一日も早く新型コロナを治せるような薬やワクチンができることを望みます。 人と人が接触することで感染していくこの新型コロナは、かなりの感染力を持っていて、急激に悪化していくことで恐怖のウイルスと言われています。 これを防ぐには、家から外に出ないこと、これに尽きると言われていますが、それでも守らない人や、何かの理由があって出歩かざるを得ない人もいるという現実です。 国のトップや東京都など各都府県のトップから、「三密を防ぎましょう」と自粛を要請されていますが、あまり効果はないようです。 そんな状況で各企業においては、勤務形態を自分の家において行うようにとのことで、テレワークが増えてきています。 ここからはテレワークに最低限必要な道具、イヤホンマイクについて、どんなものがあるのかお勧めの製品を見ていきたいと思います。 どうか最後までじっくりとご覧いただきたいと思います。 テレワークはイヤホンマイクがあればできるの? それでは早速ですが、テレワークはイヤホンマイクがあればできるのかについて、お伝えしていきましょう。 一番簡単にテレワークをするには、イヤホンマイクが最低限でも必要な道具だといえます。 イヤホンマイクとはどんなものなのでしょうか。 マイク付きのイヤホンのことで、ハンズフリーで通話などができるマイクが搭載されたイヤホンをいいます。 大きく分けてワイヤレス方式と有線方式に分かれています。 パソコンとこれさえあれば、すぐにでもテレワークをすることができますので、ご紹介したいと思っています。 テレワークと聞いてあなたは何を思い浮かべるでしょうか? ノートパソコンを自分の家のデスクにおいて、会社の同僚や上司などとテレビ会議を行うことが、一番想像しやすいのではないでしょうか。 そうなんです。 これが一番テレワークでは使われているものといえますね。 最近のトレンド商品は、「マルチポイント」対応製品がとても便利で人気が集まっているようですね。 この「マルチポイント」とはどんなものなのでしょうか。 それは1台の子機であるイヤホンに対して、2代の親機であるパソコン、スマートフォンを接続することで、接続を切り替える手間がいらず、両方の親機から音を出せるというものです。 便利な世の中になったものですね。 具体的な使用例を見てみましょうか。 今、パソコンでテレビ会議が行われている状況です。 その時、手元にあるスマートフォンが着信しました。 マルチポイント対応のBluetoothイヤホンならば、自動的にスマートフォンに切り替わるので、即通話ができます。 必要に応じて機能をそれぞれに譲り渡してくれますので、とても便利です。 テレワークはこれだけは自信をもっておススメの10種! それではここからは、イヤホン、リモコンマイク対応のお勧めする製品を10種ご紹介します。

次の

意外と知らないテレワーク(在宅勤務)のビデオ会議マナー

テレワーク イヤホン マイク

急遽、SkypeやZoomでWeb会議をすることになったとき、一番困るのがマイクです。 そんなとき、スマホ用のイヤホンマイクがあれば立派なマイクとして使えます。 その方法をご紹介します。 ただし、ここではWindows10のPCが前提です。 スマホ用イヤホンマイクは、100円の変換ケーブルでPC用マイクになる! できるだけお手軽に、PCで使えるマイクを準備したい、という場合にお役に立つかもしれない技です。 PCのマイク端子は3. 5mmミニジャック(メス端子)というやつです。 イヤホン(orヘッドホン)用とマイク用で2個の端子穴があるのが普通です。 一方、スマホ用のイヤホンマイクは、3. 5mmミニプラグ(オス端子)が一本しかありません。 これをPCのイヤホン用端子穴に差し込むと、イヤホンとして立派に使えます。 しかし、これをマイク用の端子穴に差し込んでも、マイクとしては使えない。 どうすればよいかというと、イヤホンマイクの一本のオス端子を、イヤホン用とマイク用の2本のオス端子に変換する 「変換ケーブル」を使います。 スポンサーリンク 変換ケーブルはローソンストア100で買える! 変換ケーブルなんて、お手軽に手に入るのか? 入るのです! ローソンストア100で、なんと100円(税別)で売られている、 「PC用ハンズフリーイヤホン変換ケーブル」がそれです。 私の調べた限り、他のコンビニや百均ではなさそうな。。。 しかし、同種の変換ケーブルは、アマゾンや楽天などのネットショップで売っています。 ただし、100円とはいかず、500円~1000円くらいの価格帯ですが。 スポンサーリンク iPhone用の純正のイヤホンマイクはうまくいかない 「スマホ用のイヤホンマイクが使える」と書きましたが、実は、iPhone用の純正のイヤホンマイクでは、上記の技はうまくいきません。 イヤホンマイクの3. 5mmミニプラグを変換ケーブル側のメス穴に、物理的に差し込むことはできますが、マイクが機能しません。 多分、端子の電気的仕様が違うのでしょうかね。。。 スポンサーリンク マイクのPC側設定に注意が必要です せっかくPCにマイクがつなげたとしても、認識しないとか、音が小さすぎるとか、一般に音に関しては、結構、トラブルがあるようです。 マイク側のハード的な問題ではなく、Windows10のOS上での設定の問題に過ぎない場合が多いようです。 そんなとき、以下を参考にしていただけると解決するかもしれません。

次の