年末 ご 挨拶 手紙。 年末の挨拶文例。お客様から友人まで使える年末のあいさつ

社外や友達などに送る年末挨拶メール例文まとめ

年末 ご 挨拶 手紙

パソコンやスマホが普及した現在、かしこまって手紙を書くことは、日常生活の中ではあまりなくなってきたのではないでしょうか。 しかし、仕事の場ではちょっとした報告から大事なお礼、お詫び、異動、挨拶などきちんとした文書を書かなければいけないシーンは多いのでは。 目上の人に手紙やメールを送る場面も多いと思います。 しかし、具体的にどういう場面で上司や目上の人への手紙やメールの挨拶文を送ればいいのか分からないものです。 そもそも仕事において挨拶文を書かなければならないときというのは、どういった場面なのでしょうか。 その際にはもちろん、状況の報告だけではなく、冒頭の挨拶や締めや結びの一文にまで気を配りましょう。 目上の人に宛てるものであれば、マナーをしっかりとわきまえ、丁寧な文章を心掛けてください。 また、目上の人へのメールや手紙を送る前には、誤字や脱字も確認しましょう。 メールや手紙のマナーは社会人としては基本的なスキル 挨拶文や手紙の文面というのは、人柄が出ますし、人間関係を円滑にするうえでも非常に大切なものです。 細かいマナーや普段使わない言葉などが出てきて、戸惑う事もあると思いますが、ここで綺麗な挨拶文・手紙を送る事ができるだけで、上司からの評価はグンと上がります。 また、挨拶文はビジネスにおいて何度も書く場面に出くわすと思いますし、目上の人への対応は早いうちに覚えてしまった方が今後の、挨拶文や手紙作成の際にも役立ちます。 挨拶文の重要性を知って、しかりと綺麗な挨拶文を書けるようにきっちり勉強しておきましょう。 手紙かメールかは目的に応じて使い分けよう 仕事では筆まめは得をすることが多いようです。 上司に対しても、取引先などに対しても、ちょっとしたことでも一筆書くということを心がけていると、コミュニケーションも円滑になるのではないでしょうか。 しかし、どんなことを伝えたいか、また挨拶文を書く目的によって、手紙かメールは使い分けれるようにすることです。 日頃使い慣れている言葉ではないので、いざ使おうと思っても何が正しいのか、何を書けばいいのか分からないという人も多いと思います。 ここでは、挨拶文の正しい頭語・結語を見ていきましょう。 目上の人への手紙にはかならず「頭語・結語」を入れる 「謹啓」「敬白」もしくは「拝啓」「敬具」を用いるのが、マナーとなっています。 特に目上の人への手紙には正しく使用して手紙を整えましょう。 手紙を記入する際、その多くは「拝啓・敬具」で記載されることが多いです。 また、略式の手紙の場合は、「前略」「草々」もポピュラーです。 より改まった手紙の場合は、「謹啓」「敬白」なども使われます。 なお「敬具」のかわりに「かしこ」を使う場合がありますが、記入できるのは女性のみです。 場合によっては時候の挨拶も使う ・1月「新春の候」「大寒の候」「厳冬の候」など ・2月「立春の候」「早春の候」「梅花の候」など ・3月「春暖の候」「春分の候」「啓蟄の候」など ・4月「花冷えの候」「桜花の候」「陽春の候」など ・5月「新緑の候」「立夏の候」「初夏の候」など ・6月「入梅の候」「紫陽花の候」「小夏の候」など ・7月「盛夏の候」「大暑の候」「酷暑の候」など ・8月「土用の候」「残暑の候」「立秋の候」など ・9月「新秋の候」「白露の候」「秋分の候」など ・10月「秋涼の候」「紅葉の候」「寒露の候」など ・11月「晩秋の候」「初霜の候」「菊花の候」など ・12月「師走の候」「寒冷の候」「歳末の候」など 目上の人へのメールの書き方とポイント• いただいたメール、拝読いたしました。 ご連絡いただきありがとうございます。 表題の件でございますが、……• 目上の人へのメールの書き出しは時候の挨拶は必要ありません。 また、拝啓や敬具といった始まりの言葉と締めの言葉も必要ありません。 上司や目上の人へのメールだとつい丁寧に書こうとしつこくなりがちですが、シンプルで読みやすいことが一番なのです。 メールは素早く返すことも重要なマナー 目上の人へのメールだと、文面にこだわってしまい、なかなか返信できないという人もいるでしょう。 しかし、メールの利点は素早く連絡をし合えることです。 メールで連絡をしてくる場合、上司などそのメールを送ってきた目上の人も早く返信がほしい可能性が高いです。 目上の人へのメールだからと時間を書けず、シンプルでわかりやすい内容のメールを素早く返信しましょう。 目上の人への手紙やメールでおすすめの「締め・結びの言葉」 目上の人への手紙やメールを送る際は、締め・結びの言葉にも気をつけましょう。 締め・結びの言葉でその手紙やメールの印象が大きく変わりますし、気の利いた言葉や季節を表す締めの言葉を送ることで、より印象の良い素敵な文面にできるのです。 それでは上司や目上の人への手紙、メールの締めくくりの文にはどういったものがあるのか見ていきましょう。 目上の人へのメールや手紙での挨拶文はマナーが重要!締め・結びの言葉にも注意! 目上の人へのメールや手紙での挨拶文の書き方やマナーをみてきましたが、いかがでしたか?これで上司などの目上の人へのメールや手紙での挨拶文を書く事が出来るはずです。 そのシチュエーションによって様々な挨拶文がありますので、注意しましょう。 ちょっとした手間や心遣いで、仕事はうまくいくものだといえます。 ここぞというときに、手紙やメールで好印象を与えたいですよね。 頭語・結語や手紙の締めくくり、メールの結びの言葉など、使い慣れない、聞きなれない言葉もありますが、場面や上司によって上手に使いこなしましょう!.

次の

時候の挨拶・季節の挨拶

年末 ご 挨拶 手紙

手紙を書く上で大切な12月の季節感 時候の挨拶は、手紙の 前文にあたり、手紙に欠かすことができない大切な箇所です。 時候にあった挨拶を書き入れることで、季節感を伝える美しい習慣です。 12月は、上旬こそ冬の季節感を織り込んだ挨拶もありますが、 中旬・下旬になると、あと少しで今年が終わるという 年末にふれる挨拶がぐっと増えます。 12月上旬の季節感 12月の上旬は、寒さが増して本格的な冬に入ります。 12月師走に入って、 今年もあとわずかという挨拶と、 冬の寒さに焦点を当てた挨拶の2種類があります。 知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 12月は、なんといっても一年の最後の月。 年末に向かう慌ただしさや新年を迎える準備にまつわる時候の挨拶がほとんどです。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 12月では、クリスマス、冬至、忘年会、仕事納め、ポインセチアなど。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの12月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、12月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 12月上旬の時候の挨拶 12月の上旬は、寒さが本格的になって冬到来といった印象のある時期です。 それ以上に、とうとう一年の最後の月に入ったという気ぜわしさが感じられる時期ですね。 年内にやり終えないといけないことが、あれこれと思い浮かばれて、町中の雰囲気も慌ただしくなっていきます。 手紙のご挨拶も、 12月上旬は本格的な 冬の訪れにかんするものと、 師走の始まりにふれるものと、まだ 2種類に分かれます。 では、12月上旬によく使われる時候の挨拶にはどんなものがあるかを手紙のTPO別で見ていきましょう。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 師走の候、折、みぎり• 寒冷の候、折、みぎり• 初冬の候、折、みぎり• 初雪の候、折、みぎり• 寒気厳しき折柄• 十二月の声を聞き• 師走を迎え• 冬将軍の到来• 例年にない暖かい師走• 木枯らし、 こたつなど では、12月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 12月上旬の時候の挨拶の例文• 暦の上では大雪を過ぎ、寒さもいよいよ本番です。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 先日は、心のこもったお歳暮の品をお贈りいただき、まことにありがとうございました。 寒冷の季節、皆様ご健勝の由、執着至極に存じます。 (目上の方に対して)• 木枯らしに落ち葉の舞う季節、皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 十二月とは思えないような暖かい日が続いております。 十二月の声を聞くや否や、心せわしくなってまいりました。 皆様にはその後もお変わりなくお過ごしのことと存じます。 寒気厳しき折、師走に入り何かとご多用のことと存じます。 師走を迎え、何かと慌ただしい頃となりましたが、皆様におかれましたはご健勝のことと存じます。 師走を迎え、ご多忙な時期ですが、ますますご活躍のことと存じます。 今年のカレンダーも残すところ一枚となりました。 ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 陽だまりがことのほか暖かく感じられる寒冷の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます• 暦の上では早くも大雪となりましたが、お元気でいらっしゃいますか。 師走の風がひとしお冷たく感じられるこの頃、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 木枯らしにコートの襟を立てて歩く人が目立つようになりましたが、お元気ですか。 例年にない暖かい師走となっております。 皆様、お変わりございませんか。 師走を迎え、何かと慌ただしくなってきました。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 はや12月、こたつが恋しい季節となりました。 ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 銀杏並木もすっかり葉を落とし、冬枯れの景色が広がっています。 その後、いかがお過ごしですか。 澄み渡る夜空に輝く星がいっそう美しい季節となりました。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 12月に入り寒さも本格的になってきました。 お変わりございませんか。 冬将軍が到来し、日ごと寒さが厳しさを増していますが、お元気でしょうか。 12月中旬の時候の挨拶 12月の中旬になると、いよいよ今年もあとわずか。 年末に向かう慌ただしさに触れる挨拶が出てきます。 気候としては、平野部でも初雪が見られることもあり、冬の冷え込みは一段と厳しくなります。 野山も一気に灰色がかった冬景色が広がります。 山から街へ視線を移すと、クリスマス前のイルミネーションに彩られ、街が一年でも最も華やかな姿をしている時期ですね。 どうしても忙しい気持ちが勝つ年末ですので、 冬の景色や街の華やかさを時候の挨拶で表現し、 ほっと一息ついていただけるような手紙を心掛けたいですね。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 明冷の候、折、みぎり• 霜寒の候、折、みぎり• 霜夜の候、折、みぎり• 新雪の候、折、みぎり• 短日の候、折、みぎり• 余日少なくなり• 冬本番を感じる昨今• 師走も半ばを過ぎ• 冬将軍が到来• 今年もあと数えるほど• クリスマス、 ポインセチア、 大掃除など では、12月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 12月中旬の時候の挨拶の例文• 今年は暖冬ということで、師走とは思えない穏やかな陽気の毎日です。 ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 野も山も灰色に包まれる冬景色となりました。 朝夕の凍てつく寒さが肌身にしみるこの頃、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 身を切るような木枯らしに冬本番を感じる昨今、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます• 師走も半ばを過ぎ、待ちゆく人もせわし気に行きかうようになりましたが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 年の瀬もいよいよおし迫ってまいりましたが、皆々様にはその後もお変わりなくお過ごしのことと存じます。 本年も余日少なくなって参りました。 皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 早くも今年も締めくくりの時節となりました。 今日は、庭一面に霜柱が立つような寒さ厳しい朝でした。 ご家族の皆様、お元気でいらっしゃいますか。 寒波が到来し冬本番の寒さが続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 冬の澄み切った空気に、遠くの富士山がはっきり見える日が増えてきました。 その後いかがお過ごしでしょうか。 クリスマスを控え、街の灯りが目を楽しませてくれる今日この頃、お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 街角に鳴り響くジングルベルの音色に心浮き立つ今日この頃、ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 ポインセチアの深紅もひわきわ輝いて見える頃、ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 今年こそ余裕をもって大晦日を迎えようと、大掃除を少しずつ進めています。 ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 「光陰矢の如し」と申しますが、一年の経つのは本当に早いものです。 お元気でご活躍とのこと、なによりと存じます。 今年もあと数えるほどになりました。 お元気でお過ごしでいらっしゃいますか。 仕事納めまで残すところあとわずかとなりました。 さぞかしご多忙のこととお見舞い申し上げます。 迎春のお支度に慌ただしくお過ごしのことと拝察いたします。 お正月の準備でお忙しい毎日を送られていることと存じます• クリスマスも過ぎ、いよいよ気ぜわしくなって参りました。 皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 毎年のことながら、月日の経つのはなんと早いのだろうと驚かされる年の瀬となりました。 皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。 行く年を惜しみながらも活気溢れるこの季節、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 先ほどから降り続いていた氷雨が、どうやら雪に変わったようです。 ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 ポインセチアの花が街を華やかに彩る季節になりました。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。 イルミネーション輝く街を人々が楽し気に歩くこの季節、ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか。 我が家の子どもたちはサンタさんからのプレゼントを待ちわびていますが、ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。 きらびやかなイルミネーションが町を彩る季節ですね。 お変わりございませんか。 冬至も過ぎ、いよいよ慌ただしくなってまいりました。 その後、いかがお過ごしでしょうか。 今年の冬至は例年になくおだやかな気がいたします。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 遅ればせながら来年のカレンダーをようやく買いました。 おかげさまで今年も何事もなく過ぎようとしています。 早いもので、今年も暮れ行こうとしています。 ご一同様、お変わりございませんか。 上旬は、寒さが増して本格的な冬に入ります。 12月師走に入って、 今年もあとわずかという挨拶と、 冬の寒さに焦点を当てた挨拶の2種類があります• 中旬に入ると、 年末に向けた慌ただしさに触れる挨拶が中心になります。 同時にクリスマス前の街の華やぎもよく使われる表現です• 下旬は、年末も押し迫り、 仕事納めに向けての業務調整や お正月準備で忙しい時期です。 クリスマスや冬至といった行事もありますので、手紙のお相手や要件によって使い分けたいところです こうした季節感を表す、 12月の代表的な時候の挨拶を整理したものが次の表です。 12月 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶 上旬• 師走の候、折、みぎり• 寒冷の候、折、みぎり• 初冬の候、折、みぎり• 初雪の候、折、みぎり.

次の

年末の挨拶の例文|ビジネス/メール/お客様/友人/社内・外

年末 ご 挨拶 手紙

12月のいつ出すかで、寒さや年末、新年への思いなど使う言葉が変化します 12月は行事も多く、今年の締めくくりでもあるということで、日に日にテーマとする言葉が違ってきます。 その都度、最適な語句を上手に選んで、季節感あふれる手紙をしたためてみましょう。 ・迎春の準備は進んでおられますか ・お庭のイチョウの木もすっかり裸になったのではございませんか など 季節感を表す時候の挨拶+安否や近況を尋ねる言葉で! では、例文です。 ・本格的な冬将軍が到来しましたが、皆様お変わりありませんか。 ・木枯らしがふきすさぶ頃となりましたが、皆様いかがお過ごしですか。 結びの挨拶も時候+気遣いの言葉で簡潔にまとめてみましょう。 年末のあわただしさをねぎらう言葉や今年一年の感謝、新年の幸を祈る言葉などを添えると12月らしさが出ます。 ・来年もすばらしい年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。 ・寒冷のみぎり、どうぞご自愛ください。 ・ご家族皆様で元気によき新年をお迎えください。 ・宴会が続く年末年始、飲みすぎにはご注意ください。 忙しくて何かと余裕がなくなる時期だからこそ、手紙は心をポッと暖めてくれます。 大切な人の疲れを癒す手紙、一年を締めくくる手紙、来年の幸到来を願う手紙を書いてみませんか? 書くことできっとあなた自身も温かい気持ちになれるはずです。

次の