東北 電力 本店。 東北電力本店ビル

東北電が夏の電気料金割引へ

東北 電力 本店

> > > 東北電力本店ビル 2012年撮影 概要 名 称 東北電力本店ビル(愛称:エナジースクエア) 所在地 仙台市青葉区本町1丁目7-1 最寄駅 JR・地下鉄「仙台」駅 徒歩10分 建築主 東北シティ開発株式会社 設計・監理 株式会社日建設計(共同監理:東北電力株式会社) 施 工 鹿島建設株式会社 用 途 オフィス 敷地面積 17,889. 66㎡ 建築面積 4,217. 95㎡ 延床面積 64,516. 82㎡ 構 造 鉄骨造および鉄骨鉄筋コンクリート造 階 数 地上28階、地下2階、塔屋2階 高 さ 125. 25m(無線鉄塔:148. 05m) 着 工 1999年11月 竣 工 2002年4月 備 考 ビルの愛称は「エナジースクエア」です。 アンテナ部分を除く高さは125. 25mとなります。 2002年5月9日に東北電力は本ビルに本店を移転しました。 地図 写真 2012年撮影 2012年撮影 2012年撮影 2012年撮影 AER(アエル)から/2012年撮影.

次の

東北電力

東北 電力 本店

概要 [ ] 東北電力本店は仙台市青葉区のにあったが、の旧校地をおよびから取得して、当ビルを建設し、(平成14年)に本店を移転した。 17,890の敷地のうちの4,218m 2に、(一部)によって地上28階・地下2階で建設された。 高さはアンテナ部分までを含めると148. 05、建築物125. 25mとなっており、ビル本体では市内3番目の高さであるが、最高部ではに次ぐ市内で2番目に高い建造物となっている。 東北電力の本店機能の室部のほとんどが入っているほか、関連企業のなども入居。 16階はラウンジになっており、お昼時間には昼食を取る社員で混雑する。 東北電力のビルであるため、基本的に一般人の立ち入りはできず、入り口で警備員に従業員証の提示を求められる。 また、敷地内の地下には(中仙台変電所)が設置され、へを供給している。 ビルの所有者は、と同様に東北電力関連会社で不動産業のとなっている。 周辺施設 [ ] 当ビルの西側の は、()からや()へのショートカットとしてなどがよく使っているため、しばしばする。 アクセス [ ]• ・から6分。 仙台市地下鉄南北線・から徒歩8分。 、、仙台市地下鉄南北線・仙台駅から徒歩9分。 脚注 [ ] [].

次の

仙台市の高層ビルの一覧

東北 電力 本店

東北電力の樋口康二郎社長は28日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、家庭向けの電力需要が増える夏場の2カ月分の電気料金のうち、基本料金相当分を無料にする方向で検討していることを明らかにした。 対象は東北6県と新潟県の顧客で、会員制ウェブサービスや指定料金プランへの加入を条件とする予定。 今後、詳細を詰める。 7県では4月、政府の緊急事態宣言や自治体による休業要請などに伴い、電力需要が前年同月比で2%減少。 東北電が販売電力量を分析した結果、宿泊業と鉄工、自動車関連で2割程度減、学校で1割程度減の影響があった。 樋口社長は夏場の無料措置について「休校による学力の遅れを取り戻すことや熱中症の防止など、在宅時にエアコンを有効に使っていただきたい」と説明。 需要の見通しについては「緊急事態宣言が解除され、回復を期待しているが、感染の第2波、第3波の懸念がある」と動向を注視する考えを示した。 樋口社長は女川原発(宮城県女川町、石巻市)の重大事故時の避難を巡り、5〜30キロ圏の住民が圏外の避難先に着くまで最長約3日を要するとの県の試算結果にも言及。 「関係機関が連携して課題の解決に取り組むと受け止めている。 引き続き、避難計画の実効性向上に協力する」と述べた。

次の