ポケモン剣盾 両壁。 【ポケモン剣盾】サニーゴ(ガラル)の育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】巨大ラプラスの育成論と対策【ソードシールド】

ポケモン剣盾 両壁

伝説のポケモン、ザシアンとザマゼンタの違い まずは、伝説のポケモンであるザシアンとザマゼンタの違いについて見ていきましょう。 ザシアン・ザマゼンタのタイプ ザシアンははがね・フェアリータイプなのに対し、ザマゼンタはかくとう・はがねタイプのポケモンです。 XYから登場したフェアリータイプは優秀な耐性を備えており、弱点となるのも鋼と毒タイプのみとなっています。 ザシアンが合わせ持っている鋼タイプのおかげで、毒タイプは無効、鋼タイプは相殺され等倍になっているのですごく強い組み合わせですね。 鋼タイプの弱点の格闘もフェアリーが補う形となっており、ザシアンの弱点は地面タイプと炎タイプのみとなっています。 下手したらザシアンのほうが防御面も強いかもしれませんね。 ザシアン・ザマゼンタの特性 また、ザシアンとザマゼンタは専用特性も備えています。 ザシアンは場に出たときに攻撃が1段階上昇、ザマゼンタは場に出たときに防御が1段階上昇です。 攻撃アップ系の特性は「はりきり」や「がんじょうあご」などもありますが、いずれもデメリットや条件付きで使いにくいものが多いです。 それに対して、相手の攻撃を落とす「 いかく」は多くのポケモンに配られているので、ザマゼンタの特性は他のポケモンでも代用することが可能です。 デメリットなしで攻撃を1段階上げられる特性を持つザシアンは、それだけでもう特別なことがわかりますね。 ザシアン・ザマゼンタの種族値 こちらがザシアンの種族値になります。 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 92 170 115 80 115 148 続いて、こちらがザマゼンタの種族値です。 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 92 130 145 80 145 128 違いがわかりやすいよう、色分けしてみました。 ザシアンは攻撃と素早さが高く、ザマゼンタは防御と特防が高くなっているのがわかるかと思います。 しかし、ここで注目してもらいたいのは共通しているHPの低さです。 このHPの低さではザマゼンタの防御と特防をあまり活かすことができません。 ザシアンですらちょっと高すぎるくらいです。 HPと防御、特防の理想の配分については以下の記事をご参照ください。 ポケモン剣盾では GTSが廃止されていました。 そのため、GTSを通じてザシアンとザマゼンタを交換してもらうことも難しいです。 ザシアンが欲しいならソードを選ぶべきでしょう! その他の登場するポケモンの違いは? ソード限定のポケモンとシールド限定のポケモンを見ていきましょう。 一般ポケモンはシールドのほうが優勢? 詳しいポケモンの紹介は避けますが、シールド限定のポケモンのほうが優秀なポケモンが多いと感じます。 ですが、 ネットに繋いでいれば流れてきた マックスレイドバトルに参加することで、別バージョンのポケモンであってもほとんどのポケモンはゲットすることが可能です。 一部マックスレイドバトルに登場しない?ポケモンもいるようですが、友達に交換してもらったり、掲示板等で募集を募れば済む話なので大した手間にはならないかと思います。 準伝説のポケモンは存在しない ポケモン剣盾には準伝説のポケモンが登場しませんでした。 準伝説のポケモン的には後ろのタイトルを選んだほうがいい結果となりやすい傾向にありましたが、今作は登場しないので伝説のポケモンで決めると良いでしょう。 金策の効率にも関わってくる? ポケモン剣盾の金策では、 早期購入特典のキョダイマックスできるニャースを使っていくことになります。 ジムリーダーと連戦するコンテンツがあり、そこで キョダイコバンを使ってお金を稼いでいきます。 しかし、キョダイコバンはノーマル技であるため、ゴーストタイプのポケモンには無効化されてしまいます。 無効化されるとキョダイコバンの恩恵も得られないため、効率が悪くなってしまいますね。 そこで、問題となってくるのがバージョン違いのジムリーダーです。 ソードには格闘タイプ使いのサイトウ、 シールドにはゴーストタイプ使いのオニオンが登場します。 マッチングする可能性はそこまで高くはないとはいえ、オニオンのいるシールドは金策の効率が落ちてしまうことになります… 剣盾ではタウリンやブロムヘキシンなどの栄養ドリンクも無制限に使うことができるようになり、ニャースで金策したお金でこれらの道具を買っていくといった努力値の振り方が可能になりました。 ポケモン剣盾には群れバトルや仲間呼びといった野生のポケモンで稼ぎやすい工夫もないので、努力値は道具を使っていく手法が主流になるかと思われます。 金策が努力値振りの効率にまで響いてくるのは、無視できないのではないでしょうか?• まとめ 今作は準伝説も登場せず、一般ポケモンもレイドに参加すればバージョン違いは気になりにくいことから、伝説のポケモンで評価するのが良いでしょう。 ザシアンとザマゼンタでは、性能的にはザシアンが魅力的となっています。 高難度のマックスレイドバトルが出てくれば、行動回数が鍵となってくるのでザマゼンタに光が当たる可能性もなくはないですが、現状では火力主義の効率周回ゲーになっているのでザマゼンタにほとんど出番はありません。 一方、ザシアンはレイドでもよく活躍しているのを見かけます。 伝説のポケモンだけならまだしも、金策にも影響するとなると、やはりソードを選ぶのが正解かなと思います。 ですが、これはガチ勢視点での評価になります。 ザマゼンタやオニオンに思い入れがある人は素直にシールドを買ってくださいね!•

次の

ポケモン剣盾のパーティ診断お願いします。

ポケモン剣盾 両壁

先制で壁を張ることでオーロンゲ自体もある程度耐久することができます。 正直大きな点としては特性が大きいと思われます。 ・HPの種族値がエーフィよりも高いというものあります。 HPに252振っておけば物理と特殊に対してある程度の耐久性能を確保できます。 さらにどちらかに厚く振っておけば片方に対してさらに耐性を得ることができます。 攻撃に関しても、「イカサマ」を利用することで攻撃に対して努力値を振らなくていいという点も優位な点といえるでしょう。 上記のオーロンゲに対しては背景の部分で触れたブラッキー、カバルドンなどに対して耐性がないため、片方の壁を張った時点であくびで交代を余儀なくされそのまま起点とされます。 その点エーフィであれば、対面はもちろん後出しからでも特性「マジックミラー」により、これらのポケモンに対して優位が取れます。 むしろ後出しのほうが強いくらいです。 後のダメージ計算にて解説します。 ・特殊耐久と素早さについてはこちらで書くと長くなってしまうため別記とさせてください。 ・技 回復技「ちからを吸い取る」に加えて物理殺しの代表格の「おにび」を覚えることで相手のアタッカーに対して有利をとることができます。 はたきおとすやトリック、すりかえで簡単に機能が低下します。 その点エーフィであればトリックをよく使うロトムに対して持ち物としてよく持っている眼鏡やスカーフを有効利用できるほか、叩き落とすをされたとしても火力のDOWNのみで被害を防ぐことができます。 ダメージは壁込みである程度覚悟する必要がありますが、、、 ・素早さ種族値 サニーゴと比べて明らかに上から行動することのことのできるポケモンが違います。 ネイティオ エーフィと同じことができるポケモンとして挙げさせていただきます。 エーフィにない技としては、「エアスラッシュ」、「ギガドレイン」などがあげられるでしょうか。 ・物理耐久種族値 正直誤差です。 エーフィであれば、虫、悪、霊だけで済みます。 ・素早さ、特攻、特防種族値 上から行動することのできるポケモンが違います。 また、特殊耐久が全く違い、受けることのできる技も違います。 性格 最速としたいため、「おくびょう」が理想的かと思います。 最速とすることで上から壁を張り、攻撃を耐えることのできるポケモンが大きく変わります。 エーフィより高い素早さ種族値の最速ポケモンについてはここでは考えないこととします。 エーフィ素早さ種族値110 最速実数値178 代表例 アイアント S109 最速実数値 177 リザードン S100 最速実数値 167 サザンドラ S98 最速実数値 165 ミミッキュ S96 最速実数値 162 特性 今回のコンセプトとして「マジックミラー」一択とします。 「シンクロ」を選択するのであれば別の型とする必要があります。 持ち物 今回はものしりメガネとしています。 壁を張るのであれば「ひかりのねんど」のほうが良いのでは?と考えられる方も多いと思いますが、正直そちらもありです。 しかし、カバルドンなどの物理受けのポケモンに対して、ある程度殴り勝つ火力が欲しかったためこちらの道具としています。 エーフィがよく持っている道具としては「こだわりメガネ」があげられるかと思います。 そのため、壁を見せるまではトリックを初手で選ぶことはあまりされないかと思います。 努力値 H 52 余り 汎用性を利かせるためと52まで振るとドラパルトのドラゴンアローを確定で1回耐えることができるようになります。 C 204 S 252 としています。 技構成 ダメージ計算については別記します。 「ノーマルタイプのある程度耐久があるポケモン」 主に、カビゴン、ヨクバリスなどは相性がよいと考えています。 そのほかでは、ヌオーなども相性が良いと思います。 ただしヌオーに関しては、Bダウンのダイホロウを受ける点については注意してください。 エーフィの特徴としてB能力値がかなり低めです。 また、環境に多い霊技を呼ぶため、相手の技を読んでノーマルポケモンにひくことで無償で交代することができます。 また、環境に多いゴリランダーが嫌がるポケモンもおすすめです。 ゴリランダーが先発で出てきた場合、有効打として叩き落とすをされますので、ゴリランダーに対して比較的有利なウインディなどをあと投げしてサイクルを回すのものありかと思います。 その他では、みがわりをされる可能性もありますので、すりぬけ、音技持ちもあれば快適に戦えるかと思います。 有利対面 基本的には、先発で選出できそうな場合は先に壁張りを行い、後ろのエースの補助。 この場合、状態異常技を打たれないのが他の壁張り要因との差別にもなります。 後は、変化技を打ってきそうな相手に対して後出しして、跳ね返してから壁を張るか勝負して圧力をかけるかというものが行動が主な運用となります。 ダメージ計算 ・以下、ポケモンごとに攻撃、被ダメの記載します。 ・前提として上から壁を張ることを想定してますので、受ける場合は壁込みのダメージ計算となります。 バタフリー 想定 : 性格:おくびょう H204 C無振り 持:たべのこし ガラルヤドン様のバタフリー育成論を仮想敵とさせていただきました。 許してください。 ここからはメジャーポケモンのダメージ計算を行います。 ほぼ壁張りとダイマックスターン消費が仕事になると思います。 攻撃も載せますが1ターン目が壁張りとなりますので1発打って退散となります。 サザンドラ 想定 : 性格:おくびょう H4 CS特化 持:こだわりスカーフ このポケモンに関しては他のポケモンで見る事が出来ずどうしても落としたい場合ダイマックスも視野に入れて下さい。 被ダメージ計算についてはダメージを受ける可能性のあるスカーフなど無補正のものとしています。 また抜かれたorダイマックスの場合は、壁なしで受けることとなりますので壁なしで計算します。 2〜114. 6〜57. 3〜121. 5〜91. メガネであれば上記のダメージで落とす事が出来ます。 ミミッキュ 想定 : 性格:ようき H4 AS特化 持:命の玉 かげうちのみ壁なしのダメージとします。 また、攻撃してくるなら初手のため剣舞は想定しません。 ドラパルト 想定 : 性格:ようき H4 AS特化 持: 襷、スカーフ S負けしているので素の防御で受けることになります。 無理です。 ただし、物理型であれば霊技が通常時ゴーストダイブとなるため、受けだしが可能です。 なので霊技はダイホロウのみ、通常時は最大打点のドラゴンアロー、蜻蛉返りを想定します。 また攻撃される際は後手となるため、壁なしで計算します。 5匹飛びますね。 ドラパルト 想定 : 性格:おくびょう H4 CS特化 持:達人の帯 この子は特殊型も環境に存在するため、考察対象とします。 また想定する個体は与ダメージが変わらないため、被ダメージのみ計算します。 H無振りの場合乱数1発 18. エーフィが現環境でどのように生きていけるかが、伝われば幸いです。 環境が変わればまた、努力値等修正する必要はあるかと思いますが、他の壁張り要因よりは型も読まれにくく変化技への後出し性能も高いため動かしやすいかと思います。 はじめにも記載しましたが、初投稿のため読みにくいや認識の甘い部分等あるかと思いますので、ご指摘いただければできる限り対応します。 また、努力値振り、技構成について改善案などあれば理由も添えていただければ幸いです。 再度計算したところ抜かれており壁なし前提でのサザンドラのダメージ計算で壁が適用されていました。 おっしゃるとおり 受:あくのはどう 95. 2〜114. また、合わせてダイマックス時ダイアークの火力にも壁が適用されていた為、後ほどサザンドラの部分に関して大きく修正いたします。 私はスムーズに後続に交換する狙いでマジカルシャインをあくびに変えてみましたが、壁張の仕事した後も相手の最後の一匹に対して上からあくびが撃てたりすることもあり使いやすかったです。 ただ悪タイプに打点がなくなった影響でサザンドラに負ける試合もあり一長一短ですね。 あくびの採用ももちろんありですね。 ただその場合は、仰られている通り、悪タイプへの有効打が無くなるため、あくびでの流しまでするのであれば両壁でなくとも良いかもしれません。 カビゴンなどは相手のパーティに格闘がいなければリフレクターなしで色々な技を堪えるだけのスペックがあります。 壁にせよ、あくびにせよ環境をしっかり把握するのが大事ですね。 ランクマ初心者のものです。 エーフィが呼んでしまう敵としては、環境に多いものですと、バンギラス、ギルガルド、ドリュウズ、アーマーガアなどタイプ相性や技範囲的にエーフィの技を受け切れるものが出てきました。 その他は例に挙げた火力や素早さでエーフィの上を取れるポケモン 逆に手持ちにエーフィを入れている際は、牽制対象としているヌオー、バタフリー、カバルドンなどは選出され難かったです。 バトンタッチの採用については個人的にメリットを感じられなかった為、候補から外していました。 理由としては後続に変える際、エーフィが無事にバトンをできるということは、Sで勝っているポケモンとなります。 高火力のポケモンは壁を張った後でも2発受けきれません。 その場合、技スペを削るだけとなってしまいただの交代で良いという事になります。 総括としては、あくまでPTの一部、相手の起点作成ポケモンへのメタ、カビゴンへの受けポケモン対策として使っていただきエーフィが対策できないポケモンに関しては他の4、5匹で対応できるようにPTを組んでいただければと思います。 確かにバトンタッチをやる余裕が無さそうですね。 ただ、カビゴンの苦手なヌオーを縛れる点はすごく良い点ですね!育成して使ってみます。

次の

役割別考察/壁張り

ポケモン剣盾 両壁

先制で壁を張ることでオーロンゲ自体もある程度耐久することができます。 正直大きな点としては特性が大きいと思われます。 ・HPの種族値がエーフィよりも高いというものあります。 HPに252振っておけば物理と特殊に対してある程度の耐久性能を確保できます。 さらにどちらかに厚く振っておけば片方に対してさらに耐性を得ることができます。 攻撃に関しても、「イカサマ」を利用することで攻撃に対して努力値を振らなくていいという点も優位な点といえるでしょう。 上記のオーロンゲに対しては背景の部分で触れたブラッキー、カバルドンなどに対して耐性がないため、片方の壁を張った時点であくびで交代を余儀なくされそのまま起点とされます。 その点エーフィであれば、対面はもちろん後出しからでも特性「マジックミラー」により、これらのポケモンに対して優位が取れます。 むしろ後出しのほうが強いくらいです。 後のダメージ計算にて解説します。 ・特殊耐久と素早さについてはこちらで書くと長くなってしまうため別記とさせてください。 ・技 回復技「ちからを吸い取る」に加えて物理殺しの代表格の「おにび」を覚えることで相手のアタッカーに対して有利をとることができます。 はたきおとすやトリック、すりかえで簡単に機能が低下します。 その点エーフィであればトリックをよく使うロトムに対して持ち物としてよく持っている眼鏡やスカーフを有効利用できるほか、叩き落とすをされたとしても火力のDOWNのみで被害を防ぐことができます。 ダメージは壁込みである程度覚悟する必要がありますが、、、 ・素早さ種族値 サニーゴと比べて明らかに上から行動することのことのできるポケモンが違います。 ネイティオ エーフィと同じことができるポケモンとして挙げさせていただきます。 エーフィにない技としては、「エアスラッシュ」、「ギガドレイン」などがあげられるでしょうか。 ・物理耐久種族値 正直誤差です。 エーフィであれば、虫、悪、霊だけで済みます。 ・素早さ、特攻、特防種族値 上から行動することのできるポケモンが違います。 また、特殊耐久が全く違い、受けることのできる技も違います。 性格 最速としたいため、「おくびょう」が理想的かと思います。 最速とすることで上から壁を張り、攻撃を耐えることのできるポケモンが大きく変わります。 エーフィより高い素早さ種族値の最速ポケモンについてはここでは考えないこととします。 エーフィ素早さ種族値110 最速実数値178 代表例 アイアント S109 最速実数値 177 リザードン S100 最速実数値 167 サザンドラ S98 最速実数値 165 ミミッキュ S96 最速実数値 162 特性 今回のコンセプトとして「マジックミラー」一択とします。 「シンクロ」を選択するのであれば別の型とする必要があります。 持ち物 今回はものしりメガネとしています。 壁を張るのであれば「ひかりのねんど」のほうが良いのでは?と考えられる方も多いと思いますが、正直そちらもありです。 しかし、カバルドンなどの物理受けのポケモンに対して、ある程度殴り勝つ火力が欲しかったためこちらの道具としています。 エーフィがよく持っている道具としては「こだわりメガネ」があげられるかと思います。 そのため、壁を見せるまではトリックを初手で選ぶことはあまりされないかと思います。 努力値 H 52 余り 汎用性を利かせるためと52まで振るとドラパルトのドラゴンアローを確定で1回耐えることができるようになります。 C 204 S 252 としています。 技構成 ダメージ計算については別記します。 「ノーマルタイプのある程度耐久があるポケモン」 主に、カビゴン、ヨクバリスなどは相性がよいと考えています。 そのほかでは、ヌオーなども相性が良いと思います。 ただしヌオーに関しては、Bダウンのダイホロウを受ける点については注意してください。 エーフィの特徴としてB能力値がかなり低めです。 また、環境に多い霊技を呼ぶため、相手の技を読んでノーマルポケモンにひくことで無償で交代することができます。 また、環境に多いゴリランダーが嫌がるポケモンもおすすめです。 ゴリランダーが先発で出てきた場合、有効打として叩き落とすをされますので、ゴリランダーに対して比較的有利なウインディなどをあと投げしてサイクルを回すのものありかと思います。 その他では、みがわりをされる可能性もありますので、すりぬけ、音技持ちもあれば快適に戦えるかと思います。 有利対面 基本的には、先発で選出できそうな場合は先に壁張りを行い、後ろのエースの補助。 この場合、状態異常技を打たれないのが他の壁張り要因との差別にもなります。 後は、変化技を打ってきそうな相手に対して後出しして、跳ね返してから壁を張るか勝負して圧力をかけるかというものが行動が主な運用となります。 ダメージ計算 ・以下、ポケモンごとに攻撃、被ダメの記載します。 ・前提として上から壁を張ることを想定してますので、受ける場合は壁込みのダメージ計算となります。 バタフリー 想定 : 性格:おくびょう H204 C無振り 持:たべのこし ガラルヤドン様のバタフリー育成論を仮想敵とさせていただきました。 許してください。 ここからはメジャーポケモンのダメージ計算を行います。 ほぼ壁張りとダイマックスターン消費が仕事になると思います。 攻撃も載せますが1ターン目が壁張りとなりますので1発打って退散となります。 サザンドラ 想定 : 性格:おくびょう H4 CS特化 持:こだわりスカーフ このポケモンに関しては他のポケモンで見る事が出来ずどうしても落としたい場合ダイマックスも視野に入れて下さい。 被ダメージ計算についてはダメージを受ける可能性のあるスカーフなど無補正のものとしています。 また抜かれたorダイマックスの場合は、壁なしで受けることとなりますので壁なしで計算します。 2〜114. 6〜57. 3〜121. 5〜91. メガネであれば上記のダメージで落とす事が出来ます。 ミミッキュ 想定 : 性格:ようき H4 AS特化 持:命の玉 かげうちのみ壁なしのダメージとします。 また、攻撃してくるなら初手のため剣舞は想定しません。 ドラパルト 想定 : 性格:ようき H4 AS特化 持: 襷、スカーフ S負けしているので素の防御で受けることになります。 無理です。 ただし、物理型であれば霊技が通常時ゴーストダイブとなるため、受けだしが可能です。 なので霊技はダイホロウのみ、通常時は最大打点のドラゴンアロー、蜻蛉返りを想定します。 また攻撃される際は後手となるため、壁なしで計算します。 5匹飛びますね。 ドラパルト 想定 : 性格:おくびょう H4 CS特化 持:達人の帯 この子は特殊型も環境に存在するため、考察対象とします。 また想定する個体は与ダメージが変わらないため、被ダメージのみ計算します。 H無振りの場合乱数1発 18. エーフィが現環境でどのように生きていけるかが、伝われば幸いです。 環境が変わればまた、努力値等修正する必要はあるかと思いますが、他の壁張り要因よりは型も読まれにくく変化技への後出し性能も高いため動かしやすいかと思います。 はじめにも記載しましたが、初投稿のため読みにくいや認識の甘い部分等あるかと思いますので、ご指摘いただければできる限り対応します。 また、努力値振り、技構成について改善案などあれば理由も添えていただければ幸いです。 再度計算したところ抜かれており壁なし前提でのサザンドラのダメージ計算で壁が適用されていました。 おっしゃるとおり 受:あくのはどう 95. 2〜114. また、合わせてダイマックス時ダイアークの火力にも壁が適用されていた為、後ほどサザンドラの部分に関して大きく修正いたします。 私はスムーズに後続に交換する狙いでマジカルシャインをあくびに変えてみましたが、壁張の仕事した後も相手の最後の一匹に対して上からあくびが撃てたりすることもあり使いやすかったです。 ただ悪タイプに打点がなくなった影響でサザンドラに負ける試合もあり一長一短ですね。 あくびの採用ももちろんありですね。 ただその場合は、仰られている通り、悪タイプへの有効打が無くなるため、あくびでの流しまでするのであれば両壁でなくとも良いかもしれません。 カビゴンなどは相手のパーティに格闘がいなければリフレクターなしで色々な技を堪えるだけのスペックがあります。 壁にせよ、あくびにせよ環境をしっかり把握するのが大事ですね。 ランクマ初心者のものです。 エーフィが呼んでしまう敵としては、環境に多いものですと、バンギラス、ギルガルド、ドリュウズ、アーマーガアなどタイプ相性や技範囲的にエーフィの技を受け切れるものが出てきました。 その他は例に挙げた火力や素早さでエーフィの上を取れるポケモン 逆に手持ちにエーフィを入れている際は、牽制対象としているヌオー、バタフリー、カバルドンなどは選出され難かったです。 バトンタッチの採用については個人的にメリットを感じられなかった為、候補から外していました。 理由としては後続に変える際、エーフィが無事にバトンをできるということは、Sで勝っているポケモンとなります。 高火力のポケモンは壁を張った後でも2発受けきれません。 その場合、技スペを削るだけとなってしまいただの交代で良いという事になります。 総括としては、あくまでPTの一部、相手の起点作成ポケモンへのメタ、カビゴンへの受けポケモン対策として使っていただきエーフィが対策できないポケモンに関しては他の4、5匹で対応できるようにPTを組んでいただければと思います。 確かにバトンタッチをやる余裕が無さそうですね。 ただ、カビゴンの苦手なヌオーを縛れる点はすごく良い点ですね!育成して使ってみます。

次の