マリー アントワネット 白髪。 フランス革命【マリーアントワネット】は高飛車な性格?死因や死刑になったエピソードを分かりやすく解説

マリー・アントワネットの時代の奇抜なオシャレ

マリー アントワネット 白髪

バラ「 王妃アントワネット」は、池田理代子先生の名作漫画「 ベルサイユのばら」に登場する主人公のひとり「 マリー・アントワネット」がイメージされたバラです。 史実での「マリー・アントワネット」は、オーストリアのハプスブルク家から絢爛豪華な18世紀のフランス・ブルボン王朝のルイ16世に嫁いだ女性で、 フランス革命によって断頭台[ギロチン]で37歳の短い生涯を閉じた悲劇の王妃として知られています。 彼女はまた、古い王侯時代の象徴と扱われたり庶民を苦しめる悪役のように描かれるなど、どちらかと言えば歴史上、評判が良い人物として説明されることは多くありません。 しかし他方、未完成ではあったものの、彼女には彼女なりの信念を強く持ち、ぶれない芯で生涯をまっとうした誇り高い女性でもありました。 漫画「ベルばら」ではそんな彼女の真っすぐな芯の強さを表した名言をいくつも見ることができます。 これから紹介する品種の特徴がこのような人物の生涯にどのように重なるのか。 絢爛豪華なベルサイユ宮殿の暮らしからギロチンの露と消えた激動の人生を送った女性の名がつけられたバラ「王妃アントワネット」を扱います。 本稿は、誇り高く、絢爛豪華なベルサイユのばら「 王妃アントワネット」の栽培実感です。 品種の情報 4基準データ• 花色 : ローズピンク[濃いローズピンク]• さまざまにある選択要素のなかから最も重要な4つの基準を紹介しています。 詳しくはこちらをご覧ください。 花つき : かなり良い• 花もち : 抜群に良い• 花形 : 波状弁抱え咲き• 花びらの枚数 : 45枚[最大]• とげ : 少数の鋭くふといとげ• 花径 : 13cm[ 大輪]• 樹勢 : 強い[ 強健]• 樹高 : 150cm[最大目安]• 開花サイクル : 四季咲き• 作出 : 2011年.メイアン[MEILLAND].フランス• 原名 : Le Reine Marie-Antoinette• 4基準ほど育てやすさに直結するものではありませんが個々の花の個性を形づくる情報です。 育てやすさ|栽培難易度 [ 初心者向け] はじめてバラを育てようと思われた方や栽培知識に自信がない方でも大丈夫な品種です。 虫食いのあとが見えるものの、花びら自体に雨露による傷みがほとんどないことがわかる。 香り 甘くて華やかな ティーの香りが強く放ちます。 [ 強香] ティーの香り成分のバラの多くは中香程度の品種が多く、強香の品種は多くありません。 王妃アントワネットの大きな長所のひとつがこの ティーの強香です。 さらにまた特筆すべきは 香りの残香で、切り花にしても中程度の香り[中香]が長く残ります。 例えば、 や のように優れた香り成分を備えたバラはいくつもありますが、これらは切り花にすることで香り成分が急速に失われることが少なくありません。 王妃アントワネットのこの「残香の持ちの良さ」はすこぶる長所だと感じています。 [切り花の香りはなるべく直射日光を避けた涼しい場所に置くことでより長く持ちます。 ] 新しい葉と古い葉との対比 新しい葉はこちら。 落ち着くと濃い緑色の葉に。 育てやすさについての私の実感 耐病性 バラはさまざまな病気にかかり、品種を問わず最も頻繁にかかるのが「うどんこ病」と「黒星病」の2つの病気で、これらは「バラの2大病」と呼ばれています。 この品種の2大病の耐病性は「 普通よりも強い」と評価します。 夜露で湿った王妃アントワネットの葉。 黒星病に弱い品種だと夜露だけでも発病する。 うどんこ病への耐病性 うどんこ病の耐病性が「 かなり強い」品種です。 ] 露地で育てていた場合には、窒素分の多い肥料を過度に与えて育てていない限りはうどんこ病を心配する必要はないでしょう。 [もし露地でうどんこ病の発症が多く見られるようなら、与えている肥料の成分を確認してみましょう。 窒素過多の可能性があります。 問題がありそうなら、窒素分が少ない肥料に変えたり、 を散布するなど窒素分の解消に努めましょう。 ] 他方、施設栽培ではうどんこ病が多少生じることがありました。 ただ、蔓延して株がやられるほどではないので過度に心配する必要はなさそうです。 重層や 食酢などの 特定防除資材で充分に防除することができます。 なお ではこの病気について解説しています。 黒星病への耐病性 3年前に公開した [2016年6月4日公開]で紹介した際には「かなり強い」や「強い」と評価してきました。 しかし、最新の知見では王妃アントワネットの黒星病の耐病性は「 普通」と評価したいと思います。 無施肥・無農薬の葉。 梅雨入り以前で既にこの状態。 [撮影|2018. 2] 2015年・2016年|有施肥・薬剤散布あり この期間は施設内と露地で王妃アントワネットを合計7株育てていました。 [有施肥・薬剤散布あり] この場合には施設は当然として 露地でも黒星病がさほど発症することが少なかったと記憶してます。 2017年・2018年・2019年・現在|無施肥・完全無農薬 2017年以降はほとんどの株を露地栽培にシフトしました。 [無施肥・完全無農薬を基本とした緩やかな育成] これ以降、 2017年、2018年、そして2019年も毎年5月半ば~後半には黒星病の発病を確認するようになっています。 数年間見た感想 施肥・薬剤散布有りだと露地であっても黒星病がほとんど見られない一方、 無施肥・完全無農薬だと早い時期に黒星病が発症するという感想を得ました。 例年5月に黒星病がそれなりに発症するバラを「黒星病に強い」と評価しないほうがよいと考えられることから、黒星病に対する品種固有の抵抗力は、私の考えでは「 普通」評価にしたいと思います。 黒星病に感染して落葉間近の黄変した葉が目立つ。 その他の葉も大部分が感染している。 [撮影|2018. 18] 抵抗力まとめ ご覧いただいたようにうどんこ病に「かなり強い」一方で、黒星病は「普通」程度の強さと考えています。 2大病への抵抗力は間をとって「 普通よりも強い」と評価します。 樹勢 「 強い」樹勢です。 先に述べたように黒星病で多くの葉を落とすことはありますが、しかし そのまま枯れ込むケースはほとんど見かけられませんでした。 葉を失っても緩やかながら生長し、株を大きくさせ、翌年度に一層のつぼみをつけてきます。 「 強健」といってよい品種かもしれません。 また、「半直立」と紹介されていますが、管理人の眼下で育っている20株前後の実感としては「 ほぼ直立」の印象をもっています。 いずれにしても 省スペースで済む品種です。 なお、樹高はおおむね100cmから最大で150cmにまで達します。 とげの具合 若い枝には少数のふとく鋭いとげがあります。 株元の古い枝のとげ。 栽培のコツ 黒星病に強くはないが、負けない強さを秘めた枯れにくい品種 「黒星病への耐病性」の項でも書きましたが、王妃アントワネットを無農薬・無施肥で数年間見た限りは黒星病に強いとは言えないのではないかと管理人は見ています。 ただし、「樹勢」の項で触れたように黒星病によって葉を落としても生長を続ける強さを秘めた品種です。 ほどではないにしても、 枯れにくい品種と言える可能性があります。 黒星病に感染して 黄変して落葉する多くの葉を横目に、次々と新しいつぼみをあげてくる気高い姿にはクイーン・エリザベスと重なるものを感じます。 無農薬栽培が可能な品種 黒星病に躍起にならなければ無農薬栽培が可能です。 現に管理人は3年ほど地植えで 無農薬栽培を行っています。 この点につき大切なことは、 黒星病によって落ちた葉は放置せずにこまめに拾い集めて処分することだけはしっかりと行いましょう。 最低限の施肥と最小限の薬剤散布があるとなお安全 とはいえ、通常通りの管理が可能でしたら有施肥・薬剤散布をした方が安全です。 この場合、肥料の分量は通常よりも少なめ、そして薬剤散布の回数も最小限でもよいと思います。 [薬剤散布に躍起にならずとも大丈夫。 ] 黒星病に効果のある薬剤散布を定期的に散布することで葉をこのように保つことができる。 [薬剤散布をしている株の葉。 ] 適する栽培方法• 黒星病で大きく葉を落とす心配がある。 [ただし、樹勢はさほど衰えない]• うどんこ病の心配がほぼない• 半直立または直立樹形のため省スペースで育てられる などから、管理人は、 地植え・鉢植えの どちらにも向く品種だと思っています。 ただし、もしもあなたに、• 鉢で育てたい• ピンク系統のバラ• 省スペースで育てられるバラ というニーズがあれば鉢で育てる[ 鉢栽培]こともおススメできる品種です。 結論|育てやすいか?のまとめ これまで見てきたように王妃アントワネットは以下のような特徴から 初心者でも育てやすいバラです。 [初心者向き]• 黒星病に心配は残るものの、枯れにくい強健さがある• 無施肥・無農薬栽培が可能 [ただし放置栽培はNG] [なお、「超初心者向き」としない理由は、黒星病の耐病性の点と最低限の施肥と最小限の薬剤散布を求める場合がある点を踏まえての評価。 ] ベルサイユのばら・シリーズ 王妃アントワネットをはじめとするベルばらの主要な登場人物がイメージされたバラが「ベルサイユのばらシリーズ」として販売されています。 「オスカル」や「フェルゼン」、「アンドレ」などがイメージされた品種たちです。 ベルばらシリーズのなかで最も育てやすいのは本稿で紹介した王妃アントワネットだと思われますが、次点で「 ベルサイユのばら」がおススメです。 漫画のタイトルである「ベルサイユのばら」はベルベットのような光沢を帯びた濃赤色のハイブリッド・ティー。 考察|本稿のピンクのバラとアントワネット妃との重なり 王妃アントワネットというバラ 本稿で紹介してきたバラ「王妃アントワネット」は、• 華奢な枝の先端に 気品あるローズピンクの大輪花• 花びらはウェーブがかる エレガントな波状弁• 真っすぐと前と上を見据えた花は威厳に満ちており、下を見ない[ことが多い]• 大輪品種では珍しい ティー系の強香と 残香の余韻• 気安く触れるものを拒む鋭いとげ• 気品よくコンパクトにまとまる樹形• 病気[黒星病]に強くないがそれでも 負けないひたむきさを秘める などの特徴があることを紹介してきました。 これらは以下で説明しているマリー・アントワネット妃のイメージにそうものだと感じています。 マリー・アントワネット妃との重なり 管理人は、本稿を執筆するにあたり原作ベルばらの王妃アントワネットはもとより、史実のマリー・アントワネットの生涯を細かに調べ、改めて学びました。 その理由は、一見して絢爛豪華なベルサイユ文化のイメージからすれば花数は単純に多いほうがそのイメージに適していると当初は疑問に思っていたからです。 その意味では花数の多いフロリバンダ系やシュラブ樹形の品種あたりから選ばれてはどうだろうか、と。 ただ、一輪の美を愛でる ハイブリッド・ティー品種にアントワネット[やその他のベルばらシリーズ]が選ばれたことに今では管理人もよくよく納得しています。 マリー・アントワネットが生きた18世紀末のフランスはブルボン王朝末期の貴族政[絶対王政]が終わりを迎えつつあった最後の時代です。 彼女が生きた時代・生活空間は、見た目には華やかな宮廷生活ながら、極度の閉鎖社会のなかでのドロドロとした陰惨な人間関係に囲まれた不自由な生活でした。 のみならず、同盟の要として幼くして言葉の違うオーストリアからそれまで長年争ってきた敵国フランスに単身移ってきた心細さや居心地の悪さは現代では想像するのも難しいほどです。 彼女はそれにひたむきに耐えながら名門ハプスブルク家の子女として気高く美しく、そして誇り高く振る舞わんとしたそのひたむきな姿に、私も一輪のバラの姿を重ね見ました。 そしてまた、マリー・アントワネット妃は、音楽を愛する感性や国際舞台をファッションからリードするなど主として芸術面での才能を見せた華やかなイメージを伴う女性でもありました。 宮廷や華やかな国際舞台で活躍する王妃の姿は、同時代の人の目にもきらびやかなヴェルサイユ宮殿のなかにあって一層輝くばかりにたたずむ一輪のバラのように見えたのではないでしょうか。 羨望と嫉妬とともに…。 [余談]マリー・アントワネットの実母・神聖ローマ帝国の女帝「マリア・テレジア」の若き日の姿。 ヨーロッパ随一の名門ハプスブルク家の女傑が見たわが子の性格には未熟さや不完全さを感じていたようだ。 「多くの軽薄さ、熱意の不足、自分の意思を押し通そうとする頑なさ、そして誰かの指摘を巧みにかいくぐる術を身につけている」など、にべもないものであった。 そしてそうであるがゆえに、母はわが子の行く末を常に案じていたという。 フェルゼンとの今生の別れになったヴァレンヌ逃亡事件[1791年]の失敗から民衆の信頼を完全に失った彼女はその翌1792年に37歳の生涯を閉じることになります。 その前後、革命裁判中にあっても彼女の気高い芯はいささかも揺らがなかったと伝え聞きます。 池田先生は、ベルばら作中の終盤、若くして白髪になった断頭台上の彼女に「 さあ!見るがいい…。 これがフランス王妃の死にかたです!! 」というセリフを与えています。 14歳の輿入れより重すぎた責務に耐えてきた彼女がようやく解放された瞬間なのかもしれません。 世俗の鎖から肉体ごと解き放たれることでしか自由を手に入れる術がなかった女性はやっと無邪気に想い人の下へも駆け出すことができるようになったのだと思わずにはいられません。

次の

マリーアントワネットが一夜にして

マリー アントワネット 白髪

フランス革命の渦に巻き込まれ、「 悲劇のヒロイン」と呼ばれたフランスの王妃マリーアントワネット。 オーストリアのウィーンに女帝マリアテレジアの娘、オーストリア皇女として生まれました。 のびのびと育ったマリーアントワネットは、やがてフランスに嫁いでいきます。 フランスの社交界1の地位と財産を手に入れた彼女は、多くの人々を魅了していきます。 王太子妃時代には「 ファッションの女王」と呼ばれ、当時の流行を先導していきました。 入浴や香水を使う習慣などは現代にも伝わるものです。 18歳の若さでフランス王妃となりますが、やがて宮廷や民衆からの反感を買っていくことになります。 やがてフランス革命が勃発し、国王一家はフランスにとって敵とみなされるようになります。 最終的にマリーアントワネットを含む国王一家は革命裁判にかけられます。 そして死刑判決を受け、断頭台の露と消えたのです。 そんなフランス王妃マリーアントワネットについて、 どのような性格だったのか、 最期の瞬間を迎えた死刑の場所とその理由など、彼女の生涯を探ってみたいと思います。 愛妾の為に、私たちの税金を湯水のように使ってきたルイ15世から、新しい国王に変わったことで、生活が少しずつ豊かになるのでは!! と、若い夫妻が王位に就いたことを、国民たちは大変に喜びました。 しかし王妃となったマリーアントワネットは、 ベルサイユ宮殿にあった習慣や儀式の廃止や簡素化を進めていきます。 こういった独断で物事を進めていく彼女の行動は、宮殿内の人々の反感を徐々に買うことになりました。 また以前からの仮面舞踏会、ファッション、賭博は更に拍車をかけ、使われる金額は増える一方でした。 本当は、どんな性格だった?!3つの出来事 自由に育った幼少期 マリアテレジアは子供たちに対しての教育は厳しかったと言われています。 外国語や作文、歴史、読書、歌、ピアノ、ダンスなど、多くの教育を受けてきました。 ただ、深く物事を考えることを苦手とし、 落ち着きがなく、勉強嫌いで、真面目に物事を考えるのが嫌いな性格だった為、真面目に先生たちの授業を受けず、あまり身にはなりませんでした。 ルイ15世の愛妾、デュ・バリー夫人との対決 当時の宮廷内では身分の低い者が、身分の高い者が先に話しかけるという行為は許されていませんでした。 ルイ15世の愛妾デュ・バリー夫人は低い身分の出身でしたが、マリーアントワネットが宮廷に来るまでは、宮廷で1番権力のある女性でした。 そんな夫人に、マリーアントワネットは決して声を掛けようとはしませんでした。 宮廷では「 いつアントワネットが話しかけるのか」 と話題になりましたが、 結果的にはフランスとオーストリアの同盟破綻の危機にまで至り、 今日のベルサイユは大層な人ですことという言葉をデュ・バリー夫人に掛けることになったのでした。 この事件は、マリーアントワネットの気位の高さが伺い知れるものとなりました。 疑惑が深まった『首飾り事件』 ヴァロア家の血を引く、ジャンヌ・ド・ラ・モット伯爵夫人が大金を手に入れるために、王室御用達の宝石商から160万リーブルの首飾りをローアン枢機卿に買わせ、マリーアントワネットに渡すと言って騙し取るという事件が起きました。 この事件は、一向に代金が支払われないので痺れを切らした宝石商が宮廷に赴き、発覚しました。 この事に激怒したマリーアントワネットは裁判にかけましたが、 判決はラ・モット伯爵夫人は有罪、ローアン枢機卿は無罪となりました。 実はこのような大きな事件になる前に、宝石商がマリーアントワネット宛てに、「もうすぐ1回目の支払いの期日になるので、忘れないでください」という内容の手紙を送っていました。 しかし 深く物事を考えない性格 の彼女は、手紙を燃やしてしまったといいます。 」 「ここにおいでの母であるすべての方々に、わたしは伺ってみたいと思います。 」 【出展元:『マリーアントワネット』ツヴァイク(角川書店)】 このように王妃は、答えています。 3つめの罪に関しては、王妃の評判を下げるどころか、王妃としての高貴さを改めて実感するものとなりました。 しかし無罪の主張も空しく、1793年10月15日に死刑判決が下されることとなりました。 フランス王妃の死因~最期の場所 1793年10月16日、マリーアントワネットの処刑は革命広場(現在のコンコルド広場)で執行されました。 美しかったブロンドは恐怖の逃亡生活によって白髪に、長かった髪もギロチンの邪魔にならないように、短く切られてしまっていました。 透き通るように白かった肌は、牢獄での厳しい環境での生活でのために青白くなっていました。 12時15分、マリーアントワネットの首に、ギロチンの歯が落とされました。 執行人が、血の滴る首を死刑を見守った民衆たちに見せると、 『 共和国万歳!!』という歓声が、革命広場に広がりました。 まとめ フランスの王妃マリーアントワネットについてご紹介しました。 贅の限りを尽くした生活と、物事をあまり深く考えずに、自分の気持ちの思うままに行動してきたマリーアントワネット。 遅かれ早かれ、いずれフランス革命は起きていたかもしれません。 ただマリーアントワネットが、もっと国民を思い、少しでも物事を深く考え、行動できていたら。 彼女の最期はもっと違う結末を迎えたかもしれません。

次の

マリーアントワネットが一夜にして

マリー アントワネット 白髪

白髪にまつわる伝説として有名なのが「マリー・アントワネットの白髪伝説」がありますね。 フランスでは、「マリー・アントワネットが処刑前日に一夜で白髪になった」という伝説が、史実のように伝わっています。 漫画に詳しい人なら、その説よりも、「ベルサイユのばら」で、ヴァレンヌ逃亡事件で国王一家が捕まった際、その恐怖と心労でマリー・アントワネットの髪が老婆のような白髪になってしまった、という描写があったのをよくご存知かもしれませんね。 漫画と言えば、「あしたのジョー」でジョーの最後の対戦相手となった、ホセ・メンドーサが試合終了後に一気に白髪になった描写があったのを知っている人も多いでしょう。 しかし本当に、そんな「一瞬のうちに白髪になる」などという現象が、現実に起こり得るものなのでしょうか? 白髪伝説のウソホント マリー・アントワネットの白髪伝説のような「一瞬のうちに白髪になる」という現象が、現実に起こり得るのかというと・・・ これは、ハッキリ言ってしまえば「医学的にはありえないデマ」です。 なぜなら、一度生えた髪の色素が、完全に抜けるようなことは、それこそ強力な脱色でもしない限り、ありえないことだからです。 もちろん「あまりのショックや心労で、多くの髪のメラノサイト生成機能が停止してしまい、そのあとから生えてくる髪は白髪が多くなる」ということなら、じゅうぶんあり得ます。 おそらく、マリー・アントワネットもそういう状態だったのでしょう。 白髪伝説が生まれた理由 というわけで、マリー・アントワネットの白髪伝説は「事実としてはありえない、あくまでフィクションの伝説」ということになるのですが、そもそもどうして、こうした説がまことしやかに伝えられてきたのでしょうか? それはやはり、「人が強烈なショックを受けたことを象徴するのに、分かりやすい例え」としてこうした説が出された、というのが第一に考えられますね。 あと、ひどいショックや心労による髪への影響として「脱毛」も挙げられますが、脱毛の中でもストレス性の円形性脱毛は比較的短期間でも起こることがありますので、「多大なストレスで大規模な円形性脱毛が起こった後、生えてきた髪の多くが白髪だった」というような状態になれば「一気に白髪になった」というイメージを持ってしまうこともあるでしょう。 これも、白髪伝説ができた原因のひとつではないかと考えられます。

次の