千と千尋の神隠し 群馬。 「四万温泉 積善館」(群馬県) 「千と千尋の神隠し」の舞台と言われる旅館の混浴温泉

知る人ぞ知る絶景!千と千尋の神隠しのモデルになった橋「河鹿橋」が美しすぎる

千と千尋の神隠し 群馬

千と千尋の神隠し 「油屋 湯屋 」の温泉モデルは台湾の旅館街『九份』が濃厚? 噂の中で、この映画のモデルになったと最も大きな噂になっているのが台湾の旅館街なんですよね。 それが、 台湾 : 九份(きゅうふん) です! 台湾 : 九份(きゅうふん) 確かに、ものすごく綺麗な場所ですし、スタジオジブリ感、そして『千と千尋の神隠し』感を醸し出しまくっている場所になります! ココが、この映画の舞台モデルの場所だ! と言われれば誰もが疑わないでしょうね。 でも結論は、 この場所は モデルとなっていない。 ということのようです。 事実、スタジオジブリから発信されている公式資料の中には、スケッチをしに行った等「 九份」という文字は一言も出てこないようです。 スタジオジブリに問い合わせをしても、 「 九份」に取材をしに行ったという事実はないとのことで、制作サイドが全面否定している状況らしいです。 が、しかし、素晴らしい景観であることに違いはありませんね。 僕の中では、スタジオジブリとの関連を抜きにしても行ってみたい場所になりました! 千と千尋の神隠し 「油屋 湯屋 」の温泉モデル!本当は群馬の旅館?噂の真相は… 台湾の次にモデル地との噂が大きい、群馬県の温泉旅館について紹介していこうと思います! 噂されている場所というのは、 群馬県 : 積善館(四万温泉) です! 群馬県 : 積善館(四万温泉) ここについても確かに、 趣のある温泉旅館街にあり、特に積善館は元禄7年創業にして、日本最古の湯宿建築であり、重要文化財に指定されている老舗中の老舗です。 さらに、ヤフートラベル等の旅情報に明確に『千と千尋の神隠しのモデル』と謳われているため、信じる人も多いでしょうね。 でこの前提において、結論は… この場所も実は、 モデルとなっていない。 こちらも、景観から スタジオジブリ感が思いっきり出ていますので、モデルの地です!と公言されると疑う余地はないですよね。 まあ、それを抜きにしても行ってみたい場所にはノミネートされるくらい魅力のある温泉旅館です! Sponsored Links 千と千尋の神隠し モデルの温泉旅館は結局どこ?長野や山形、その他の噂は… 『油屋 湯屋 』の最も噂の多い2つがモデルの地ではないとなると、どこがその場所になるんでしょうか…? その他の候補は、 長野県 : 金具屋(渋温泉) 山形県 : 銀山温泉 愛媛県 : 道後温泉本館 です! 長野県 : 金具屋(渋温泉) この建物も趣深く、木造建築四階建ての「斉月楼」、そして大広間は 国の登録有形文化財に指定されているとのことです。 つまり、温泉旅館の老舗の一つですよね。 確かに、景観はすばらしいですよ!千と千尋を彷彿とさせる佇まい、そして、 旅館内部の朱色鮮やかな壁の色と木造と和紙の質感… これは、間違いないだろう!って思いますが、これもまた、 モデルの旅館ではないそうです。 山形県 : 銀山温泉 ここの場合は、旅館単体ではなく、 温泉旅館街の全体が千と千尋風ですね。 古き良き日本の温泉街風景という感じで、今、色々と調べている中で、街並みを映す画像が綺麗すぎて鳥肌が立ってしまいました。 元々はその名の通り銀採掘によって江戸時代に栄えた土地らしいです。 銀山閉鎖後は温泉地として2次利用され今に至る感じですね。 ただ、1913年頃に大洪水で街が流され、その後大正から昭和初期に今の風景が築き上げられたという歴史もあるようです。 と、深みのある土地であり、この温泉地のメインとなる「能登屋旅館」は国の登録有形文化財に指定されており、老舗の温泉地になります。 が、ここも 千と千尋のモデルではないそうです。。。 愛媛県 : 道後温泉本館 道後温泉本館も例の如く、重要文化財に指定されている場所です。 この流れで行くと、またモデルになっていない感じがしてきますが、『千と千尋』との繋がりが多少確認されているようです。 この道後温泉は実は映画の設定にそのまま使われている風な部分があります。 それが、「 神の湯本館棟」という設定ですね。 映画の内容と一致する文言が含まれているだけに、ここが本当のモデルの地か!と信じる人も多いと思います。 しかし、宮崎駿監督がこのように名言されています。 「道後温泉には確かに入った」 ただ、 「特定のモデルにはしていない」 ということです。 今までの候補地よりは明らかにスタジオジブリとの繋がりに近づいた感がありましたが、 固有のモデル地としては否定されています。 そうすると、正解は何なんでしょうか… 千と千尋の神隠し「油屋 湯屋 」の温泉モデルは…本当はこれだった! 5つの候補地について検証してみましたが、景観からその可能性が濃厚とされる中で、いずれも正解ではないと… じゃあ何が正解なの?って話ですが、実は、 スタジオジブリとしてそのモデルについては 2016年に 名言されているとのことです。 その内容とは、 「モデルにした特定の温泉旅館は存在しない」 ということです。 そうなんか~、何となく実在の場所があった方がうれしいから、残念だな~。。。 と、腑に落ちないのがファン心情ってもんでしょ。 でも、ここで、気にすべきは「 特定の」という文言ですね。 つまり、様々な温泉旅館や温泉街、その他、映画の世界観を作り上げる上でのインスピレーションをもらった土地は様々あって、それらを融合した形という解釈ができる訳です。 ですから、それぞれの候補の中でもイメージとして参考にした場所があっても当然だということですし、逆に創造するうえでそういった物があったからこそ、 似た景観が生まれたということも言えそうです。 決まったゆかりの地がないというのは、僕的には少し残念な気もしますが、今回紹介した旅館等はそれぞれが、千と千尋の神隠しの世界観を実際に持った場所であることは間違いないと思いますから、似た土地として楽しむことが十分にできそうですね! もちろん、それぞれの温泉旅館は国に認められる歴史的にも重要な素晴らしい景観があるわけですから、それだけでも訪れる価値があると言えますので、 今回の事実を知った上でもこれら旅館の情報を知ったことが非常に 有意義だったとも考えます! というわけで、モデル地ではないにしても 『 千と千尋の神隠し』に風景が似ている温泉旅館ツアーをしてみるのもいいかもしれませんね! それでは!.

次の

「千と千尋の神隠し」モデル旅館の場所はどこ?道後温泉や台湾と群馬や長野と石川も調査!

千と千尋の神隠し 群馬

もくじ• 積善館の行き方 車の場合は、高速道路で「渋川伊香保IC」か「月夜野IC」で降りて向かうと良さそうです。 (このページの下にGoogleマップもあります) 東京駅から四万温泉行きの直行バスも出ているそうですよ。 積善館の体験レポート 「千と千尋の神隠し」の世界が目の前に! 「積善館」は「千と千尋の神隠し」の湯屋「油屋」のイメージモデルのひとつになったそうですね。 本当に映画の中のようでファンタスティック! 「積善館」は日帰り入浴もできますが、夜のライトアップも美しいので宿泊もおすすめです。 歴史を感じることができる本館のお部屋へ宿泊 本館のお部屋からは「積善館」のシンボルとも言える赤い橋や、元禄時代に建てられた木造湯宿建築を眺めることができました。 本館のお部屋にはトイレが付いていないので共同ですが、とても新しくおしゃれです。 歴史ある古い建物ですが、館内は綺麗に手入れされています。 写真のように小さな看板の横に階段があります。 先ほどの看板は2階ですが、岩風呂の位置は階段を降りて1階のようです。 階段を降りると脱衣所の前にパスワード入力のロックがあります。 女性専用の時間以外は解放されています。 男女で仕切られた脱衣所から浴室へ。 大きな岩風呂の湯船は二つに仕切られています。 昔の銭湯のような雰囲気かもしれません。 浴槽の目の前が脱衣所で、磨りガラス越しに人が来たのがわかるのでちょっとドキドキします。 有名な「元禄の湯」へ! 男女別の内湯「元禄の湯」は本館の入口の横からすぐです。 本館の入口も良い雰囲気。 一旦外に出て「元禄の湯」へ。 ここで飲泉もできます。 さていよいよ入ってみましょう。 大正モダンなホールの造りが素敵! 写真は朝一番。 まだ夜明けの薄暗いブルーのアーチ窓。 徐々に明るくなってきました。 男女別の浴室ですが、隣は男湯で上が開いているので広く感じました。 新しくリニューアルされた「佳松亭」にある露天風呂 本館から「佳松亭」へ行くには、間にある「山荘」の中の「浪漫のトンネル」を通ります。 どこか遠くから温泉の落ちる音がピチャ…ピチャ…と聞こえる不思議なトンネル。 暖かいロマンティックなトンネルです。 露天風呂は森の中で素敵でした。 こちらも男女別です。 露天風呂の隣には大浴場があるのでここで洗髪すると良いです。 日帰り入浴では利用ができません。 積善館のお食事 夕食のワンショット。 上品に盛り付けられて、とっても美味しかったです。 朝食は、段々になったお重に入っていておしゃれで豪華でした! 朝の積善館 朝のお風呂上がりに「積善館」の周辺をお散歩しました。 明るい時に見る「積善館」も、鮮やかで素晴らしかったです。 「積善館」はとても広く迷路のような造りになっているので、本当にお伽話に出てくるような旅館でした。 「千と千尋の神隠し」の舞台と言われているので若いカップルも多かったです。 積善館の動画 昼間も夜も美しく、元禄時代へ遡ることができるお部屋。 ぜひ日常から離れてゆっくりと泊まってみてくださいね。 今回私が宿泊したのは歴史あるこちらの本館です リニューアルされた佳松亭は露天風呂付き客室もあります 積善館の詳細情報 混浴STYLE 総合評価 4. キーワード• カテゴリー• まとめ• ニュース• 北海道• 和歌山県• 大分県• 宮城県• 山形県• 山梨県• 岐阜県• 岡山県• 岩手県• 旅行記• 栃木県• 沖縄県• 混浴ブログ• 熊本県• 神奈川県• 福島県• 群馬県• 長野県• 静岡県• 温泉の情報• 24時間混浴• ネット予約できる• バスタオル禁止• 共同浴場• 屋根付き• 山が見える• 川が見える• 旅館(宿泊可能)• 日帰り温泉あり• 日本秘湯を守る会• 時間制• 水着OK• 海が見える• 湯浴み着あり• 源泉かけ流し• 無色透明•

次の

千と千尋の神隠し 温泉モデルは群馬の旅館?長野の噂も…本当はこれだった!

千と千尋の神隠し 群馬

こんにちは!あくびです。 宮崎駿監督のジブリ作品で有名な「千と千尋の神隠し」。 個性あるキャラクターと独特の世界観に惹きこまれ、何度もみたくなってしまう名作ですよね。 「千と千尋の神隠し」のモデルとなった旅館が気になっている方もいるのではないでしょうか。 そこで、今回は• 千と千尋の神隠しの旅館 油屋 のモデルは実在する?愛媛の道後温泉?• 千と千尋の神隠しの旅館 宿 やトンネルのモデルは台湾?• 千と千尋の神隠しのモデルとなった群馬の旅館 温泉 とは?• 千と千尋の神隠しのモデルとなった長野の旅館とは?• 千と千尋の神隠しのモデルとなった山形の旅館 温泉 とは? について調べてみました。 千と千尋の神隠しの旅館 油屋 のモデルは実在する?愛媛の道後温泉って本当? 千と千尋の神隠しで気になる舞台が油屋 旅館 ではないでしょうか。 油屋のモデルとなった旅館は実在するのか、その場所はどこなのか気になりませんか? 調べてみると、道後温泉本館のWikipediaに気になる内容が記載されていました。 本館は宮崎駿監督の映画『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルになったといわれている。 油屋は、木造による重厚な重層構造の共同湯として描かれており、実際に、製作スタッフが道後温泉に逗留し、近代和風建築である本館のスケッチを行った記録もある。 製作元も道後温泉本館がモデルであるとは明言していないものの、大いに参考にした場所として紹介している。 ただし、同じようにモデルとなった建築物は各地にあるともいわれている。 道後温泉本館Wikipedia しかしながら、宮崎駿監督は 「色々な旅館や温泉を参考にしたので特定の場所はない」 と答えているようです。 道後温泉も参考になった場所と思われます。 モデル旅館や温泉は特定されていないようですが、いろいろな旅館や温泉を参考にしているということは、複数のモデルが実在するということでしょうね。 千と千尋の神隠しのモデルになった場所について調べてみました。 まとめ 今回は「千と千尋の神隠し」モデル旅館の場所について、道後温泉や台湾と群馬や長野と石川を調査してみました。 「千と千尋の神隠し」のモデルの場所について、宮崎駿監督は 「色々な旅館や温泉を参考にしたので特定の場所はない」 と言っています。 愛媛県の道後温泉• 台湾北部の港町基隆付近の新北市瑞芳区の九份• 群馬県の四万温泉「積善館」• 長野県下高井郡山ノ内町の老舗旅館「金具屋」• 山形県尾花沢市の「銀山温泉」 などが千と千尋の神隠しのモデルの場所として考えられています。 台湾北部の港町基隆付近の新北市瑞芳区の九份については、宮崎駿監督が千と千尋の神隠しのモデルではないと否定しているようですが、どこも行ってみたくなる素敵な場所ですね! 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の