早稲田 アカデミー クラス 落ち。 早稲アカのかしこい使い方 攻略マニュアル | 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』

早稲田アカデミーはレギュラークラス(R)と特訓クラスがありますが(T)最...

早稲田 アカデミー クラス 落ち

キャンペーンについてのご注意事項 日本国内のお客様 ・ご登録住所にRISUタブレットをお送りし、ご利用いただいた上、万一ご満足頂けなければ返品して頂くことができる限定キャンペーンです。 ・お試しご利用が可能な期間は、弊社よりタブレットを発送した日の3日後から数えて7日間です。 ・お申込ページで、期日内に本ページ記載のクーポンコードをご入力下さい。 クーポンコード記入がない場合にはキャンペーン適用とはなりません。 ・お試しご利用期間内でも、お子様の進み具合に応じて弊社よりメールを差し上げる「個別サポート」・お子様に向け個別フォローの「ビデオレター」 ・万が一タブレットを壊してしまった際の補償サービスなど、通常の年払い契約と同じサービスを体験いただけます。 ・返品されずそのままご利用いただく場合、返品可能期間の料金・送料は無料です 本サービス開始は8日目以降となります。 ・本サービスに移行された場合、本キャンペーン期間中にどれだけRISUを進んだ場合でも、その後のご利用料金には最大1ステージ分のクリアーのみが学習速度の計算に反映されます。 ・返品される場合 - お試しご利用期間内に、弊社までご返品される旨をご連絡ください。 - 返品時の返送期日は、お試しご利用終了日より7日間です 弊社必着。 - 手数料としてご登録のクレジットカードより1,980円(税別)お支払いいただきます。 - 正確な期日、手続き方法はお申込み後、弊社よりご登録のメールアドレスにお送りいたしますので、必ずご確認ください。 - 期間内にご返送いただけなかった場合、著しい汚損がある場合、本体や付属品が欠けている場合は別途追加の料金がかかります。 ・ご登録住所にRISUタブレットをお送りし、ご利用いただいた上、万一ご満足頂けなければ返品して頂くことができるイベント限定のキャンペーンです。 ・本キャンペーン以外の特典との重複利用はできません。 また、本キャンペーンは予告なく変更・早期終了する場合があります。 また、詳細、その他内容は弊社規約に準じます。 海外のお客様 ・海外へのお申し込みについては、別途送料実費を申し受けております。 また、お住いの地域によって送料(実費分)は異なりますので、弊社からのご連絡を併せてご確認ください。 ・実質7日間のお試しご利用が可能になるよう、お住まいの場所によって異なるご利用期間・返送期日を設けております。 お申込み後、弊社よりご登録のメールアドレスに個別にご連絡しますので、必ずご確認ください。 キャンペーンに関するお問い合わせ ご不明な点やキャンペーンに関するご質問がございましたら、下記お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。 担当スタッフより折り返しご連絡差し上げます。 組分けテストで点数がとれない 毎週行われる週例テストは、クラスごとにレベルの違う問題となっています。 しかし、5週間に1回行われる組分けテストは、共通問題になっています。 また、組分けテストはテスト範囲が広いです。 テスト問題が自分のレベルが合っていなかったり、前の内容を忘れていたりし、良い点数をとれず、クラス落ちするお子様がいらっしゃいます。 課題の量が多すぎる 早稲アカは、量をこなすことで成績を上げるという考えが強いです。 そのため、お子様のレベルを考えず、大量の課題を出します。 課題が多すぎるあまり、何から手をつければよいか分からないお子様がいらっしゃいます。 そのような状態では、成績は伸びずクラス落ちする原因になります。 また、下位のクラスのお子様は課題をほとんど消化できていないといわれています。 復習を効率よく行う 復習が追いついていないお子様は、テストで良い点数がとれません。 また、復習できていないと、必要な知識が身につかないまま次に進んでしまいます。 算数は各単元が関連しているため、次の単元も理解できなくなる可能性があります。 早稲アカの授業は難易度が高く、スピードがとてもはやいです。 また、授業時間が他の塾より長いため、自宅での学習時間をうまく確保できないお子様がいらっしゃいます。 いかに復習を効率よく行うかが、成績を伸ばす鍵になります。 一から全てをやる時間はありません。 できている箇所とできていない個所で、強弱をつけて取り組むことが大切です。 まずは、苦手な部分をピックアップし、優先的に学習する必要があります。 早稲アカのカリキュラムについていく 早稲アカは授業の進度が非常にはやく、課題が膨大に出ます。 そして、毎週理解度を確認する週例テストが行われます。 非常にハードなので、授業、宿題、テストのサイクルにのれず、ついていけなくなり、クラス落ちするお子様がいらっしゃいます。 お子様に任せっきりにしていると、基礎が身につかないまま受験を迎えることとなり、手遅れになる可能性があります。 授業が理解できないお子様に対しては、自宅で解き方を確認し、必要に応じて解説する必要があります。 課題がこなせず、何から手をつければよいか分からないお子様に対しては、課題の取捨選択をする必要があります。 うまく、早稲アカで成績アップできるようサポートすることが大切です。 RISU Japan inc.

次の

早稲田アカデミーでクラス落ちする原因と対策

早稲田 アカデミー クラス 落ち

少し前に、3年生から通っていたサピックスをやめて、早稲田アカデミーに転塾しました。 転塾してから少し経ちますが、いまだにこれで正解だったのかどうかよく分からないし、実際に転塾してみて、いろいろ戸惑ったり混乱しているところもあります。 そもそも、サピックスでもう少し上のクラスにいたら、転塾しなかっただろうなぁと思うことも。。。 (サピでの在籍クラスは、ちょうど真ん中くらいでした) 思うところはいろいろありますが、どうして転塾したのかと、なぜ転塾先として早稲田アカデミーを選んだのか、について書いてみたいと思います。 転塾した理由 転塾を決断した一番大きな理由は、サピックスの算数に、子どもが全然ついていけていないと感じたことです。 うちの場合、サピックスでは予習はいらないと言われていたので、そのまま素直に(?!)予習しないまま算数の授業に臨んでいました。 けれど長男の場合、それだとほとんど授業の内容は理解できておらず、ただプリントもらって元気に帰ってきました!!みたいな状態になってしまっていたのです(一応補足すると、サピックスでは事前に教材のプリントをもらうことはできません)。 本人は塾は楽しいと言っていたけれど、その状態だと、家に帰ってきてからがものすごく大変なのです。 復習というよりもむしろ、わたしが市販の教材などを使って最初からプリントの内容を説明し直す、という作業を毎回しなければならなくなりました。 これが、モーレツにキョーレツに大変だったのです(親子で互いに、です)。 親なりに懇切丁寧に説明したつもりでも、子どもがすんなり理解できないときなんていくらでもあるし、サピックスの解説もそれほど親切ではないので、親のほうも迷いながら教えたりしていると、時間はかかるわお互いにストレスはたまるわで、だんだん家庭の雰囲気がギスギスし始めました。 この状態をあと2年以上続けるなんて、なんだかなぁ、、、。 この先、子どもとの関係も心配だし、高学年になったときに算数の難問を親が教えきれる自信もなく、このままじゃいけないなぁ、、、と思うようになりました。 質問教室もありますが、うちの子はあんまりうまく利用できなかったし、先生との距離も遠く感じ、家庭内で不安を抱え込んでしまったようなところもあった気がします。 夫の反応はかなりシンプルで、「なんで塾に通ってるのに、親が家で一から勉強教えてるんだ?!」というものでした。 塾で教わってきても全然理解しきれないまま帰ってくるんだよと話すと、じゃあ長男には今の塾は合っていないのかもねぇ、それなら今うちに、もう少し面倒見の良さそうな塾に転塾しようか、という話になりました。 スポンサーリンク 転塾先を早稲アカにした理由 転塾先の候補は、いくつか見学しました。 転塾は、できればこれ1度きりにしたかったので、わたしがひとりで決めるのではなく、主人の意見も聞きたいと思って同行してもらいました。 最終的に早稲アカに決めたのは、いくつか理由があります。 まず、使用テキストが四谷大塚の予習シリーズなので、(ここでも予習しなくていいと言われたものの)多少予習してから授業に臨めること。 組分けテストは出題範囲が決まっており、2回続けて基準を下回ったときにクラスが下がるということ(長男の通う校舎の場合)。 あと、これは漠然とした印象ではありますが、先生と家庭との距離が多少は近く、質問もしやすそうだと感じた、というのもあります(実際、先生と電話で話す回数は結構増えました)。 特に組分けテストに関しては、長男の場合、サピックスでは組分けテストで下がって、マンスリーで上がるというのがお決まりのパターンだったので、せっかく復習を頑張ってクラスが上がっても、組分けテストであっけなくクラスが下がり、むなしい気持ちになることが多かったのです。 なので、出題範囲があり復習中心のテストで、クラスが下がるときに一定の猶予があるシステムというのは、長男には合っているかなーと思いました。 スポンサーリンク 実際に転塾してみて 結局のところ、転塾したところで苦手な算数が得意になるわけでもなく(当たり前ですが、笑)、算数に関してはその後、塾と併用して少人数での個別指導に通うようになり、今では個別指導もやめて、家庭教師の先生に1対1でフォローしてもらうようになりました。 正直、家庭教師に来てもらって算数をフォローするんだったら、もうちょっとサピックスで頑張ってみるっていう選択肢もあったのかなぁ、という気はします。 サピックスを辞めたとき、偏差値的にはちょうど真ん中くらいだったので、まあ良くも悪くもない、そんな感じだったのです。 結局どの塾にも一長一短があるんだろうなぁ、というのが、転塾してみての実感ですね。 教材などのテキストに関していえば、サピックスの教材はすごく良くできていたんだなと改めて思います。 内容的にも無駄がなかったように思うし、「言葉ナビ」の補助教材も、赤シートで暗記しやすいようになっていたりと、細かいところまでよく考えられていた気がしました。 でも、長男の志望校は早稲アカの合格実績もいいし、6年生のNN(志望校別のコース)も期待できそうなので、これで良かったんだ、ここで頑張るんだ、と今は前向きに思う(というか、思い込む?!)ようにしています。 もう、転塾しちゃったんだし(笑)!! 一度やってみると、転塾ってメリットもあると思うけれど、戸惑うことも結構あった気がします。 細かいところとかで、いろいろ。 それについてはまた改めて、ぼちぼち書きたいと思います。 関連記事 michi-yuuki.

次の

日能研か早稲田アカデミーか

早稲田 アカデミー クラス 落ち

早稲田アカデミー通塾後学力アップと同時に結果も 講師の方のレベルが高くシステムもしっかりしていると思います。 単に塾だけの指導であればどこでもできると思うのですが、早稲田アカデミーの場合は塾での指導プラス自宅での予習復習なども考慮して演習を用意してくれるので、子供が常に前向きに勉強しています。 また、期末テストや入試前など大切なポイントの前には通常の授業とは別に対策を立てて熱心に指導してくれました。 そのおかげで学力アップと同時に結果が出ていました。 そして子供も自信を持てるようになっていました。 中学2年生対象コース、中学3年生対象コース、そして3科目のレギュラーコースで中学2年から3年生まで通っていました。 料金は月に22,000円から25,000円ほどになります。 総額でいうと50万円くらいかかりました。 -40代 男性 保護者へのサポートもしっかりしている 講師と生徒の距離が近く、講師が生徒1人1人をきちんと気にかけているところは良い点だと思います。 また、保護者へのサポートもしっかりしていて、子供の成績や学習状況について講師から保護者にきちんと連絡が来るところが良いです。 逆に悪かった点は、体育会系のノリがある塾なので、そのような雰囲気に付いていけない子供には馴染めない所だと思います。 授業時間が長く課題も多いので、どっちつかずになり成績が上がらなくなって勉強に付いていけなくなる子供もいます。 小学4年生でSコース 4教科 に通っていました。 期間は小学4年生の1年間のみ通塾していました。 費用は入会費など全て合わせて約69万円です。 特別講習といった勉強合宿もあったので、それらの費用も入っています。 -20代 女性 中学生の時に早稲田アカデミーに通っていました 私は中学校一年生の夏から三年生の受験が終わるまで早稲田アカデミーに通っていました。 私は早稲田アカデミーの指導に対してとても満足しています。 一番良かった点はなんといっても受験の対策を懇切丁寧にしてくれるところです。 わからないところがあればすぐに教えてもらえます。 授業もプロの講師がわかりやすく説明してくれます。 自習室も朝から晩まで解放されているので受験期にはとてもお世話になりました。 気になる点は特に思い当たりません。 私の通ったコースは3科のレギュラーコースです。 通塾期間は中学校一年生の夏から中学校三年生の受験が終わるまでの約2年半です。 かかった費用は通常の受講料の75万と夏期講習などの特別受講料40万ほどでした。 -10代 男性 早稲田アカデミーの良い点は、何と言っても「きめ細やかさ」 早稲田アカデミーは1クラス最高15人という少人数の授業で、他の大手塾の1クラス40? 50人と比べると圧倒的な差です。 少人数ということは、つまり生徒1人1人を各クラスの担当の先生が把握できるということです。 定期的に各教科の先生と保護者面談も行われますが、先生自身が生徒の得意分野・苦手分野を把握してくれているため、その子に合った学習法や受験すべき学校を教えてもらえます。 また、早稲田アカデミーの先生は若くて元気がいい点が特徴です。 先生と生徒の距離感も近いため、元気な子、人見知りをしない子などにおすすめです。 一方で、体育会系のノリが苦手なご家庭やお子さんは、体質的に合わないかもしれません。 小3の9月~小6の2月まで中学受験コースに通いました。 掛かった費用はおよそ200万です。 -20代 女性 勉強に熱意を傾けられる子供にとってはメリットの大きい学習塾 定期的に進路選択の面談や入試に関する講演会を行っていて、学習以外でしなければならない情報収集等は全て早稲田アカデミー側でバックアップしてくれていました。 また分からない事があれば徹底的に教えてもらえる環境だったので、偏差値も階段式に上がっていく事が出来ました。 また夏期講習や冬期講習といった集中学習期間は自分の閃き力であったり、考え抜く力が鍛えられたように思います。 本気で志望校に合格したいと思っている子供や、勉強に熱意を傾けられる子供にとってはメリットの大きい学習塾だと言えます。 通った期間は12か月、費用は40万ほどです。 -20代 男性 高校受験で早稲田アカデミーを利用 私は高校受験のためにこの塾に通っていたのですが基本的にクラスは3つほどに実力別に分かれていました。 一番上のクラスは最低でもMARCHと呼ばれる高校には行けるほどの勉強量をすることになります。 またこのクラスの生徒はあるときに駿台模試などの試験を受けることになります。 その結果である基準を達すると日曜日にさらにハイレベルの授業を受けることができる制度があります。 合宿は約10時間ほど授業をします。 勉強に意欲的な生徒しか来ないので周りもやる気に満ちているので集中して勉強に取り組むことができます。 受験したコースはレギュラーコースで費用は約月に4~4. 5万円ほどだと思います。 また合宿は約6~7万円ほどかかります。 基本的に授業の始まる時間は夜の7時~9時くらいになります。 -20代 男性 熱心な先生が多い 先生は厳しさもありますが目標を達成できるようこちらと真剣に向き合って授業に取り組んでくれる人が多く、熱心に指導してくれます。 苦手教科も克服できるよう質問にも時間をかけても納得できるまで説明してくれるのでやる気のアップにも自然と繋がるのが結果的に良かったです。 先生達がその姿勢なので生徒もダラけることがなく授業中もいい意味で緊張感と熱気がありました。 1年通ったおかげで無事第一志望校に合格できたので感謝しています。 通ったコースはレギュラーコースに約1年間、掛かった費用は総額約40万円ほどです。 -20代 男性 競争させることによって成績が伸びる 早稲田アカデミーが評価できる点は競争させることによって成績を上げようとしてくれたところです。 例えば、宿題一つにしても、宿題確認テストという形でチェックをしてくれて、さらに高得点者は教室に掲示してモチベーションを上げてくれてます。 あらゆる細かいテストでこれを実施してくれていたようで、自然と宿題もやるしテストのために自分から勉強しますし、そりゃあ成績も上がるよなと感心しました。 ただ、一方で気になった点としては、講師により差が激しいということです。 競争原理というのは早稲田アカデミーの売りのはずですが、講師によっては本当に競争させているのか?と疑問に思うこともありました。 これはどの塾にも言えることかも知れませんが、やはり早稲田アカデミーでも講師の当たり外れはあります。 通ったコースは中学受験4科Sコースです。 通塾期間は小4から小6までの3年間です。 掛かった費用は各種講習会、合宿、NNなどの特別講座も全て含めると3年間で320万円ほどでした。 -30代 男性 志望校に合格できたのは今思うと塾のお陰 中学生の時、通っていました。 最初から早慶の付属校に受かるという目的のために親がここを選びました。 結果的に志望校に合格できたのですが、今思うと塾のお陰だなと思うことが大きいです。 まず生徒を早慶に合格させるための研究がしっかりなされています。 受験の直前には早慶対策の講座などがあるのですが、問題集は早慶の過去問を研究して作られたとてもよくできた問題集なのでこれらの問題と答えをしっかりと理解して自分でとけるようになれば自ずと早慶に受かります。 受かるための材料は塾がしっかり用意してくれているのであと本人がやる気を出すかどうか。 塾から与えられたことをしっかりやれば受かります。 また合宿やシュプレヒコールなど、生徒の精神面を高揚させてモチベーションをあげるのが非常にうまい。 受験は長丁場なので精神的なところも重要です。 月謝は月2万ほどですが、教科書代や、合宿費、夏季講習冬期講習などを合計すると年間50万円ほどだと思います。 -30代 男性 まとめ 今回は早稲田アカデミーの評価についての声を紹介しました。 「百聞は一見にしかず」もし気になったなら、近くの教室で体験授業を受けてみてはいかがでしょうか?.

次の