フレッツ光 ルーター。 光回線のルーターの選び方

フレッツ光からドコモ光に転用したらルーターはどうする?交換必要なケースは…|ドコモ光乗り換えガイド

フレッツ光 ルーター

インターネット接続サービス(フレッツ光、他) フレッツ 光ネクスト• 工事前やインターネット接続前の確認事項、パソコンと機器の接続方法など• 機器接続について• 便利なサポートメニューを提供、フレッツアクセスサービスご利用者専用サイト• フレッツ 光ライト• 工事前やインターネット接続前の確認事項、パソコンと機器の接続方法など• ご利用量と通信料(概算)のご確認等ができるサポートページ• Bフレッツ• 機器接続について• トラブルシューティング• 重要なお知らせ• フレッツ・ADSL• 機器接続について• トラブルシューティング• 重要なお知らせ• フレッツ・ISDN• 機器接続について• OS別接続設定• フレッツ・ISDN接続時のエラー集• トラブルシューティング• 重要なお知らせ• その他のサービス フレッツ・ミルエネ• フレッツ・ミルエネの取扱説明書・ガイド映像等• 機能概要、操作• 機器とりつけガイド• フレッツ・あずけ~る(無料・有料プラン)• フレッツ・あずけ~るご利用ガイド• フレッツ・パスポートID• フレッツ・パスポートIDのご利用ガイド• サービス情報サイト (NGN IPv6、NGN IPv4)• 接続方法について• ご利用中の回線やパソコン等の環境による接続テスト• フレッツ 光ライト、フレッツ 光ネクストご利用の方の接続方法• トラブルシューティング• サービス情報サイト (IPv6、IPv4)• 接続方法について• ご利用中の回線やパソコン等の環境による接続テスト• Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNご利用の方の接続方法• トラブルシューティング(IPv6)• トラブルシューティング(IPv4)• メール情報配信• メール情報配信について• ひかり電話ルーター対応 無線LANカード• 050IP電話対応機器• バージョンアップお知らせ機能について• 対応プロバイダ/設定情報• 機器接続について• トラブルシューティング• 重要なお知らせ•

次の

フレッツ光からドコモ光に転用したらルーターはどうする?交換必要なケースは…|ドコモ光乗り換えガイド

フレッツ光 ルーター

まずは用語をチェック これからの話に出てくる少々難しい用語をまとめました。 ルーター・・・複数台の機器にインターネットを接続できるようにする機器。 ONU・・・光回線サービスでインターネットをするために必要な機器。 光回線を通ることのできる電気信号を、パソコンが認識することのできるデジタル信号に変換する。 ルーター機能と一体型のものがある。 ホームゲートウェイ・・・ひかり電話にも対応したルーター。 物によっては、ONUの機能を併せ持っているものなどもある。 無線LANカード・・・無線LANを使用する際に機器につけるカード フレッツ光隼の高速通信には、ルーター選びが大事 フレッツ光 隼の高速通信を生かすためには、1Gbps通信に対応のルーター(もしくは、ルーター機能を持ったONUやホームゲートウェイなどの機器)を選びましょう。 これから、フレッツ光 隼対応のルーター機能を持った機器などを見ていきます。 「無線LANカード」+「ホームゲートウェイ」で無線LANが可能に 「ホームゲートウェイ」と「無線LANカード」の使用契約をして、合わせて用いることでルーター機能を使用できます。 このホームゲートウェイは、単体でレンタルするか、もしくはひかり電話の契約をした場合に貸し出されることになります。 ホームゲートウェイのレンタル料金・・・月額250円 ひかり電話の基本料金・・・月額500円 無線LANカードのレンタル料金・・・月額100円 税抜 ひかり電話を使う予定があるなら、月々わずか100円 税抜。 使わないとしても350円 税抜 で無線LANルーター機能を活用できます。 複数台の機器でインターネット接続をしたくてどのルーターにするか迷っている方は、「ホームゲートウェイ」と「無線LANカード」を使用してはいかがでしょうか。 市販のルーターを購入してもOK 現在、販売されている無線LANルーターはIEEE802. ac・11ac(最大866Mbps、1300Mbps)がメインになっています。 市販のルーターを手に入れる場合も、できる限り、高速で通信するために、最大1Gbpsで通信できるものにしましょう。 プロバイダ変更で通信速度が上がる可能性も フレッツ光 隼を使っていたとしても、通信速度が遅いと感じたら、まずLANケーブルやWi-Fiルーター、接続しているパソコンなどの機器に問題がないか確認することが大事です。 たとえば、光回線と機器が1Gに対応、接続できたとしても、それぞれのLANケーブルが1G以に接続できないという場合もあります。 フレッツ光 隼の通信速度が遅い場合について、以下の記事で対処法を詳しく紹介しています。 もし、周辺機器に問題が見つからなかった場合、プロバイダに原因がある可能性も。 他社のプロバイダに変えると通信速度が上がったという評判もちらほらあります。 フレッツ光ではプロバイダを自由に変更できるので、思い切ってプロバイダを切り替えてみるのも手です。 通信速度改善のためのプロバイダ改善について、以下の記事でも詳しく解説しています。 フレッツ光 隼に対応する主なプロバイダは以下の通り。 インターネットおすすめ光回線.

次の

フレッツ光からドコモ光に転用したらルーターはどうする?交換必要なケースは…|ドコモ光乗り換えガイド

フレッツ光 ルーター

その他の「フレッツ光」回線の場合、上り下りともに最大100Mbpsとなります。 インターネットご利用時の速度は、お客さまのご利用環境(PCの処理能力、ハブやルーターなどのご利用機器の機能・処理能力、LANケーブルの規格、集合住宅の場合は当該建物内の伝送方式、電波の影響等)回線の混雑状況、ご利用時間帯によっては大幅に低下することがあります。 快適なIPoE方式によるインターネット接続環境を無料で提供します。 (お客さまのご希望により、OCN利用料とフレッツ光利用料を分けてお支払いいただくことも可能です)。 (料金起算月は利用開始日を含む月とし、利用開始日はNTT東日本・西日本が提供するフレッツ光が開通した日とします。 「2年割」のご利用にはお申し込みが必要で、24カ月間の定期契約です。 契約更新月は割引開始月を1カ月目として25カ月目および26カ月目の2カ月間となり、解約のお申し出がない限り、24カ月ごとの自動更新となります。 契約更新月以外に「2年割」または対象のOCN接続プランを解約された場合は、適用されているOCN接続プランに応じて、ファミリー(戸建て向け)の場合2,400円(不課税)、マンション(集合住宅向け)の場合1,200円(不課税)のお支払いが必要となります。 お客さまのご利用場所が、ご希望プランのサービスエリアであることをご確認ください(一部行政区分と異なる場合があります)。 詳細はNTT東日本・西日本にお問い合わせください。 詳しくはNTT東日本・西日本にお問い合わせください。 本Webサイトからの「OCN 光 with フレッツ」のお申し込みの際は、NTT東日本・西日本の「フレッツ光」回線提供エリア情報をもとに、お客さまがお申し込み可能な「フレッツ光」回線をご案内します。 ただし、実際の「フレッツ光」回線のサービスタイプは、お客さまのご利用地域や設備状況・建物構内の配線方式に基づき、 NTT東日本・西日本からお客さまへのご提案・ご確認を経て確定します。 工事実施前までにお申し込みの取消を行った場合は、OCNの月額利用料金などは請求しません。 ただし、工事日の直前の取消や、お申し込み・取消を繰り返し行った場合は、請求させていただく場合があります。 通信速度はベストエフォートです。 お客さまのご利用環境(PCの処理能力、ハブやルーターなどのご利用機器の機能・処理能力、LANケーブルの規格、集合住宅の場合は当該建物内の伝送方式、電波の影響など)、回線の混雑状況、ご利用時間帯によっては大幅に低下することがあります。 設備などのメンテナンスのため、サービスを一時中断する場合があります。 お客さまのPCとのインタフェースは100BASE-TX、または1000BASE-Tです。 ご利用にあたっては、LANカードおよびLANケーブルをお客さまご自身で用意していただく必要があります。 100Mbpsを超える通信速度でご利用いただくためには、PC・LANカード・LANケーブルなどすべてがギガビット・イーサネット(1000BASE-T)に対応している必要があります。 100Mbpsの通信速度に対応した環境でもご利用いただくことは可能ですが、最大通信速度は100Mbpsとなります。 複数の拠点から同時に接続することはできません。 OCN ダイヤルアクセスのアクセスポイントで接続した場合、別途アクセスポイントまでの通信料金が必要となります。 ご利用にあたっては認証IDと認証パスワードの入力が必要です。 認証IDと認証パスワードについては、開通時にご案内します。 複数端末から同時に接続することはできません。 複数端末でご利用になる場合は、PPPoE(PPP over Ether)のインタフェースとNAT機能を持ったルーターが別途必要となります。 詳細はメーカーにお問い合わせください。 インターネットの速度が遅いと感じる場合は、問題点を見直すことによって、通信速度が大きく改善する可能性があります。 速度低下につながる主な要因をご確認いただき、快適な速度でインターネットが利用できるよう、環境を見直してみましょう。 OCN 光 with フレッツは料金起算月から2年間を最低利用期間とします。 (料金起算月は利用開始日を含む月とし、利用開始日はNTT東日本・西日本が提供するフレッツ光が開通した日とします。 )料金起算月から2年以内にお客さま都合によりOCN 光 with フレッツを解約された場合には、違約金5,000円(不課税)がかかります。 以下の場合などにも「OCN 光 with フレッツ」が解約となります。 対象プラン以外にプラン変更した場合• お申し込み取消をした場合• OCN提供の「」は、24カ月間の定期契約です。 契約更新月は割引開始月を1カ月目として25カ月目および26カ月目の2カ月間となり、解約のお申し出がない限り、24カ月ごとの自動更新となります。 契約更新月以外に「2年割」または対象のOCN接続プランを解約された場合、または、対象のOCN接続プラン以外のOCN接続プランにプラン変更された場合、適用されているOCN接続プランに応じてファミリー(戸建て向け)の場合2,400円(不課税)、マンション(集合住宅向け)の場合1,200円(不課税)を違約金としてお支払いいただきます。 なお、OCN接続プランの最低利用期間にかかる違約金5,000円(不課税)とは別にお支払いいただくものです。 詳細は「」のWebサイトでご確認ください。 NTT東日本提供の「」の利用期間は2年単位(自動更新)です。 契約更新月以外の利用期間の途中でフレッツ光を解約された場合、ファミリータイプの場合は9,500円(税抜)、マンションタイプの場合は1,500円(税抜)の解約金がかかります。 詳細はNTT東日本へご確認ください。 NTT西日本提供の「」の割引適用開始月を1カ月目として24カ月目の末日までです。 割引適用期間終了日の翌日を含む月を1カ月目として24カ月の末日まで自動延伸します(以後、同様に自動延伸します)。 「光はじめ割」は、NTT西日本へのお申し込みが別途必要です。 「光はじめ割」の適用を希望されるお客さまは、NTT西日本からフレッツ光回線工事に関するお電話があった際などにお申し出ください。 お客さまのご都合により、割引適用期間内(自動延伸後を含みます)に本割引を解約された場合は解約金が必要です。 (フレッツ光ファミリー各タイプを解約の場合は10,000円、フレッツ光マンション各タイプを解約の場合は7,000円)ただし、割引適用期間の満了月とその翌月に解約を行う場合は、本割引の解約金は発生しません。 金額はすべて税抜です。 移転および回線のメニュー変更と同時に本割引を解約された場合も解約金が必要です。 詳細は、NTT西日本にお問い合わせください。 「OCN 光 with フレッツ」は「OCNシャベリッチ」などの「OCN・電話パッケージサービス」の対象外となっております。 マンションタイプの正式な料金はNTT東日本・西日本の調査後に決定します。 「プラン1」は同一集合住宅などで8契約以上が見込める場合、「プラン2」は同一集合住宅などで8契約以上が見込める場合、「ミニ」は同一集合住宅などで4契約以上 が見込める場合となります。 フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ、フレッツ 光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼は、光配線方式のみご利用可能です。 フレッツ光の各種サービスタイプ(サービスプラン)を変更する場合、一部サービスがご利用いただけなくなる場合や、ご利用機器の交換や再設定が必要となる場合があります。 また、別途工事費がかかる場合があります。 OCN 光 with フレッツは初期契約解除制度の対象サービスです。 お客さまが今回お申し込みいただいたサービスの料金、利用上の注意、ご契約内容に関する重要なお知らせなどを記載した「OCNご契約内容のご案内」を受領後8日間は対象サービスのご契約解除の受付が可能です。 詳細は「OCNご契約内容のご案内」をご確認ください。

次の