強制 わいせつ 時効。 強制わいせつの告訴期間と時効|わいせつ 弁護士に無料相談

強制わいせつ罪のすべて|初犯、逮捕、懲役、示談から時効まで

強制 わいせつ 時効

(1)強制わいせつ罪とは 自分では、合意の上で性的な関係をもったり性的な行為をしたりしたと思っていても、相手はそう受け止めていないことがあります。 そのような場合、被害者は、「強制わいせつ罪」により、刑事告訴をする可能性があります。 強制わいせつ罪とは、暴行や強迫の手段を用いて、相手の意思に反してわいせつな行為をした罪です(刑法176条)。 たとえば、相手が嫌がっているのに、相手の胸やお尻を執拗に触ったり、服を脱がせて性的な行動をとったりした場合に成立します。 こうしてわいせつ容疑をかけられたら、被疑者は警察に逮捕されてしまいます。 なお、性犯罪の中でも、相手に性交を強要した場合には、強制性交等罪(旧強姦罪)が適用されるので、強制わいせつ罪が成立するのは、性交を行っていないケースとなります。 (2)合意があったと思っても、強制わいせつ罪が成立する 強制わいせつ罪が成立するためには、基本的に「暴行・脅迫」が必要です。 ただ、実際にわいせつ容疑で逮捕されたとき、 被疑者としては、「暴行や脅迫をしていない」「合意していた」と考えていることが多いです。 たとえば電車内などで痴漢をしたことで強制わいせつ罪が問題になるときなどには、加害者は、何も言わずに被害者に近づき、そのまま被害者の衣服や下着の中に手を入れて、身体を執拗に触っていた、などということもあります。 また、知り合いの女性に性的な行為をしたときに、特段抵抗されなかった、ということもあります。 このようなとき、わいせつ容疑をかけられた被疑者は「被害者がやめてほしいと言わなかったから、暴行も脅迫もしていない」と言いますし、「被害者が嫌がらなかったから、合意していたと思った」などと言うことも多いです。 しかし、実際には、強制わいせつ罪が成立してしまうことがあります。 (3)強制わいせつ罪の「暴行・脅迫」の意味 このような認識の齟齬が発生するのは、暴行や脅迫の理解の方法に、問題があるためです。 暴行とは、相手に対して暴力を振るったり大声を出して威嚇したりすることであり、脅迫とは、相手に対し「どうなるかわかっているのか」「殺すぞ」などと言ったりして脅すことです。 ただ、強制わいせつ罪の暴行や脅迫は、わいせつ行為とは独立している必要がなく、「わいせつ行為そのものが暴行や脅迫行為に該当する場合がある」、と考えられています。 つまり、わいせつ行為をされた被害者が、わいせつ行為そのものによって畏怖し、反抗できなくなってしまったなら、それだけで「暴行脅迫」があったとみなされてしまうのです。 実際に、知らない男性からいきなり身体を触られたら、恐ろしくなって抵抗できなくなる女性はたくさんいます。 そこで、被害者が、明確に「嫌」と言ったり抵抗したりしておらず、被疑者としては「合意している」と思って性的な行為をしたとしても、強制わいせつ罪は十分に成立します。 このように、わいせつ容疑をかけられたとき「相手が反抗していないから合意があった」という主張は通用しないので、まずは理解しておく必要があります。 (4)相手が13歳以下の場合 次に、たとえ合意があってもわいせつ容疑をかけられるケースがあります。 それは、 相手が13歳以下の場合です。 その場合、 暴行や脅迫の手段を用いなくても、強制わいせつ罪が成立してしまいます 刑法176条後段。 性的な行為を行った相手が13歳以下の未成年者であった場合、たとえ「相手が合意していた」と言っても、罪を免れることができなくなります。 「相手が未成年者であることを知らなかった」と言っても、罪を免れることは難しいので、年齢がわからない相手とは性的な行為を行わないことが重要です。 (5)準強制わいせつ罪とは 強制わいせつ罪の類型として、準強制わいせつ罪があります。 準強制わいせつ罪とは、暴行や脅迫の手段ではなく、相手を気絶させたり泥酔中や寝ている最中に乗じたりして、わいせつ行為を行った場合です。 この場合でも、わいせつ容疑をかけられて逮捕され、通常の強制わいせつ罪と同じだけの刑罰が適用されることになります。 (6)相手がケガをした場合 相手に対して 強制的にわいせつ行為を行ったとき、相手がそのことによって死傷すると、強制わいせつ致死傷罪(刑法181条)が成立してしまいます。 すると、刑罰の内容も非常に重くなってしまいます。 たとえば、相手が少しすりむいただけなど、軽いケガをしただけのケースでも、「強制わいせつ致傷罪」となってしまうので、注意が必要です。 (7)強制わいせつ罪の刑罰 強制わいせつ罪の刑罰は、6ヶ月以上10年以下の懲役刑です。 禁固刑や罰金刑はないので、起訴されると、無罪にならない限りは必ず懲役刑が選択されます。 執行猶予がつかない限りは、刑務所に行かなければなりません。 また、強制わいせつ致死傷罪が成立すると、無期または3年以上の有期懲役となります。 強制わいせつ致傷罪は、ふとした拍子に相手を傷つけて、簡単に成立してしまいますから、注意が必要です。 2、親告罪から非親告罪へ それでは、わいせつ容疑で逮捕されたとき、どのような対応をとるのが最適なのでしょうか? 強制わいせつ罪は非親告罪に改正されましたが、被害者と示談をして告訴を取り下げてもらうことができれば、不起訴処分の可能性は高くなります。 非親告罪であっても、捜査機関が被害者の意向を尊重することには変わりはなく、被害者と示談を成立させ、告訴を取り下げてもらうことが、処分を軽くする一番の方法であることは、親告罪の場合と変わりはありません。 被害者との示談が成立し、告訴を取り下げてもらい、検察官が不起訴の心証を抱けば、それ以上身柄を拘束されることはありませんので、 身柄釈放のためにも、被害者との示談を成立させることが重要となります。 4、示談が成立しないまま起訴されてしまったらどうなる? 強制わいせつ罪は非親告罪に改正されましたが、わいせつ容疑で逮捕されたとき、被害者と示談をして刑事告訴を取り下げてもらうことが重要であることは親告罪である場合と変わりありません。 そのためには、弁護士に対応を依頼する方法が有効です。 強制わいせつ罪の場合、犯罪の性質上、被疑者が自分で被害者と示談交渉を進めることが非常に困難です。 被疑者には、被害者の氏名や住所、連絡先等の情報すら与えられないことが普通です。 また、被疑者が被害者に接触することが「威迫行為」「証拠隠滅行為」とみなされることもあります。 そこで、第三者であり、公正な立場の法律の専門家である弁護士に、示談交渉を任せる必要があります。 弁護士であれば、検察官から被害者の情報を聞いて、被害者と連絡をとり、被疑者が反省していることも伝えながら効果的に示談交渉を進めることができます。 そして、示談書を作成して示談金を支払い、被害者から刑事告訴を取り下げたもらうことで、不起訴処分を獲得する可能性が高くなります。 いったん起訴されてしまったら、示談をしても裁判が続いてしまうので、弁護士に依頼するならば、早く動くことが重要です。 6、弁護士に依頼する方法 わいせつ容疑で逮捕されたとき、弁護士に依頼するには、どのような方法をとったら良いのでしょうか? この場合、3つの方法があります。 1つは、当番弁護士を呼ぶ方法です。 逮捕されている被疑者自身が警察に依頼して、当番弁護士を呼ぶことができます。 また、家族が弁護士会に連絡をして、当番弁護士を養成することもできます。 2つ目は、国選弁護人を選任する方法です。 逮捕されている被疑者自身が国選弁護人選任依頼を出すことができます。 ただ、上記の2つの方法では、刑事事件やわいせつ案件に強い弁護士を選ぶことができません。 わいせつ容疑に対応し、効果的に被害者と示談交渉を進めるためには、刑事事件やわいせつ事件の実績が豊富な弁護士に依頼する必要があります。 そこで、3つ目の、私選弁護人を選任する方法をおすすめします。 私選弁護人を選任するためには、自分で弁護士を探さないといけないので、家族が動いて弁護士を探す必要があります。 ネット上のホームページの情報などを参考に、刑事事件に力を入れている弁護士を選びましょう。 ベリーベスト法律事務所は、刑事事件や性犯罪の案件に非常に力を入れている事務所です。 これまで、多くのわいせつ容疑で逮捕された方を、不起訴処分に導いてきました。 ご家族がわいせつ容疑で逮捕された方、ご自身がわいせつ容疑で逮捕されて弁護士を探しておられる方などは、是非ともお早めに、ご相談ください。

次の

110年ぶりの刑法改正。性犯罪が厳罰化!

強制 わいせつ 時効

秘密は守ってくれますか? 事件の内容やあなたの個人的なことは決して外部にもらしません。 警察はあなたのプライバシーを守ります。 警察のどこに届け出たらいいのですか? 警察署の刑事課が届け出を受け付けます。 お近くの交番・駐在所などへ届け出ていただいても構いません。 あなたが被害を受けて間もない場合、身に危険がある場合には、110番して下さい。 事情聴取は男性警察官が行うのですか? 事情聴取の前に、男性警察官と女性警察官、どちらが話をしやすいかをお伝えください。 可能な限り、あなたの希望に従います。 男性警察官がお話をうかがう場合も、応対には十分気を配りますので、ご安心下さい。 性体験などについて聞かれるのではありませんか? 捜査を進めるため、あなたの個人的なことについて質問するかもしれません。 ただし、必要のないことは聞きませんし、話の内容を外部に漏らすことは絶対にありませんので、ご協力をお願いします。 警察に届け出たことが犯人にわかるのですか? 犯人が捕まれば、届け出たことがわかります。 逮捕するまでは犯人にわからないよう捜査を進めますし、逮捕後もあなたの保護に全力を尽くします。 もし、あなたが犯人に脅されたりした場合には、すぐに警察に連絡して下さい。 速やかに対処します。 犯人と対面しなければならないのですか? 犯人と対面することはありません。 犯人かどうか確かめてもらうこともありますが、マジックミラーや写真を利用するので、安心してください。 家族など周囲の人に知られずに捜査をすることができますか? あなたが成人の場合 できるだけ、あなたの希望に従います。 家族の状態・事件の内容などにより、ご家族等への連絡をすすめる場合ありますが、あなたに無断で行うことはありません。 知られたくないことを、あらかじめ捜査員にお知らせ下さい。 あなたが未成年(19歳まで)の場合 とりあえず話だけ聞いてほしいと思われるのでしたら、家族の方に話しませんので安心して下さい。 事件として捜査を希望する場合には、その後の協力等のことを考え、連絡せざるを得ませんので、ご理解をお願いします。 裁判の内容はみんなに知られてしまうのですか? あなたの個人情報は公開せず裁判を行います。 日本の裁判は普通、誰でも傍聴できますが、名前をはじめ、裁判の傍聴人があなたを特定できるような内容は公開しません。 あなたに証言を求める場合も、別室で行うこともでき、細心の注意を払います。 事件化は希望しませんが、話だけを聞いてもらうことはできますか? 是非お話を聞かせてください。 話を聞いてもらう事で、あなたの気持ちや考え方の変化が起こる事もあります。 あなたのお話が、他の事件の参考になる場合もあります。 誰にも相談できず、どうして良いか分からない、話だけでも聞いてほしいという場合でも、迷わずにお越しください。 各種相談窓口などもご紹介いたします。 あなたのお話を外部に漏らすことは絶対にありませんから、安心して下さい。 事情聴取などで警察に呼ばれても、仕事(学校)を休めません。 可能な限り、夜間、土日でも対応いたします。 どうしても仕事や学校が休めない場合には、あらかじめご相談ください。 ただし、捜査にも時間的な制約があり、一定の日時にお時間をいただかなければならない場合がありますので、ご理解ください。 必ず警察署まで行かなければならないのですか? 必要により、捜査員がお宅へ伺ったり、警察署以外の場所でお話を聞くこともできます。 お宅へ伺う場合は、警察官とわからないよう、細心の注意を払います。 警察署で話をするときに友人や家族に付き添ってもらっても良いのですか? 友達や家族の方に付き添ってもらって構いません。 しかし、必要により、デリケートな質問もいたしますので、普通はご本人のみからお話を聞くことにしています。 なお、あなたが希望すれば、女性警察官がお話を伺ったり、付き添うなど、精神的な負担が軽減できるよう、可能な限り配慮します。 110番をかけると、パトカーや制服の警察官が家に来ませんか? 事件直後など、緊急の場合には、パトカーや制服の警察官が駆け付けますが、通報された方のお宅には、私服の警察官が伺うようにして、できるだけ近所の方にわからないよう配慮しています。 特に希望のある場合には、通報時にお話しください。 犯人が捕まった場合、連絡してもらえるのですか? 犯人が逮捕されれば、必ずご連絡いたします。 また、犯人を逮捕するまでの捜査状況や逮捕後の処分についても連絡します。 「被害届を出すだけではだめだ、告訴しなければならない」と言われましたが、どう違うのですか? 告訴とは、被害者などが、警察等に対して犯罪の被害に遭ったことを届け、その犯人を処罰してほしいと訴えることをいいます。 被害届は、犯人を処罰してほしいかどうかにかかわらず、被害に遭ったことを届けることをいいます。 強制性交等は訴えないと捜査をしてもらえないと聞きましたが、なぜですか? 犯人を処罰するかしないかの判断を被害者の意思に任せる犯罪を親告罪といい、以前は強姦罪、強制わいせつ罪はこの親告罪に該当していましたが、平成29年7月13日に刑法の一部が改正され、強姦罪や強制わいせつ罪は親告罪ではなくなりました。 またこの改正で強姦罪は強制性交等罪に罪名も変更されています。 この刑法改正により、告訴状は必要としなくなり、被害者に対する複数回の処罰に関する意思の確認が減り、刑法改正前の告訴がなければ犯人が裁判に掛けられない、処罰されないといった事はなくなりました。 これは、犯人検挙よりも、そっとしておいてほしいという被害者もいるので、その気持ちを尊重するためにあります。 告訴の手続きがなくなったといっても、被害者の気持ちを尊重することは刑法が改正される前と変わりはありません。 被害の届け出をするかしないか悩んでいます。 いつまでに告訴すれば良いのですか?期限があるのですか? 時効の期日に至っていなければ被害の届け出は可能です。 強制性交等罪の時効は10年、強制わいせつ罪の時効は7年ですが、あなたがけがをしてしまった場合など、被害の状況により該当する罪名が変わり、時効もが異なってきます。 強制性交等罪や強制わいせつ罪は、何年で時効になるのですか? 犯罪行為が終わった時点から数えて、強制性交等は10年、強制わいせつは7年、これらにより被害者が怪我をした場合は強制性交等・強制わいせつ共に15年、被害者が亡くなった場合は強制性交等・強制わいせつ共に30年で時効になります。 証拠として提出したものは返してもらえるのですか?返してもらえるとしたらいつ返してもらえるのでしょうか? 提出していただいたものは、捜査や裁判において必要がなくなれば裁判が終わらなくてもお返しいたします。 お預かりする必要があっても、返してもらいたい場合は、請求していただければ、一時お返しすることができる場合があります。

次の

強制わいせつ罪の示談金の相場は?

強制 わいせつ 時効

秘密は守ってくれますか? 事件の内容やあなたの個人的なことは決して外部にもらしません。 警察はあなたのプライバシーを守ります。 警察のどこに届け出たらいいのですか? 警察署の刑事課が届け出を受け付けます。 お近くの交番・駐在所などへ届け出ていただいても構いません。 あなたが被害を受けて間もない場合、身に危険がある場合には、110番して下さい。 事情聴取は男性警察官が行うのですか? 事情聴取の前に、男性警察官と女性警察官、どちらが話をしやすいかをお伝えください。 可能な限り、あなたの希望に従います。 男性警察官がお話をうかがう場合も、応対には十分気を配りますので、ご安心下さい。 性体験などについて聞かれるのではありませんか? 捜査を進めるため、あなたの個人的なことについて質問するかもしれません。 ただし、必要のないことは聞きませんし、話の内容を外部に漏らすことは絶対にありませんので、ご協力をお願いします。 警察に届け出たことが犯人にわかるのですか? 犯人が捕まれば、届け出たことがわかります。 逮捕するまでは犯人にわからないよう捜査を進めますし、逮捕後もあなたの保護に全力を尽くします。 もし、あなたが犯人に脅されたりした場合には、すぐに警察に連絡して下さい。 速やかに対処します。 犯人と対面しなければならないのですか? 犯人と対面することはありません。 犯人かどうか確かめてもらうこともありますが、マジックミラーや写真を利用するので、安心してください。 家族など周囲の人に知られずに捜査をすることができますか? あなたが成人の場合 できるだけ、あなたの希望に従います。 家族の状態・事件の内容などにより、ご家族等への連絡をすすめる場合ありますが、あなたに無断で行うことはありません。 知られたくないことを、あらかじめ捜査員にお知らせ下さい。 あなたが未成年(19歳まで)の場合 とりあえず話だけ聞いてほしいと思われるのでしたら、家族の方に話しませんので安心して下さい。 事件として捜査を希望する場合には、その後の協力等のことを考え、連絡せざるを得ませんので、ご理解をお願いします。 裁判の内容はみんなに知られてしまうのですか? あなたの個人情報は公開せず裁判を行います。 日本の裁判は普通、誰でも傍聴できますが、名前をはじめ、裁判の傍聴人があなたを特定できるような内容は公開しません。 あなたに証言を求める場合も、別室で行うこともでき、細心の注意を払います。 事件化は希望しませんが、話だけを聞いてもらうことはできますか? 是非お話を聞かせてください。 話を聞いてもらう事で、あなたの気持ちや考え方の変化が起こる事もあります。 あなたのお話が、他の事件の参考になる場合もあります。 誰にも相談できず、どうして良いか分からない、話だけでも聞いてほしいという場合でも、迷わずにお越しください。 各種相談窓口などもご紹介いたします。 あなたのお話を外部に漏らすことは絶対にありませんから、安心して下さい。 事情聴取などで警察に呼ばれても、仕事(学校)を休めません。 可能な限り、夜間、土日でも対応いたします。 どうしても仕事や学校が休めない場合には、あらかじめご相談ください。 ただし、捜査にも時間的な制約があり、一定の日時にお時間をいただかなければならない場合がありますので、ご理解ください。 必ず警察署まで行かなければならないのですか? 必要により、捜査員がお宅へ伺ったり、警察署以外の場所でお話を聞くこともできます。 お宅へ伺う場合は、警察官とわからないよう、細心の注意を払います。 警察署で話をするときに友人や家族に付き添ってもらっても良いのですか? 友達や家族の方に付き添ってもらって構いません。 しかし、必要により、デリケートな質問もいたしますので、普通はご本人のみからお話を聞くことにしています。 なお、あなたが希望すれば、女性警察官がお話を伺ったり、付き添うなど、精神的な負担が軽減できるよう、可能な限り配慮します。 110番をかけると、パトカーや制服の警察官が家に来ませんか? 事件直後など、緊急の場合には、パトカーや制服の警察官が駆け付けますが、通報された方のお宅には、私服の警察官が伺うようにして、できるだけ近所の方にわからないよう配慮しています。 特に希望のある場合には、通報時にお話しください。 犯人が捕まった場合、連絡してもらえるのですか? 犯人が逮捕されれば、必ずご連絡いたします。 また、犯人を逮捕するまでの捜査状況や逮捕後の処分についても連絡します。 「被害届を出すだけではだめだ、告訴しなければならない」と言われましたが、どう違うのですか? 告訴とは、被害者などが、警察等に対して犯罪の被害に遭ったことを届け、その犯人を処罰してほしいと訴えることをいいます。 被害届は、犯人を処罰してほしいかどうかにかかわらず、被害に遭ったことを届けることをいいます。 強制性交等は訴えないと捜査をしてもらえないと聞きましたが、なぜですか? 犯人を処罰するかしないかの判断を被害者の意思に任せる犯罪を親告罪といい、以前は強姦罪、強制わいせつ罪はこの親告罪に該当していましたが、平成29年7月13日に刑法の一部が改正され、強姦罪や強制わいせつ罪は親告罪ではなくなりました。 またこの改正で強姦罪は強制性交等罪に罪名も変更されています。 この刑法改正により、告訴状は必要としなくなり、被害者に対する複数回の処罰に関する意思の確認が減り、刑法改正前の告訴がなければ犯人が裁判に掛けられない、処罰されないといった事はなくなりました。 これは、犯人検挙よりも、そっとしておいてほしいという被害者もいるので、その気持ちを尊重するためにあります。 告訴の手続きがなくなったといっても、被害者の気持ちを尊重することは刑法が改正される前と変わりはありません。 被害の届け出をするかしないか悩んでいます。 いつまでに告訴すれば良いのですか?期限があるのですか? 時効の期日に至っていなければ被害の届け出は可能です。 強制性交等罪の時効は10年、強制わいせつ罪の時効は7年ですが、あなたがけがをしてしまった場合など、被害の状況により該当する罪名が変わり、時効もが異なってきます。 強制性交等罪や強制わいせつ罪は、何年で時効になるのですか? 犯罪行為が終わった時点から数えて、強制性交等は10年、強制わいせつは7年、これらにより被害者が怪我をした場合は強制性交等・強制わいせつ共に15年、被害者が亡くなった場合は強制性交等・強制わいせつ共に30年で時効になります。 証拠として提出したものは返してもらえるのですか?返してもらえるとしたらいつ返してもらえるのでしょうか? 提出していただいたものは、捜査や裁判において必要がなくなれば裁判が終わらなくてもお返しいたします。 お預かりする必要があっても、返してもらいたい場合は、請求していただければ、一時お返しすることができる場合があります。

次の