山口 真帆 事件。 山口真帆暴行事件のAKSと犯人の裁判が和解成立へ。事件の真相不明もメンバー関与無しの形で終結、茶番と批判の声。

山口真帆

山口 真帆 事件

中井りかさんのプロフィールはこちら!! 山口真帆事件の犯人確定!? NGT48で炎上アイドルとしても知られている 中井りかさんですが、まずは気になる 「山口真帆事件の犯人確定」との話題についてズバッと切り込んでいきたいと思います!! 中井りかさんといえば、これまでにも多々炎上して最近では新炎上クイーンとしても注目されていますが、最近では 山口真帆さんの暴行事件に絡んでいると話題になっていますね!!! 山口真帆事件の背景にはアイドルとの交際を目的とした熱狂的なファンの 「アイドルハンター軍団」の存在が発覚し、 山口真帆さんの自宅へ帰宅する時間をハンター軍団へ教えたのもNGT48メンバーの誰かが関わっていると言われており、そのメンバーの一人が 中井りかさんと言われているようですね。 どうやら、 中井りかさんが怪しいと言われる原因は、アイドルハンター軍団の代表だった男性が 中井りかさんと熱愛報道された人物だったことから、 中井りかさんが絡んでいると思われているようです。 しかも、アイドルハンター軍団はチケットなどの転売で荒稼ぎをしたり、アイドルとも交際をしているそうで、2016年頃からNGT48のメンバーも何人かと通じていたそうです。 AKBグループは恋愛禁止という鉄の掟がありながらも、やっぱり地方組のグループって緩いん ですかね???(笑) というか、この軍団メンバーの代表と関わりがある 中井りかさんが犯人って言われるのは当たり前ですよね・・・。 (笑) また、そんな中でお笑いコンビの 「おぎやはぎ」が事件後に 中井りかさんと話す機会があったそうで、直接話を聞いた時の様子をTBSのラジオ番組 「おぎやはぎのメガネびいき」で語っていたそうで 矢作兼さんは スポンサーリンク 文春砲が証拠暴露? そんな犯人確定と言われている 中井りかさんですが、続いて気になる 「文春砲が証拠暴露」との話題についてもズバッと切り込んでいきたいと思います!! 中井りかさんが山口真帆事件でダンマリを決める運営側に口をつぐみ全容を話せない理由がある事についてその理由を暴露していたようなんです!! それは、山口真帆事件を起こしたアイドルハンター軍団は劇場公演や握手会などのイベントチケットを大量購入し、我が物顔で暴れたりマナー違反を繰り返していて多くのファンが 「出入り禁止にすべき」と運営側に訴えていたそうなんです。 しかし責任者の今村支配人は大金を払う客と言う事でスルーしていたそうで、むしろ黙認していたようなんです。 また、暴行事件直後に駆けつけた 村雲颯香さんが犯人と山口真帆さんの口論の録音データを持っていることが発覚しており、さらには今村・前支配人が 「中井は真っ黒だよ」と暴露している音声データも入手していることから、犯人としての疑惑がかなり濃厚となっているようです。 NGT解雇となるか!? そんな山口真帆事件のかかわりが話題となっている 中井りかさんですが、最後に気になる 「NGT解雇となるか」との話題についてもズバッと切り込んでいきたいと思います!! どうやら今のところ 中井りかさんが直接関わっていることまでは把握できていないようですが、 ただ、その背景にはやはりNGTの運営側からしたら中心メンバーとなった 中井りかさんの事を解雇しにくいんだとか・・・。 なんと言っても山口真帆事件の実行犯である 「アイドルハンター軍団」の事を知っていたにも関わらず莫大な金銭を投下しているという事でスルーしてますからね・・・。 結局は会社の売り上げのことしか考えていなかったってことですからね・・・。 また、今回の山口真帆事件の黒幕や共犯者を全て解雇してしまうとNGT48崩壊になりかねないので、解雇にする事を渋っているとも言われているようです。 た だ、ファンからしたらこんなにモヤモヤした状態で応援するのも無理なので、ファン離れも加速しているようですね・・・。 まぁ、もし犯人と確定すれば、間違いなく追放でしょうけどね!!! 逆にもし犯人じゃなかったとしてもここまで犯人扱いされるってどんまいですね(笑) まぁ、日頃の行いがアダとなったってことでしょうね・・・。

次の

元NGT山口真帆暴行事件犯行グループの一人、逮捕。その罪状はやっぱり・・・。

山口 真帆 事件

厳戒態勢の中、握手はせず会話のみが行われ、山口は「一人一人と目を合わせることが出来る握手会が大好きでした。 たくさんの思い出をありがとう。 この日のために生きていたんだと思うくらい幸せでした」と挨拶した。 同日、山口、菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)の3人の卒業公演を18日にNGT48劇場で行うことを公式サイトで発表。 アイドルとしての山口はこれが見納めとなる。 一方、暴行事件に関してネット上では犯人捜しが過熱するばかり。 戸賀崎AKB元総支配人に脅迫メールが届くなど、事態はさらにドロ沼化。 AKBのご意見番・指原莉乃(26)は5日のテレビ出演で、 秋元康はAKSのトップでなくクリエーティブに関わっているだけで、事件に関してはAKSが勝手に動いている旨をコメント。 6日の握手会では早川NGT支配人らに対しファンが物申す「支配人の部屋」も開かれたが、参加したファンによると具体的な改善策は提示されず、納得のいく回答は得られなかったという。 「企業がダメになる典型的なパターン。 元支配人のやり方は、組織の人間としてありえない」(NGTファンのメーカー会社員)とモラルの低さを指摘する声も。 アイドル研究家の北川昌弘氏はこう言う。 「AKSがさまざまな局面で改革すべきタイミングを逸しているうちに事件が起きたといえます。 女の子同士の競争、派閥争いまでも含めてショー化したのがAKBであり、総選挙をやらないのならAKBの存在意義が薄れてしまう。 みんなくだらない報道に惑わされないように」とツイートし、炎上。 20日に説明会を開催すると自身のブログで明らかにしたものの「今村さん(元NGT支配人)からはあの日、 NGTの件は何も聞いていません。 完全収束はまだ先のようだ。 yahoo. URLが貼付できないので きーきーたん… kikitan0319 で検索して 2019年5月6日 1:35 の投稿までスクロール AKSは墓場まで持っていこうとしている 確信の部分 現在、犯人二人を提訴に踏み切りましたが その裏が俄然怪しすぎる 真相の暴露になった場合 刑事事件 関わった者メンバーも含め と多額の損害賠償責任 回避策として 表ではAKS有利でジョー会は証拠不十分 裏で数千万~億(口止め料 がAKSからジョー会へ流れたとして 天秤にかけても 後者のほうがAKSのデメリットは少なくて済む.. それくらいやりかねない現状のブラックな醜態 真帆さんと以前もメンバー数名が犠牲になり表向きの卒業に 追いやられた過去も どうにか崩さないと真相は藪の中へ.

次の

山口真帆暴行事件の裏側が暴露される!事件相関図もあり!NGT48仲が悪いは本当だった!

山口 真帆 事件

あれだけ隆盛を誇ったAKBグループがひとりのアイドルの「告発」によって大揺れに揺れている。 いまだ鎮火する気配がない炎上騒動について、沈黙を守り続けた名物「支配人」が初めて口を開いた。 芸能マスコミを巻き込んだ狂騒劇を「大人」はどう観るべきか。 都内の自宅から姿を現した「男」は、予期せぬ記者の直撃に動揺を隠せなかった。 新潟を拠点に活動する「NGT48」の前支配人・今村悦朗氏(59)である。 当初は取材を固辞した今村氏は、しかし、ついに重い口を開いた。 「今年1月に事件が表面化してからの4カ月あまり、僕は何の発信もさせてもらえず、自ら動くこともできませんでした。 ただ、2015年にNGTを立ち上げてから、数多くのファンや新潟市の皆さんに支えられてきた僕には説明責任がある。 彼女には本当に申し訳なかったと感じています……」 本誌(「」)が今村氏に接触した前日、「山口」ことNGT48の山口真帆(23)は、他のメンバー2人と共に卒業公演に臨んでいた。 昨年12月、彼女は自宅マンションで2人の男性ファンに襲われ、刑事事件へと発展した。 犯人は直後に逮捕されたが、被害者である彼女はその後の運営側の対応について動画配信サイトで「告発」するに至った。 そのなかで、〈今村さんだってクリーンなNGTにするって言ったのに、新しいNGTにするって、悪いことしてる奴らだって解雇するって言ったくせに、なんも対処してくれてなくて〉と名指しされたのが、この「前支配人」だった。 事実上の「更迭」処分を受けて支配人を退いた今村氏は、それ以降、固く口を閉ざしてきた。 その間、山口はSNS上で運営側への批判や、NGTメンバーと犯人たちとの「つながり」、つまりプライベートでの接触について言及し続け、ネット上だけでなく、芸能マスコミも彼女を擁護する声で埋め尽くされている。 彼女が言わんとしたのは、自分を嫌うメンバーが実行犯と裏で共謀していたということ。 疑いの目を向けられたメンバーへの脅迫が相次ぐ事態も勃発。 今月20日にはメンバーの荻野由佳(20)に殺害予告を送りつけた男が逮捕されるなど、事態は深刻さを増すばかりだ。 こうした現状に今村氏は、 「僕にとっては山口も他のメンバーも同じように大事な存在なんです。 怖い思いをした山口はもちろん、NGTに残ったメンバーが標的にされるのも本当にやり切れません。 山口を襲った犯人たちにはいまも憤りを覚えますし、証拠もないまま疑われ続ける他のメンバーへの脅迫も決して許されるべきではないと思うんです」 と語気を強めるのだ。 では、この騒動を「大人」はどう観るべきなのか。 まずは、すべての発端となった昨年12月8日の「事件」について、今村氏の言葉に耳を傾けてみよう。 「あの日、スタッフと食事をしている最中にマネジャーから電話がありました。 衝撃でした。 すぐさまタクシーに飛び乗って、現場に着くまでの間は山口がケガでもしてないかと気が気じゃなかった。 あわせて読みたい関連本•

次の