ウイルス 性 胃腸 炎 仕事。 感染性胃腸炎(ウイルス性胃腸炎・細菌性胃腸炎)

ウイルス性胃腸炎はうつるの?【潜伏期間と感染経路や症状】

ウイルス 性 胃腸 炎 仕事

ウイルス性胃腸炎とは、 ウイルスの感染によって胃腸に炎症を引き起こす疾患であり、下痢や嘔吐がその主症状となっています。 また、ウイルス性胃腸炎の原因とされるウイルスには、・ノロウイルス・アデノウイルス・アストロウイルスなどがあり、発生時期や症状にそれぞれ違いがあります。 小児のウイルス性胃腸炎の多くはロタウイルスによるものと言われ、大人の場合はノロウイルス感染者が多数となっており、ウイルス性胃腸炎はほぼこの二種類の発症だと言われています。 (勿論、アデノウイルスなどの発症が全くないわけではありません) ウイルス性胃腸炎にかかった時の症状は? ウイルス性胃腸炎は感染したウイルスによって症状が変わりますので、一概に言えない部分があります。 そこでここでは、ウイルス性胃腸炎の中でも感染者数が多いとされるロタウイルスとノロウイルスについて述べたいと思います。 まずは ロタウイルスですが、乳幼児に多いウイルス性胃腸炎で感染すると、嘔吐から発熱、そして下痢といった経過を辿ります。 発熱は半日~一日、発症の初期に見られます。 また、ロタウイルスに感染した人の便は、お米のとぎ汁のように白いのが特徴で「白色便下痢症」とも呼ばれています。 そして次に ノロウイルスですが、 ノロウイルスの症状もロタウイルスと同様に下痢や嘔吐、発熱が主となっていますが、感染者の中にはお腹のちょっとした違和感程度しか感じない方がいる一方、強烈な吐き気や下痢を短時間で繰り返す方もいたりと、症状の出方に個人差がある場合があります。 ウイルス性胃腸炎はうつるの?その感染経路や潜伏期間は? ウイルス性胃腸炎は人に感染する恐れのある胃腸炎です。 また 潜伏期間は、 ノロウイルスが24~48時間、 ロタウイルスが24~72時間とされ、主な感染経路はロタウイルス・ノロウイルス共に人から人への経口感染です。 ロタウイルスの感染力は非常に強く、感染者の便の1mlには1億個以上のウイルスが入っているとされ、わずか10個程度のロタウイルスがあれば感染してしまうと言われています。 便に限らず嘔吐物にもロタウイルスは含まれるので、それらを処理する際にウイルスが口に入ると二次感染を起こします。 また、ノロウイルスの感染経路はロタウイルスと同様の他、ノロウイルスが蓄積された牡蠣などの二枚貝や井戸水を摂取することによって感染するケースもあります。 何が原因でウイルス性胃腸炎にかかるの? ノロウイルスはウイルス性の食中毒の代表的なものと言われるように、牡蠣などの二枚貝を生食することでノロウイルスに感染すると言われています。 手洗い・うがいは、ウイルス性胃腸炎の感染経路が経口感染であることからとても有効だと言えるでしょう。 特に、ウイルス性胃腸炎感染者の便や嘔吐物を処理する時には、手袋やマスクを着用し、処理後は丁寧に手を洗うことが大切です。 また、床などに飛び散った嘔吐物を拭き取った際にアルコール消毒を行う方もいらっしゃりますが、実はノロウイルスやロタウイルスはアルコール消毒では死滅しません。 処理が適切でないと、乾燥後にウイルスが空気中に漂い、空気感染を起こすこともありますので注意が必要です。 この場合は次亜塩素酸ナトリウムを使うのがよいでしょう。 また、嘔吐物などが衣服に付着した際も漂白剤を入れて洗濯をするのがよいとされています。 ウイルス性胃腸炎かな?と思った時は何科?完治までの治療期間はどれくらい? 症状によって完治までの時間というのは異なりますが、一般的には ノロウイルスは3日程度、ロタウイルスでは3~7日程度とされています。 また治療といっても、ノロウイルス・ロタウイルスを始めとするウイルス性胃腸炎では抗ウイルス薬がないため、行うのは対処療法のみです。 下痢や嘔吐が続くと脱水症状になりやすく時には命の危険すらもありますから、下痢や吐き気がひどいのに全く水分を受け付けない場合などには点滴を行います。 また、本来であれば下痢や吐き気は体内に入り込んだウイルスを排出するための働きなので、無理に止めることはしませんが、一日に20回以上も下痢や嘔吐を繰り返すといった状況では、整腸剤や吐き気止めが処方されるケースもあるようです。 下痢や嘔吐がありウイルス性胃腸炎かな?と思ったら、内科もしくは消化器科を受診するのがよいでしょう。 お子さんの場合は小児科でも問題ありません。 ウイルス性胃腸炎の時におすすめ食事とレシピ ウィルス性胃腸炎の時には嘔吐と下痢で自分の想像以上の水分が体の外に出てしまうので、水分は多く摂ってください。 500mlのペットボトル4本以上は摂った方がいいです。 それから、下痢をしていると体の中の電解質で重要なカリウムが失われてしまうので適宜補充した方がいいと言われています。 カリウムは生野菜、果物に含まれているんですが、胃腸炎の時はそのまま食べるのは良くないし、食べれないと思うので果汁100%のつぶつぶなどが入っていない果物ジュースを半分くらい飲めたら飲んでください。 それ以外にはポカリスエットやアクエリアスを半分か1本、水と交互に飲んでみましょう。 成分のラベルにカリウムって書いてあると思います。 できれば、水分は冷たいものより常温の方が胃腸には優しいです。 さて、食事ですが症状が出てから1週間は、もしお腹が空いたらヨーグルトかリンゴやバナナをつぶすかミキサーにかけたものを少し、または重湯かスープを飲みましょう。 固形のもの、脂っこいもの、辛いもの、柑橘類などは胃腸に刺激が強すぎてきっと受け付けないし、治りも悪くなるのでやめてくださいね。 その後の1週間もうどんやおかゆ、スープなど胃腸に優しいものを少しずつ食べるようにしてください。 もちろんアルコールも2週間はお休みしてくださいね! レシピとまでは言えないかもですが、温かいおうどんにかつおぶしをかけて食べたり、鳥がらスープのもとを使って温かいおかゆを作って食べれば胃腸炎の時には十分です。 まとめ ウイルス性胃腸炎では、病院で詳しく検査をしてウイルスの特定まで行うことは稀です。 地域的に流行していたり特徴的な便の様子から「ロタウイルスです」「ノロウイルスです」と診断されることが多いでしょう。 どちらも人に移す感染症ですから、感染した場合は人に移さないようにすることも大切です。

次の

ウイルス性胃腸炎について

ウイルス 性 胃腸 炎 仕事

ウイルス性胃腸炎発症時の食事法 症状に目安としては、水分摂取だけでもトイレにかけこむほどの強い症状(おう吐・下痢・発熱など)をともなう期間となります。 胃にウイルスを入れないためにおう吐してしまい、腸にあるウイルスを排出するために下痢をします。 腹痛を伴い、水分さえも受けつけるレベルではないときです。 適度な水分補給を要しますが、無理な食事は控え、胃に負担をかけない常温摂取が基本です。 絶食が好ましく、体の中のウイルスが出きってしまうのを待ちます。 水分補給は体が受けつけるなら、ポカリスウェットなどを お湯で薄めて飲むのも良いでしょう。 体液に近く、体に吸収されるスピードの速いイオン飲料や経口補水液は、下痢やおう吐により失われたミネラルをいち早く補ってくれます。 1日以上、おう吐や下痢の症状が見られなくなったら 症状の目安としては、水分補給が無理なくできるようになり、腹痛・おう吐・下痢がみられなくなってから24時間が経過した後となります。 また、空腹がつらいと感じたり、何でもいいから食べたくて仕方がないといった欲求を感じた場合も参考として下さい。 上記症状を目安とした場合は、流動食を食べるようにしましょう。 噛まずに食べられるプリンやヨーグルト、お味噌汁やスープなどの上澄みを食べてみましょう。 水分補給時には、適度な塩分を必要としますので、味については通常の味付けで大丈夫です。 特別に作る必要はなく、家族に作った食事の中から少しずつ試してみるとよいでしょう。 流動食に慣れてきたら 流動食を口にしてから1日以上を経過して、体調に悪化がみられなければ次のステップに進みます。 症状の目安としては、ウイルス性胃腸炎の症状は治まり、食欲が増してくる時。 とにかく力になるものを食べたくなってきます。 食事の際、消化不良っぽい感覚をともなうことがあります。 この段階では無理をしないことが大切で、やわらかい固形物を食べるようにしましょう。 あくまでも慣らすことを前提に、固形物1に対して水分9の割合から少しずつ固形物の割合を増やしていきます。 重湯・すりおろしリンゴ(少量)・バナナなどが食べられるようになるまでゆっくり慣らしましょう。 やわらかな固形物になれたら やわらかな固形物を口にしてから1日以上を経過して、体調に悪化がみられなければ次のステップに進みます。 症状の目安としては、ウイルス性胃腸炎の症状はなくなり、胃の痛みや不調を感じることなく食事ができるようになります。 食事のあとに消化不良を感じなくなったら完治です。 お粥やうどん・そうめんなどから始め、通常食を食べても問題無いでしょう。 食べる量は、健康な時の1/3~1/2程度にし、しばらく様子をみましょう。 胃が問題なく消化できるようになるまでは、香辛料や濃い味付けは控える方がいいですね。 ウイルス性胃腸炎の正しい食事法と間違った食事法 ウイルス性胃腸炎における正しい食事法と間違った食事法をまとめました。 ウイルス性胃腸炎の正しい食事法• 何か食べておいた方がいいのでは……は間違い!• 刺激物(香辛料)や脂っこい食べ物は、通常食が摂れるようになってからも1週間は食べてはいけません。 乳製品は賛否両論。 普段、牛乳を飲んでお腹がゴロゴロする人がいるように、体質に合わない人もいます。 自分判断必須。 うどんやそうめんなどの麺類は、やわらかい食べ物と思いがちですが、よく噛まずに飲み込んでしまったら逆効果です。 消化しやすいように、よく噛んでから食べましょう。 ウイルス性胃腸炎は、体内にあるウイルスを体外に排出しきらなければ治らないため、おう吐や下痢などの症状を止める薬が使えません。 自然の回復を待たなければいけないのですが、体力の低下や激ヤセが目に見え始めると、ついつい焦ってしまいがちですよね。 早く食べなきゃ!早く元に戻さなきゃ! そんなとき、担当医が言いました。 「体が必要だと感じたら誰に止められても食べるようになるし、食べずにいられなくなります。 大丈夫ですよ。 」 美味しく食事が摂れるようになるまで、焦らずゆっくり頑張りましょう。

次の

ウイルス性胃腸炎!会社に行くべき?休むべき?

ウイルス 性 胃腸 炎 仕事

感染性胃腸炎とは・・・? 感染性胃腸炎とは、 大きく分けて《ウイルス性胃腸炎》 と《細菌性胃腸炎》があり ます。 ウイルス性胃腸炎は嘔吐下痢症などとも言われ、どちらかというと冬場に多い感染症です。 一方、 細菌性腸炎は食中毒などといわれ、 夏場に多い傾向があります。 冬場に流行するウイルス性胃腸炎の中には、白血球の上昇をともない、 細歯性の様相を帯びている、 もしくは合併している症例も散見します。 ウイルス性胃腸炎とは?どこで感染するの? よく知られているウイルスにはロタウイルス、 アデノウイルス、 アストロウイル ス、 ノロウイルス、 サッポロウイルスなどがあります。 何れのウイルスも口から入ったウイルスが十二指腸から小腸の粘膜上皮に感染することで発病します。 感染した腸管はむくんで水っぼくなり、 嘔吐や腹痛、 下痢、 発熱を起こします。 ウイル スの稲類や個人差にもよりますが、 下痢にはならず、 張り感や膨満感、 腹痛のみの症状の人もいます。 「下痢がないからといって腸炎でない」とは言えないのです。 一般には罹患した人の便や吐物にウイルスが含まれており、 それにより感染する場合があります。 また感染力の強いウイルスには、 そのウイルスに汚染された場所に触れただけでも感染することがあります。 この感染には個人の免疫力が影響しますので、 普段から疲れをためない生活習慣を心掛けておくことが重要です。 ウイルス性胃腸炎、 どうやって予防できますか? 最も効果的な予防対策は、手洗いです。 トイレの後や、食事の前後、調理をする方はその前後など・・・これは食中毒の予防にも共通します。 また、普段からタオルを共有しないことも重要です。 家族といえども、下痢症状の出ている人がいたら、入浴時もまずシャワーでよく洗ってから入浴する、バスタオルを共有しないなどの工夫が必要です。 お子さんなどで、ブロックなどのおもちゃを使うような時は、一日一回はアルコールスプレーなどで除菌する、洗えるものなどは洗うなどの工夫が重要です。 下痢や嘔吐を起こしてしまったら・・・? 食欲がない時や、嘔気がある時に無理に食事を取る必要はありません。 食事より水分を「いかにして取るか」が重要です。 スポーツドリンクを少量ずつ飲むようにしましょう。 但し、冷蔵庫に入っているものをすぐ飲むのは刺激になって余計下痢を誘発してしまうことがあります。 常温に30分ほど置いておいてから飲むと良いでしょう。 牛乳などの乳製品は腸内で発酵して下痢を悪化させたり、膨満感を悪化させたりすることがあります。 少し回復するまで摂取を控えましょう。 食事は柔らかく煮たうどん、おかゆ、おじやなどが良いでしょう。 パンが食べたければ、食パンなどあまりバター成分の多くないものが良いでしょう。 野菜はスープなどに調理して、繊維成分を除いて飲んでみるのが良いでしょう。 細菌性胃腸炎とは?どこで感染するの? 文字通り細菌によって起きる腸炎です。 別名、食中毒と言います。 起因菌によっても異なりますが、一般に原因となる食べ物を摂取してから、5~72時間の間に発症します。 魚介類の加工品、肉、卵、カキ氷、いずし(ニシン、アユ、ハタハタなどの保存食品) などで起こることがあります。 これらの食事を摂取し、暫くして下痢や腹痛の症状が出た時には食中毒を疑ってみる必要があります。 多くの人が同時に起こる場合もありますが、体力や免疫力などの差で同じ食べ物を摂取してもかかる人とかからない人がいます。 特にいずしなどの摂取後に起こるポツリヌス菌と日われる細歯による食中毒は、眼瞼下垂(まぷたが下がつてくる)、複視(ものが何重にも見える)、発語障害(言葉が話しにくい)などの神経症状が出ることがあり、 重症な場合は死亡することさえあります。 細菌性腸炎にかかってしまったら? 症状や対応方法はウイルス性腸炎とほぼ同じです。 但し、基本的に下痢止めを使用してはいけません。 症状を慢性化させたり、悪化させたりする事があるからです。 前述したように合併している場合もあります。 国近、街中の薬局でも多くの止痢剤(下痢止め)が市販されています。 全てがだめというわけではありませんが、特に細菌性胆炎の場合、症状を悪化させることがありますのであまり服用しないほうが良いでしょう。 止痢剤を使うよりまず下痢で失われた水分補給をこまめに行い、それでも繰り返す場 合は医療機関を受診しましょう。

次の