ディープ フェイク 無 修正。 【石原さとみ激似DeepFake 無修正】『赤ちゃんできちゃうぅ…❤』妊娠確実‼中出しされまくり‼大量精子をパイパンまんこに注入‼

【無料動画】広瀬すず&橋本環奈のディープフェイクが本物過ぎると話題

ディープ フェイク 無 修正

Electronic Frontier Foundation 下院情報特別委員会は今月、「ディープフェイク」問題に関するを開催した。 ディープフェイクとは、機械学習アルゴリズムを用いて作成された本物に見える偽のや映像を説明する造語である。 こうした捏造・操作された画像やビデオは、現実の危険を引き起こしたり、被害を及ぼすこともありうる。 公聴会に証人として出席したメリーランド大学ロースクールのダニエル・シトロン教授は、(訳註:インドのモディ政権に批判的な)ジャーナリストのラナ・アユーブの身に降り掛かったを語った。 ネットのあるユーザがアユーブの画像を元に作成した偽のポルノ映像を拡散したことで、(訳註:彼女への攻撃が過激化し、電話番号や住所がさらされ、レイプの脅迫を受けた)アユーブは安全のために身を隠さざるを得なくなった。 社会として、我々はディープフェイクが有害な方法で利用されていることを認識し、悪意あるディープフェイクビデオの制作者にその行為の責任を負わせなくてはならない。 EFFは、弱い立場にある人の言論を萎縮させるためにハラスメントが行われていることを含め、オンラインハラスメントの。 だが議会がこの問題に対処しようとするにしても、パロディや風刺など適法で社会に有意義な表現まで検閲するようなことがあってはならない。 議会はディープフェイク規制法案を起草する前に、新たな法律がどのようなものを対象とすべきか、現行法で対処できるかどうか、その法律が言論の自由と表現の自由にどのような影響を与えうるのかを慎重に検討すべきである。 ディープフェイクとは何か(そして何でないか) とは、「ディープラーニング(深層学習)」と「フェイク」を組み合わせた造語で、既存の画像や動画をソースとなる画像や動画に合成する機械学習技術を用いて生成された画像や動画を指す。 この用語はしばしば悪意あるオンラインコンテンツを表すために用いられてきたが、技術論的には、ディープフェイクの根底にある生成技術は名誉毀損や侮辱を意図したコンテンツばかりでなく、パロディや風刺のためにも利用できる。 ディープフェイクがメディアの関心を集めたのは、こうした偽の映像が比較的容易に入手できるツールを使って自宅でも制作できるためだ。 Motherboardのが伝えているように、ディープフェイク技術は主に、ある実在の人物(たとえばセレブなど)の顔を別の人物の体にうまくつないでポルノビデオを作成するために利用されている。 これはまさにアユーブの身に起こったことだ。 またディープフェイクは、当人が口にしていないことを「言った」ように描写する映像を作成することもできる。 がトランプ現大統領を罵倒するフェイクビデオを、俳優兼監督のジョーダン・ピールが作成したことでも話題を集めた。 まぎらわしいことに、この用語は人工知能や機械学習とは無関係な改ざんされた映像を指しても使われることもある。 たとえば、先日の公聴会に出席した議員たちは、繰り返しの拡散について言及した。 このビデオは、彼女が酔ってろれつが回っていないように見せるために再生速度(訳註:やピッチ)がいじられていた。 議員らはほかにも、規制にしたい各種「偽」メディアとして、加工された写真、ニュース記事、『フォレスト・ガンプ』のような()映像、などを挙げた。 「ディープフェイク」という用語をめぐる議会の混乱は、公聴会に先立って提出されたイベット・クラーク議員の法案「にも表れている。 同法案では、すべての「高度な技術的虚偽人格記録(advanced technological false personation records)」に対し、ラベルによる表示、透かし、または音声等による情報開示を義務づけている。 法案では、「身体的活動(material activity)」に従事する者の言動を何らかの技術的手段を用いて創作したもので、一般人が本物であると信じるものであり、かつ、描写された者の同意を得ずに制作されたあらゆるメディアに適用されるとしている。 「身体的活動」とは、「一般人に認識され、個人的・社会的危害を引き起こしうる」発言、行為、描写とされる。 「ディープフェイク」の定義が大雑把なこと以外にも、この法案は様々な問題を抱えている。 第一に、ラベル表示と透かしを義務づけたところで、悪意あるディープフェイクが引き起こす現実の被害を解決する道筋が見えないということである。 世界中のトロールがこの義務に従うとは考えにくく、特に米国外に在住している者が応じることはないだろう。 第二に、この法案の範囲と罰則が、複数の点で修正第一条に違反していることである。 たとえば、法案では一般人が「偽の身体的活動」を本物と誤認しない限りパロディ、風刺、エンターテイメントを例外としているが、誰が証明責任を負うかを規定しておらず、クリエイターを萎縮させる可能性がある。 米国憲法修正第一条は一般に、損害の事実を示すことなく刑罰を科す刑法を禁じている。 さらにこの法案がおぞましいのは、治安や国家安全保障のために活動する米国職員を免除している点である。 クラーク議員の法案は、答えを出さなくてはならない重要な問題を浮き彫りにしている。 つまり、法律上および立法上の観点から、悪意ある「ディープフェイク」と、風刺・パロディ・エンターテイメントの違いとは何かという問いに答えを出さなくてはならないということだ。 これまでの政治家の議論を見るに、彼らはそれらを明確に区別する基準の見当すらついていないようである。 多くの政治家や専門家が、この問題に対処するためにインターネット上の言論の保護に最も重要な法律を改正しようとしていることを考えると、懸念はさらに深まる。 230条とは何か(そして何でないか) この公聴会で、政治家たちはの保護を制限すれば、ディープフェイクの問題はすべて解決すると訴えていた。 これは230条の保護を誤解した議論であり、その範囲を狭めることによって生じる個人に対する不利益を過小評価してもいる。 ユーザの言論の保護に最も重要な法律を制限しても、ディープフェイクが引き起こす微妙な問題が解決されることはないのだ。 230条は、第三者が作成したコンテンツを再公開する「対話型コンピュータサービス」の提供者およびユーザが、第三者の言論について責任を問われることから保護している。 たとえばソーシャルメディアプラットフォームは、第三者のコンテンツへのモデレーション判断、モデレーションをせずにコンテンツを送信するという判断のいずれに対する訴訟からも保護されている。 電子メールを転送したり、他者が作成したコンテンツを送信する個人も、同様の保護を受ける。 彼ら自身の言論については彼ら自身が責任を負うことに変わりはなく、彼らの利用者の発言に対する責任から免責されるだけなのである。 230条が保護するのは。 実際、十分なリソースを持たない中小企業にとって、利用者の発言に対する高額な訴訟を防げることは極めて重要だ。 230条に規定される法的保護は、イノベーションを促進し、重要な意見からありふれた意見まで、主流の意見から異端の意見まで、人気の意見からニッチな意見まで、ありとあらゆる言論を支える豊かで活気に満ちた多様なプラットフォームの発展につながった。 こうしたプラットフォームは、民主主義社会に不可欠な情報・意見・アイデアを広く迅速に共有することを可能にしている。 世界はさまざまな点で変化してきたが、230条が可能にしたオンラインのイノベーションと言論は、(訳註:同法が導入された)20年前よりもさらに重要性を増している。 新規参入企業が成長し、今日のインターネットをかたち作った競争を享受するためには、彼らに対しても230条の保護が与えられなくてはならないのである。 政治家たちは230条の保護をうまく制限できるはずだと信じているが、我々はそれがうまくいかないことをよく知っている。 「2017州および被害者のためのオンライン性的人身売買禁止法()」は、性的人身売買と戦うという崇高な目的を掲げて議会を通過した。 しかしこの法律には、成人セックスワーカーを擁護し、リソースを提供する人々のする文言が含まれていた。 さらにひどいことに、この法律は性的人身売買業者の訴追を阻害し、犠牲者の救済をも。 FOSTAがもたらした影響を考えれば、わずかな変更と思っていたものが、意図せぬ、しかも有害な結果を引き起こしかねないと考えても不合理ではあるまい。 特に、プラットフォームによる言論の統制と同じように、主観的な対象に対処しようとする法案を起草しているというのであればなおさらである。 230条の保護がなければ、いかなる規模のプラットフォームであれ、一般のインターネットユーザの言論にオープンではなくなってしまうだろう。 230条に有害なディープフェイクへの責任を課す変更を加えれば、パロディや風刺のような有益な議論を排除することになるばかりか、それ以外の適法で有益な言論も、法的リスクを避けたいプラットフォームの過剰な検閲によって排除されかねないのだ。 パロディ(とそれ以外の「真実」でない言論)保護の重要性 6月7日の公聴会では、多くの政治家が口を揃えて、サタデーナイト・ライブの出演者のものまね(訳註:チェビー・チェイスのフォード大統領のものまね)や、政府の情報を偽るプロパガンダについて、あたかもディープフェイクの問題であるかのように発言していた。 だが、いかなる規制を加えるにせよ、悪意ある有害なディープフェイクのみを対象としなくてはならない。 過剰な規制が、パロディや風刺、政治の解説など社会的に有意義な利用に及ぼす危険性について言及したジム・ハイムズ、ブラッド・ウェンストラップ両議員に感謝したい。 先日、我々はディープフェイクが風刺にも利用されうる事例を目にしたばかりだ。 イスラエルのスタートアップ企業Canny AIは、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがディープフェイクビデオをInstagramに投稿した。 その目的は、Facebookに(ペロシ議員のときと同様に)ビデオをそのまましておくか、それとも削除するかというモデレーション判断を迫ることで、プラットフォームのポリシーに関する議論を喚起するというものであった(Facebookはこの動画を削除しないと明言した)。 ディープフェイクのモデレーションに関する議論をディープフェイクビデオが風刺したのである。 これはまさに、プラットフォーム上の検閲を恐れずに行なわれるべき議論である。 パロディや風刺というものは、あまりに理不尽ではあるが、しかしありえなくもないという表現あるからこそ一瞬の困惑を引き起こし効果をあげる。 だからこそ、Facebookをはじめとする強力な組織に対抗する重要なツールなのだ。 またよく知られているように、コンピュータは風刺・パロディと悪意あるコンテンツとの正しい区別を苦手にしている。 それゆえプラットフォーム企業は、一貫して正確なポリシングにを抱えているのである。 現時点でも、パロディや風刺は誤削除されやすい。 だが、ディープフェイクコンテンツを削除しないプラットフォームに責任を課す法律が成立すれば、ますます誤削除は増えていくだろう。 ディープフェイクが、特に弱い立場にあるコミュニティに対してひどく有害な方法で使用されていることは疑いない。 オンライン・ハラスメントやオンライン詐欺の被害、の被害に対処するための選択肢は現行法でも存在しているが(訳註:)、悪意ある攻撃を防ぐために「何かしなくては」という政治家たちの衝動は理解できる。 だが、透かしを義務づけたり、第三者のコンテンツへの責任を仲介者に課したりしても、被害が抑止されるという保証はない。 また、そうした措置は憲法で保護された言論をも巻き込むことは疑いようもない。 誤解のないように付け加えると、企業は自社のプラットフォーム上でのを保障されているし、保障されねばならない。 だが、政府はそのやり方に口を挟むべきではない。 我々は議会に対し、責任構造を大きく変えること、あるいはプラットフォームが作成したわけではない第三者のコンテンツについて責任を負わせることが、事実上政府による言論規制であることを理解するよう求める。 訂正:本稿公開当初、敵対的生成ネットワークについて言及していたが、ディープフェイクの生成方法が複数存在することをふまえて削除した。

次の

Facebookの「ディープフェイクス」対策の“抜け穴”に批判集中(平和博)

ディープ フェイク 無 修正

画像外部リンク ディープフェイク(deepfake)は「(deep learning)」と「(fake)」を組み合わせた(かばん語)で 、にもとづく人物画像合成の技術を指す。 「(GANs)」と呼ばれる技術を使用して、既存の画像と映像を、元となる画像または映像に重ね合わせて()、結合することで生成される。 既存と元の映像を結合することにより、実際には起こっていない出来事で行動している1人あるいは複数人の偽の映像が生み出されることとなる。 そのような偽の映像で、例えば、実際にはしていない性行為をしているように見せかけたり、実際とは異なる言葉やジェスチャーに変更するといった政治的な利用が可能となる。 これらの機能により、有名人のまたはの偽造作成のため、ディープフェイクが使用される可能性がある。 さらに、ディープフェイクは、や悪意のあるを作成するためにも使用され得る。 ディープフェイク [ ] 2017年にインターネット上で、特にでディープフェイクのポルノが初めて現れ 、現在ではReddit、、などのサイトで禁止されている。 2017年秋、"Deepfakes" というののRedditユーザーがインターネットにいくつかのポルノビデオを投稿した。 注目を集めた最初のものは、のディープフェイクだった。 それはまた、よく知られたディープフェイクビデオの1つで、いくつかの記事の中でひときわ目立つものであった。 ほかのディープフェイクとして、継兄弟と性行為をしているを演じた女優の、また、、、、があった。 を使用して作成された、それらのビデオは本物ではなく、ほどなく偽物であることが暴かれた。 時間が経つにつれて、Redditのは偽造ビデオの多くのを修正し、偽物と本物のを区別することが次第に困難になった。 で容易に入手できる女優の非ポルノの写真やビデオは、のための訓練データとして使用された。 ディープフェイク現象は、2017年12月に、雑誌()の技術と科学の欄で初めて報告され、他のメディアでも広く報道された。 2018年12月、頻繁にディープフェイクポルノの対象となっているスカーレット・ヨハンソンが、の取材に対し、以下のように語っている。 用意した声明の中で、彼女はこの現象についての懸念を表明し、インターネットを「自分自身を食べる暗黒の巨大な」と表現している。 しかし、それが自分の公共のイメージに影響を及ぼさないこと、そして国によって法律が異なること、インターネット文化の性質()によりディープフェイクを削除するどのような試みも無駄な努力になること、以上の考えから、彼女は、自分のディープフェイクの削除を試みようとはしないと述べた。 彼女は、自分自身のような有名人は名声によって保護されているが、一般女性にとっては、不本意なポルノやリベンジポルノの描写によって評判が損なわれる可能性のある深刻な脅威をもたらす、と考えている。 英国では、ディープフェイクの製作者をで起訴できるが、ディープフェイクを特定の犯罪に指定することが求められている。 米国では、、、リベンジポルノのようなさまざまなものが告発される、さらに包括的な法令にしていこうとする動きもある。 などのポルノ動画サイトでは、日本人女優やアイドルのディープフェイクの動画があり、が確認しただけでも10個以上は存在し、多いものでは300万回以上再生されているものもあった。 サイバーセキュリティ会社「DeepTrace」の2019年10月の調査によると、過去7か月で1万4678件のディープフェイク動画が確認され、1年で倍増しており、その96%がポルノ動画だった。 ディープフェイクに特化した上位4つのポルノサイトでは、数百人の女性有名人のフェイク動画が、計1億3400万回以上も再生されているという。 政治 [ ] ディープフェイクは、有名な政治家を、ビデオやで、事実と異なるかたちで伝えるために使用されている。 例えば、大統領のの顔はの顔に、そしての顔はの顔に置き換えられた。 トランプがを訪問していた2017年11月に中国企業の ()は流暢なを話して自社とAIを褒めたたえるトランプのディープフェイクを披露して波紋を呼んだ。 2018年4月、とJonah Peretti は、ディープフェイクの危険性に関するとして、を使ったディープフェイクを作成した。 2019年1月、は、(大統領執務室)におけるトランプの演説のディープフェイクを放映し、彼の外観と肌の色をあざけった。 メディア [ ] 中国では国営メディアのがディープフェイクの技術を用いて実在のから合成した世界初の人工知能が開発されており 、政府の重要な会議の報道でも使用された。 この技術はやの国営メディアでも採用されている。 しかし、ディープフェイクは虚偽報道であるを助長させるとして問題視されており 、2019年11月に中国政府はからディープフェイクを使用したフェイクスニュースを禁止することを発表した。 ディープフェイクのソフトウェア [ ] 2018年1月、FakeAppというのが発表された。 このアプリケーションでは、ユーザーが顔を入替えた動画を簡単に作成および共有できる。 このアプリケーションは、フェイクビデオを生成するために、、のパワー、そして3〜4のスペースが必要である。 詳細な情報については、プログラムは、ビデオおよび画像に基づくのを使用して、どの画像アスペクトを交換しなければならないかを学習するため、挿入されるべき人物からの多くの視覚材料を必要とする。 そのソフトウェアは、の-であるを使用する、それは、とりわけコンピュータビジョンのプログラムである()のためにすでに使用されていた。 はそのような偽のセックスビデオの主な標的となっているが、一般の人々も影響を受けている。 2018年8月研究者は、人工知能を使って子供をプロのに置き換えることができるフェイクダンスアプリケーションを紹介する論文を発表した。 2019年8月、中国で1枚の顔写真でディープフェイクを作成できるZAOというアプリケーションが発表されて同年9月にの人気ランキングで1位になるもユーザーの同意なしにデータを使用される可能性があるが物議を醸し 、アメリカでは選挙介入やフェイクニュースに利用される可能性を懸念する声があがった。 フィクションにおけるディープフェイク [ ] ディープフェイクや有名人のフェイクポルノの現象は、 Michael Grothaus による小説「 Epiphany Jones」で探求されている。 この小説は、文学的な、社会、であり、セックス、有名人、インターネット対するアメリカの強迫観念についての暗いである、またポルノ中毒者と神と話すことができると考える女との不本意な関係、およびハリウッドエリートへ性的なを行う業者との交絡を探る内容である。 小説の主人公、ジェリー・ドレスデンは、有名人のフェイクポルノへの中毒に苦しんでいる。 小説で言及されている特定の有名人の偽物には、 、、、、、、が含まれる。 さらに、とといった死亡した有名人の偽物についても小説に記載されている。 批評 [ ] 悪用 [ ] スイスに本社を置く新聞社であるAargauer Zeitung は、人工知能を使った画像やビデオの操作は、危険な大量のメディアがあふれることになる可能性があると述べている。 しかし、画像やビデオの改ざん自体は、やの登場よりもずっと古いものであり、このたびのディープフェイクの場合、新しい側面はそのリアリズムにある。 標的を絞ったやリベンジポルノにディープフェイクを使用することも可能である。 信頼性と信憑性への影響 [ ] ディープフェイクのもう1つの効果は、その内容が標的となった偽物(例えば)なのか本物なのかを区別できなくなることである。 人工知能の研究者であるAlex Champandardは、この技術によって今日のものがどれだけ速く改変され得るか、そして問題は技術的なものではなく、情報との信頼によって解決されるものであるということを、すべての人が知っておくべきであると述べた。 最重要な落とし穴は、描写されているが真実に対応しているかどうかを、もはや判断できなくなる時代に人類が陥る可能性があることである。 インターネットの反応 [ ] やGfycatなどのいくつかのでは、ディープフェイクのコンテンツを削除し、その発行元をブロックすると発表している。 以前、チャットプラットフォームのは、有名人のフェイクポルノビデオのチャットチャンネルをブロックした。 ポルノグラフィのウェブサイトの もそのようなコンテンツをブロックする予定であるが、その禁止を強制していないと報告されている。 Redditでは、2018年2月7日に「不本意のポルノ」のポリシー違反により、subreddit(Redditのサブフォーラム)が一時停止されるまで、初期の状態が削除されないまま残っていた。 2018年9月、グーグルは、誰もが自分の本物あるいは偽物ヌードのブロックを要求でき、その禁止リストに「不本意の合成ポルノ画像」追加した。 参考文献 [ ]• Brandon, John 2018年2月16日. Fox News. 2018年2月20日閲覧。 Schwartz, Oscar 2018年11月12日. The Guardian. 2018年11月14日閲覧。 Highsnobiety. 2018年2月20日. 2018年2月20日閲覧。 The Outline. 2018年2月28日閲覧。 Roose, Kevin 2018年3月4日. The New York Times. 2018年3月24日閲覧。 Roettgers, Janko 2018年2月21日. Variety. 2018年2月28日閲覧。 2018年2月20日閲覧。 Kharpal, Arjun 2018年2月8日. CNBC. 2018年2月20日閲覧。 PCMAG. 2018年2月20日閲覧。 , Motherboard, 2017-12-11 ,• The Washington Post Harrell. 2019年1月1日閲覧。 BuzzFeed. 2020年1月15日閲覧。 az Aargauer Zeitung 2018年2月3日. 2019年1月26日閲覧。 Patrick Gensing 2018年2月22日. 2019年1月26日閲覧。 Thatsmags. com 2017年11月10日. 2019年9月3日閲覧。 2017年12月3日. 2019年9月3日閲覧。 Romano 2018年4月18日. Vox. 2018年9月10日閲覧。 Swenson 2019年1月11日. The Washington Post. 2019年1月11日閲覧。 2019年3月6日. 2019年6月24日閲覧。 2019年3月6日. 2019年6月24日閲覧。 Asia One 2019年6月14日. 2019年6月24日閲覧。 2019年6月18日. 2019年6月24日閲覧。 The Verge 2019年11月29日. 2019年11月30日閲覧。 de ,• heise online, ,• Farquhar, Peter 2018年8月27日. Business Insider Australia. 2018年8月27日閲覧。 The Verge. 2018年8月27日閲覧。 2019年9月2日. 2019年9月3日閲覧。 2019年9月3日. 2019年9月3日閲覧。 2019年9月5日. 2019年9月5日閲覧。 Chopin. nydailynews. com. 2018年12月31日閲覧。 , Die Zeit, 2018-01-26 , ,• Engadget. 2018年4月21日閲覧。 BuzzFeed. 2018年4月21日閲覧。 barbara. wimmer, ,• 2019年1月26日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

【無料動画】広瀬すず&橋本環奈のディープフェイクが本物過ぎると話題

ディープ フェイク 無 修正

人気の女優やアイドルが一糸纏わぬ裸にされてしまう最新技術を駆使した動画「 ディープフェイク」が巷で流行しているようです。 これまで確認されただけでも、• 広瀬すず• 新垣結衣• 橋本環奈• 石原さとみ• 吉岡里帆• 齋藤飛鳥• 山本彩• 白石麻衣• 上戸彩 らの精密かつ 本物かと思うレベルの「ディープフェイク」動画が作成されており、2019年8月7日に「デイリー新潮」(週刊新潮電子版)によってその存在が報じられました。 そこで、 この記事では2018年から2019年にかけて一気に技術力が加速し、ブームとなっている広瀬すずや新垣結衣、橋本環奈、石原さとみ、齋藤飛鳥、白石麻衣といった人気女優・芸能人を裸にする実際の「ディープフェイク」動画を大手サイトと共に紹介します。 橋本環奈もとんでもない姿に!? さて、 デイリー新潮がいよいよ日本のタブーを報じてしまいました。 一瞬目を疑ってしまう動画が最近、世間に拡がりつつあるという。 「 ディープフェイクという手法を使った偽ポルノ動画です。 人工知能を駆使してポルノ動画の顔と声だけを有名女優などにすり替える悪ふざけのような動画で、アメリカやロシアを中心に一昨年くらいに流行したもの。 驚くのは、ロボットのような不自然な動きをすることはまったくなく、実に自然に表情まで変化するのだ。 「顔認識に加え、目・鼻・口の動きを理解する表情認識が可能な人工知能にポルノ動画を勉強させている、高度な技術です」 とは、ITジャーナリストの三上洋氏。 「そのうえで、はめ込みたい顔を正面や横から細かくデータを取って、元の動画に合わせるんです。 このディープフェイクが話題になったのは、オバマ前大統領がトランプ大統領を罵倒する偽動画が制作されてから。 アメリカでは州によってはディープフェイクによるリベンジポルノを法規制する動きもあります」 デイリー新潮より一部抜粋 これは人類の歴史において、• 農耕技術の開発• 産業革命 に匹敵する革命です。 倫理に反する行為であるとはいえ、かつては画像版でもこの手のメソッドが取り入れられていました。 その精度はホンモノと変わらないレベルと話題 流行りの 著名芸能人らのディープフェイク動画を作成・掲載している業界大手の「DIFIDOL」というサイトは、かつて無料で誰でも見られたのですが、 現在は有料化しており、有料会員に登録しなければ見られないようです。 では、毎日毎日汗を流して働き、どんなに頑張っても広瀬すずや新垣結衣、石原さとみらとは付き合うことができない我々一般人は、ホンモノと全く変わらないクオリティーであるディープフェイク動画を見ることができないと言うのか、、 いや、ちがう!! 無料で広瀬すずや新垣結衣、上戸彩らの高精細かつ精密な無料のディープフェイク動画を視聴できるサイトを見つけました!!! 【無料動画】有料会員じゃなくても視聴できるディープフェイク動画があった! 石原さとみまでもが… このサイトに 実際のディープフェイク動画を貼り付けて掲載するのはかなりデンジャラスな行為になってしまうので、 その ディープフェイク動画が無料で掲載されているページのURLを貼ることにします。 フルの動画ではなく、ディープフェイクの動画がどのようなもので、どれほどのクオリティーかを知るためのものですが、 このレベルがとんでもないんです。 実際に私も視聴しましたが、 広瀬すずも新垣結衣も石原さとみもどれも本人が行為をしているようにしか見えませんし、作り物だとは到底思えないレベル…。 ちなみに、私が視聴した 無料のディープフェイク動画で使用されていた広瀬すず、新垣結衣、橋本環奈の巧みに加工された本人顔画像がこちらです。 アダルト大量ならU-NEXT!!! 【画像】ディープフェイクに映る広瀬すず そして、 実際のディープフェイク無料動画は以下です。 実際のディープフェイク動画 まず、GoogleもしくはYahoo!で、 「 erohika. com」のURLをコピペして検索します。 上記のページ内で「 2019年7月5日」の投稿をクリックすると、• 広瀬すず• 新垣結衣• 上戸彩• 石原さとみ といった著名人が裸になった ディープフェイク動画の無料動画が視聴できます。 「 erohika. com」トップページに飛べば、すぐに「2019年7月6日」の投稿は見つかります。 また、視聴する上ではいくつかの絶対確認しておくべき注意点もあります。

次の