夢破れて山河あり 意味。 今日のことわざ『国破れて山河あり』

ねこ猫まんま

夢破れて山河あり 意味

国破れて山河あり くにやぶれてさんがあり : 国が滅んで町並みなどが失われても、故郷のうつくしい景色は在りつづけるという意味 「国破れて山河あり」の意味を詳しく 「国破れて山河あり」とは、 国が滅んで町並みなどが失われても、故郷のうつくしい景色は在りつづけるという意味を表すことわざです。 騒動のあとの空虚感を表す際や、人間が作ったもののはかなさと、自然の雄大さを対比させる際に使われます。 「国破れる」は、「国が滅びる」という意味です。 争いによって国が滅びてしまい、町並みが失われてしまった様子を表します。 「山河あり」は、文字通り、「山や河がある」状態のことを指します。 人の作ったものが滅びてしまっても、自然の山や河はそのままあり続けている状態を表しています。 中国の詩の一説なので、「国破れて山河あり」で終わりではありません。 「国破れて山河あり」の後に「城春にして草木深し」と続き、さらに6行続きがあります。 全体では、戦いのあとの喪失感と、故郷へのなつかしさを詠んだ詩です。 険しい山を登頂しきったときの気持ちは、まさに 国破れて山河ありであった。 国破れて山河ありとは言うが、戦争では山や河もひとたまりもなかった。 空高くそびえたつ山々を見ると、 国破れて山河ありという言葉を思い出す。 「国破れて山河あり」の由来 「国破れて山河あり」は、杜甫 とほ という人物の『春望 しゅんぼう 』という詩集の一説です。 杜甫は、唐の時代の中国でもっとも有名であった詩人です。 杜甫が46歳のころ、安禄山の乱 あんろくざんのらん という大規模な反乱がおこりました。 この反乱の中で、唐の皇帝は都を追われ、杜甫は都である長安に、反乱軍によって軟禁されてしまいました。 その時に、反乱によって壊されてしまった長安のようすを眺めて詠んだ詩です。 The state broken, its mountain and revers remain. 国は壊れたが、その国の山や河は残っている。 My old city has burned but Nature has returned. 懐かしの都は消失したが、自然は再生した。 Empire broken mountain river remain. 帝国は壊れ、山と川は残っている。 まとめ 以上、この記事では「国破れて山河あり」について解説しました。 読み方 国破れて山河あり くにやぶれてさんがあり 意味 国が滅んで町並みなどが失われても、故郷のうつくしい景色は在りつづけるという意味 由来 反乱の後に残った山や河をみて詠まれた詩 英語訳 The state broken, its mountain and revers remain. 国は壊れたが、その国の山や河は残っている。 「国破れて山河あり」ということわざは耳にする機会が多い言葉です。 しかし、詳しい意味を知らない方も多かったでしょう。 この機会に、由来や詳しい意味なども理解し、使いこなせるようになりましょう.

次の

「国破れて山河あり」の意味と使い方とは?英語と漢文も紹介!

夢破れて山河あり 意味

国破れて山河あり(くにやぶれてさんがあり)7級 意味 ・・・ 戦争で国が滅びても、山や川などの美しい自然は、昔のままの姿を見せているということ。 転じて、「変化する人の世」と「変わることのない自然」を比べた思いを表す表現。 解説 杜甫の詩『春望』の一節で、『城春にして草木深し』と続きます。 杜甫とは、李白と並び、 中国文学史上最高の詩人と讃えられる唐の時代の詩人で、漢詩における近体詩の代表的な詩型の一つである 『律詩』の表現を大成させました。 「変化する人の世」と「変わることのない自然」を比べた思いを表す表現として使われ、変わることのない自然の偉大さに感動する場面、または、時の流れを嘆く場面の表現として使われます。 江戸時代の俳人、松尾芭蕉の『奥の細道』でも引用されたことで、日本でも古くから有名な言葉ですね。 類義語 類義語 栄枯盛衰(えいこせいすい)5級 ・・・ 栄えたり衰えたりすること。 また、そうした人の世のはかなさをいう。 諸行無常(しょぎょうむじょう)5級 ・・・ この世のすべてのものは、常に移り変わり、同じ状態なものはないということ。 盛者必衰(しょうじゃひっすい)・・・ この世は無常であり、勢いの盛んな者もついには衰え滅びるということ。 盧生の夢(ろせいのゆめ)3級 ・・・ 栄えたり衰えたりすること。 また、そうした人の世のはかなさをいう。 このように、 杜甫の詩『春望』とは、 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。 沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす・・・ と続く、平家の栄華と没落を描いた『平家物語』に通じるところが見られますね。 世界中どこにでも、争いから生まれる悲しい歴史があるといういことですね。 例文 こんな場面で使おう 松尾芭蕉の『奥の細道』を英訳したドナルド・キーン氏は、 Countries may fall,but their rivers and mountains remain. のように英訳しています。 直訳的なものでは、これらが有名ですね。 The country is in ruins,and there are still mountains and rivers. (国は滅んでも、山と川は変わらずあり続ける) Empire broken mountain river remain. (国は壊れても山と川は残る) remain ・・・ 残る、残存する、存続する、生き残る ruin ・・・ 滅びる 『歴史は繰り返す』ということわざがありますが、決して繰り返してならない歴史もあります。 そう願って、杜甫も『春望』を書いたのではないでしょうか。 世界中の人が、今日という日を穏やかに迎える日が訪れますように・・・.

次の

国破れて山河在り

夢破れて山河あり 意味

国破れて山河あり、城春にして草木深し これは、唐の 杜甫の五言律詩 「春望」の最初の一句である。 正確には、 「国破れて山河あり、城春にして草木深し」 (国は滅亡したが山や川はそのままで、町には春が訪れ草木が茂っている) 今日8月15日は、祈り追悼の日でした。 僕は第二次大戦を知らないけれど、日本人として、正しい日本の歴史を勉強したと思っています。 ですので、今日という日は、日本人にとって、とてつもなく大事な日だと思っています。 聞くところによると、第二次大戦後、日本国内では、 「国破れて山河あり、城春にして草木深し」という言葉が国民のなかで流行ったそうです。 この漢詩を詠んだ杜甫は、唐の長安が安禄山の反乱で荒廃したありさまを見て、嘆いて作った詩です。 第二次大戦後、アメリカ軍の空襲で全国の都市が焼きつくされたが、山や河のような自然はそのまま残っており、日本国民は復興に努力し、 「この国をもう一度蘇らせよう!」と国民を勇気づけた、と言われています。 先述しましたが、僕は第二次大戦を知りません。 しかしながら、昨年起きた東日本大震災は知っています。 先日、第二次大戦も知っている方とお話をする機会がありました。 その方は、戦後の日本と大震災後の日本は非常に似ている、と仰っておりました。 「国破れて山河あり、城春にして草木深し」という言葉は、今の時代にも必要な言葉であると心から思いました。 第二次大戦後、日本の先人たちは努力しました。 その努力のおかげで、今の日本があるのです。 だから日本は強いと思っています。 時代の流れだけで、高度経済成長だけで、そして文明の発展だけで、世界の上位に食い込んでくる国とは違うのです。 日本には、底力以上のチカラがあるのです。 今後の日本という国のあり方を考えた人 そして、おもむろに立ち上がった人 がその当時(第二次大戦後)、たくさんいたはずです。 では今は、僕はいると信じていますし、自分もそのなかの一人であると思っています。 時代や価値観などは、全く当時と今とでは違うことでしょう。 ですが、ひとりひとりドラマがあり、苦しみに耐えていると思います。 それが、当時は、日本復興の底地になったのだと思っています。 終戦記念日である今日に、このような記事を書いたことに感謝申し上げるのと同時に、戦後の荒廃から立ち上がった日本を思うと、東日本大震災後の困難からの復興と重ねることが、将来を明るくするものだと思いました。 春 望 (五言律詩。 長安の賊中にあって、春の眺めを述べる。 ) 国破山河在 国破れて山河在り 城春草木深 城春にして草木深し 感時花濺涙 時に感じては花にも涙を濺ぎ 恨別鳥驚心 別れを恨んでは鳥にも心を驚かす 烽火連三月 烽火 三月に連なり 家書抵万金 家書 万金に抵る 白頭掻更短 白頭 掻けば更に短く 渾欲不勝簪 渾て簪に勝えざらんと欲す 【ひとりごと】この記事を多くの方に読んでもらいたい.

次の