マネージャー は 大変。 社長よりも部長よりも、課長が大変な理由 (1/2)

大学のマネージャーは大変?部活での役割とプラスになること

マネージャー は 大変

選手が練習・試合に集中できるようにサポート 手助け すること• 選手が練習や試合に集中できる環境を整えること• チームや選手の勝利できるようにサポート これに当てはまるならどのような仕事をしてもOKです。 ただ チームや先輩達で決められた仕事があるので、まずはその仕事をしっかりと取り組み理解していくことが先です。 その中で自分で気づいたこと、出来ることを見つけたら先輩・監督に相談してやってみて下さい! 選手やチームのためにたくさん観察して動いて、たくさん仕事を見つけて下さい。 色々の視点から見ていけば仕事はたくさんありますよ。 また、仕事がどのように役立っているのかを短くですが入れています。 『仕事だから』『みんなやっているから』 と仕事をするのではなく『この仕事は選手やチームのどんなように役立つのか』を考えて仕事をすることで仕事へのモチベーションアップにもつながります。 大きく役立つことだけが仕事ではありません。 選手が1秒でも長く休憩が取れるよう、選手が試合をする体力を使わないようにするなどでも十分にチームに貢献しています。 なので『仕事をしても意味がないかもと』勝手に決めずにまずはしてみて下さい。 意外なことが役立つことも多いですよ。 休憩してから選手がやるのと用意してあるとでは、練習中の疲れ方は違ってきます。 後輩・控えが休憩時間を使って準備することはなくなります。 地味だけど大切な仕事。 当たり前のように使えること、使える状態になることで選手にとっては気持ちよく練習に取り組めます。 マネージャーがしっかりと代役をすることで監督やチーム関係者からのチーム評価は高くなります。 またケガしてからの対応では動揺が生まれて冷静な対応ができない状態にもなります。 処置や対応が早ければ関係者や審判・役員からは早く対応できるチームほど、しっかりしたチームと思われるようになります。 選手でやれよと思う・・・ 部室は始まりと終わりの場所は綺麗な方がいいスタート・いい切り替えがしやすいと思います。 かなり地味で目立たない仕事ですが、一歩間違えれば選手のケガにも繋がります。 小さい石や小さい段差など小さなことでバランスを崩してケガすることも多いです。 もしバランスを崩して転んだとしても、そこに石があればケガもひどくことだってあります。 おろそかにできない仕事です。 スコアは分析・見直すときなどに活用されるので責任ある大切な仕事です。 医務室・保健室があるにしても応急処理ができるのとでは、その後の対応も変わってきます。 テーピングも出来るなら出来た方がいいです。 テーピングは自分でもできますがかなり大変です。 テーピングが出来る人がいれば試合途中にケガをしても『対応できる人がいる』と選手・チームとしてもさらに精神的な支えにもなれます。 選手だけでするよりも練習に集中できること、選手の休憩時間の確保などに繋がります。 これは競技や練習自体を理解していないとできない出来ないものです。 マネージャーの動き次第では練習の流れに支障をきたすので、責任ある大切な仕事です。 多くの人が集まる場所ではマネージャーの行動次第でチームの影響にも関わってくる重要な仕事です。 失礼があれば「あのチームのマネージャーは・・・」となるのでしっかり対応をしていきましょう。 日陰・日向、試合が見やすい場所、アップ場所に近い・遠い、ほどよく視界が隠れる場所など条件によって選手の待機時間・移動時間も変わってきます。 良いチームはやっぱりいい場所にテントや場所取りしてあるところが多いです。 強豪校ならすげに定位置として暗黙の了解で決まっていることもあるので、どういう場所に場所取りしているかを参考にしてみるといいですよ。 ユニフォームに不備があれば場合によっては試合に出れないこともあるのでマネージャーが管理することで安心して試合に臨めることにも繋がります。 試合当日は選手が試合に集中するため、また試合をスムーズに進めるためにも大事な仕事。 出来る選手もいますが忘れる・遅れる・勘違いしている選手が本当に多いです。 なので2重に確認できることで忘れ防止を防げます。 試合の出場にも関わることなのでマネージャーがしっかり確認したいことろです。 これができるマネージャーがいれば最高です。 勝利をサポートするだけでなく選手並みに大切な存在になります。 選手もある程度はわかっていますが、数字で表すことではっきりとしたことがわかるので助かるものです。 情報収集も選手の練習時間を削ることがないし、試合の勝敗・その試合の内容などもわかるのでチームにとって一切無駄になることはありません。 ポイント 最後に仕事をするうえでのポイントを3つご紹介しますね。 基本的な環境作りの仕事こそきちんとする 基本的な環境作りの仕事は慣れてくるとつい手を抜きがちです。 でも何事にも基本は大事です。 毎日しているから・・・と手を抜けばすぐに表れるため、言われなくてもバレてます。 最悪の形では選手から不満が生まれ、直接言われます。 基本的な部分だからこそ、当たり前のようにすることは本当に大切です。 周りのことを知り・勉強 マネージャーはサポート側になります。 サポートするためには自分から周りのことを知っていくことが大切です。 選手やチームを知らないとサポートすることはできません。 マネージャーだから向こうから来てくれると思っていたらダメです。 自分から行動してやっていきましょう! 行動して工夫・改善 仕事は固定された仕事だけではありません。 人相手なので 状況によっては柔軟な対応が求められることが多いです。 なので柔軟に対応できるようにまずは自分の身近なことや自分の仕事から工夫・改善してもっといいサポートができるように励んでいきましょう。

次の

大学のマネージャーは大変?部活での役割とプラスになること

マネージャー は 大変

ビジネス用語では、「マネージャー」や「マネジャー」はよく似た言葉ですよね。 どのような違いがあるのでしょうか。 また、マネージャーやマネジャーの役割とは、どんなものがあるのかも気になりますよね。 早速、「マネージャー」と「マネジャー」の違いと役割について見ていきましょう。 どちらの表記も間違いではない 「マネージャー」には「マネジャー」と「マネージャ」という表記があります。 原則、この3種類を正表記となっています。 どれが正しく、どれが間違いであるというのはありません。 記述するときは、定めた表記で統一しましょう。 何故かというと、同じ文書の中で「マネージャー」と「マネジャー」が混在しているとわかりにくいですし、読む人によってはそれぞれ別の意味の2種類の語だと勘違いする可能性があるからです。 「マネージャー」は芸能界・「マネジャー」はマスコミで使用される 「マネージャー」と「マネジャー」の違いと役割をみていきましょう。 まずは「マネージャー」ですが、一般的には芸能界や部活動などでよく使用されます。 一方「マネジャー」は、マスコミ・速記などでよく使用されています。 ちなみに「マネージャ」は、情報処理などで主に使用されています。 カタカナ英語の表記が異なるだけで言葉の意味に違いはない 「マネージャー」と「マネジャー」の違いは業種によって違いがあります。 他には、「発音の違い」なども挙げられるでしょう。 英語の実際の発音に近いのはこの2つのうち「マネジャー」です。 結局「マネージャー」と「マネジャー」の違いは和製英語のようなもので、意味は同じでカタカタ英語での表記に過ぎません。 マネージャーは業務を管理・統括する責任者 「マネージャー」と「マネジャー」の役割をみていきましょう。 共に、主に組織や企業において業務を管理・統括する責任者のことを言います。 そもそも「マネージャー」と「マネジャー」という役職は明確な定義がありません。 まず、「マネージャー」と「マネジャー」という言葉は、主に外資系企業などで使用され、近年になって日本の企業にも一般的に広まりました。 ただし、階級の範囲や、その職務内容は、現状としては各企業によって多少の違いがあります。 マネージャーの手腕により企業の売り上げや業績が左右される 一般的に良く聞く「マネージャー」と「マネジャー」としては、タレントや芸能人のスケジュール管理を行う芸能人の「マネージャー」やバレー部や野球部などの部活動において記録係や雑用係となる「マネージャー」があります。 特に芸能「マネージャー」は、その「マネージャー」の手腕ひとつでタレント生命が左右されてしまうほど「マネージャー」の役割は重要だといえるでしょう。 ビジネスシーンでも、同じように、そこの部署の「マネージャー」の手腕ひとつで企業の売り上げや業績が大きく左右されます。 「マネージャー」とは、人に仕事をさせる人とも言えますね。 マネージャーの役割は「統括・管理」「指導・育成」「責任」「意思決定」 マネージャーの役割の種類は大きく分けると4つに分類されます。 1つ目は統括・管理です。 プロダクトマネージャーとジェネラルマネージャーの役割ですね。 2つ目は指導、育成です。 部下に業務のノウハウや知識を教え育成する役割となります。 部下を正しい方向へ導き部下を育て、組織力を向上させなければなりません。 仕事の指示をするだけなく、スキルが不足している部分や非効率な部分を洗い出し、成長できるように指導するのが役割となります。 3つ目は責任です。 マネージャーには責任能力が求められるでしょう。 部下の仕事の責任も、マネージャーに求められます。 4つ目は意思決定です。 マネージャーのように意思決定する者がいなければ、先に進めません。 企業などで業務を管理・統括する役割がある「マネージャー」と「マネジャー」は表記の違いしかない 「マネージャー」と「マネジャー」の違いについて見ていきました。 「マネージャー」と「マネジャー」は表記に違いがあるだけで、実際の意味は同じです。 業種によって使い分けられている傾向がありますが、「これが正しい表記」というものはありません。 一般的なマネージャーの役割は、業務の統括・管理などになります。 「マネージャー」と「マネジャー」はどちらでも正しいといえますが、同じ文章中では統一すると分かりやすいでしょう。

次の

マネージャーってのは大変なのだ!(またも限界をさらす)

マネージャー は 大変

介護業界のエリアマネージャーは、施設長の更に上の役職という立ち位置になる事が一般的で、現場の施設側の所属ではなく、本社所属という立場になります。 介護業界は、エリアマネージャーといった、現場の知識だけではなく、介護保険制度、現場の介護職員の教育プログラムの作成及び改定、利用者を増やすための営業、県や市からの立ち入り対応、新しい施設をオープンさせるための準備の指揮などをできる人が少ない傾向にあります。 そして、そういった仕事ができるようになるためには、相応の経験年数と実績が必要になるので、介護業界でも比較的に給与の水準が高くなる傾向があります。 年収500万円以上を目指すこともできますし、介護企業と経験年数、実力次第では、年収600万円前後になることもあります。 ただし、知っての通りですが、介護業界は、大手でもブラック企業はあるので、出世していく企業を間違えると、年収500万円を超える事も難しいことがあるので注意が必要です。 そのため、出世して行く慎重に選ぶ必要があると言えます。 エリアマネージャーになる方法 前提としては、エリアマネージャーとして役職のある介護企業に就職・転職する必要があります。 そうなると、複数の都道府県で施設を開設しており、更に一つの地域で複数の施設を展開している介護企業になります。 就職・転職する介護企業は限られるのではないかと思いますが、そのようなことはありません。 介護のみに特化しながら施設を開設している企業もあれば、多角経営しているような大手が介護業界に参入して、潤沢な資金で、施設展開を一気に広げていることもあります。 介護業界は、まだまだ独り勝ちをしている介護施設はなく、中小企業から大手の民間企業から、福祉法人が運営している施設まで含めて、激しい競争をしています。 その中から、エリアマネージャーの役職があり、待遇が良く、将来性のある企業に就職・転職した上でエリアマネージャーを目指すこといなります。 エリアマネージャーまでのステップアップ 基本的には、役職のない現場の介護職員で経験を積み、施設長になり、エリアマネージャーになることが一般的です。 就職・転職する際は、一般スタッフ募集の求人ではなく、幹部候補の求人に応募するようにすれば、将来的に施設長やエリアマネージャーを目標にした、教育や仕事を任せてもらえると思います。 施設長候補やエリアマネージャー候補といった名称で求人を出されていることも多いです。 素早く出世していくなら、企業側が将来の管理者を育てる人材を確保するために出しいる求人に的を絞り、その中から待遇が良く、将来性のありそうな求人に応募するようにしましょう。 なお、就職した後は、やはり現場の仕事を理解することは求められますし、資格取得(介護職員初任者研修や将来的には介護福祉士)も推奨されることが多いと思います。 その上で、管理者としての仕事も覚えて行くので、激務になることは理解しましょう。 また、未経験者の方は、幹部候補として働くのに、現場の方達に仕事を教えて貰い、サポートして貰うことになるので、立場的な問題で頭を悩ませたり、周りの視線が気になることもあるかもしれません。 将来的に施設長やエリアマネージャーになると、人間関係は非常に大切になるので、周りに協力して貰えるように立ち回って行くように努力することが求められると思いましょう。 エリアマネージャーの仕事内容ってどんなものなのか 施設と本社を繋ぐ存在であり……何でも屋という立ち位置になるかと思っています。 具体的な仕事内容としては、担当エリアの施設が問題なく黒字運営できるようにしていくことになります。 そのため、介護保険制度の改正を知って置く必要がありますし、企業全体でどのような入居者を積極的に増やしていくのか、どのような介護を提供していくのかといった戦略を施設長に伝え、施設運営の方法について打ち合わせをして行く事になります。 また、施設長が施設をしっかりと管理できいるかどうかチェックするために、衛生管理に問題がないか、虐待の疑いのある身体拘束をしていないかといった点も確認し、必要に応じて改善していくように指摘することも求められます。 施設長以外の現場の職員や相談員からヒアリングし、入居者の状態も確認し、施設長の管理に問題がないかのチェックも大切です。 特に介護職員の離職率が上がる原因の中には、施設長の横暴な態度だったり、イジメや嫌がらせの割合も決して低くないので、現場の声をしっかりと聞く必要があるのです。 そして、施設側が本社に求めることを本社会議などで伝える必要もあります。 具体的には、職員を増員するための求人の掲載、必要な備品や消耗品の手配、現場で対応することが難しい問題の行動の多い入居者への対応(退去させられないかなど)などになります。 こういった、本社と現場の指示と現場の声をしっかりと伝えることが大切な仕事になり、怠るような事をしたり、伝え方を間違えると、施設運営に大きな支障をきたすことになります。 後は、県や市の調査や立入に対応するために、書類を揃えたり、施設内に問題が無いか等のチェック、事故があった場合の対応などもエリアマネージャー仕事に含まれますし、施設長が分からない事のフォローもあります。 そして、シフトで介護職員が足りなかったり、夜勤が必要なら入ることもあります。 そのため、施設長とエリアマネージャーを兼任……なんていうケースもあります。 まさに、何でも屋状態です。 過労でぶっ倒れないか不安になる程の激務になるので注意が必要です。 そして、仕事内容の幅や1日の勤務時間は、企業次第なので、給与や将来性だけではなく、自分の体やプライベートの時間も考慮した上で職場を選ぶようにすることも大切です。 エリアマネージャーにならない事も考える エリアマネージャーの仕事は基本的に激務になります。 それは、立場上の問題もありますし、エリアマネージャーの役職が求められる程に、企業が抱える施設が多い事も挙げられます。 年収500万円~600万円を目指すことはできますし、実力次第では、更に出世して、それ以上の年収を稼ぐ事も出来る可能性がありますが、忙しさと釣り合うかと言われると、何とも言えませんし、上層部に気に入られるかどうかという運と人柄の要素もあります。 そのため、特定の地域で、特別養護老人ホームやグループホーム、デイサービス等、複数の施設を運営していて、安定して地盤を持つ福祉法人の施設長などで働くことも考えてもよいと思います。 施設長や介護主任でも、職場を選べば、年収500万円以上を目指すことはできます。 むしろ、国や自治体との繋がりが深い福祉法人が運営しているような、地域に根差した施設の方が、安定して働ける可能性が高いですし、福利厚生も充実している傾向があります。 もちろん、何度も言うように企業次第なのは確かです。 しかし、エリアマネージャーになれば、施設長よりも待遇が良くなるという保障もないです。 介護業界でどのようにキャリアップしていきたいのかをよく考えて働いていくようにしましょう。

次の