エスタ 申請 公式。 【アメリカ】ESTA(エスタ)申請は自分で!日本語で14ドルで申請できます

エスタ(ESTA)の申請は自分で行える!<料金・申請方法・所要時間> | パラ子とヒデキのハワイ旅行備忘録

エスタ 申請 公式

米国税関・国境警備局 CBP:United States Customs and Border Protection 米国国土安全保障省 DHS により所管される部局では最大規模の政府機関です。 麻薬密輸の取締り、テロ対策や人身売買、農業害虫の侵入防止などの違法または危険な活動から、国内の安全を保障することを任務としています。 米国の国境に関する事項を統一して扱う政府機関としての性質上、空港、港湾、国境検問所、国境周辺などに配置され、約52,000人という大規模な人員を抱えています。 アメリカ同時多発テロ事件を受け、従来の分散していた司法省、財務省、農務省などの関係各機関 税関、国境警備隊、動植物検疫局 を統合して発足しました。 ESTA エスタ の公式ウェブサイトの管理・運営も行っております。 ビザ免除プログラムVWP Visa Waiver program を利用可能な国籍• ドイツ• フランス• フィンランド• エストニア• デンマーク• チェコ• サンマリノ• シンガポール• スロバキア• スロベニア• スウェーデン• ブルネイ• ベルギー• オーストリア• オーストラリア• アンドラ• オランダ• ニュージーランド• ノルウェイ• ポルトガル• スイス• スペイン• アイルランド• アイスランド• イタリア• モナコ• マルタ• ハンガリー• ギリシャ• ラトビア• リトアニア• リヒテンシュタイン• ルクセンブルグ• イギリス• ビザ免除プログラムVWP Visa Waiver program の利用条件• 電子渡航認証システム ESTA を申請済みで、且つ渡航認証許可を得ていること。 米国での滞在期間が90日以内であること。 上述のビザ免除プログラムVWP参加国国籍のパスポート ICチップ搭載 を所持していること。 海路及び空路で入国する場合は、次の目的地または往復の乗船券・航空券を所持していること。 eチケットをお持ちの方は、旅行日程の写しをご携行ください。 ビザ免除プログラムVWP Visa Waiver program についての詳細は ESTA申請公式ウェブサイトでの申請方法 ESTA申請公式ウェブサイト にアクセスし、申請者情報・渡航情報をすべて半角英数字にて入力してください。 その後、適格性の質問に答えましょう。 最大50件のグループによる申請であれば、まとめて支払うことも可能です。 また、ESTA申請公式ウェブサイトの表記は、英語だけではなく日本語を含むその他の言語を選択して閲覧することができます。 トップページ右上にあるプルダウンから言語を選択しましょう。 ただし、公式サイトにてお問い合わせを行う場合は、英語のみの対応となります。 ESTA申請公式ウェブサイトでの問い合わせ方法 米国税関・国境警備局 CBP のESTA申請公式ウェブサイト よりEメールにてお問い合わせが可能です。 また、電話での問い合わせも可能ですが、いずれも対応言語は英語のみとなります。 なお、米国大使館・領事館はESTA エスタ については管轄外ですので、申請後の状況確認や、渡航拒否の原因について答えてもらうことはできません。 公式ウェブサイトよりESTA エスタ の申請を行った方で問い合わせを希望される場合は、米国税関・国境警備局 CBP のESTAの公式ウェブサイトにアクセスいただき、Eメールで詳細をお尋ねください。

次の

ESTA(エスタ)申請ウェブサイト:ESTA U.S. Tour

エスタ 申請 公式

アメリカ入国には、 電子渡航認証システム 「ESTA」の申請が必要です。 ESTA エスタ とは、正式名称を電子渡航認証システム Electronic System for Travel Authorization:エスタ と言い、米国国土安全保障省により2009年1月12日からビザを取得せずにアメリカ 米国 へ入国する全ての外国人に対して事前申請が義務化されました。 日本は米国のビザ免除対象国となっており、ハワイを含むアメリカへの入国目的が短期商用または観光であり、滞在日数 乗り継ぎを含む が90日以内であれば、米国大使館・在日アメリカ大使館でのビザ取得は免除されますが、事前にオンラインにて渡航認証許可を得る必要があります。 この事前渡航認証システムがESTA エスタ です。 ただし、既に在日アメリカ大使館から発行されたビザを取得しておられる方で、ビザを利用して渡航される場合はESTA エスタ の申請は不要となります。 ESTA エスタ を統括している米国国土安全保障省では、ハワイを含むアメリカへ入国する72時間前にはESTAを申請 申し込み し、米国への渡航認証許可を得ることを推奨しております。 尚、ESTA エスタ の管理管轄はアメリカ合衆国税関・国境警備局 米国CBP となります。 外務省、在日アメリカ大使館・領事館にお問い合わせいただいても対応しておりませんので予めご了承ください。 ESTA申請の流れ 、ビザ 査証 の取得が免除され、短期商用・観光目的で米国への渡航許可を得ることができる電子認証システムです。 ESTAはアメリカで導入しているの一部であり、90日以内の短期のビジネスや観光を目的として渡航される方は、年齢を問わず事前にオンラインにてESTAによる渡航認証を受ける必要があります。 ただし、アメリカ大使館より発行された有効なビザをお持ちでビザを利用して渡米される方は、ESTA認証の手続きは不要となります。 通常、米国への渡航者はビザの取得が必要となりますが、日本を含むビザ免除プログラム VWP 参加国については、渡航目的や滞在期間など、幾つかの要件に当てはまる場合であればビザの取得手続きが免除されます。 一般的な旅行であれば比較的申請が簡易なESTA認証を得る事で、米国への渡航が可能となります。 当サイトでは日本語入力でのお問合せ対応、ESTA申請 申し込み 入力代行サービスを行っており、ESTAの取り方を分かりやすくご案内しております。 ESTA エスタ 認証はご自身で登録して申請することも可能です。 ご自身で申請する方は、アメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト 米国CBP公式サイト をご利用下さい。 なお、米国CBP申請サイトでは日本語の入力、お問い合わせには対応はしておりません。 ビザ取得が必要になる場合 ESTA エスタ 申請にはアメリカ合衆国が定めるいくつかの条件があります。 以下の条件に該当される方でアメリカ渡航を希望される際は、ESTAではなくビザの取得を推奨しております。 重大な伝染病や精神的障害を患っている方。 これまでに違法な行為や不道徳な行為、規制薬物の違反などによって有罪判決を受けている方。 過去にESTA認証による渡航を行い、オーバーステイをしたことがある方。 これまでに、あるいは現在において、スパイ行為・破壊活動・テロリスト活動・集団殺戮に関与したことがある方。 これまでにビザやESTAの取得に際し、詐欺や不正行為を行ったことがある方。 このような状況またはケースに該当する方は、アメリカが定める規定によりESTA認証が不適合と判断されることがありますのでご注意ください。 ESTAによる渡航が拒否された場合はビザを取得することでアメリカへの渡航が可能となるケースもございます。 ただし、過去にアメリカ国内で180日以上1年未満のオーバーステイをした方は米国退去日より3年間は再入国禁止となります。 1年以上のオーバーステイをした方は米国退去日より10年間は再入国をすることが出来ません。 ビザはビジネスや観光、留学など渡航の目的により様々な種類がございます。 ご自身に該当するビザの選択や申請方法についてはアメリカ大使館または領事館へご相談ください。 はこちらをご参照ください。 ESTA申請にあたり ESTAはビザとは異なり、申請を比較的スピーディに行うことができ、短期のアメリカ旅行などには大変便利な渡航認証です。 当サイトでは分かりやすい日本語にてESTAの申請をいつでも受け付けておりますが、渡航日の3日前には申請を済ませておくことを米国CBPや各航空会社では強く勧めております。 通常、申請してから72時間以内には「渡航認証許可」ないし「渡航認証拒否」の申請結果が通知されるケースがほとんどですが、大規模なシステムメンテナスなどの状況に於いては3日以上かかる場合もございます。 また、申請した後、審査中の場合は「渡航認証保留」となるケースもあります。 ESTAを管轄している米国CBP公式サイトには、連日世界中から多くのアクセスがあるため、障害を防ぐために様々な対策を行っております。 万が一、渡航日までにESTAを取得されていない場合は、ご予定の飛行機に搭乗できない恐れもございますのでご注意ください。 渡航が決まり次第、早めにESTAの申請を行うことをお勧めします。 ESTA申請方法と必要な物とは? ESTA申請はウェブサイトの申請フォームに名前やパスポート番号などの必要事項を入力して行います。 申請時に必要な物は2点のみで、パスポートとクレジットカードのご用意をお願いします。 パスポートはESTA申請者本人のもので期限が有効なものでなければなりません。 取得したESTAは2年間有効となります。 2年以内にパスポートの期限が切れてしまう方は、パスポートの有効期限と同日にESTAも失効となりますので、パスポートの有効期限を事前に確認しておきましょう。 クレジットカードはESTA申請者ご本人名義でなくても審査に影響はありませんが、クレジットカードの所有者にESTA申請費用の支払いに使用する旨をお伝えください。 なお、ESTAの審査は米国内で行われるため、名前や住所などの申請項目は全て英語 ローマ字 にてご入力いただく必要があります。 お名前はパスポートに記載されているアルファベット大文字で、正確に入力をお願いします。 さらに詳しいはこちらをご覧ください。 新型コロナウイルスと ESTA エスタ の最新情報 最終更新日: 2020年6月30日 ヨーロッパ• ドイツ/Germany• オーストリア/Austria• ベルギー/Belgium• フランス/France• スペイン/Spain• ノルウェー/Norway• ポルトガル/Portugal• スウェーデン/Sweden• イタリア/Italy• ギリシャ/Greece• イギリス/England• アイルランド/Ireland• ポーランド/Poland• フィンランド/Finland• スロバキア/Slovakia• スロベニア/Slovenia• マルタ/Malta• ラトビア/Latvia• エストニア/Estonia• アンドラ/Andorra• サンマリノ/San Marino• リトアニア/Lithuania• チェコ/Czech Republic• モナコ/Monaco• アイスランド/Iceland• オランダ/Netherlands• デンマーク/Denmark• スイス/Switzerland• ハンガリー/Hungary• ルクセンブルク/Luxembourg• リヒテンシュタイン/Liechtenstein お支払い方法 ESTA エスタ 申請料金のお支払いはVISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、DinersClubまたはPayPalからお選びいただけます。 AmericanExpress、DinersClub、PayPalアカウントでのお支払いをご希望の場合は「PayPalでお支払い」を選択して決済をお願いいたします。 クレジットカード番号を含む個人情報は最新のSSL技術により全て暗号化され、安全なクレジットカード決済が行われます。 ESTA Online Centerでは、日本語での問い合わせや分かりづらい形状誤差のフォローなどお客様のESTA申請 申し込み を日本語にてサポート致します。 ESTA エスタ の登録審査は最長で72時間を要する場合がございますので、お早めに申請いただく事をお勧めします。 アメリカ合衆国税関・国境警備局公式サイト 米国CBP ではお問い合わせは英語のみの対応となりますが、当サイトでは日本語にてお問い合わせいただけます。 ESTAに関する情報は外務省サイト、在日米国大使館・領事館サイト、米国CBPよくある質問一覧ページにも詳細に記載されておりますので是非ご参照下さい。 により定められている国籍 日本含む の方は、米国滞在にあたりパスポートの有効期限に制限はございません。 米国ビザやパスポートの盗難・紛失に関してのお問い合わせ:米国大使館 〒107-8420 東京都港区赤坂1-10-5 電話番号:03-3224-5000• 当サイトでは複雑で面倒なESTA エスタ の申請を全て日本語にて対応し、お客様に代わり承っております。 別途代行手数料• 個人情報保護に関する基本方針 ESTA Online Center(当サイト)では、お客様の個人情報を適切に管理するため、「個人情報保護に関する基本方針」を制定しております。 個人情報の取扱いについて、当サイトは基本方針に従い、個人情報保護の徹底を図ります。 その内容は以下のとおりです。 当サイトは、個人情報保護法および関連法規、日本工業規格「個人情報保護マネジメントシステムの要求事項」(JISQ15001)を遵守し、お客様の個人情報をESTA申請手続きの代行を目的として収集及び使用致します。 その使用する範囲は、米国DHS アメリカ合衆国国土安全保障省 のシステムへの申請、お客様からのお問合せ内容の確認及び照会、お問合せに対する返信時、当サイトサービスの円滑な提供及び業務管理の為とし、必要最小限に止めます。 当サイトがお客様からお預かりする情報は以下のとおりです。 氏名 パスポート表記 、住所、生年月日、性別、国籍、出生情報、Eメールアドレス、電話番号、滞在先情報、雇用情報、パスポート情報 パスポート番号、パスポート発行日、パスポート満了日 、SNSアカウント情報、両親の氏名、伝染病等の病歴、法令違反歴、諜報活動等の反国家行為歴、アメリカ国内での就労意図の有無、過去のアメリカ入国拒否の有無、過去のアメリカ超過滞在歴、特定国への渡航歴、当サイトへのお問い合わせ履歴等。 当サイトはお客様から削除等のご要望がない限り、お預かりした個人情報を一定期間保管致します。 なお、法令、政府機関、裁判所の命令があった場合、又は当サイトが定める基準に従い、一定期間経過後にお客様の個人情報を削除することがあります。 個人情報の即時削除をご希望の場合は、当サイトのお問合せフォームよりご依頼下さい。 お客様からお預かりしました個人情報は、如何なる場合も第三者へ開示しないものとします。 但し、以下の場合を除きます。 当サイトにリンクされている他のウェブサイトでの個人情報の安全確保については、当サイトは責任を負いかねます。 各リンク先での個人情報の取り扱いに関する規定はご自身で確認して頂き、安全を確保した上でご利用することを推奨します。

次の

公式ESTA(エスタ)申請ページによるESTA確認方法(認証ステータス・有効期限)

エスタ 申請 公式

ハワイに行くなら、ESTAを申請しなきゃ! 先日、エスタ(ESTA)を申請していなかったために、空港まで行ったのにとうとうハワイ旅行に出発できなかった(すべてキャンセルした)という気の毒な方のエピソードをSNSで見かけました。 楽しいハワイ旅行がそんなことで台無しになってしまってはたまりませんよね。 何度もハワイに出かけている方ならともかく、初めての方の場合は 「エスタ ESTA ?何それ?」 ということもまだまだあるようですね。 ハワイが初めての方も、そうでない方も、まずはしっかりこの記事を参考にエスタの申請をきちんと済ませて、どうかスムーズに米国(ハワイ)の地に降り立ってくださいね。 そもそもエスタ(ESTA)とは? ESTAは2009年1月から義務化されたアメリカ渡航時(ハワイを含む)にビザ(査証)がなくても入国できるビザ免除プログラム用の電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)です。 ビザ無しで90日以内の旅行およびビジネスで米国に入国する人は必ず申請しなければなりません。 ただし、グアム島と北マリアナ諸島(サイパン島、テニアン島、ロタ島など)を除きます。 ESTAは無料で申請できる? ESTAの申請は有料で 一人につき14ドルとなっています(2020年時点)。 これは航空券を発券していない 乳幼児についても全員必要となりますのでご注意くださいね。 また、代金の 支払方法はクレジットカードのみ(MasterCard、VISA、American Express および Discover[JCB, Diners Club])となります。 ツアーを申し込む際に旅行代理店では数千円程度の手数料で申請代行をしてくれますが、ネットで見かける代行業者の中には8,000円~1万円程度請求する業者もあるようです。 自分で申請すればわずか14ドルで済むので、ちょっと頑張って自分で行うのがダンゼンおすすめです。 ここまでをまとめると以下のとおりとなります。 エスタの申請には一人14ドルかかる(自分で申請した場合)• 代行業者に頼むと費用が1万円近く請求される場合もある• エスタは乳児や子どもも必要• 支払い方法はクレジットカードのみ 申請手続き前に準備しておくこと ESTAの申請は、次のものをすべて手元に用意してから行った方がスムーズです。 パソコン(インターネット接続可)• パスポート(もちろん有効なもの)• クレジットカード(MasterCard、VISA、American Express および Discover[JCB, Diners Club])• 英語で書いた申請者の自宅住所• 英語で書いた滞在先の名称と住所• 英語で書いた現在または過去の勤務先の住所 英語で住所を書くことに慣れている方は、下の3つは特に必要ありません。 反対に、自分の住所を英語にするのはちょっと難しいという方は、日本語の住所を英語に変換してくれる便利なWebサービスを利用するのがおすすめです。 ESTAはどうやって申請すればいいの? ESTAは、米国大使館のウェブサイトからリンクされている公式の申請ページ(下記リンク)から、自分で申請することができます。 ただ入力項目が多く、また重要な個人情報が含まれる内容になりますので、初めての場合は30分以上は時間を見ておくと良いと思います。 ESTA公式オンライン申請サイト 申請ページの 初期設定言語は「ENGLISH」になっていますので、右上のプルダウンから「日本語」を選択します。 出典: [新規に申請を作成する]をクリックし、自分の分だけ申請する場合は[個人による申請]選び、家族の分もまとめて申請する場合は[グループによる申請]を選びます。 [グループによる申請]を選ぶと、まとめて代金を決済できます。 出典: あとは、以下の順番で画面の指示に従って手続きを行います。 思いのほか時間がかかると思いますが頑張ってみてください。 いつまでに申請すればいいのか? ESTAは 遅くとも出発の72時間前までに申請する必要があります。 つまり、3日前までにすればOKなのですが、私は日程が決まったら忘れないうちにできるだけ早めに申請することをお勧めします。 旅行直前はそれではなくてもバタバタしがちなので、できることは早めにやっておくほうが安心だからです。 ESTAエスタの有効期間は? ESTAの有効期限は、 認証日から2年間、またはパスポートの有効期限が切れるまでのいずれか早い日までとなります。 期限が来ても更新(延長)はできませんので、再度14ドル支払って初めから申請を行うようになります。 なお、有効期限が近づいてくると、ESTAがメール(件名:「ESTA Expiration Warning」)でお知らせしてくれます。 「Warning」なんて書いてあるとちょっとビックリしてしまいますが、迷惑メールではありませんのでご安心を!笑 なお、そのお知らせメールの内容に関しては下記のページで詳しくご案内していますので参考にしてみてくださいね。 エスタを装った詐欺サイトにご注意! 最近、ESTA公式サイトまたはESTA申請代行サイトを装った悪質なフィッシングサイト(詐欺サイト)が増えています。 試しに「エスタ 申請」のキーワードで検索してみたら、本物の代行業者にまぎれて、いくつか怪しそうなサイトが見つかりました。 絶対に詐欺サイトの方を選ばないようにご注意くださいね。 特に日本語の表示がおかしなサイトは、海外の詐欺サイトである可能性が高いです。 comのように、たとえ「esta」という文字がURLに含まれていても、それは公式サイトではありませんので覚えておいてくださいね。 ふだんからネットを使い慣れている人なら、エスタは代行してもらうほど難しくはないので、公式サイトから自分で行うことをおすすめします。 それが、確実で最も安上がりです。 エスタ詐欺の何が怖いのか? 申請代行サイトではなく、悪質なエスタの詐欺サイトから申請してしまうとどんなリスクがあるのか?と言えば、• 高い費用を請求されてしまう。 実際にはエスタの代行申請が行われていないため、米国に入国できない。 費用の支払いに使ったクレジットカード情報を盗まれてしまう。 といったものです。 1つの詐欺が、新たなもっと大きなトラブルに発展しかねない、エスタ詐欺にはそういった怖さがあるんです。 cbp. dhs. 念のため、ブラウザーにも上記URLが表示されていることを確認してくださいね。 さて、ESTAの申請は少しだけ大変ですが、初めての方がゆっくり進んでも、30分程度あれば完了できるはずです。 自分自身で取得すれば、申請費用が節約できるだけではなく、ちょっとした達成感も得られますので、ぜひ頑張ってみてくださいね。 それでは楽し旅をどうぞ!.

次の