チソン 映画。 チソンのプロフィール ・インスタグラム・出演ドラマ・映画

イボヨンドラマ一覧!子供画像はある?チソンが結婚を決めたその性格とは?

チソン 映画

こんにちは! 韓国の俳優、チソンさん。 数々のドラマで活躍するイケメン俳優です。 特に、2003年のイ・ビョンホン主演ドラマ「オールイン」に出演したことから人気が急上昇しました。 優しそうでソフトなイメージの彼ですが、特技は野球やスキーなどのスポーツなのだそうです。 そんなチソンさんの、結婚や奥さんについて、また整形疑惑など調べてみました! チソンは整形?昔の顔と比較! チソンさんに整形疑惑があるようですね。 こんなにイケメンなのに、どこをいじったのでしょうか? 昔の写真と比較してみましょう。 【昔の画像】 【現在の画像】 あらっ!チソンさん、なんだかぽっちゃりしていますね! 若くてかわいらしい感じですが、雰囲気が結構違いますね。 単に体重が変わっただけでしょうか。 整形で目と鼻が変わった? アゴのラインも変わっているようにみえますね。 鼻筋も通っていますし、目も今のほうがはっきりしている印象です。 2009年のインタビューで、チソンさんが整形について語ったことがあるようです。 そのときは、整形はしたことがないと否定していました。 「軍隊に行った後で顔が痩せたので、誤解されている」と話したそうです。 やはり体重の変化はあったようですね。 「学生時代はあり得ないほど太っていたため、鼻が低く見える」ともコメントしています。 ただ、歯を白くするホワイトニングはしているそうです。 本人が否定していますから、本当のところはわかりませんが、画像を比較して見た限りでは、かなり黒に近い感じがしますね。 でも、これだけカッコイイならどちらでもいいかな・・・というのが正直なところです。 お相手は、 女優のイ・ボヨンさん。 1979年生まれで、チソンさんより2歳年下です。 2002年にCMで芸能界デビューしています。 その翌年には、人気俳優イ・ドンゴンさんとドラマで共演し、注目を集めました。 その後も、映画やドラマで活躍しています。 人気の韓流スターと、数多く共演している女優さんとしても知られています。 168cmとスタイルも良くて、綺麗な人ですね~。 華やかな外見とは裏腹に、 性格はサバサバしているそうです。 なんだか女性からも好かれそうな雰囲気があるイ・ボヨンさん。 芸能界デビュー前には、なんとアナウンサーの試験を受けたことがあるそうですが、それは不合格になってしまったそうです。 アナウンサーにいてもおかしくないほど、美しい女性ですよね。 やはり、女優となる運命だったのでしょうか。 チソンと嫁 妻 さんの馴れ初めは? 二人は、2004年のドラマ 「ラストダンスは私と一緒に」で共演していますね。 このドラマでは、奥さんのイ・ボヨンさんがチソンさんの元恋人を演じていました。 共演してすぐに交際となったわけではなく、 チソンさんの入隊が先だったようですね。 チソンさんは2005年6月に入隊し、その2年後に除隊。 その年の秋頃から、交際に発展したといわれています。 最初に好意を持ったのはチソンさんのほうで、ボヨンさんははじめは意識してなかったそうです。 チソンさんは兵役に行っている間も、休みの日はボヨンさんをお酒に誘っていたのだとか。 ボヨンさんは、チソンさんに関心がなかったものの、兵役に行っている人を労わらなければという思いで誘いを受けたそうです。 これは意外でしたね!こんな始まり方もあるんですね。 チソンさんの誠実さに、ボヨンさんが徐々に惹かれていったそうです。 素敵ですね! 二人の熱愛が発覚したのは、2008年2月のことでした。 このときチソンさんが31歳、ボヨンさんは29歳で、すぐに結婚するのではと期待されましたが、交際期間は6年にも及びました。 交際が発覚してからというもの、それまで清純派女優としてのイメージが強かったボヨンさんは、仕事が激減してしまったそうです。 結婚までに時間がかかったのは、女優の仕事をきちんとやりたいというボヨンさんの思いもあったのかもしれませんね。 チソンさんは、ボヨンさんのことを 「お姫様」と呼んでいるそうで、彼女について 「気さくで聡明な性格。 一緒にいて気が楽だ」とコメントしています。 美男美女でとってもお似合いのカップルですね。 後日テレビ番組のインタビューで、ボヨンさんは 「自分が赤ちゃんを産んだと実感できなかった」とコメントしていました。 また、夫であるチソンさんは、赤ちゃんが出てくるまで一緒にいたそうで、ボヨンさんに声をかけながら励ましたそう。 出産のときは、二人とも泣いていたそうです。 立ち会い出産だったようですね。 チソンさんも初めての我が子を見て、感動でいっぱいだったのでしょうね。 娘さんの名前は、ジユちゃんというそうです。 かわいいですね! チソンさんは、インスタグラムで成長の様子を度々公開しています。 ジユちゃん1歳の誕生日には、 「初めての誕生日なのに一緒にいられなくてごめんね。 皆さん、たくさん祝ってください」と書き込むなど、親バカぶりが微笑ましいですね。 チソンさんも、プロフィールでは身長が178cmとなっています。 しかし、これがサバ読みという可能性もあるようです。 韓国人の平均身長は、日本人よりも若干高くなっています。 チソンさんに限らず、 韓国の芸能人には身長サバ読み疑惑が絶えないという噂もあるほどです。 確かに、女優さんでも身長が低い人はあまりみたことがありませんね。 もしかすると、サバ読みは当然!ぐらいの感じになっているのかもしれません。 見た目では、チソンさんは決して低い身長ではありませんし、サバを読む必要もないと思えますね。 2010年の ドラマ「ロイヤルファミリー」では、共演した女性3人が皆172cmだったそうで、ハイヒールを履かれるとチソンさんとの身長差がなくなってしまうという危機にも直面したんだとか。 これについて、チソンさんは共演したチャ・イェリョンさんに、 「低いヒールの靴を履いてもらえないだろうか」 と要請したことを、笑いを交えて打ち明けたといいます。 こういった点からも、チソンさんの身長はサバ読みではなさそうです。 もしサバを読んでいたとしても、ほんの数センチといったところではないでしょうか。 以上、貴重なお時間を割き最後までご高覧いただきまして有難うございました。

次の

チソン

チソン 映画

イボヨンのプロフィール イボヨン 이보영 李寶英 1979年1月12日生まれ ソウル市出身 168cm 50kg B型 家族:夫チソン・娘一人 厳しく育てられたイボヨンさんは一人娘ということで大学生になっても門限がありました。 夜遊びしている友達がうらやましくて仕方がなかったそうです。 そんな生活が息苦しくて、早く自立することを望み、あまりに過保護な母親を恨んだこともあったとか。 イボヨンさんの元々の夢はアナウンサー。 就職に有利だと聞いて2000年にはミスコリア大田・忠南に選ばれ、地域の代表になり本選に出場するも受賞まではいたりませんでした。 その後、大韓航空の客室乗務員の試験に合格しましたが、同時にアナウンサー試験も受けており、第一志望を優先するため乗務員の教育には参加せず辞退。 MBCアナウンサーの試験は順調に進んで最後の2人まで残りましたが、最終的に不合格・・・。 若いころから美貌は際立っており、スカウトされることも多かったとか。 アナウンサー試験を受けるなどしてますます芸能界の注目を浴びる中、それを反対したご両親は、イボヨンさんを2ヶ月間カナダに送ったことも。 お父さんは芸能界の仕事をしている知人に「一度娘に会って芸能界はあきらめるように説得してくれ」と頼んだそうです。 実際会った知人は本来の目的を忘れ、ドラマのカメオ出演を依頼。 ご本人は軽い気持ちで出演したのがきっかけで女優の道を歩むことになりました。 スポンサーリンク 険しい女優の道 しかし女優という仕事は本来望んでいたものではなかったし、自分の性格や生活スタイルとはかなり異なり、慣れるまでには非常に苦労したとか。 「芸能人になるためには体力が重要だ」とマネージャーから言われ運動を強いられたこともありました。 出演作品について所属事務所から何の相談もなく、撮影現場に連れて行かれたことも多かったようです。 演技も正式に学ばないまま、長編ドラマ「綺麗なあなた」、時代劇「ソドンヨ」、映画「浅ましい街」の3本が同時期に撮影があり、新人なのに現場にいつも遅刻してしまい、周りに気を使いすぎて苦労したエピソードも。 演技を評価されなかったわけではありませんでしたが、インパクトに欠け、注目を浴びることはありませんでした。 芸能界に疲れ始めたのもあり2006年「ミスターグッバイ」を最後にして活動を休止しようと思ってるところに「ゲームの女王」にキャスティングされました。 この作品の監督はイボヨンさんが初めて注目を集めた助演役にキャスティングしてくれた方なので恩返ししようという思いだったそう。 撮影中には倒れて病院に搬送されるほど、体も心も疲れきった状態で、このころからうつ病を煩ってしまいました。 2009年ヒョンビンさんと共演した映画「私は幸せです」のころ、人生のどん底だったと回想しています。 精神病患者の役だったこともあり、鐘の音やどらの音などいろいろな空耳が聞こえて本当に気が狂わんばかりだったとか。 その後所属事務所との契約が切れるタイミングで、芸能界を引退しようとしていたとのこと。 うつ病は簡単には治らず、苦しい時期が続きます。 そんなときに当時の恋人 現在夫)チソンさんは根気強く支えてくれ、彼の演技への情熱を見て少しずつ気持ちが変わったそうです。 その期間にも映画出演を続け、監督から演技力を酷評されることもありました。 演技のレッスンを受けて一から学び、映画「悲しみよりもっと悲しい話」から、演技力が開花されたと評価されるように。 ターニングポイントとなったのは2012年主演を務めた「いとしのソヨン」。 説得力のある演技でドラマを大成功に導きました。 直後に「君の声が聞こえる」にキャスティングされ、いとしのソヨンとは正反対の配役がこちらも高く評価され、視聴率は同時間帯1位をキープ。 イジョンソクさんとの相性の良さで2013年最高のドラマカップルに選ばれるほど絶大な人気を誇りました。 この作品でその年のあらゆる賞を総なめにし、女優として人気を享受しました。 2013年俳優のチソンさんと結婚(後述)。 2014年「神の贈り物」以後、出産と育児のため3年間休業。 2017年「耳打ち」で復帰しています。 出産後、子供の虐待のニュースを聞くたびに胸が痛み、社会的責任を感じて「マザー」への出演を決めたとか。 この作品は日本のドラマのリメイクで、日本版で松雪泰子さんが演じた役をボヨンさんが務めました。 님, 2017 5월 6 10:14오후 PDT 少しお顔がみえるのはこの動画だけでした。 結婚後のエピソードとしてチソンさんのインタビュー記事がありましたのでご紹介します。 キルミーヒルミーで多重人格を演じたチソンさんですが、イボヨンさんはその中でも女子高生の人格であるヨナが一番好きだったとか。 それでヨナが登場するところを直接見たい、とロケ現場に来たことがありました。 人気俳優のロケとあって現場には野次馬がいっぱい・・・。 チソンさんも恥ずかしかったけどこれは演技なんだと気を奮い立たせたそう。 このシーンをイボヨンさんが隠れてみていて涙がでた、と。 「一家の主が女子高生の服を着て道を走ってる姿を見てジーンとした」 それ以降、お弁当を作ってくれたり対応がよくなったそうです。 (笑) スポンサーリンク お子さんと夫婦について イボヨンさんは2018年3月のインタビューでお子さんについて語っていました。 Q:お子さんはご両親が俳優だと知っている? A:よくわかっていないようだ。 いつだったかママがいない!と怒るので、現場に連れて行ったことがある。 みんなが自分を見ている、ということがわかるようだ。 Q:娘さんが将来女優になりたいと言ったら? A:主人(チソン)は女優に育てたいという。 私は才能がなければさせたくない。 人気が出るかは大衆の判断。 私にはどうすることもできない。 子供が持っている魅力と才能を発揮しなければならない。 女優になるとしたら20歳過ぎてからさせると思う。 今はまだそこまで考えていない。 そして 「子供にとって恥ずかしくない親になることがもっとも大切」とも語っていました。 結婚については 「周りに俳優同士の恋愛・結婚を強く勧めたい。 この仕事は一般の人が理解するのは難しい。 劇中のキャラクターと現実が行ったりきたりする。 マザーが終わってからも主人は私が1ヶ月くらいはつらかったことを理解してくれた。 OSTを聞くだけで涙が出た。 一般の人はこんな気持ちを理解できないだろう。 俳優はキャラクターから抜ける時間が必要。 それに子供がいるから家で台本をみるのもままならない。 私は作品に入るときは一人になりたい。 私たち夫婦はこういうことを自然に理解している。 」 と語っています。 お二人が結婚後ますます魅力的に思えるのは、夫婦が支えあっているからなんですね。 スポンサーリンク イボヨンの実際の性格は? イボヨンさんの性格について、共演者の発言をまとめました。 「イボヨンさんは劇中のキャラとは全く異なり、率直で気さくな性格。 そこが魅力。 」 いとしのソヨン・チェユニョン 「本当に素直で無駄がない。 魅力的な女性。 」 いとしのソヨン・パクチョンア 「初めはきつそうな感じがして近づけなかった。 でも親しくなったらとても面白い人で思ったよりはるかに明るくオープンマインド。 だからみんなに好かれる。 」 いとしのソヨン・チャンヒジン ご主人のチソンさんはどうかというと 「性格がさっぱりして賢明だ。 私をいい方向に導いてくれる。 いつも一緒にいて満足だし、心が楽」 と結婚当時の記者会見で語りました。 周囲の評価は総じて 「気さくで明るい」ということのようです。 一方ご本人はラジオ番組に出演した際、 「普段のイメージとは異なり、気さくで陽気なほうだけど、根に持つタイプ。 最近年下の知り合いと言い争いになって、車の鍵を隠したことがある」 と話しています。 最後に イボヨンさんは順風満帆で恵まれていると思いましたが、想像もできないくらい苦労され、うつ病にまでなって大変な思いをしていたことに驚きました。 そしてチソンさんの大きな愛を感じました。 最初は恋愛対象として見ていなかったそうですが、チソンさんの愛に支えられ、女優として活躍し続けることができたようですね。 芸能界一のおしどり夫婦と呼ばれるだけあって、理想の夫婦ですね!.

次の

チョ・スンウ×チソン!韓国で200万人以上動員の史劇エンターテインメント映画『風水師 王の運命を決めた男』DVD発売&デジタル配信決定!

チソン 映画

略歴 [ ] 哲学科に入学したが、俳優への夢が諦めきれず、芸能プロダクションにプロフィールを送付。 それがきっかけで1999年本名のクァク・テグン名義でドラマ『』でデビュー。 2001年には、ドラマ『』では主役に大抜擢。 2005年6月7日で論山陸軍訓練所に入隊。 入隊後、、、らと共に国防部傘下の国防広報院で国軍兵務広報大使を務めた。 2007年6月6日に除隊。 2007年、ドラマ『』で復帰。 2013年9月27日 と結婚式 2015年6月13日 第一子の女児が誕生 2019年2月5日 第二子の男児が誕生 出演作 [ ] テレビドラマ [ ]• カイスト 1999年-2000年、 - カン・デウク役• やけに会いたくなるね 2000年、SBS• おいしいプロポーズ 2001年、 - ジュンス役• 男と女-彼女と別れる数時間前 2001年、SBS• 結婚の法則 2001年、MBC• 華麗なる時代 2001年-2002年、SBS - チャン・ソクジン役• 2002年、 - イ・スンジュン役• 2003年、SBS - チェ・ジョンウォン チョンウォン 役• 2003年2004年、SBS - 役• 2004年、KBS - ノ・ユンテク役• ラストダンスは私と一緒に 2004年-2005年、SBS - カン・ヒョヌ チャンホ 役• 心ふるわせて 2005年、MBC 9・10話のみ - ウジン役• 2007年、MBC - イ・ウンソン役• 2009年、SBS - キム・ジョンウ役• 2010年、MBC - キム・スロ 役• 2011年、MBC - ハン・ジフン役• 2011年、SBS - チャ・ジホン役• 2012年-2013年、SBS - モク・チサン ホン・デボク 役• 秘密 2013年、KBS - チョ・ミニョク役• 2015年、MBC - チャ・ドヒョン役• タンタラ 2016年、SBS - シン・ソクホ役• 被告人 2017年、SBS - パク・ジョンウ役• 知ってるワイフ 2018年、 - チャ・ジュヒョク役• 医師ヨハン 2019年、SBS - チャ・ヨハン役 映画 [ ]• 口笛姫 2002年• 血の涙 2005年• 宿命』 特別出演 2008年• 私のPSパートナー 2012年• 良い友達(Confession) 2014年• 風水師 王の運命を決めた男(現代:明堂)(2018年) ミュージックビデオ [ ]• 悲しみの活用法キム・ボムス 2008年• ジュルルッフィソン 2009年 受賞歴 [ ]• 2001年 新人演技賞(「おいしいプロポーズ」)• 2001年 ニュースター賞• 2004年 SBS演技大賞 10大スター賞(「」)• 2008年 ミニシリーズ部門 黄金演技賞(「ニューハート」)• 2011年• ドラマスペシャル部門最優秀演技賞(「」)• ベストカップル賞(との共同受賞)(「ボスを守れ」)• 10大スター賞(「ボスを守れ」)• 2013年• 最優秀演技賞(「秘密」)• 人気賞(「秘密」)• ベストカップル賞(「秘密」)• 2015年• 大賞(「」)• ミニシリーズ部門最優秀演技賞(「キルミーヒールミー」)• ベストカップル賞(との共同受賞)(「キルミーヒールミー」)• ベストカップル賞(との共同受賞)(「キルミーヒールミー」)• 10大スター賞(「キルミーヒールミー」)• 2017年• 大賞(「被告人」) 外部リンク [ ]•

次の