精査とは。 「精査」の例文・使い方・類語・反対語・検討との違い|する

「精査する」の意味と使い方は?丁寧語や敬語に言い換えるには?

精査とは

精査 せいさ : 詳しく細かに調べること 「精査」の意味を詳しく 「精査」は「詳しく細かに調べること」を意味します。 「精」という漢字は「念入りに、詳しく」という意味、「査」という漢字は「調べる、明らかにする」という意味があります。 この二つの漢字から成る「精査」は「対象をより細かく調べる」ことを指す言葉です。 「調査」や「検査」などと似ていますが、「精査」の方がより「細かく」というニュアンスが強いのが特徴です。 「よく調べてから考えること」「完成したものが正しいかどうか詳しく調べて確認すること」という意味もあり、主にビジネスシーンにおいて頻繁に使用されます。 特別な場面で使用される「精査」 ビジネスシーン以外では、病院で「 要精査」という言葉が使われます。 これは「精密検査」の略であり、 他の病気が隠れている可能性があるため別の機関や方法でより詳しく検査した方がいいと医者が判断した場合に使われます。 また、銀行において業務終了後に帳簿とATMや窓口の現金を照らし合わせ、金額のチェックをすることを「 現金精査」「精査」と言います。 監査用語としても「対象となる全ての書類を細かくチェックする」という意味で使用されます。 この資料を 精査しておいてね。 頂いた書類を 精査した上で回答させていただきます。 資料を添付しております。 ご 精査のほど宜しくお願い致します。 上記の例文のように、「精査」は資料や報告書などを扱うビジネスの場でよく使われます。 この場合、目を通すだけではなく、間違いがあれば正すまでが精査です。 すぐに回答ができない場合や、調査が必要な場合に、内容を確認し判断する意味で相手に伝える場合に使われます。 「精査」の類義語 「精査」には以下のような類義語があります。

次の

「精査する」の意味と使い方は?丁寧語や敬語に言い換えるには?

精査とは

ご質問どうもありがとうございました。 以上の質問に関する他の表現を見てみましょう。 例えば、 ビジネス上では、「Audit」を使う場合は、その意味は An audit is an official inspection of an organisation's accounts, typically by an independent body. また、他の精査の場合は、 A closed inspection. Scrutiny. Careful examination. などを使って頂ければと思います。 以上は「精査」に関する英語の例文でした。 ご参考までにして下さればと思います。 お役に立てれば嬉しいです。 ビジネスでよく使われている「精査」を英語で「close investigation」または「careful examination」と言います。 「close」-> 近く)詳しく 「investigate」->調べる、調査すること 「careful」->ゆっくり、気をつけるように 「例文1」 この会社と貿易契約を結びたいため、会社自体を精査しました。 We wanted to make a trading deal with a this company so we had it closely examined. 「例文2」 契約の翻訳を送る前良く精査すること。 Do a careful examination before sending the translated contract. 精査という名詞はcareful examination,inspectionと言います。 動詞はinspect, investigate carefully, examine carefullyとなります。 また、じっくり考えるとか熟考するという意味ではporeを使えます。 We need to examine the data carefully before the presentation. プレゼンの前にそのデータを精査する必要があります。 All the foods from our factory undergo quality inspection before they are sold in the store. 工場のすべての食品は店頭で売られる前に品質検査を受けます。 We have to pore over this issue. 私たちはこの件について熟考しなければなりません。

次の

精査って英語でなんて言うの?

精査とは

ご質問どうもありがとうございました。 以上の質問に関する他の表現を見てみましょう。 例えば、 ビジネス上では、「Audit」を使う場合は、その意味は An audit is an official inspection of an organisation's accounts, typically by an independent body. また、他の精査の場合は、 A closed inspection. Scrutiny. Careful examination. などを使って頂ければと思います。 以上は「精査」に関する英語の例文でした。 ご参考までにして下さればと思います。 お役に立てれば嬉しいです。 ビジネスでよく使われている「精査」を英語で「close investigation」または「careful examination」と言います。 「close」-> 近く)詳しく 「investigate」->調べる、調査すること 「careful」->ゆっくり、気をつけるように 「例文1」 この会社と貿易契約を結びたいため、会社自体を精査しました。 We wanted to make a trading deal with a this company so we had it closely examined. 「例文2」 契約の翻訳を送る前良く精査すること。 Do a careful examination before sending the translated contract. 精査という名詞はcareful examination,inspectionと言います。 動詞はinspect, investigate carefully, examine carefullyとなります。 また、じっくり考えるとか熟考するという意味ではporeを使えます。 We need to examine the data carefully before the presentation. プレゼンの前にそのデータを精査する必要があります。 All the foods from our factory undergo quality inspection before they are sold in the store. 工場のすべての食品は店頭で売られる前に品質検査を受けます。 We have to pore over this issue. 私たちはこの件について熟考しなければなりません。

次の