住吉 大社 お 宮参り。 【福岡】住吉神社のお宮参りに便利な情報をまとめています | お宮参り

大阪 住吉大社に参拝しよう!

住吉 大社 お 宮参り

「すみよっさん」として関西で親しまれている住吉大社は、約1,800年の歴史を持った由緒ある神社です。 全国に約2,300ある住吉神社の総本社であり、初詣には毎年約200万人もの方が参拝するとのこと。 今回は住吉大社の見どころとおすすめの参拝順路をご紹介します。 大鳥居から角鳥居 大鳥居(おおとりい) 住吉大社の入り口には大きな鳥居があります。 鳥居は神様のいる神域と、私たち人間のいる俗界との境界線。 何気なくやっていますが、鳥居をくぐることで神域に入る前にお清めするという意味があります。 参道の真ん中は神様の通るところですので、鳥居をくぐる際は参道の端に寄って一礼しましょう。 また参道もなるべく端の方を歩きましょう。 たくさんの石灯籠 大鳥居をくぐると奉納されたたくさんの石灯籠 いしどうろう を見ることができます。 最近のものから、 「弘化四年」と書かれた幕末の頃のものまで様々です。 後述しますが住吉大社は海の神様が祀られているので、奉納された石灯籠の多くが海運業の方からのもの。 江戸時代には航海の安全を祈願するだけでなく、広告塔としての役割を果たしたそうですよ。 さすが商人の街、大阪。 商売っ気は今も昔も変わりません。 古くからの名所「反橋」 石灯籠に囲まれた参道を通ると見えてくるのが反橋 そりはし です。 NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」でもたびたびお目見えしていましたよね。 太鼓橋とも呼ばれるこの美しい朱色の橋は、とにかく急勾配! 橋を渡るのにここまで体力を使ったことない!と思うほどです。 ちなみに反橋は豊臣秀吉の側室である淀殿が奉納したとされています。 今でも登るのが大変なのに、昔は着物で何倍も大変だったんでしょうね。 橋の上から見える青々とした松葉と朱色の橋は対照的でとてもきれいです。 かつてはすぐそばまで波打ち際だったそうなので、なおさらきれいだったことでしょう。 ただこの橋は川端康成の小説で「おりる方がこはい」と書かれるほど。 僕も降りるのはほんのりと怖かったです。 小さいお子さんやご高齢の方がいらっしゃる場合は反橋の隣に緩やかな橋があるので、そこを渡ることをおすすめします。 こちらは橋のたもとにある船の形をしたオブジェ。 実はこれ、タイムカプセルなのです。 2991年に開封するというこのタイムカプセル。 まだ900年以上もの歳月がありますが、開封する頃の世界はどういった風になっているのでしょうか…。 ちなみに「天空の城ラピュタ」では2800年ごろに大きな戦争が起こって高度に発達した文明が崩壊してしまいます。 住吉大社の手水舎、少し変わっているのに気づかれましたか? そう!ウサギさんから水が注がれているんです。 他の神社では水神である龍の口から水が注がれていますよね。 これは住吉大社を創建した神功皇后が、没後に「卯歳、卯月、卯日」の日に祀られたことが由来しています。 住吉大社ではウサギさんを神様の使いとして大切にしているそうですよ。 そんなかわいい手水舎でお清めをしてから参拝しましょう。 手水の手順をご紹介します。 案外間違えやすいので、参拝するときには参考にしてみてくださいね。 古い様式のとても珍しい鳥居で、他ではなかなか見られないものだそうです。 鳥居にある「住吉大社」と書かれた神額の書 しんがくのしょ は幕末から明治の皇族である有栖川宮幟仁親王 ありすがわのみや たかひとしんのう のもの。 書道の達人だった幟仁親王は、かの有名な「五箇条の御誓文 ごかじょうのごせいもん 」も書かれています。 そんなありがたい神額の書が見られる角鳥居。 近くに行くと柱が四角くなっているのがはっきりとわかります。 でもなぜ四角いのか、理由ははっきりとはわかっていないんだとか。 なんともミステリアスで美しい鳥居です。 いよいよ本殿へ 角鳥居をくぐったら本殿 ほんでん へお詣りしましょう。 本殿は四棟あるのですが、いずれも国宝に指定されています。 ここにもウサギさん 本殿に参拝する前に見かけるのが多くのウサギさんに関する品々。 こちらは「うさぎみくじ」 おみくじを引いたあと、かわいいウサギさんをお家に連れて帰られるのはいいですよね。 おみくじの結果が良くても悪くてもハッピーな気持ちになれます。 こちらは体の悪いところを撫でて無病息災を祈願する「撫でうさぎ」 僕は頭を撫でました。 親が心配しているから早く髪の毛の色が落ち着きますように! 祀られている神様 住吉大社は全国の住吉神社の総本社で、由緒が深く信仰が篤 あつ いことから「一宮 いちのみや 」という社格がつけられています。 祀 まつ られているのは底筒男命 そこつつのおのみこと 、中筒男命 なかつつのおのみこと 、表筒男命 うわつつのおのみこと の住吉三神と神功皇后。 住吉大社が海や航海の安全、またお祓 はら いの神様として崇められているのは神様が生まれた場所に由縁があります。 日本神話に、亡くなった妻の伊邪那美命 いざなみのみこと を追って、夫の伊邪那岐命 いざなぎのみこと が死者の世界である黄泉の国に行った有名なお話があります。 結局のところ見るなと言われていた妻の変わり果てた姿を見てしまい、夫は逃げ帰るとともにけがれを祓うため海で禊 みそぎ を行います。 そのとき瀬の深いところで底筒男命 、中ほどで中筒男命 、瀬の浅いところで表筒男命が生まれたとされています。 ちなみにその後、左目から天照大御神 あまてらすおおみかみ 、右目から月読命 つきよみのみこと 、鼻から須佐之男命 すさのおのみこと が生まれます。 天照大御神は天皇家の始祖。 須佐之男命はヤマタノオロチを退治したとして有名ですよね。 また住吉三神に、戦で助けられ住吉大社を創建するようお告げをいただいた神功皇后 じんぐうこうごう も祀られています。 戦に勝利したことから勝負事の神様としても信仰されています。 独特な社殿の配置 住吉大社には四棟の本殿があります。 第一本宮:底筒男命 そこつつのおのみこと 第二本宮:中筒男命 なかつつのおのみこと 第三本宮:表筒男命 うわつつのおのみこと 第四本宮:神功皇后 じんぐうこうごう 角鳥居をくぐって最初に見えるのは横に並んだ第三本宮と第四本宮。 そして第三本宮の後ろには第二本宮、第一本宮と縦に社殿が並びます。 sumiyoshitaisha. html) 上から見るとこのように並んでいます。 社殿は南向きで横に並ぶのが一般的。 大阪湾がある西側を向いて縦に並んでいる住吉大社の配置は大変めずらしく、大海原をゆく船団に例えられます。 最古の神社建築様式「住吉造」 住吉大社の本殿は最古の神社建築様式と言われる「住吉造」でつくられています。 朱塗りの柱と白塗りの壁、直線的な檜皮葺 ひわだぶき の屋根などが特徴。 白と朱色の本殿はとても高貴で華やかです。 また本殿の前には黒と白を基調とした拝殿があり、厳かな雰囲気です。 本殿の四棟とも同じ住吉造で建てられていますが、第四本宮だけ少し異なっているところがあります。 それは屋根の上にある千木 ちぎ と呼ばれるものの先端。 第一本宮から第三本宮までは地面に対して垂直に切られているのに対して、第四本宮は水平に切られています。 理由は定かではないですが、一説では第四本宮で祀られている神功皇后だけ女性であるためと言われています。 参拝の作法 本殿が四棟ある住吉大社。 参拝は奥の方にある第一本宮から行いましょう。 拝殿の前に来たらまずはお賽銭を入れて… 鈴の緒を鳴らします。 住吉大社はいわゆる「二礼二拍一礼」です。 神社によっては参拝の作法が異なっているところもありますので気をつけてくださいね。 きらびやかなお神輿 住吉大社を訪れたのが住吉祭 夏祭り の少し前だったので、準備されているお神輿を見ることができました。 朱色と金色で彩られたお神輿はとてもきれいです。 このご時世、上空にも気を配らないといけないのね。 住吉大社へのお詣りをした後はぜひめぐってみましょう。 「はったつさん」で商売繁盛! 商売繁盛や家内安全を祈願する「初辰まいり」 「はったつさん」として親しまれ、毎月最初の辰の日に四社を参拝するのが慣わしです。 一番参り:種貸社 たねかししゃ 元種を授ける神様が祀られています。 元種とは商売で言えば元手のこと。 資金調達や子宝に恵まれるなどのご利益があります。 二番参り:楠珺社 なんくんしゃ 願いの発達を祈願します。 初辰詣りの中心的な御社で、ご利益は商売の発達や家内安全です。 三番と四番は少し離れた場所にあります。 sumiyoshitaisha. html) 三番参り:浅沢社 あさざわしゃ 芸事や美容の神様です。 弁天様と親しまれ、女性は住吉大社を参拝する際に必ず参拝するのが慣わしです。 四番参り:大歳社 おおとししゃ 心願成就や集金の満足にご利益があります。 「おもかる石」は願いが叶うかを占う石として有名です。 石を持ち上げて軽く感じれば願いが叶い、重く感じれば成就まで努力が必要なんだそう。 地味で目立たないけど実はすごい「石舞台」 毎年5月に舞楽が行われる「石舞台」 豊臣秀頼によって奉納され、現在は重要文化財に指定されています。 四天王寺、広島の厳島神社と並び日本三舞台のひとつです。 「五大力」さんで心願成就! 五所御前 ごしょごぜん は住吉の神様の使いである白鷺が舞い降りたと言われているところ。 そこにあるたくさんの玉砂利の中から「五」「大」「力」と書かれた3つの石を見つけてお守りにすると、心願成就のご神徳があるそうですよ! 住吉大社の御朱印 住吉大社の御朱印は本殿の北側にある授与所でいただけます。 本殿やはったつさんのお詣りを済ませてから御朱印をもらいましょう。 ちなみに授与所には巫女さんがいますが、みなさん頭に飾りをつけています。 住吉大社では巫女さんを神楽女 かぐらめ と呼んでいて、伝統ある神楽舞を奉納するのが重要な役割。 神楽で神様をお招きするため、飾られているのは鏡や神木の松、神様の使いの白鷺 しらさぎ です。 御朱印は神職の方が書いて下さいますので、心を無にして待ちます。 住吉大社では本殿のみならず、はったつさんなどの末社や摂社の御朱印もいただけます。 今回は本殿の「住吉大社」と御朱印帳に書いていただきました。 授与所の近くには「誕生石」なるものがあります。 薩摩藩の始祖である島津忠久公が産まれた場所とされています。 言い伝えでは源頼朝の寵愛を受けた丹後局 たんごのつぼね が様々な苦難を乗り越え、この石のところで忠久公を出産したとのこと。 そのことから誕生石は安産祈願の信仰があるんだとか。 歴史を感じますね。 まとめ 今回はこの地図の順番で参拝しました。 南海電車「住吉大社」から大鳥居・角鳥居をくぐって本殿へお詣りし、はったつさんと五大力さんをめぐっています。 住吉大社の見どころは押さえてありますので参考にしていただければ幸いです。 「すみよっさん」として親しまれている住吉大社は長い歴史があり、多くの名所があります。 お正月に初詣に行くだけでなく、はったつさんや五大力など家族やカップルなどで楽しくお詣りすることもできます。 パワースポットとして有名な場所もありますので、お詣りしてみてはいかがでしょうか。 名称 住吉大社 アクセス 南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分 南海高野線「住吉東駅」から徒歩5分 阪堺線 「住吉公園駅」から徒歩2分 住所 大阪市住吉区住吉 2丁目 9-89 パワースポットだけをピックアップして、別記事に詳しくまとめました!.

次の

住吉大社で七五三、混雑を避け祈祷料をお得に!お下がりが豪華?

住吉 大社 お 宮参り

ご宴会や会食にぴったりの会席料理や鍋料理などもご用意しております。 お宮参りや七五三、結納などのお顔合わせに、様々なシーンでご利用ください。 真心こめておもてなしさせていただきます。 アクセス• 南海本線 住吉大社駅 徒歩2分• 阪堺電気軌道阪堺線 住吉鳥居前駅 徒歩3分 駐車場• 有:提携コインパーキング有料50台• (駐車証明書を当店までお持ちください。 りそな銀行前の住吉大社前第3駐車場は 提携外です) 営業時間 月~水・金~日・祝前日・祝日 ランチ 11:30~14:00 (L. 13:30) ディナー 16:00~21:00 (L. 20:30) 定休日• 木曜日• 第3水曜日 平均予算• 4,000円(通常平均)• 6,000円(宴会平均)• 1,000円(ランチ平均) 予約キャンセル規定• 直接お店にお問い合わせください。 開店年月日• 1915年 席・設備 総席数 84席• 座敷席あり• 座椅子あり• カウンター席あり 宴会最大人数• 50名様(着席時) 貸切可能人数• 20名様 ~ 50名様 禁煙・喫煙• 店内全面禁煙 バリアフリー• 車いすで入店可• 車いすでトイレ利用可• 受け入れ対象:• 乳児からOK• 設備・サービス:• 授乳室あり• 離乳食持ち込みOK• お子様用食器あり• ベビーカー入店OK• ベビーベッド・おむつ交換スペースあり ペット同伴• 同伴不可 外国語対応• 外国語メニューあり:• 英語メニューあり 携帯・Wi-Fi・電源• 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au ) 化粧室• 様式:• 男女別:• 男性用2個• 男女共用:• 女性向けアメニティ:• 爪楊枝• 男性向けアメニティ:• 爪楊枝• 設備・備品:• ハンドソープ• ペーパータオル その他の設備・サービス• 日曜営業あり 住吉には住吉大社駅や ・ 等、様々なスポットがあります。 また、住吉には、「」もあります。 大阪の住吉区にある『住吉大社(すみよしたいしゃ)』は、全国に約2300社もあるといわれている住吉神社の総本社。 毎年、初詣の参拝客が非常に多いことでも知られる、全国的にも有名な神社です。 参拝後は、周辺散策がおすすめです。 和と地元大阪を感じられるうなぎやお好み焼きなどの飲食店が充実し、食事には困りません。 地元の隠れた名物である揚げたての玉子コロッケをテイクアウトして、ほおばりながら街を歩くのも楽しいでしょう。 和の雰囲気の中で、緑茶や白玉クリームあんみつなどを味わえる和カフェで一息つくのもおすすめです。 この住吉にあるのが、豆めし割烹廣田家「豆めし 割烹 廣田家」です。 周辺のお店• 周辺スポットから探す• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

大阪 住吉大社に参拝しよう!

住吉 大社 お 宮参り

住吉大社とは 大阪市住吉区にある住吉大社には大変古い歴史があり、 公式の記録によると西暦749年から続く由緒正しき神社とのこと。 広い境内は主に本宮、第二宮、第三宮、第四宮からなり、 正月、七五三、厄除けなどの神事で大阪府内外から多くの参拝客が訪れる神社です。 西暦749年って言われてもピンとこないので調べてみたら、 奈良時代真っ最中で大仏で有名な東大寺が作られた時 代。 ヨーロッパはまだローマ帝国の頃! え?めっちゃ古い神社やん大変失礼しました!! 住吉大社に祀られる安産の神様 住吉大社で祀られている安産の神様は、 第14代仲哀天皇の皇后である神功皇后さまです。 お腹に後の応神天皇を身ごもったまま戦地を巡り、 各地を平定したのち無事に出産されたという伝説が残されているそうです。 神功皇后さまは住吉大社の第四宮に祀られています。 安産祈願の目的と由来 安産祈願とは、一般的に妊娠5ヶ月の戌の日に 母子ともに健康に無事出産できるよう神様に祈願する日本に古くから伝わる行事です。 出産前後の行事の中でも、妊娠から最初に行うもので 神社で祈祷後、腹帯や縁起物を貰って帰り、出産後にお礼参りを行うのが一般的な流れ。 戌の日の由来 犬は子だくさんでお産が軽く縁起が良い、という理由から 戌の日(いぬのひ)に安産祈願を行うのが通例です。 つまり、毎日何かしらの干支の日であり、12日に一度戌の日も回っているってことですね。 とはいえ、今の時代、出産の少し前まで働く女性も多いため、そこまで厳密に 日にちを守る必要もないという考え方の方も多いです。 なので、安産祈願は だいたい妊娠5ヶ月あたりの戌の日の直近の週末 くらいの考えでも全然問題ないと思いますよ。 ちなみに我が家は電車を利用したので、最寄りの住吉大社駅(南海本線)からの 向かったルートを前提に案内します。 駐車場も用意されているのでもちろん車でも行けますが その場合は以下でご紹介する「反橋(そりばし)」などは順路としては通らないかもしれません。 (反り橋面白いのでぜひお車の方も歩いて渡ってみてください!) 安産祈願の手順(と駅からの行き方) 南海電鉄住吉大社駅から徒歩3分ほどで鳥居が見えてきます。 鳥居すぐ手前の通りには今も現役で運行する路面電車を見ることができ、 商店街を抜けるとまるで ALWAYS三丁目の夕日の映画の中に入り込んだような景色が広がります。 安産祈願の手順まとめ• 誕生石をいただく• )については少なくとも本宮さんと第四宮さんに参拝しておくと間違い無いそうです。 (現場調べ) お礼参りの手順(と子まもり返却場所) 出産後はお礼参りに行き、安産祈願の時にいただいた子まもりと誕生石をお返しし、 神様に無事出産できたことへのお礼と今後の無病息災を願い再度参拝します。 お礼参りの時期は現在では厳密に決められいないようで、 赤ちゃんの体調や外出しやすい季節に合わせて参拝するのが推奨されています。 我が家の次男くんは7月生まれですが、なんやかんやで11月下旬のお礼参りになりました。 参拝場所 お礼参りの参拝場所について公式サイトに詳しく載っていなかったので 現地で巫女さんに聞いて参拝してきました! なんでも、お礼参りの際は 種貸社(たねかししゃ)というお宮さんが敷地内にあるそうで、 そこに参拝した上で、 安産祈願の際にいただいた子まもりを返却するそうです。 安産祈願と違い特別受付が必要な祈祷などはなく、教えて下さった巫女さん曰く、 種貸社と本宮、第四宮で参拝していただければ問題ないです、とのことでした。 なので、駅側の入り口から近い第四宮〜本宮と参拝して次に種貸社へ。 お礼参りの手順まとめ• 子まもりを返す• 誕生石を返す• 各宮に参拝する 一生にそう何度も経験することではないので、色々想いを馳せながら境内を歩きましたが 当日は気持ちの良い快晴だったこともあり、澄んだ気持ちで神様にお礼ができた気がします。 以上、住吉大社さんでの安産祈願からお礼参りの手順についてでした! おまけ:老舗洋食屋やろくさんでランチ さて、お礼参りの前に立ち寄った、 住吉大社すぐそばにある老舗洋食屋やろくさんにでランチ。 由緒正しい住吉大社に負けず劣らず 創業80年の超老舗。 実は前回の安産祈願の時にも来たんですが、 行列がすごくて諦めたということもあり今回はリベンジしてきまし た。 (やっほい) この日は思いの外空いててすんなり入店できたんだけど、 あとから聞いたらランチタイムは13: 30ラストオーダーで僕らの入店が13:20というミラクルも。 (店員さんには申し訳ないが) エビフライ定食とAセットを3人で分け分け。 メニュー写真があまりに美味しそうだったのでコーンポタージュも注文しました。 気取らない昔ながらの店内の雰囲気やスタッフさんの接客が絶妙で、 味もめっちゃ美味しかった! お子様ランチが無かったので長男は少しスネてましたが 笑。 でもすみよっさん行ったら多分また行きます。 オススメの、または隠れメニューなどがあれば誰かぜひ教えてください。

次の