リクナビ転職エージェント。 騙されるな!リクルートエージェントの悪い評判と登録前の全注意点

転職エージェントと転職サイト・併用が最強だった!?【30代からの転職】

リクナビ転職エージェント

「働く場所を変えたいなぁ」ふとした拍子にそう思った事はありませんか? 年収に不満を覚えていたり、職場の仲間とうまく行っていなかったり、あるいはキャリアアップを望んでいる挑戦思考の方もいらっしゃるかもしれません。 そんな天職を求めて転職活動をしている方であれば、「リクルート」という言葉を聞いた事があるはず! しかし見聞きしたことはあっても、「転職を手助けしてくれる」というふわっとしたイメージを抱いているばかりで、実際に展開しているサービスの詳細を知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか? そこで今回は、求人広告大手のリクルートが提供するリクルートエージェントとリクナビNEXTについてご紹介した上で、どちらがあなたに向いているのか?客観的視点からご判断頂けるよう求人数や利用者のレビューなどをご紹介します。 リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いって? リクナビNEXTの名前は転職活動をしている人の多くがご存知かと思われます。 その実績は、リクルートキャリア公式サイトより「実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しています。 」と告知されているほど。 そんなリクナビNEXTですが、キャリアコンサルタントなどのサービスは行われておらず、求人情報の掲載がメインとなっている転職サイトです。 企業から直接スカウト・オファーが届くスカウトサービスが充実しているため、登録だけして情報収集に使う人も多いと言われています。 しかしそんなリクナビNEXTに比べ、リクルートエージェントは一人ひとりにキャリアコンサルタントが付き、丁寧に転職活動サポートを行ってくれます。 求人情報が掲載されているだけでなく、登録者に応じて様々な仕事を紹介してくれる人材紹介サービスがメインとなっているのです。 リクナビNEXTが転職活動をするための情報集めサービスだとすれば、リクルートエージェントは転職活動をサポートしてくれるアシスタンスサービスと言えるでしょう。 では実際の登録者数や求人数、利用者の評判などを見比べてみましょう。 リクルートエージェントとリクナビNEXTを徹底考察! 登録者数 公開求人数 非公開求人数 リクルートエージェント 約69万人 2018年2月 3万2498件(2018年4月) 17万3931件 2018年4月 リクナビNEXT 約701万人 2017年4月 13,442件 2018年4月 オファー利用企業は2万社以上 リクルートエージェントに比べ、リクナビNEXTは圧倒的な登録者数を誇っているのが分かります、その差はおよそ10倍です。 しかし、登録者数が多ければより良いものであるのかと言えばそういう訳ではありません。 リクルートエージェントには利用者一人ひとりに専属のキャリアコンサルタントを付けてくれるサービスが存在します。 利用者にあった企業案件の紹介や面接のコツ、書類の書き方など基礎の部分から支えてくれるキャリアコンサルタントのおかげで転職活動に成功した方も多いのです。 ロケット鉛筆のように、成功した人から順に抜けていくため登録者数に差があると考察する事が出来るでしょう。 それに引き換えリクナビNEXTは何よりもその知名度から圧倒的な利用者がおり、転職活動を行った8割が利用していたという言葉は伊達ではないことが分かります。 営業や事務、飲食等サービス業から、ITエンジニアや医療福祉など技術職まで様々な求人があり、幅広いジャンルを抑えているため多数の利用者にマッチした企業案件を見つけることが出来るでしょう。 リクルートエージェントを使った人のコメント 良かった点• どう考えてもプロフィールを見ていないだろうというようなスカウトメールが来る事が多い。 地方での転職になると条件にマッチした企業が中々見つからない。 登録者数が逆に仇となり、倍率も高くなってしまう。 非公開求人とは名ばかりで、事前に聞いた内容と面接時では全く違う求人情報があった。 リクルートエージェントに向いている人は? リクルートエージェントに向いている人はズバリ、転職活動に対し意欲的で、スキルに自信のある人が向いていると言えます。 「忙しいけれど現在の職場から今すぐにでも脱したい」そんな思いを胸に抱いているあなたには、キャリアコンサルタントサービスはとても魅力的なはず。 転職活動に必要な応募書類の添削や面接の日程調整、企業側と条件を交渉してくれるなど忙しい貴方の転職活動を代行してくれるのです。 転職したいけど、具体的に行動する時間的余裕がない• 転職の経験がなく、どういった事が必要なのか分からない• 大まかな目標は決まっているけれど、面接に自信がない 応募先企業に合わせた職務経歴書の書き方を一緒に考えてくれ、アピールすべきポイントや新しいキャリアへの道を示してくれるなど、あなたの持つ強みを最大限引き出せるサポートをしてくれるリクルートエージェント。 企業の特徴やポイントをわかりやすくまとめた上で紹介してくれるのは、時間に余裕のない人が企業探しをするのにうってつけです。 転職活動をあまりしたことがない人でも問題ありません! キャリアコンサルタントが転職に必要な知識を基礎の部分から支えてくれる上、各企業に精通した担当者のアドバイスは心強い味方となるでしょう。 更に本番面接前に過去の質問例や、面接の雰囲気など面接の攻略法を親身になって教えてくれるサポートのおかげで、面接に対して自信がついたと言うレビューも見受けられます。 リクナビNEXTに向いている人とは? リクナビNEXTに向いている人とはズバリ、将来的に転職を考えているが今すぐ行動を起こすつもりはない人に向いています。 リクルートエージェントの特徴といえばキャリアコンサルタントによる心強いサポートですが、これは裏を返してしまえば綿密なやり取りが必要になるということ。 ネット上では電話がしつこい!なんていうレビューもあるくらいです。 コンサルタントからの連絡に辟易し、転職活動が少し急かされ気味になってしまう恐れもあります。 しかしリクナビNEXTは誰に急かされる事もないため、自分のペースをかき乱される心配はありません。 自身で「コレだ!」と思えるような企業をゆっくりと選別する事ができます。 「自身の仕事をこなしつつ企業を選ぶのは少し大変だな…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心下さい。 貴方の登録スキルに見合った求人情報が、オファーという形で直接貴方の元へメールとして届くシステムが存在します。 しかしこれは機械的なもので処理されているため、場合によってはプロフィールすら見ていないようなオファーまで届いてしまうことも…。 あくまで参考程度に留めておいた方が宜しいかもしれません。 そんなスカウトサービスには非公開求人というとても魅力的な案件が含まれているのをご存知でしょうか? 非公開求人とは?そのメリットって? 非公開求人とは企業側が設定をして募集をかけるもので、一般公募されておらず企業名や募集職種、仕事の内容なども公開されていないのです。 リクルートエージェントではキャリアコンサルタントが貴方のスキルに見合った企業を、リクナビNEXTではシステムが判断し直接オファーが届くというシステムになっています。 こういった非公開求人にはベンチャー企業など精鋭を求めている企業も多く、即戦力になる人材を求めている傾向にあります。 しかしスキルが必要になる求人であるため、それに応じて待遇や給料など一般公募に比べ割の良いものが多いのです。 これまで探しても出会えなかった求人に出会える、それだけで転職活動の成功に繋がるかもしれないのですから、リクルートエージェントやリクナビNEXTを利用する価値が大いにあると言えるでしょう。 利用費用はどちらもタダ! リクルートエージェントのサービスもリクナビNEXTの登録料も、求職者が利用する分には無料になっています。 転職活動をするための利用料金などの請求はなく、支払う必要もありません。 無料で利用できる上にどちらとも優れたサービスを展開しているのです。 リクナビNEXTで自身に合う企業案件を探しつつ、リクルートエージェントで面接のコツなどを教わる、と言うような転職活動が最も効率的であると言えるでしょう。 仕事は人生の三分の一を占めるとも言われています。 自身のライフスタイルにあった企業を見つけるためには惜しみなく使えるツールを使い、余すことなく情報を入手するべきではないでしょうか。

次の

リクナビ就職エージェント

リクナビ転職エージェント

業種・職種によってアピール方法は異なります。 人材紹介会社に転職エージェントの本音をインタビュー 複数利用のメリット・デメリットや、転職活動でのさまざまな疑問を解消! 「転職エージェントとの面談」って、何を聞かれるのだろう、どんな準備が必要なのか分からない。 そんな疑問にお答えします。 転職は探し方がいろいろ。 その中で「転職エージェントを活用すべき人」について現役の転職エージェントに聞いてみました! 20代の転職を成功させる方法を複数の転職エージェントへのインタビューから発見できます。 30代の転職を成功させる方法を複数の転職エージェントへのインタビューから発見できます。 40代の転職を成功させる方法を複数の転職エージェントへのインタビューから発見できます。 転職経験がある人にアンケートを実施し、それぞれのサービスについて、「使って良かった」と感じたことなどを調査しました。 マイナビ転職エージェントサーチ ~探そう。 あなただけの転職エージェント~ マイナビ転職エージェントサーチは、株式会社マイナビが運営する、「500名以上の転職エージェント、300社以上の人材紹介会社を通して、あなたにぴったりな企業(求人)と出会うことができる転職情報サイト」です。 毎週火曜日・金曜日に更新される人材紹介会社情報や、毎日更新される転職エージェントが保有する非公開求人および、大手優良企業の求人情報が豊富に掲載されています。 また、スカウトサービスを利用すれば、転職エージェントがあなたのスキルやキャリアを見て、あなたにおすすめの求人情報を紹介したり、可能性を見出し予期しない案件の提案をしてくれます。 転職のパートナーを探すなら「マイナビ転職エージェントサーチ」をご利用ください。

次の

リクナビネクストの評判ってどう?転職のプロが徹底的に解説します!

リクナビ転職エージェント

転職を考えている方で、「」に登録されている方というのは結構いるんじゃないでしょうか? だいたいの方はリクナビネクストは「求人検索をして自分が気になる所があれば、応募をしている」というような使い方をしているんじゃないかなと思います。 でも検索だけの使い方だとリクナビネクストを十分に活用しているとは言えません! 今回はリクナビネクストの中でも僕が最も使える機能と思っている、転職エージェントからの「応募しませんか」メールについての説明をしていきます。 今回紹介する方法を使えば、かなり条件の良い転職ができます。 すでにリクナビネクストに登録している方はこんな使いかもあるという事を知ってほしいですし、まだリクナビネクストに登録してない方は今すぐ登録してみて下さい。 リクナビNEXTからくるメールの一例• 「興味に近い求人をお届けします」• 「年収400万円以上の求人お届けします」• 「興味に近い求人をお届けします」• 「応募歓迎します」 というような、ありとあらゆるメールが届くようになります。 これらのメールですが、言ってみればほとんどのメールがゴミメールで使い物にならないものばかりですが、唯一絶対にチェックをしないといけないメールがあります。 それが「応募しませんか」メールです。 リクナビネクストから来るメールはこのメールだけチェックしておけば、後は全てゴミ箱行きに設定するか、もしくは配信を停止してしまえばOKです。 でもこの「応募しませんか?」というメールが来た時だけはしっかりとチェックするようにしましょう! 「応募しませんか?」メールも2種類あるので注意! 注意しないといけないのが、この「応募しませんか?」メールの中にも種類があり、• 企業から直接、登録者に送られるメール• 転職エージェントから送られるメール の2つがあるという事です。 企業から送られる「応募しませんか?」メール 1つ目の企業から直接登録者に送られるメールというのは、他のメール同様にゴミメールなので特に見る必要はありません。 これは企業の担当者がその人のレジュメなどを見て「この人良さそうだから来てほしいな」と思っているわけでは全くありません。 ではシステム的にどうなっているかを説明します。 まず企業の方で、こういった条件の人に来てほしいという設定を予めしておきます。 例えば、希望職種が「営業」「品質管理」「生産管理」であるとかいった事ですね。 そしてリクナビネクスト登録者が検索結果からその企業の求人情報を見たとします。 すると、その人の希望職種等があらかじめ企業側が設定した条件に合致するものがあれば、自動でこの「応募しませんか?」のメールが届くようになるわけです。 つまり企業が設定した条件と一致さえしていれば、相手が誰であろうと自動的に送られるということなんですね。 あまり応募がないような企業ですと、全ての条件にチェックを入れる事もありますので、その求人情報を閲覧した人全員に「応募しませんか?」のメールが届く事だってあります。 ですので企業から届いた「応募しませんか?」のメールも基本無視してOK。 リクナビネクストの公式サイトにもこのように書かれています。 「応募しませんか?」(応募歓迎)とは、求人情報を掲載している企業からの 「あなたにぜひ応募してもらいたい」という意思表示です。 求人を閲覧したり、「気になる」した際、あなたの登録した情報(職種や勤務地など)が 企業が設定した条件に1つでも合致すると、「気になるリスト」に「応募しませんか?」(応募歓迎)が届きます。 そのため年齢条件の合致しない応募歓迎が届く場合がございます。 引用:リクナビネクスト公式サイト 転職エージェント経由で送られる「応募しませんか?」メール そして、絶対にチェックしてほしいのが2つ目の、 転職エージェント経由で送られる「応募しませんか?」メールです。 これはどういうものかと言うと、リクナビと提携している転職エージェントが、企業から「こういう人材を求めている」という依頼を受け、それに合致する人だけに送られているメールになります。 特にリクナビネクストを運営しているリクルートキャリアは転職エージェントの「リクルートエージェント」も運営しているため、全てではないとは思いますが、ある程度の個人情報も閲覧できるようになっているのではないかと思います。 そのため、企業の求める条件と合う人を見つけやすく、その人に対してピンポイントでこのようなオファーをしてきます。 ですのでこの転職エージェント経由、特にリクルートエージェント経由で届いた求人というのは、かなりの確率で書類選考突破もしますし、内定につながる可能性も高くなっています。 以下は僕の所に届いた、転職エージェント経由での「応募しませんか?」メールになります。 さすがに某一流自動車メーカーの求人でしたので、書類選考突破も難しいかなと思いましたが、すんなりと面接を受ける事ができました。 すぐに面接が決まってしまったため、準備があまりできず面接ではガチガチになってしまって面接ではうまくいかなかったのですが、対策をしっかりしていればもしかしたら、ということは感じました。 こういった魅力的なオファーが届く事がありますので、この「応募しませんか?」メールが来た際は必ずチェックするようにして、それが転職エージェント経由のオファーだった場合は、ぜひ応募を検討してみてほしいと思います。 エージェント経由のメールが来た時は、転職エージェントにも登録してみよう またリクナビネクストに登録している人の中には、 「本当は転職エージェントに登録した方がいいかもしれないけど、自信がないから…」 という理由で、転職サイトだけに登録している人もいるかもしれません。 でももし、 そういった転職エージェントを通したオファーが来た場合は、ぜひ転職エージェントにも登録をしたらいいと思います。 一度でもオファーが来たという事は転職エージェントの側で、あなたの経験やキャリアに価値があるものだと判断したことになりますし、そういった方には他にもその経験を活かせる求人内容があるんじゃないかと思います。 転職エージェントで取り扱っている求人内容というのは基本的に非公開求人となります。 これは公開求人となってしまうと、企業側が書類選考などの手間やコストがかかってしまうからです。 そういった企業というのは条件もいい場合が多いため、多数の人が応募してきてしまいうため、その手間を少しでも省くためにある程度の作業を転職エージェントに一任しています。 ですので転職エージェントに登録する事によって、リクナビネクストを利用しているだけでは出会えないような企業との出会いもあったりします。 登録すると、アドバイザーと面談をして、どういった企業に転職をしたいのか?、その条件は?などを話すのですが、1回面談をしてしまえば後は全てアドバイザーに任せればいいですし、面接の日程などもアドバイザーの方が調整してくれますので、こちらとしても楽に転職活動を進めていく事ができますので、本当にオススメします。 特にリクルートエージェントはまず第一に登録するべき転職エージェントです。 まだ登録をしていない人は5分もあれば登録できてしまいますので、今すぐ登録しましょう。 利用料完全無料! 国内NO. 1転職エージェント 「応募しませんか?」メールからの応募の際に注意すること さて、再び「応募しませんか?」メールの話に戻ります。 お伝えしたように、この「応募しませんか?」メールはかなり使えますが、注意点があります。 それはこのようなメールが来る場合は、僕の経験上、 企業側が採用を急いでいる場合が多い という事です。 だいたいこの場合は、新規事業や、新しいプロジェクトの場合が多く、転職エージェントに対してはいついつまでに入社してほしい、という希望が伝えられている場合が多いです。 実際、僕が先ほどの求人オファーに応募した際も、リクルートエージェントの担当の方から「できれば来月から働いてほしいですが大丈夫ですか?」という事を聞かれました。 恐らくこのようなオファーが来る際は、急ぎの求人である事が予想されますので、かなりスピーディな対応が必要ですし、もし内定が出た場合も早めの退職手続きが必要になってきます。 僕が応募から面接までがほとんど日にちがなかったように、スケジュールもかなりスピード感があると思いますので、本気で転職をしたい人にはオススメですが、まだ今の会社をやめるかどうか悩んでいる、といった方にはもしかしたら向かないかもしれません。 ただこのような場合は新規事業の立ち上げの場合が多く、他のメンバーも同じ転職メンバーであるという事が多いのである意味、新しい環境で自分の力を発揮することができるいいチャンスじゃないかなと思います! うまくチャンスを掴んでいってください。 まとめ:【リクナビNEXT】転職エージェント経由の「応募しませんか」メールは見逃さないように! 今回はリクナビネクスト利用時の、「応募しませんか」のメールについて話をしてきました。 リクナビネクストの求人の中にももちろん優良求人はありますが、転職エージェントから紹介される求人というのは、それに輪をかけて、良い条件のものがほとんどです! 僕がそうでしたが、「こんなすごい企業のオファーが来るの?」というようなオファーが来ます。 もちろんこの転職エージェント経由のオファーというものは、バンバン届くというようなものではありませんが、このメールが来た時というのは、かなり企業への転職の可能性が高いと見ていいですので、ぜひ活用してほしいと思います。 また、最後にもう一つ注意点をお話しておきます。 転職エージェント登録者に該当者がいればそちらが優先される 転職エージェント経由のオファーメールの、もうひとつの注意点としては、 もし転職エージェントに登録している求職者がいれば、そちらに優先して紹介がされるという事です。 例えばここに 転職エージェントに登録していないあなたがいて、 転職エージェントに登録しているもうひとりの候補者がいるとします。 そのような場合、転職エージェントに登録している人があなたよりも能力や経験が劣っていたとしても、登録してる方にこの求人の紹介をしていきます。 なぜかと言うと、そちらの方がお金になるからです。 転職エージェントもビジネスでやっている以上は、転職意欲が高い人に優先して紹介するのが当然となります。 あなたに紹介をしたとしても、最終的に転職をしてくれるかどうかわからないのであれば、多少能力は低かったとしても、確実に転職をしてくれそうな人に推薦をしていきます。 そのような事情がありますから、もし真剣に転職を考えているのであれば、転職エージェントに登録をしていった方が、より条件の良い転職先が見るかるようになるはずです。 転職成功者が必ず利用する転職エージェント2社 ここで僕がオススメする転職エージェントを2社紹介しておきます。 現在転職エージェントは多数ありますが、国内の2大転職エージェントの と に登録する事をおすすめします。 国内NO. 1転職エージェント・利用料完全無料 転職者利用満足度NO. 1・利用料完全無料 どちらも一般転職サイトに掲載されていない非公開求人を10万件以上もっており、アドバイザーの腕も確かですので、ぜひ登録して下さい。 また転職に成功した人は複数の転職エージェントに登録しています。 求人内容は各転職エージェントで異なり、それぞれの独占案件も多いので、複数のエージェントに登録する事が転職の成功の近道です。 また利用の際の気になる点もお伝えします。 Q:転職エージェントは本当にお金がかからないの? A:利用料は完全に無料です! 転職エージェントは企業に人材を転職させる事によって、その人の年収の何割かを成功報酬をしてもらうというビジネスモデルですので、一切お金がかかる事はありません。 Q:登録するのが面倒では? A:各転職エージェントともにすぐに登録ができるように設計がされおり、早ければ5分ほどで登録ができてしまいます。 履歴書や職務経歴書などのファイルがあればアップロードするだけで良いですし、会員登録後に簡単に作れてしまう「レジュメメーカー」を利用する事もできます。 Q:紹介してもらえる求人はどんな会社? 本当に大丈夫? A:転職エージェントを利用する会社は、優良企業以外はありません。 ある程度安定した企業でないと転職エージェントは利用できませんし、また企業との信頼関係も重要となり転職後すぐに退職してしまうような会社や、ブラック企業の紹介はありませんので、安心して大丈夫です。 Q:履歴書や職務経歴書の書き方、面接など不安なのですが? A:転職のプロが、それぞれの企業にあった書類の書き方や、具体的な面接対策をしてくれます。 その他、転職サイトには書かれていないようなコツやテクニックなども聞く事ができます。 Q:まだ転職するかどうか悩んでいる段階だけど、相談だけでもいいの? A:転職をするかどうか悩んでいる方こそ転職エージェントを利用する事をオススメします。 現在の状況やこれまでのキャリアを話して、転職ができるかどうか、またできる場合はどういった企業があるのかを聞いてみて判断しましょう。 それから利用するかどうかを決めてもいいですし、利用しなくても全く問題ありませんので、心配はいりません。 転職エージェントは最初に登録をして、面談をすれば、後はあなたに合った求人をキャリアアドバイザーが紹介してくれます。 本当に転職をしないといけないと思った時は、精神的にも参ってしまって何もやる気が起きない状態になってしまっている場合も多くあります。 どれだけ利用してもお金は一切かからないので、登録して面談だけ受けておけば、いざという時にすぐに行動に移す事ができます。 僕がそうでしたが、気力がなくなってから転職サイトや転職エージェントの登録をするのは本当に大変ですし、年齢が上がれば上がるほど転職は不利になります。 ぶっちゃけ、転職は運も必要です。 あなたに合う企業はこの世の中にごまんとありますがそこに出会えるかどうかが一番大事な事です。 迷っていたらいつまでたってもそんな企業には出会えません。 自分自身からそのチャンスを掴みにいった人だけが、理想の仕事に出会って、幸せな未来を実現できるのです。 登録は数分しかかからないので、まずは登録して、面談の中でどんな求人が紹介されるのかを実際に見て下さい! 「こんなにも年収が上がるの?」 「こんな条件のいい会社が自分の家の近くにあったの?」 「僕でもこんな年間休日120以上の会社に転職できるの?」 どれも僕が面談の際、紹介された求人情報を見て思った事です。 今あなたが踏み出す事によって、今までとは全く異なる幸せを掴んでいく事ができるはずです! 絶対に登録すべき転職エージェント&転職サイト(完全無料) 1: 国内最大手転職エージェント。 非公開求人数は20万件以上あり、全ての年齢層に対応しています。 まずは第一に登録するべきエージェントです! () 2: 国内第2位の転職エージェントで、非公開求人数は10万件以上。 求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれたエージェントです! () 3: 非公開求人は上記2社に比べると少なめですが、アドバイザーがどこよりも丁寧にサポートしてくれるので初めての転職でも安心。 利用者のサポート満足度はダントツNO. 1です! () 4: 人気ナンバー1の転職サイトです。 自分のペースで転職がしたいという方にはオススメ。 気になる求人があれば転職エージェントのアドバイザーに相談して、エージェント経由で応募する裏技も使えるようになります! () 以下には僕のブラック企業に勤めてからの苦悩、ストレスと過労から病気になるまで働いた経験、そして転職を成功するまでの体験談をまとめてありますので、ぜひ読んでみて下さい。

次の