チェキ 加工。 『InSnap』

超お手軽!ポラロイド風写真をすぐ手に入るもので作ってみよう!

チェキ 加工

チェキは90年代の女子高生の間で大ヒット! チェキはまだデジタルカメラもスマートフォンも登場する前に最初の大ヒットを記録しました。 修学旅行や遠足などでは使い捨てカメラもしくはその場で現像できるインスタントカメラが人気でしたが、当時のインスタントカメラは女子が持つには大きく重くゴツすぎるということで不人気でした。 そこで軽く、見た目も可愛いチェキがリリースされると大ヒットします。 当時チェキの商品開発をするにあたっては女子高生の意見を徹底チェキに取り入れ、いわゆるコギャルにウケる商品開発が行われました。 当時はプリクラが一大ブームとなっていました。 その場で写真を現像でき、かつペンでデコレーションするという点でチェキも共通の魅力がありました。 うまくニーズにのっかったチェキは女子高生を中心に爆発的に広まったのです。 売り上げが急落 しかし、2000年代中頃には競合商品も含めてユーザーにほぼ製品が行き渡ってしまい、売り上げが急速に落ちます。 若い女の子向けの製品作りをしていたため、社会人になって継続使用するユーザーが少なく、デジカメの台頭もあったのが原因です。 こうしてチェキは完全に時代遅れの製品になってしまいました。 メイドカフェでのお客さんとの2ショット写真用のニーズが細々と残り、チェキは冬の時代を迎えます。 このメイドカフェでのニーズは地下アイドルの握手会でのツーショット写真という形で今も根強く利用されています。 チェキは2010年前後に人気が復活 しかし2010年に近づくと、韓国・中国で局地的に人気が出ます。 韓国に関してはドラマの中で人気女優が使用していた、中国に関しても人気女優が使用を公言、ミュージックビデオ内でのチェキの登場によって話題になったのが理由です。 つまりこの時点では話題性やアクセサリー、ファングッズとしての性質が強くチェキ本来の機能にはあまり注目されていませんでした。 アナログな撮影が新鮮さを産んだ しかしチェキはこのタイミングで製品の魅力を洗い直します。 デジカメやスマホが主流になった世の中では、若年層を中心にリアルなフィルムを使ってのアナログな撮影体験、手にとって写真を見ることができるのが新鮮という反応が見られました。 またアナログな写真の持つレトロな風合いや独特な暖か味のある仕上がりが好きという声も強くありました。 これは主にアート志向の強い女性ユーザー、ライフスタイルとしてのカメラを志向する女性ユーザーに見られました。 そこでチェキはまずはその層をターゲットに製品をリリースします。 instax mini 8です。 instax mini 8は幅広いジャンルで人気を獲得 instax mini 8はカメラショップだけでなく、雑貨屋やアパレルショップでも販売され、ファッションやアートに敏感な女性たちに受け入れられました。 見た目が可愛くスタイリッシュなのも20代、30代の感性が鋭敏な女性に支持される要因となりました。 現在ではアジアだけでなく北米、欧米でも売り上げを伸ばしており、カメラだけでなくスマホの写真をチェキ風に現像できるプリンタなど製品のバリエーションも増えています。 データ上の写真だけでないアナログなカメラもニーズは確かにあるのです。 人気のチェキ2種類をご紹介 ここからは人気のチェキをご紹介します。 チェキには大きく分けて2種類に分かれます。 ・ フィルムを現像するアナログタイプ ・ SDカードに画像を保存できるデジタルタイプ どちらを使うかは好みです。 他にも単なるインスタントカメラにとどまらない機能が満載!最新チェキを楽しんでください! instax mini8+ チェキの中で最もかわいいルックスで女子に大人気です。 アナログタイプのチェキで、現像するまで写真がどのように撮れたかはわかりません。 使いやすさにこだわって作られており、シャッターの位置や自撮りしやすい鏡の設置などに工夫が見られます。 60cmが水晶の撮影距離ですが接写レンズを使うことで30cmまで寄ることも可能。 光が多ければ多いほどふんわりとした綺麗な写真に仕上がります。 instax SQ20 チェキの中でも高価格高機能な製品です。 デジタルタイプで撮影した写真をデータで保存することが可能! 現像前にイマイチな写真は削除できるのでフィルムが無駄になりません。 自撮り用の鏡もあり、両手どちらでも操作しやすいように左右2カ所にシャッター設置されているなど痒い所に手が届く仕様となっております。 モーションモードでは動画を保存しその中から静止画のコマを選んで現像するという、もはやチェキの域を超えた撮影が可能です。 また、チェキは独特の暖かい雰囲気の写真が自慢ですが、SQ20ではさらに独自のフィルターも備えており、いろんな色合いを写真につけることができます。 チェキ上で明るさ調整も可能でもはや現像のできるデジカメといっても過言ではありません。 チェキ以外のインスタントカメラは? チェキ以外にも各社インスタントカメラをリリースしています。 チェキは富士フィルムの製品です。 富士フィルムといえばチェキ以外に「写ルンです」が有名で、手軽に撮れるカメラの世界ではノウハウが蓄積されています。 他のメーカーだとライカ、HOLGA、ポラロイド、ロモグラフィと海外のメーカーが目立ちます。 インスタントカメラ以外にはデジカメに現像機能がついたといった雰囲気が強い製品もあります。 ポラロイドのsnapが代表例です。 チェキで撮れる独特の写真は記憶に残る一枚に! 単純な画質、データとしての水平利用ということを考えるともちろん通常のデジカメやスマホの方が使い勝手はいいでしょう。 しかし、チェキのアナログ感は現像した一枚にしか出せない特別感があり、記録より記憶に残る写真体験が可能なのです。 アイドルやメイド喫茶でのツーショット写真のように「データで拡散されるのはまずいけどフィルムなら安心」というようなイメージもあるので、今後もリアルイベントでのニーズは高い状態が続くでしょう。 楽しい思い出を、チェキを使用して特別な一枚に残してみるのもいいのではないでしょうか。 チェキはレンタルがお得 イベントごとではチェキは複数台必要になることが多いと思います。 約1台 8,000円で購入したとしてそれを10台で80,000円。 さらにチェキで撮影するにはフィルムが必需品です。 1,400円の20枚入りを10個購入したとしたら14,000円。 合計94,000円最低でも必要になります。 レンタルなら3日間で1台1,600円、10台であれば16,000円で使えます。 64,000円の節約、または他の部分に当てることができます。 とてもお得じゃないですか? エンカラーズのレンタルサービスは最低4日間から東京や大阪はもちろん、沖縄へのお届けも全国送料無料です。

次の

エモい写真アプリ『Dazz』 カメラとレンズを組み合わせ多彩なレトロ感を演出

チェキ 加工

結婚式の二次会やアイドルとのツーショットチェキなどで使われる事も多い1番人気のシリーズになります。 カラーバリエーションも豊富で可愛く女子に人気の機種になります。 とにかく簡単に使えるのがポイント。 自撮りが楽しめる「セルフショットミラー付き」で、オシャレで人気のハイキーモードも搭載しています。 接写アダプターを使えば35センチまで近づいて撮影が可能に。 背景の暗さなどを認識して自動調整してくれる「背景きれいフラッシュ」などが搭載されている機種です。 また乾電池もCR2を2本使うので、 撮影可能枚数もグッと増えて約30パック(300枚)になります。 さらにシャッターボタンが2つあるので「タテ撮り」「ヨコ撮り」も撮影しやすいモデルです。 スポーティーなデザインが特徴で、接写モードは30センチから使えます。 この機能が搭載された事により接写レンズを持ち歩く必要がなくなりました。 さらに… 撮影枚数は約40パック(400枚)になったので電池切れの心配がグッと減ります。 これが最大のポイントです。 また「セルフィーモード」というボタンが独立して用意されているので、自撮りを頻繁に撮るならこの機種がオススメです。 カラーバリエーションはイエロー、ゴールド、ブラック、ブルー、ホワイト、レッドの6種類。 左右に金具が付いているので首からぶら下げるカメラストラップが使えます。 カードサイズより少し大きく真四角で可愛いチェキがプリント出来るモデルです。 実際にプリントしたチェキを見ると…解像度も高く細かい部分までしっかりと写っているのがポイントです。 instax SQUARE SQ10 instax SQUAREシリーズで最初に発売されたのが「SQUARE SQ10」になります。 デジタルイメージセンサーを搭載していて 撮影した写真を背面の液晶モニターで確認後プリントが可能になったのが1番のポイント。 液晶モニターもあるし中身はデジカメなので他の機種と少し違いがありますが…フィルターを使ったり明るさを調整したり狙ったイメージをチェキでプリント出来る面白いカメラです。

次の

インスタグラムをおしゃれに!!チェキ風加工ができるアプリ紹介するよ

チェキ 加工

Advertisement 世界的なブームにもなっているトイカメラをご存知ですか。 トイカメラをWikipediaで調べてみると、「トイカメラ(英: Toy Camera )は、本体・レンズ等、ほぼ全体を構成する素材が合成樹脂等から作られ、組立の構成が比較的簡単な箱型で、安価なカメラ。 」と記述されています。 参考 : もともと大衆的に広く使われるように安い価格で発売されれているトイカメラですが、同じ機種でも品質にばらつきがあり、撮影した風景と写真のギャップを楽しむことができます。 最近ではプロのカメラマンがトイカメラで撮影した写真のみで構成された写真集などが発売され、そこから徐々に人気に火がついたようです。 現在はトイカメラで撮影したような加工を加えることができるiPhone用アプリケーションなども開発、販売されています。 今回は フォトショップを使って、写真をトイカメラやポラロイドで撮影した様に加工するチュートリアルをまとめた「 」をご紹介します。 詳細は以下から。 こちらも上記チュートリアルと同様のエフェクト加工することができます。 解説用サムネイル画像も大きく分かりやすい説明が参考になりますよ。 こちらはYouTubeを使った動画チュートリアルとなっています。 4分ほどの短い動画で、操作もゆっくり行われているので英語が苦手な人にもオススメです。 こちらのチュートリアルではあらかじめ魚眼レンズ風に魅せることができるPNG画像を配布しており、これを使うことで簡単にどんな写真でも加工することができます。 とてもシンプルなつくり方なので、個人的にも参考にしてみようと思います。 )をデザインする方法を紹介しています。 じつはPhotoshop VIPのサムネイル画像でよく使うテクニックのひとつでもあります。 撮影した写真の色味やコントラストがいじる必要のない場合は、ソフトフォーカスエフェクトにすることでぼんやりとしたトイカメラ風加工することができます。 ボタンひとつで、トイカメラ特有の歪んだ画像をデザインすることができるアクションファイル。 これは色々なデザインに応用することができそうです。 アクションファイルのインストールについては をご覧ください。 & 大衆用カメラとして生まれたトイカメラを使うと感光してしまった写真が撮れる場合があります。 そんな光の漏れ具合を自分でデザインすることができるチュートリアルです。 解説用サムネイル画像が少ないため、ある程度の英語力が必要になってくるかもしれません。 簡単なチュートリアルですので覚えておくと便利かもしれません。 フォトショップの便利な機能のひとつに新規調整レイヤーがあります。 この機能の中で写真の色味を変更することができる「トーンカーブ」を使って簡単にビンテージ風写真をデザインすることができます。 こちらも上記と同様にトーンカーブのみを適用する簡単テクニックのひとつ。 トーンカーブは調節次第で写真の明るさ調整などにも使えるマルチな機能が魅力です。 こちらも写真をビンテージ加工する方法が紹介されています。 手順をすべて保存してアクションファイルにしてみてもいいかもしれませんね。 このチュートリアルでは実際にファインダー画像を重ねる方法を紹介しています。 ( より) 上記で使用したファインダー以外にもさまざまな種類を無料でダウンロードすることができます。 Flickrにこんなグループがあることすら知りませんでした。 テクスチャ素材を使った手軽に加工することができるチュートリアルが紹介されています。 こちらは動画チュートリアルとなっており、ゆっくり手順ごとに解説しているので分かりやすくなっています。 あらかじめデザインされたネガフィルムのPSDファイルをダウンロードして、画像をはめ込むだけで完成します。 簡易的な写真編集ソフトでは表現するのが難しいテクニックですが、フォトショップを使えば簡単にデザインできてしまいます。 こちらも同様のエフェクトを加えることができます。 ビンテージ写真特有の汚れはPhotoshopブラシを使うことで表現しています。 その他の写真加工方法 フォトショップの便利な機能「アクションファイル」をインストールすると、ボタンひとつでビンテージ、レトロ写真をデザインすることができるので、初心者の方にもオススメの加工方法です。 これまでにPhotoshop VIPで紹介したアクションファイルのまとめ記事を掲載しておきます。 こちらも試してみてはいかがでしょうか。 アクションファイルのインストール方法が分からない方は、まずこちらを読んでもらうと分かりやすいかもしれません。 古い新聞をイメージしたようなデザインアクションは、あまり見かけませんね。 簡単なアクションファイルの使い方も一緒にまとめています。 「アクションファイルって?」という方はまずこちらの記事をどうぞ。 参照元サイトには、これらのチュートリアルのほかに各トイカメラの歴史などについても詳しく説明されています。 英語表記となりますが、サンプル写真などもとてもきれいですのでよろしかったら一緒にどうぞ。 [参照元 : ] [サムネイル用写真提供 by ] Photoshop VIPではフォントやデザイン、フォトショップに関する無料素材、チュートリアルなどをほぼ毎日公開しています。 RSS購読よろしくお願いします。 (参考 : ).

次の