アルテミットワン。 アルテミット・ワンに転生したことを知らない男(幼女)が死亡フラグ満載の世界を生き延びようと頑張る話

TYPE

アルテミットワン

投影、天使の幻想 ある日突然のアパートメントに現れ、お手伝いと称して居候する少女。 遠距離トラブル型スタンドちゃん。 見た目は羽があり、天使の輪、長い金髪と金眼、白いワンピース、幼さを残した顔しているという、まさに天使という容貌をしている。 マジ天使である ゴドーの姉の形見であるギターを弾くが、チューニングすら知らなかった上に下手。 オマケに掃除は悲惨を通り越して凄惨 料理なら完璧と言っていたがギターをイメージだけで弾いていたり、掃除も出来ない為、かなり怪しい… それらも引っくるめて押し掛け初日にゴドーに窓から 蹴り出された 基本的にいるだけで何もしない。 特殊能力は微妙な癒し効果。 得意技はゴドーの給料を食いつぶすこと。 趣味は大樹の下に集まった人々の人生鑑賞。 かわいい 確信 -- 名無しさん 2014-12-24 09:24:45• トンデモナイ事だよな、地球の依頼受けて殺しに来たのに、殺す相手や世界を好きになるとか。 マジ悲劇 -- 名無しさん 2014-12-31 16:46:37• なんだかんだでギルが天敵だと思う。 動けないというのが相性最悪 -- 名無しさん 2015-02-07 16:26:12• ギルガメッシュ程度でアルティメットワンに敵う訳ないじゃん -- 名無しさん 2015-02-12 17:15:26• そもそも人類最古の英雄王とか言われてもこの時代誰も毛ほども覚えてないだろうから戦う機会がない。 -- 名無しさん 2016-04-22 10:14:20• 知名度補正もないだろうしなーというか聖杯も残ってないかも -- 名無しさん 2016-08-18 12:49:37• 旧人類の英霊が新人類に勝てるのかいな -- 名無しさん 2018-01-10 16:46:12• fgo二部の敵さん説 -- 名無しさん 2018-04-09 23:36:06• さすがにNotes. の設定そのまま引っ張り出してくることはないとは思う。 異聞帯のあれは聖杯戦争のように思えるけどその辺りはまだ…。 ただ設定がかなり似通ってるのとグラガンナの失踪もあわせて怪しいんじゃないかと個人的に。 -- 名無しさん 2018-04-13 14:25:27• アリストテレスはあんな回りくどい事しないと思う。 やるんならシンプルに人間滅ぼして終わりかと。 クトルゥフ関連じゃないかなぁと思ってる。 -- 名無しさん 2018-04-14 07:45:42• そもそも単騎で核攻撃並のスペックある新人類が総力戦して一体勝てるか程度のアリストテレスにサーヴァント如きが勝てるわけないだろ! -- 名無しさん 2018-09-04 10:09:34• ヴィーナスを見てると他のアルティメットワンとも何とか仲良くできないかなぁと思ってしまう -- 名無しさん 2019-06-04 10:51:30• 単純なスペックでは鯖に勝ち目無いけど、神造兵装の類の宝具なら相性次第でワンチャンくらいはあるんじゃない? -- 名無しさん 2019-06-29 20:16:52•

次の

【FGO】FGOから型月世界に入った人向けの「アルテミット・ワン」についての解説

アルテミットワン

地球の代弁者、つまりTYPE-EARTHをつくろうとした結果、失敗するべくして失敗したのが真祖です。 これは、いわゆる姫アルクがARCHETYPE-EARTHと表記されていることからもわかると思います。 まあ、ある意味でアルクェイドに朱い月が憑依したものが、朱い月が目指した地球産の月のアルティメットワン(言葉はオカシイですが)です。 また、プライミッツマーダーは星の抑止力、ガイアの怪物ですので、TYPE-EARTHが存在するとすれば、全く同一の立ち位置ということになります。 意志が星の存続で固定されている以上、戦闘が発生することはありません。 云ってしまえば、右腕と左腕が喧嘩をするようなものですから。 さらに、ORTがアルティメットワンではないという事実は存在しません。 ただ、遥か未来において地球からのSOSを受信するものではないというだけです。 要するに、notes. において地球に到来するアルティメットワンたちは『地球(私)が死滅するにもかかわらず生き延びようとしている人類を滅ぼしてくれ』という地球のSOSを聞き入れたが故に来訪しますが、ORTはただ単純に来てしまっただけというだけです。 まあ、早く着すぎた云々と書いているので、何かしらかの目的はあるのかもしれませんが、現状では推測もたたないので。 ギルガメッシュの刺青ですが、過去の権力者たちが刺青を身体に入れるというのは全く不自然ではないので、特に意味はないのではないでしょうか? もしくは、シエルに存在する第七聖典制御刻印的な、エアを制御するためのものであるとか……。 個人的には前者のような気がします。

次の

鋼の大地 (はがねのだいち)とは【ピクシブ百科事典】

アルテミットワン

FGO世界もまた鋼の大地に収束していくのか ブラックバレル・ORTこの先が楽しみですね マスター達の考察、引用の後の本文にて 鋼の大地 概要 作者によると、ジャンルはエセSF。 ただし人類はほぼ絶滅しているので、世界観を同一にしながら、全く内容を異にする。 例えば両作品ではあたりまえに存在する「魔術」は、ここでは失われている。 ストーリー 人類は地球の資源を使いきり、母なる大地は臨終し、生物は住めなくなった。 それでも人類の文明技術は、星の死亡によっても、人類を生き続けることを可能にした。 人類は卓越した技術を使い、滅亡する前の地球に生きていた生物をモチーフに亜麗百種とよばれる新たな霊長類を作り出した。 ところが亜麗百種が人類に反旗をひるがえし、世界の覇権を巡る大戦が始まる。 一人一人が亜麗百種全てを凌駕する能力を持つ「六人姉妹」率いる亜麗百種の前に成す術のない人類は次第に追いつめられていく。 追いつめられた人類は、人間種(新人類。 人間自体が進化したもので元の人間とは似て非なるもの)と騎士を生み出した。 大戦は新人類・騎士VS亜麗百種の新たな形に発展していく。 その甲斐あって、六人姉妹の末妹は騎士によって倒された。 しかし、ある日、謎の生命体が飛来し地球上の全ての生命体へと攻撃を開始する。 人間・亜麗百種双方とも壊滅寸前の損害を被ったことで大戦は幕をおろし、地球の生命体は「アリストテレス」と呼ぶようになった謎の生命体との戦いへと突入していく。 タイプ・マアキュリー 水星(? )のアルテミット・ワン。 ORT(オルト)と呼ばれる。 外見は蜘蛛に近い。 西暦以前に南米に落ちてきた。 存在するだけでさながら「固有結界」の如く周辺環境を改竄し、ORTが住んでいた環境へと改変させる特殊能力「水晶渓谷」を持つ。 「一足先(五千年ぐらい)に地球に到着してしまったドジッ子」とも称され、「約束の時」まで「水晶渓谷」に閉じこもっている。 『Note. 』におけるアルテミット・ワンたちの仲間だが、実は地球からの信号を受け取る最強種ではなかった。 よって『Note. 』のタイプ・マアキュリーと同一かは不明。 『月姫』などの世界において、「死徒二十七祖」の五位である。 これは、前五位の吸血鬼がORTを捕獲しようとして秒殺・捕食され、その後ORTが吸血種の性質を持つことが判明したため、称号が受け継がれた。 『月姫』の時点では、単純な戦闘力では最強。 wikipedia.

次の