ゼニガメ。 【スマブラSP】ゼニガメの性能評価|コンボ・立ち回り・各種攻撃解説

ゼニガメ|ポケモン図鑑ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

ゼニガメ

この項目では、実在の生物について説明しています。 同名のについては「」をご覧ください。 ゼニガメとはまたはの幼体のことで、として飼われることがある。 夜店の屋台などで売られている時点では体長が数cmであるが、成体まで成長できれば20cm程度まで大きくなる。 陸と水を作った入れ物で、煮干しなどを与えて飼育される。 丸い甲羅がの硬貨であるに似ていることから、銭亀と呼ばれた。 、亀の子と並んで夏のでもある。 などに取り上げられていることから、少なくとも江戸時代(このころの銭亀とはニホンイシガメをさす。 )には広く知られていたことが分かる。 銭亀とはもともとニホンイシガメの幼体のことであったが、現在はニホンイシガメの数が減少しているため、クサガメ の幼体を銭亀とよんで販売している。 両者とも、尾が長いことだけ共通している。 ゼニガメに関する主な作品 [ ]• - 銭亀や青砥もしらぬ山清水。 紛失したを探すために五十文を費やしたの故事にかけた作品である。 - 銭亀図。 江戸時代中期の絵師がゼニガメをに描いた作品。 ゼニガメに関連する施設 [ ]• に位置するには、弁天山と呼ばれるお堂がある。 このお堂は銭亀弁天と呼ばれていた。 に位置する千手院は、銭亀善神を祭っている。 黄金の銭亀があり、金運を運ぶ神として知られる。 毎年、4月には銭亀まつりを執り行なう。 その他 [ ]• 第6話「育てよ!カメ」に出てきた浦島太郎少年が育てたのが、この「ゼニガメ」であった。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

【ポケモンGO】ゼニガメの色違いと進化先&個体値早見表

ゼニガメ

ゼニガメ かめのこポケモン ぜんこくNo. 007 高さ 0. 5m 重さ• 0kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Squirtle タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 16で『ゼニガメ』から進化• 36で『カメール』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• メレメレ島スキャン 月曜 で海繋ぎの洞穴に出現 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 5倍になる。 第6世代は威力:50 Lv. 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 投げつけた道具はなくなる。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代しても効果は続く。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 また、威力が150になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 自分が場を離れると効果は消える。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 ダブルバトル用。

次の

【ポケモンGO】ゼニガメの色違いと進化先&個体値早見表

ゼニガメ

もくじ• ゼニガメとは 昔はゼニガメと言えばイシガメの赤ちゃんでしたが現代ではゼニガメと言えばクサガメの赤ちゃんを指します。 クサガメの赤ちゃんをゼニガメと言われるようになった理由はペットショップでの入荷が困難になってきたからです。 昔からミドリガメとゼニガメは小さい子供から大人までが飼育しており人気者でした。 しかし、現代ではイシガメの生息数が激減していることもあり、イシガメの幼体を安価で仕入れることが出来なくなったため、安価で仕入れができるクサガメの赤ちゃんをゼニガメと呼ばれるようになりました。 このゼニガメは成体のクサガメとは違いとてもデリケートな面があり、皮膚病にもかかりやすく甲ズレも起こりやすいため取り扱いには慎重にならなければいけません。 小さい子たちがペットとして飼育する方が多いですが、どうしてもゼニガメを触りたがります。 ゼニガメはあまり手で触ると甲羅が少し柔らかいため甲ズレを起こしてしまう可能性が高いためあまり、触らないようにしておきましょう。 ゼニガメの飼育環境 クサガメの幼体であるゼニガメの飼育環境は成体のクサガメより丁寧な環境作りが必要になります。 ゼニガメの時はあまり泳ぎが上手でないため水深は浅くしておき、泳ぐスペースより水中を歩けるような感じで最初は水を張るようにしましょう。 また、底には砂利を敷いてあげると良いでしょう。 砂利を敷くことで余分な汚れなどがクサガメの幼体にくっつくこともなく綺麗で清潔な状態が維持できます。 また、ゼニガメを飼育する点での注意事項ですが基本的には単独飼育を行うようにしてください。 単独飼育で行わなくても幼体のうちであれば複数飼育をしている方が多いですが、尾切れの心配や甲欠け、指とびの心配をしなければいけなくなります。 ゼニガメも爬虫類ですが、同じ爬虫類のトカゲのような尾の再生能力はゼニガメにはありませんので、複数飼育では注意が必要になってきます。 成長するにしたがって クサガメは成長スピードは意外と速く、2年から3年で5cmから大きいものでは育っています。 大きくなるにつれて飼育水槽の汚れも早くなり、餌の量も多く、運動量も活発で多くなるため飼育するのに嫌気が指す方が増えてきます。 ミドリガメがいい例です。 お祭りでカメ釣り、カメすくいなどがあり、小さいうちは飼育していたが大きくなると手に負えなくなり川に逃がしたりする方が増えていました。 急に自然界に逃がしたとしてもゼニガメの場合は餌の確保ができませんので飢えて死ぬことが目に見えています。 飼育するときは安価で簡単に手に入れることができますが、ゼニガメはどういう性質で何年ぐらい生きるのかを調べてから責任を持って飼育するようにしましょう。

次の