博多 座 イベント 予定。 福岡市 博多の祭とイベント

舞台 巌流島チケット一覧│チケット流通センター

博多 座 イベント 予定

え~っと… 正直な感想をひと言「訳、解らん」 本なのか?演出なのか?…どちらの問題かはよく判らないけれど、難解な作品でした。 モロッコというヨーロッパ大陸に近いアフリカ大陸、というな独特の文化をもつ国のエキゾチックな雰囲気を舞台美術や衣装でうまく表現されていて、赤い砂が舞う埃っぽいカラカラとした乾いた空気感、いろんな人種が行き交う土地…という情景はとても伝わってきて、気持ちは完全にモロッコにトリップ!…だったのですがストーリーが難解な上、キャラクターが多く、各々のプロフィールが複雑で舞台が進むに連れて混乱。 ミュージカルなので歌で状況を説明していくのですが、その歌が…歌が~! 言葉もハッキリと聴き取れないうえ、掛け合いとかになると…もう全く解らん この演目は今回の博多座公演で3度目にして最後の上演らしいのですが、『宝塚ファンでない、出演のジェンヌを全く知らない初見の観客の視点』に立っての再演の手直しはされたのか?は、はなはだ疑問でした。 多分、ご出演のジェンヌさん個人のファンの方なら、楽しめる所が随所に盛り込まれた作品となっていたのでしょうが、 博多座という劇場の性質上、ここで公演するからには『ヅカファンの為のヅカ作品』であってはいけないと思うのですが、ご覧になった方、どのように思われましたか? で…気になったキャラクターを~(ジェンヌ&役名は不明) 冒頭、 赤いバラを1輪持って苦悩するストールの男性が登場。 彼は最後まで一番難解な人物でした~。 ベリーダンサーのような人。 『蛇をイメージした女性ダンサーがいろいろな場面に登場するのもユニークな趣向』との解説。 それは…言われんと解らんかった~。 登場人物の心情を表すかのようなダンスをその傍らで踊り続けて動きがとても綺麗で印象的。 ムーラン・ルージュの花形女優の人。 勝ち気でプライドが高くて…でも華があって、という役がとてもハマっていて役者さんとして一番印象に残りました。 でも、歌が~。 観劇数日を経て思った事は、一番の問題は、 春野寿美礼さん リュドヴィーク、 ふづき美世さん オルガ、この主人公二人のキャラクターの描かれ方が弱い事かと。 二人の気持ちに心を寄せて観ることが出来なかった事に私的にはつきたような気がしました。 どちらも掘り下げ方が弱いので、何で気持ちがそんなにフラついて苦悩しているのか? いつの間に二人が恋に落ちたのか?とか、な~んか肝心の部分が曖昧のような…。 感想を読まれて不快に思われた方もいらっしゃるかと思いますが、あくまでも私一個人の感想ですので、何卒ご承知おきくださいませ。 カッコ良かったです しか~し、その後、その人が何処で何をしているかの発見は不可能でした この時、周りのブラック・セクシーキャットのおねえさん達のスタイルのイイ事! 足長~い! あと、サーカスのピエロのような格好をした男役No. 特筆すべきは…春野さんの女装、と言っては失礼ですが、真っ赤なドレスのゴージャスなシャンソン歌手で登場の場! 胸元がガッと開いたドレスからは鎖骨がボコッで「ヤセてる~っ、細い~」とビックリ! この日は客席1列目に男性がいたようで「あら、こんな近くに素敵なムッシュが~」とアドリブも 日頃みられないであろうお色気ムンムン、投げキッス&ウィンクの春野さんを観れてお得な気分 あの…春野さんって、顔が細いのに目をとっても大きくつくっているからか、ちょっと…上を見上げた時とか目か恐い。 私、あのスッキリした素のお顔、好きなんですけど、舞台メイク…似合ってナイような~ 切れ長系の…涼しい目元を作った方が似合うと思うんだけどなぁ…といらん世話です、ハイ。 男の花道 私、藤十郎さんでしか拝見した事がなかったので「上方歌舞伎の看板役者の役を猿之助さんが?」 角力場 團十郎さんと新之助さんがそれぞれに関取を演じ、自分のご贔屓筋に対して仁義を切ろうとするお話 大河ドラマ【篤姫】は、堺雅人さん 徳川家定が出ている期間だけ観た…という私。 故に実はどんなお話か知 藤山直美さんの博多座公演は【喜劇 道頓堀ものがたり '03. 4 】、【花あかり '04.

次の

【随時更新】博多座公演スケジュール 2020ラインナップ一覧

博多 座 イベント 予定

え~っと… 正直な感想をひと言「訳、解らん」 本なのか?演出なのか?…どちらの問題かはよく判らないけれど、難解な作品でした。 モロッコというヨーロッパ大陸に近いアフリカ大陸、というな独特の文化をもつ国のエキゾチックな雰囲気を舞台美術や衣装でうまく表現されていて、赤い砂が舞う埃っぽいカラカラとした乾いた空気感、いろんな人種が行き交う土地…という情景はとても伝わってきて、気持ちは完全にモロッコにトリップ!…だったのですがストーリーが難解な上、キャラクターが多く、各々のプロフィールが複雑で舞台が進むに連れて混乱。 ミュージカルなので歌で状況を説明していくのですが、その歌が…歌が~! 言葉もハッキリと聴き取れないうえ、掛け合いとかになると…もう全く解らん この演目は今回の博多座公演で3度目にして最後の上演らしいのですが、『宝塚ファンでない、出演のジェンヌを全く知らない初見の観客の視点』に立っての再演の手直しはされたのか?は、はなはだ疑問でした。 多分、ご出演のジェンヌさん個人のファンの方なら、楽しめる所が随所に盛り込まれた作品となっていたのでしょうが、 博多座という劇場の性質上、ここで公演するからには『ヅカファンの為のヅカ作品』であってはいけないと思うのですが、ご覧になった方、どのように思われましたか? で…気になったキャラクターを~(ジェンヌ&役名は不明) 冒頭、 赤いバラを1輪持って苦悩するストールの男性が登場。 彼は最後まで一番難解な人物でした~。 ベリーダンサーのような人。 『蛇をイメージした女性ダンサーがいろいろな場面に登場するのもユニークな趣向』との解説。 それは…言われんと解らんかった~。 登場人物の心情を表すかのようなダンスをその傍らで踊り続けて動きがとても綺麗で印象的。 ムーラン・ルージュの花形女優の人。 勝ち気でプライドが高くて…でも華があって、という役がとてもハマっていて役者さんとして一番印象に残りました。 でも、歌が~。 観劇数日を経て思った事は、一番の問題は、 春野寿美礼さん リュドヴィーク、 ふづき美世さん オルガ、この主人公二人のキャラクターの描かれ方が弱い事かと。 二人の気持ちに心を寄せて観ることが出来なかった事に私的にはつきたような気がしました。 どちらも掘り下げ方が弱いので、何で気持ちがそんなにフラついて苦悩しているのか? いつの間に二人が恋に落ちたのか?とか、な~んか肝心の部分が曖昧のような…。 感想を読まれて不快に思われた方もいらっしゃるかと思いますが、あくまでも私一個人の感想ですので、何卒ご承知おきくださいませ。 カッコ良かったです しか~し、その後、その人が何処で何をしているかの発見は不可能でした この時、周りのブラック・セクシーキャットのおねえさん達のスタイルのイイ事! 足長~い! あと、サーカスのピエロのような格好をした男役No. 特筆すべきは…春野さんの女装、と言っては失礼ですが、真っ赤なドレスのゴージャスなシャンソン歌手で登場の場! 胸元がガッと開いたドレスからは鎖骨がボコッで「ヤセてる~っ、細い~」とビックリ! この日は客席1列目に男性がいたようで「あら、こんな近くに素敵なムッシュが~」とアドリブも 日頃みられないであろうお色気ムンムン、投げキッス&ウィンクの春野さんを観れてお得な気分 あの…春野さんって、顔が細いのに目をとっても大きくつくっているからか、ちょっと…上を見上げた時とか目か恐い。 私、あのスッキリした素のお顔、好きなんですけど、舞台メイク…似合ってナイような~ 切れ長系の…涼しい目元を作った方が似合うと思うんだけどなぁ…といらん世話です、ハイ。 男の花道 私、藤十郎さんでしか拝見した事がなかったので「上方歌舞伎の看板役者の役を猿之助さんが?」 角力場 團十郎さんと新之助さんがそれぞれに関取を演じ、自分のご贔屓筋に対して仁義を切ろうとするお話 大河ドラマ【篤姫】は、堺雅人さん 徳川家定が出ている期間だけ観た…という私。 故に実はどんなお話か知 藤山直美さんの博多座公演は【喜劇 道頓堀ものがたり '03. 4 】、【花あかり '04.

次の

「博多座オンラインチケット」購入トップページ

博多 座 イベント 予定

昼の部 一、 君が代 松竹梅 (きみがよ しょうちくばい) 松の君 竹の君 梅の姫 友右衛門 錦之助 廣松 二、 歌舞伎十八番の内 毛抜 (けぬき) 粂寺弾正 小野左衛門春道 八剣玄蕃 民部弟秀太郎 小野春風 錦の前 玄蕃一子数馬 秦民部 百姓万兵衛 腰元巻絹 松緑 團蔵 亀三郎 尾上右近 米吉 廣松 廣太郎 亀寿 権十郎 孝太郎 一谷嫩軍記 三、熊谷陣屋 (くまがいじんや) 熊谷次郎直実 源義経 経盛室藤の方 梶原平次景高 堤軍次 白毫弥陀六実は弥平兵衛宗清 熊谷妻相模 仁左衛門 時蔵 菊之助 松之助 錦之助 歌六 芝雀改め雀右衛門 岡村柿紅 作 四、 新古演劇十種の内 身替座禅 (みがわりざぜん) 山蔭右京 太郎冠者 侍女千枝 同 小枝 奥方玉の井 菊五郎 松緑 尾上右近 米吉 左團次 夜の部 一、 双蝶々曲輪日記 引窓 (ひきまど) 南与兵衛後に南方十次兵衛 女房お早 母お幸 三原伝造 平岡丹平 濡髪長五郎 仁左衛門 孝太郎 竹三郎 権十郎 友右衛門 左團次 二、 五代目中村雀右衛門襲名披露 口上 (こうじょう) 芝雀改め雀右衛門 藤十郎 幹部俳優出演 三、本朝廿四孝 (ほんちょうにじゅうしこう) 十種香 八重垣姫 腰元濡衣 原小文治 白須賀六郎 長尾謙信 花作り蓑作実は武田勝頼 芝雀改め雀右衛門 時蔵 松緑 菊之助 左團次 菊五郎 四、女伊達 (おんなだて) 女伊達木崎のお菊 男伊達淀川の千蔵 同 中之島鳴平 菊之助 亀三郎 亀寿 みどころ 昼の部 一、 君が代 松竹梅 (しょうちくばい) 襲名公演を寿ぐご祝儀物で、「君が代の濁らで絶えぬ」の歌詞で始まり、常緑の松の長寿、気品の高い竹の姿、春の先駆けを告げる梅の香とそれぞれのめでたさを舞う典雅な舞踊です。 二、 歌舞伎十八番の内 毛抜 (けぬき) 歌舞伎十八番の一つ。 使者として小野家を訪れた粂寺弾正は、髪の毛が逆立つ奇病にかかっている姫の姿を見て驚きます。 弾正が思案しながら毛抜で髭(ひげ)を抜いていると、不思議なことに突然毛抜が立ちました。 これを見て姫の奇病の原因に気づいた弾正は、小野家横領を企む悪家老を斬って悠々と帰還します。 豪快な弾正が事件を解決しながら、明るくユーモアたっぷりに活躍する荒事の一幕をお楽しみください。 三、熊谷陣屋 (くまがいじんや) 雀右衛門襲名披露狂言。 「平家物語」で名高い「敦盛最期」を題材にした作品。 一谷の合戦で平敦盛を討った熊谷直実は、息子小次郎の初陣を気にかける妻相模と我が子平敦盛の身を案じる藤の方にやむを得ず敦盛を討った次第を語り、大将源義経のもとに敦盛の首を届けようとします。 その時奥から義経が現れ、この場で首実検をします。 熊谷が敦盛の首を差し出すと、そこにあったのは熊谷の一子小次郎の首。 義経の意を汲んだ熊谷は、後白河法皇の落胤である敦盛を救おうと我が子を身替りにしたのでした。 重厚さの中に戦争の無残さと人生の無常を描いた義太夫狂言屈指の名作をご覧ください。 四、 新古演劇十種の内 身替座禅 (みがわりざぜん) 狂言『花子』を舞踊劇に仕立てた作品。 大名山蔭右京は愛人花子から恋文をもらいますが、妻の玉の井が怖くて出かけられません。 一計を案じた右京は一晩座禅をすると騙し、太郎冠者を身替りにして花子のもとへ向かいます。 しかし、それが玉の井に知られ、玉の井が太郎冠者と入れ替ります。 知らずに戻った右京はそこにいるのを太郎冠者と思い、花子との逢瀬を語ります…。 浮気な恐妻家とやきもち焼きの妻、どの時代も変わらぬ夫婦のおかしさを綴り、二人のやり取りが笑いを生みます。 夜の部 一、 双蝶々曲輪日記 引窓 (ひきまど) 世話物の名作。 八幡の里に住むお幸には、先妻の子の与兵衛と、幼い頃養子に出した実子で相撲取りの濡髪長五郎という二人の子がいます。 その長五郎が思いがけず訪ねてきた後に、代官所に召された与兵衛が郷代官に取り立てられ意気揚々として帰ってきます。 その初仕事は殺人犯の長五郎を捕まえることでした。 長五郎を助けたいと思う義母の言動から、手柄を諦めて長五郎を見逃す決心をします。 待宵の夜、あかり取りの引窓を使った展開に趣向があり、義理と人情、親子の恩愛の狭間で苦しむそれぞれの人物の心情が細やかに表現されています。 二、 五代目中村雀右衛門襲名披露 口上 (こうじょう) 襲名公演に欠かせない一幕。 五代目雀右衛門の襲名が披露され、一座の幹部俳優が襲名を祝うご挨拶を申し上げます。 時代を超えて俳優の名跡と芸が継承されることを示す行事です。 三、本朝廿四孝 (ほんちょうにじゅうしこう) 十種香 『本朝廿四孝』の中の一幕で、八重垣姫は「三姫」と呼ばれる姫の大役の一つ。 雀右衛門の襲名披露狂言です。 長尾家の八重垣姫は許嫁の武田勝頼が死んだと聞かされ、絵像の前で十種香を焚き面影を偲んでいました。 ところが、座敷を見ると絵像の勝頼に瓜二つの男がいます。 姫は思わずすがりつきますが、男は自分は簑作という新参者で人違いだと突っぱねます。 しかし姫は諦めず、腰元濡衣に頼んでなおも迫り、遂に彼が本物の勝頼だと知ることになります。 姫の一途な恋心を、歌舞伎の様式美豊かに描いていく一幕です。 竹本の語りに乗ったクドキと呼ばれる女方の演技がみどころで、優雅な動きで姫の激しい恋心を表現します。 二枚目の勝頼、﨟長けた腰元濡衣、剛毅な武将の謙信、二人の対照的な討手と典型的な役柄がそろい歌舞伎美を盛り上げます。 四、女伊達 (おんなだて) 江戸の吉原を舞台に、江戸の女侠客が上方の男侠客を相手に颯爽とした姿を見せる舞踊。 すっきりとした姿、小粋な振る舞い、所作立てと呼ばれる立廻りとみどころいっぱいの華やかな舞台です。 続きを読む•

次の