憂 燦々 pv。 クリープハイプ 「憂、燦々」

憂、燦々とは

憂 燦々 pv

資生堂アネッサ2013CMタイアップ・ソングとして全国各地で話題騒然の、クリープハイプのニュー・シングル『憂、燦々(ゆう、さんさん)』。 先週からミュージック・ビデオのオンエアもスタートし、その映像クオリティの高さがファンの間でも話題となっている。 クリープハイプのミュージック・ビデオといえば、楽曲の物語性と交錯する短篇映画仕立ての映像が毎回話題になっているが、今回も前シングル2作と同様に、もはやクリープハイプの盟友ともいえる気鋭の映画監督、松居大悟氏を起用。 さらに1stシングルの大東駿介、2ndシングルの山田真歩に続き、今回も豪華な実力派俳優陣がキャスティングされており、池松壮亮と黒川芽以を中心に繰り広げられる迫真の人間ドラマが見どころになっている。 現在、絶賛オンエア中となっている「憂、燦々」のミュージック・ビデオだが、本日よりYouTubeでも公開が始まった。 今作の映像作品としての奥深さをより一層感じていただけるはずだ。 更に、ミュージック・ビデオのメイキング映像や『憂、燦々』の初回限定盤に付属するDVDに収録される「3・3セッション」の一部も含むトレーラー映像まで一挙に視聴できてしまうという、見ごたえ抜群の内容となっている。 傷つける 3. AT アイリッド 4. ABCDC 2. 風にふかれて 3. 社会の窓 4. サイズ:CDパッケージサイズ、全104ページ <収録曲内容> 1. 愛の標識 2. イノチミジカシコイセヨオトメ 3. 手と手 4. オレンジ 5. バイト バイト バイト 6. ミルクリスピー 7. 身も蓋もない水槽 8. ABCDC 9. 火まつり 10. 蜂蜜と風呂場 11. gekirock. php? 彼らが満を持してメジャー・デビューを果たす。 その1作目となる今作、いい意味で彼らは変わっていなかった。 現実と妄想の狭間を突っ切る歌詞世界も勿論健在。 だがそこにはしっかり進化の形もある。 ポップでありつつも鋭さを持つ、空間を操るように飛び回る4人のサウンド・メイクはより強力に。 そこにはギター・ロックへの敬愛心がとめどなく溢れており、その純粋さと初期衝動に焦燥感が激しく煽られた。 今のメンバーでは初収録となるインディーズ時代の既発曲4曲も新たな息吹を手に入れて蘇る。 (沖 さやこ) ひと度口に含めば体の芯まで温まり、心を解きほぐす。 そして、甘い香りと共に上がる湯気のような安心感と温もり。 まるで冬の日のココアのような声だ。 メロディと演奏の中をたゆたう無垢なその声は、冒頭曲から、なんと53回も"キライ"と繰り返す。 これには不意打ちを食らった。 無防備な佇まいでありながら、胸にはナイフを忍ばせていたのだ。 己を打ち砕くほどに、もがき、あがくような歌詞は、途方もなく強い自我の掃き溜めという孤独で溢れ返っている。 その苛立ちを、怒りを、劣等を、そして悲しみを、画用紙がぐちゃぐちゃになるまで、クレヨンが潰れるまで、一心不乱に書き続ける......。 そんな風に世界と対峙し、言葉を書き連ねるからこそ、その声は聴き手の中の深くまで突き刺さるのだろう。 (島根 希実) 耳に突き刺さるように飛び込んでくるハイトーン・ボイス。 特異なまでに男女の視点が交錯し、息遣いが聴こえるほどにリアルな日常。 ロックと呼ぶには余りに繊細で、フォークと呼ぶには余りに生々しい。 その無防備さゆえに、鋭利でやや暴力的に人間関係の核心にするりと迫っている。 そして、平常のうちに一瞬ギラリと光る瞬間を切り取り、現在の時間軸とは別に独立させて捉える。 だからこそ、特定の個人の時間軸・経験の延長上にあるのではなく切り離されたものとして、非常にリアルでありながらも一種の"物語" として、どの瞬間に対しても私たちは入り込むことが出来るのだろう。 世の中を動かしたいだとか、世界を救いたいだとか、尾崎の言葉の中には大義名分はない。 今そこにある人間関係を描いているからこそ、ヘッドフォンから流れる搾り出すようにギリギリの歌声は、確かに心を打ち震わせ、閉まっていた思いを直接的に揺さぶる。 "人と人との繋がりを描きたい"という尾崎の言葉が、レコードを通して4人と私たちとを繋ぐのだ。 ytimg. ytimg. ytimg. ytimg.

次の

クリープハイプ「憂、燦燦」歌詞の意味を独自解釈して考察!タイトルの意味が深い!│MUSIC

憂 燦々 pv

資生堂アネッサ2013CMタイアップ・ソングとして全国各地で話題騒然の、クリープハイプのニュー・シングル『憂、燦々(ゆう、さんさん)』。 先週からミュージック・ビデオのオンエアもスタートし、その映像クオリティの高さがファンの間でも話題となっている。 クリープハイプのミュージック・ビデオといえば、楽曲の物語性と交錯する短篇映画仕立ての映像が毎回話題になっているが、今回も前シングル2作と同様に、もはやクリープハイプの盟友ともいえる気鋭の映画監督、松居大悟氏を起用。 さらに1stシングルの大東駿介、2ndシングルの山田真歩に続き、今回も豪華な実力派俳優陣がキャスティングされており、池松壮亮と黒川芽以を中心に繰り広げられる迫真の人間ドラマが見どころになっている。 現在、絶賛オンエア中となっている「憂、燦々」のミュージック・ビデオだが、本日よりYouTubeでも公開が始まった。 今作の映像作品としての奥深さをより一層感じていただけるはずだ。 更に、ミュージック・ビデオのメイキング映像や『憂、燦々』の初回限定盤に付属するDVDに収録される「3・3セッション」の一部も含むトレーラー映像まで一挙に視聴できてしまうという、見ごたえ抜群の内容となっている。 傷つける 3. AT アイリッド 4. ABCDC 2. 風にふかれて 3. 社会の窓 4. サイズ:CDパッケージサイズ、全104ページ <収録曲内容> 1. 愛の標識 2. イノチミジカシコイセヨオトメ 3. 手と手 4. オレンジ 5. バイト バイト バイト 6. ミルクリスピー 7. 身も蓋もない水槽 8. ABCDC 9. 火まつり 10. 蜂蜜と風呂場 11. gekirock. php? 彼らが満を持してメジャー・デビューを果たす。 その1作目となる今作、いい意味で彼らは変わっていなかった。 現実と妄想の狭間を突っ切る歌詞世界も勿論健在。 だがそこにはしっかり進化の形もある。 ポップでありつつも鋭さを持つ、空間を操るように飛び回る4人のサウンド・メイクはより強力に。 そこにはギター・ロックへの敬愛心がとめどなく溢れており、その純粋さと初期衝動に焦燥感が激しく煽られた。 今のメンバーでは初収録となるインディーズ時代の既発曲4曲も新たな息吹を手に入れて蘇る。 (沖 さやこ) ひと度口に含めば体の芯まで温まり、心を解きほぐす。 そして、甘い香りと共に上がる湯気のような安心感と温もり。 まるで冬の日のココアのような声だ。 メロディと演奏の中をたゆたう無垢なその声は、冒頭曲から、なんと53回も"キライ"と繰り返す。 これには不意打ちを食らった。 無防備な佇まいでありながら、胸にはナイフを忍ばせていたのだ。 己を打ち砕くほどに、もがき、あがくような歌詞は、途方もなく強い自我の掃き溜めという孤独で溢れ返っている。 その苛立ちを、怒りを、劣等を、そして悲しみを、画用紙がぐちゃぐちゃになるまで、クレヨンが潰れるまで、一心不乱に書き続ける......。 そんな風に世界と対峙し、言葉を書き連ねるからこそ、その声は聴き手の中の深くまで突き刺さるのだろう。 (島根 希実) 耳に突き刺さるように飛び込んでくるハイトーン・ボイス。 特異なまでに男女の視点が交錯し、息遣いが聴こえるほどにリアルな日常。 ロックと呼ぶには余りに繊細で、フォークと呼ぶには余りに生々しい。 その無防備さゆえに、鋭利でやや暴力的に人間関係の核心にするりと迫っている。 そして、平常のうちに一瞬ギラリと光る瞬間を切り取り、現在の時間軸とは別に独立させて捉える。 だからこそ、特定の個人の時間軸・経験の延長上にあるのではなく切り離されたものとして、非常にリアルでありながらも一種の"物語" として、どの瞬間に対しても私たちは入り込むことが出来るのだろう。 世の中を動かしたいだとか、世界を救いたいだとか、尾崎の言葉の中には大義名分はない。 今そこにある人間関係を描いているからこそ、ヘッドフォンから流れる搾り出すようにギリギリの歌声は、確かに心を打ち震わせ、閉まっていた思いを直接的に揺さぶる。 "人と人との繋がりを描きたい"という尾崎の言葉が、レコードを通して4人と私たちとを繋ぐのだ。 ytimg. ytimg. ytimg. ytimg.

次の

クリープハイプ 「憂、燦々」

憂 燦々 pv

それは、 アネッサの2016年CMソング に、選ばれていたということです。 このCMだけをみると 明るくて眩しいイメージが強いですね。 まさに、 「燦々」としてます。 ちなみに、ここからは裏話ですが タイアップが決まった際、担当者の方から YOU SAN SAN あなたは太陽みたいに輝いている という、1フレーズを 入れて欲しいと依頼されたそうです。 だから、タイトルにもサビにも ゆうさんさん という言葉が入っています。 しかし、 YOU SAN SAN などという、晴れやかな言葉は、 クリープハイプのイメージとは 離れていると思いませんか? だから彼らは、複数の感情が交差する 「憂、燦々」 という造語を作るに至ったのです。 CMに対してMVは不穏ですね。 まさに 「憂」といった感じでしょうか?• 気性の荒い男性• 自分の意志が弱い女性 がMVで登場しています。 このMVの情景は歌詞ともリンクしてくるため、細かく歌詞を見ていくことで意味が分かってくると思います。 では、本題の歌詞解釈に移っていきます。 歌詞 小さな約束も守れないから 大きな欠伸でごまかしていたな 小さな幸せも見つけられないから 大きな目から涙を流してたな 愛しいだけじゃ足りないし 嬉しいだけじゃ不安だし 優しいだけじゃ意味ないし 連れて行ってあげるから 憂、燦々 離さないでいてくれるなら 何でも叶えてあげるから 連れて行ってあげるから 憂、燦々 離さないでいてくれるなら 何でも叶えてあげるから これからあたしたちどうなるのかな 今どうでもいい事考えてたでしょ 憎しみだけじゃキリないし 悲しいだけじゃ不満だし 厳しいだけじゃ笑みないし 連れて行ってあげるから こっちにおいでよダーリン 離さないでいてくれるなら いつでも許してあげるから 連れて行ってあげるから こっちにおいでよダーリン 離さないでいてくれるなら いつでも許してあげるから どこにでも どこにでも どこにでも どこにいても どこにいても どこにいても 連れて行ってあげるから… 離さないでいてくれるなら… 連れて行ってあげるから 憂、燦々 離さないでいてくれるなら 何でも叶えてあげるから 連れて行ってあげるから 憂、燦々 離さないでいてくれるなら 何でも叶えてあげるから スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 小さな約束も守れないから 大きな欠伸でごまかしていたな 小さな幸せも見つけられないから 大きな目から涙を流してたな 前提としてこの曲は 女性目線の歌です。 MVを見てもわかるように 主人公は 荒々しくてだらしない恋人に 惹かれてしまっているようです。 やはり、危険な人やダメ男には 他にはない魅力があるのでしょうか? 彼は 小さな約束も守れず 大きく欠伸をするだらしない男性 対して自分は そんな彼に 自分の気持ちを言えず 見えないところで 涙を流しています。 本当は現状をどうにかしたいのです。 二人の雰囲気が伝わる部分になります。 愛しいだけじゃ足りないし 嬉しいだけじゃ不安だし 優しいだけじゃ意味ないし 主人公の理想といったところでしょうか? 単純に愛しいだけでは不満足 良いことばかりだと返って不安 優しいだけだと魅力がない 主人公の女性が 今の彼に惹かれるのも無理ないですね。 ある程度の刺激がないとダメなようです。 こういった考え・理想は 自己肯定感の低さ からきているのでしょう。 主人公も主人公で ひねくれものなのです。 サビ1 連れて行ってあげるから 憂、燦々 離さないでいてくれるなら 何でも叶えてあげるから 連れて行ってあげるから 憂、燦々 離さないでいてくれるなら 何でも叶えてあげるから 上でも記述しましたが 「憂」とは 苦しい、つらい、悲しい 気が晴れない、ふさぎこむ。 という意味になっています。 「燦々」とは 太陽などが明るく光り輝くさま。 彩りなどの鮮やかで美しいさま。 この 対極する二語ですが 物語の展開、歌詞の内容を踏まえると 「憂」を 「燦々」して 欲しいのではないでしょうか。 つまり 「連れていってあげるから、 なんでもしてあげるから この憂鬱を振り払って欲しい!」 と訴えたいのでしょう。 2番 これからあたしたちどうなるのかな 今どうでもいい事考えてたでしょ 憎しみだけじゃキリないし 悲しいだけじゃ不満だし 厳しいだけじゃ笑みないし 主人公は、彼とのことを考えています。 彼は、ほかのことを考えています。 些細な日常ですが、 すれ違う二人が 表現されています。 2番のBメロは 1番で羅列した理想とは打って変わって 愚痴・不満といったところでしょう。 憎むことだけを考えても終わりはない 悲しいことばかりされるのは嫌 厳しいだけだと幸せではない 「優しいだけじゃ、意味ないし」 と刺激を求めていた主人公でしたが ダメージが大きすぎると耐えられないのです。 アメとムチの絶妙な加減を欲しています。 この歌詞の主人公は少し極端化も知れませんが 一般的な恋愛でも アメとムチの使い分けは 非常に大切と言われていますよね。

次の