導きの地 地質学 増えない。 【アイスボーン】導きの地の仕様解説|最新情報まとめ【モンハンワールド(MHW)】

【MHWアイスボーン】導きの地のレベル上げ方法

導きの地 地質学 増えない

攻略ガイド• イベント情報• 装備情報• おすすめ・最強装備• その他の装備情報• スキル情報• モンスター情報• 新モンスター攻略• NEW• クエスト情報• ストーリー進行• 素材・アイテム情報• マップ情報• アイスボーンマップ• MHWのマップ• ピックアップ情報•

次の

【MHWI】徹甲ライト 導きの地 対クシャルダオラ

導きの地 地質学 増えない

氷雪地帯は、特別任務「失われた幽世線」をクリアすると解放されます。 失われた幽世線では、ジンオウガ亜種の狩猟が行われます。 導きの地の最新アップデート情報 指定レベルの減少が可能に 導きの地のレベルを意図的に下げる機能が追加されます。 レベルの調整はしやすくなるものの、レベルを上げる方法は以前と変化ないので、注意が必要です。 特殊痕跡がより集めやすくなる 導きの地で解析済みの特殊痕跡を入手、もしくは完了した際、クエストメンバーも痕跡を獲得できるように変更されます。 今までよりも特定のモンスターを周回する機会が自然と増えます。 強力なスキルが組みやすく、モンスター攻略を進めやすくなります。 マスターランクのカスタム強化素材を入手 導きの地では、 マスターランク武具のカスタム強化に使用する特別な素材が入手可能です。 導きの地をやる大きな目的がカスタム強化素材の入手なので、採集・モンスター討伐をぬかりなく進めていきましょう。 地帯レベルの上げ方と注意点 導きの地の各地帯にはレベルが設けられており、地帯レベルが上がると出現するモンスターの種類が増えます。 地帯レベルは、モンスターの狩猟か痕跡を集めると上がっていきます。 MRを上げると地帯レベルの上限が解放 必要マスターランク 地帯レベル上限 MR49 レベル5 MR69 レベル6 MR99 レベル7 地帯レベルの上限は、マスターランク MR を一定まで上げて出現する任務クエストをクリアすると解放されます。 地帯レベルは、最大7まで上げることが可能です。 地帯レベルの上げすぎには注意 1箇所の地帯レベルを上げると、同時に他の地帯レベルが徐々に低下します。 地帯レベルごとに出現するモンスターの出やすさや、入手できる素材が異なることから救済措置として設けられているようです。 欲しい素材が入手できなくなる 地帯レベルを上げると、出現モンスターレベルごとにモンスターから入手できる素材が異なるため、欲しい素材が入手できなくなる恐れがあります。 目的なくモンスターを狩るより1体を集中して狩る方が効率的です。 地帯レベルの調整方法 目的の素材がある場合は、対象のモンスターのみを狩って帰還し、地帯レベルの上昇を抑えるのが得策です。 上げすぎてしまった場合は他の地帯を上げて、目的の地帯のレベルを下げられます。 低レベルの導きに参加すると効率的 地帯レベルのみを重視して上げたい場合は、自身より低レベルの導きの地に参加するのが効率的です。 低レベルの地に参加すると通常時よりポイントを多く稼げるため、簡易的にレベル上げを行うことが可能です。 逆に高いプレイヤーが低いプレイヤーの導きの地に参加することは可能です。 特殊痕跡の使い方と解析の進め方 解析を始めるには、モンスターの特殊痕跡が必要です。 特殊痕跡はフィールドの各箇所にある他、大型モンスターの剥ぎ取りや捕獲でも入手できます。 特殊痕跡を入手した場合、画面右上に「解析状況」が表示されます。 解析は2通りの進め方が存在 解析の2通りの進め方 同種族のモンスターを討伐・剥ぎ取り、縄張り争い跡の回収 導きの地の大型モンスターの部位破壊 1体につき1回 解析は、2通りの方法で進められます。 解析の対象種族は導きの地内の画面右上にて確認可能です。 なお、導きの地の大型モンスターの部位破壊は、モンスター1種つき1回だけ解析を進められます。 対象によっては複数回解析を進める必要がある 解析を行う対象によっては、複数回解析を進める必要があります。 そのため、フィールド内の様々なモンスターを部位破壊して回るのも効率的です。 また、部位破壊した対象が解析対象だった場合、その場で解析が完了します。 解析が完了するとおびき出しが可能 解析が完了したモンスターは受付嬢から「おびき出し」ができ、任意のタイミングで戦えます。 おびき出しは、キャンプにいる受付嬢に話しかけると行うことができ、1回行うと解析した特殊痕跡がなくなります。 確定素材を入手すると、溜めたゲージは1割ほどまで減少しますが、レア素材集めに役立つため積極的に活用しましょう。 導き狩猟おすすめ睡眠装備 簡易版睡眠装備 部位 防具名 スロット 頭• 必須スキルは別途で組み込む必要があるものの、全ての武器種に対応でき、比較的簡単に運用が可能な装備構成になっています。 エンプレス採用整備装備 部位 防具名 スロット 頭• 整備で化合の装衣を回す他、スラアクの零距離属性解放突きの機会を作れるなど高い汎用性を誇る装備構成です。 ゴールドルナ採用装備 部位 防具名 スロット 頭• 真・会心撃【特殊】で睡眠値を底上げする他、精霊の加護の極意で安定性を高めています。 耐久面が心配の方には特におすすめの装備構成です。

次の

モンハンワールド2chまとめ速報

導きの地 地質学 増えない

1:お久しぶりです ソシャゲやらアイスボーンやらのプレイが忙しく、ブログがお粗末になっていました。 失踪では無い、どうもイツキです。 やっと、 導きの地の攻略がようやく一段落したので記事にまとめて行きたいと思います。 オンラインでは、 未だに地帯関係をガン無視してモンスターを狩り始める人もチラホラいるのでここでしっかり書いて行きたいと思います。 2:まずはおさらい 導きの地は、 「ストーリーをクリアする」と行くことが出来る 「エンドコンテンツ」です。 「4つのエリアからなる複合マップ」で、 「様々なモンスターが入り乱れる特殊マップ」になります。 モンスターによって、 「1つのエリアだけに対応」したモンスターや 「全エリアに対応」しているモンスターもいます。 導きの地では、 「特殊な素材」を入手する事が可能となっており 「特定の防具」や 「カスタム強化」に 「必ず必要」になってきます。 入手できる素材は、 「通常個体」と 「歴戦個体」で入手できる素材が変化します。 つまり、歴戦個体を出現させる為には地帯レベルを上げる必要があります。 各マップには、 「隠しモンスター」が存在し地帯レベル5以上で各マップの隠しモンスターと会う事が出来ます。 3:隠しモンスター アイスボーンにも隠しモンスターが存在し、 森林地帯レベル2で ・ 森林地帯レベル3で で解放される この2体 も隠しの部類に入るでしょう。 しかし、 地帯レベル6まで上げると・・・ 森林 「傷ついた」 荒地 「希少種」 陸珊瑚 「希少種」 瘴気 「亜種」 が出現するようになります。 これらのモンスターは、 発見していない状態ではハンターノートに表記が出ない(たしか・・・)のでクトに 「?」のアイコンが出れば 「 地帯レベルを上げた マップの隠しモンスターと遭遇」 する事が出来ます。 フィールドに到着しても 「表記がありません」が 落ち着いて痕跡を探しましょう。 マップを探索して、痕跡を集めていくと最終的には常に表示されるようになります。 そのためには、 「忘れずに調査研究所に報告」 に行きましょう。 4:地帯レベル7まで上げる必要があるのか? 最高レベルの7まで上げなくても、隠しモンスターと戦う事は出来ます。 隠しモンスターも 1度捕獲すれば、 「闘技場クトが解放」されるので通常素材を集めるのがかなり楽になります。 しかし、アイスボーンには 「歴戦個体」も存在します。 この 、 歴戦個体の素材がカスタム強化に必須なので最高レベルまで上げる必要があります。 特に、 アイスボーンを始めた時点で失われた 最強カスタム強化「回復能力付与」を付けるのに歴戦個体の素材が必要になります。 あの 「最高カスタム強化が使える」となれば上げざる負えないと言えるでしょう。 5:効率的に地帯レベルを上げるには やはり、地帯レベルを上げる必要がある事が分かった所で 「どのモンスターを狩れば効率が良いのか」を考えて行きたいと思います。 モンスターには、 登場時点でどの地帯に属するかが表記されています。 表記されている地帯のモンスターを討伐する事で地帯レベルが上昇する・・・、 「訳では無い」です。 これが 、 「大きな落とし穴」 です。 例えば、初期の状態から登場する 「バフバロ」ですが対応地帯は4つの地帯全てに該当します。 このモンスターを倒しても、恐らく上げたい地帯レベルは殆ど上昇しないでしょう。 こういったモンスターは、バフバロ以外にも存在し 「アンジャナフ亜種」や 「怒り食らうイビルジョー」も4つの地帯全てに該当するモンスターです。 ここからは、仮説ですが 対応 地帯が4つあるモンスターは「地帯ポイント(今回は増えるゲージの事を呼称)が分散」してしまっていると考えられます。 私が 怒り食らうイビルジョーを倒した時は、 4つの地帯ゲージ全てに影響を与えましたが殆ど変化しませんでした。 ( 倒しても現状維持でほぼ増減無し)複数地対応モンスターを討伐する際は、なるべく 「対応 地帯が少ないモンスターを討伐する事が一番効率が良い」です。 この方法は、 「1つの地帯レベルを上げる事は非常に効率が良い」ですが 「間違いなく他の地帯レベルが下がる」やり方です。 何処かの地帯レベル7にしたい場合に一番効果を発揮するやり方と言えます。 6:つまりどのモンスターを狩ればいいのか? 先ほどの話をまとめると、 1つの地域でしか(例:森林地帯でしか)出現しないモンスターを狩り続ける事が一番良いという事になります。 更に、 通常個体よりも歴戦個体の方が地帯ポイント(地帯ゲージ)が貯まりやすいです。 この条件を満たした より強力なモンスターが効率が一番良いという事になります。 効率よく地帯レベルを上げる為に非常に効果的なのか 「特殊痕跡によるモンスターの呼び出し」です。 地帯レベルが低い場合は、 「通常個体しか来ません」が 歴戦個体が出現する地帯レベルで呼び出すと 「必ず歴戦個体で出現」します。 歴戦個体が出現するようになるのは、 地帯レベル4からになります。 レベル4を超えてから、モンスターを呼び出していくと効率が良いかもしれません。 詳しくは、 「ハンターノートの導きの地」の欄でいつでも確認出来ます。 常に出現モンスターの状態を把握しておきましょう。 また、 どのモンスターがどの地域に出現するかは 「特殊痕跡での呼び出し画面で確認」する事が出来ます。 それでは、地帯ごとに見ていきましょう。 紫の字で書いてあるモンスターは、歴戦個体が存在するモンスターです。 歴戦個体が出現した場合は積極的に討伐しましょう。 強いモンスター程ゲージが貯まりやすい傾向にあると思います。 例:トビガガチ<歴戦 森林地帯 トビガガチ 亜種 荒地地帯 クルルヤック ロス 亜種 テオテスカトル ナナテスカトリ 希少種 陸珊瑚地帯 ツィツィヤック パオウルムー プケプケ亜種 レイギエナ キリン ネロミェール 希少種 瘴気地帯 ドスギルオス ラドバルキン 亜種 死を纏うヴァルハザク 亜種 ラドバルキンは瘴気地帯の部分しか文字が白くなっていません。 つまり、瘴気地帯のみに対応しているモンスターです。 地帯レベル上げには最高の相手です。 瘴気地帯上げの時は非常にお世話になりました。 続いてです。 森林・荒地地帯に対応しているので2つの地帯に対応しています。 倒すのであればこのライン限度だと思います。 以外に対応地域が多いです。 対応地帯は3つ、ポテンシャル的に全マップいける対応力はあるでしょう。 正直この辺りは、何とも微妙なラインで効果が地帯レベルが上がらないという事は無いですが超効率が良いと言う程では無いと思っています。 正直この対応地帯3つが地帯レベルとの関係性が不明点が多いかもしれません。 仮に、荒地地帯を上げるとしてとなら私はを狩ります。 大問題児怒り食らうイビルジョー事「飢餓ジョー」さんです。 地帯レベル上げには向かない所かデメリットまで存在します。 先日、 瘴気地帯がめでたくレベル7になりました。 しかし、ツィツィヤックのトサカをイビルジョーが壊したせいで地帯が一瞬で下がりました・・・。 とりあえず大問題児なので 追いかける際には注意が必要です。 しかし、オロン等の 「おもちゃ」に 大ダメージを与えてくれる良い面もありますが2体の 「追いかけっこ」が始まるので やっぱり駄目です。 私のざっくり検証なので、間違いがあればコメントお願いします。 こうやって見ると、意外と対象となるモンスターは少ないです。 地帯レベルの兼ね合いも考えると更に対象は狭まります。 必然的に、同じモンスターと連戦になりますが 対応地帯が2つのモンスターでも上がらないわけでは無いので普通に倒しても大丈夫です。 素材が必要で無い限りは、対応地域が3・4つは避けるべきだと思います。 (特に4つ) 今回はこの辺りで ではノシ ituki924.

次の