那須 川 天心 江幡 塁。 那須川 天心

大晦日 那須川天心VS江端塁が激突!日本人最強と言われる江端塁の実力は?那須川天心が武尊戦に消極的な発言!

那須 川 天心 江幡 塁

2019年12月31日にVS江幡塁の試合が行われました。 戦前の予想は圧倒的に川が有利。 今キックルールで川と国内の選手で戦うなら の武尊か武居のどちらかでないと盛り上がらないと思います。 江幡も実力はあるでしょうが、今回の試合では少し力不足感は否めません。 試合内容は開始のゴングから川のスピードが発揮されます。 江幡は少し戸惑っている様子ですが、なんとかパンチとキックを出しているような感じ。 すぐに川が距離を掴み、右のパンチがテンプルに当たり、江幡ダウン! 威力はありませんでしたが、当たった場所て少し足に来ている感じです。 再開後に川が左ストレート、ボディと畳みかけます。 たまらず江幡2回目のダウン! なんとか立ち上がりますが、怒涛の追撃で3度目のダウンと共にストップ。 川の1RTKO勝ちでした。 予想通りの展開でしたが、川が途中で必要のない回転蹴りをしていて、盛り上げるためかも知れませんが、相手選手に対してのリスペクトがないように見えました。 今回のように勝てる試合では大口を叩き、 に完敗したときは体格差や条件が良くなかったと潔くない感じがあるので、ファンは減ったのではないでしょうか。 実力はあるので、海外の強豪との試合が増えればいいなと思いました。 overoad.

次の

那須川天心と江幡塁はどっちが強い!?大晦日の試合を予想してみた!

那須 川 天心 江幡 塁

江幡塁さんといえば WKBA世界スーパーバンタム級王者を獲得しているキックボクサーですね。 知名度こそ低いかもしれませんが、彼は軽量級のキックボクサーの中で 日本最強との噂も持ち上がっています。 また、双子の兄(江幡睦さん)もキックボクサーで、二人とも伝説の 「伊原道場」に所属し、基本を徹底的に叩き込まれているんだとか。 ちなみに、伊原道場とは新日本キックボクシング協会代表を務める伊原信一さんが会長のジムで、K-1王者まで上りつめた 魔裟斗さんにキックボクシングの基礎を徹底的に叩き込んだ鬼の指導者でもあるんです。 (驚) あ、あと 「ボブ・サップ」にも指導していたそうな。 (笑) そんな厳しい環境で鍛えられてきた江幡塁さんについて、那須川天心との比較や三浦春馬さんとの約束、さらに彼女の噂をまとめてみました。 江幡塁のプロフィール!那須川天心より強い?戦績は? 【名前】江幡塁(えばた るい) 【出身】茨城県 【生年月日】1991年1月10日 【身長】165cm 【体重】53kg 江幡塁さんは2008年に K-1トライアウトに合格し、地道に力を付けてきた苦労人です。 アマチュアの試合でも結果を残せなかったり、決して才能でのし上がってきたタイプではないと思います。 しかし、2018年6月、江幡塁さんはライバルであるISKA世界バンタム級王者の小笠原瑛作さんと激闘を演じ、1~2ラウンドの劣勢をくつがえし 右ストレート一発で相手を戦闘不能にまで追い込みKO勝利をつかみました。 現役の世界王者を 「一撃」・・・です。 ジムの会長の基礎練習を信じ、コツコツと努力をしてきたからこその結果でしょうね。 しかし、江幡塁さんはめちゃくちゃ強いですが、やはり世間の認識としては 「神童」那須川天心や、 K-1王者の武尊の方が圧倒的に知名度も評価も上だと思います。 同じ世界王者同士なので、試合が組まれてもおかしくはないのですが・・・。 もしも今、那須川天心と戦ったらどちらが強いのでしょうか? ちなみに江幡塁さんの戦績は 42戦36勝3敗3分(19KO)で、那須川天心は30戦以上経験していまだ 「無敗」。 お互い勝率が高いことは一致していますが、やはり一度も敗北を喫していない那須川天心の方が穴が少なく、テクニックも優れていると思います。 おそらく、この記事を読んでいる人も 「那須川天心の方が強いに決まってるじゃねーか。 」と思ったことかもしれません。 そうした考えの人たちに僕が言いたいことは・・・ 「はい。 那須川天心の方が強いです。 」ということです。 (笑) ただし、試合のルールに 「ある要素」が加わると、那須川天心といえども敗北を喫する可能性があります。 その「ある要素」とは・・・ こちらです。 そう、ひじ打ち! 江幡塁さんは打倒ムエタイを公言していることから、ひじ打ちの技術を磨いており、恐ろしい攻撃力を持っています。 一方の那須川天心は、ボクシングの技術は江幡塁さんに勝りますが「ひじ打ち」の技術は明確に劣るので、 ひじ打ちありのルールであれば・・・・勝敗は逆になるかもしれません。 まぁ那須川天心は「ひじ打ちあり」でも江幡塁さんと戦うと思うので、実現したら本当に最高でしょうね。 江幡塁が三浦春馬にした「約束」とは? 江幡塁さんは、実はものすごい人物との交友関係があるんだとか。 それは・・・俳優の三浦春馬さん。 え?なんでこの二人が? と疑問に思うかもしれませんが、実はこの二人、 小学校&中学校時代の同級生なんだとか。 (驚) 江幡塁の彼女の噂についても! 江幡塁さんは強さを追い求めているストイックな格闘家ではありますが、よく見るとイケメンですよね。 スタイルもいいし、 女性が放っておかないと思うので彼女が複数人いるのでは・・・? と、思いきや・・・ 彼女はいないそうなんです。 ただ・・・三浦春馬さんと交友関係があったり、対戦相手もイケメンだったりするので・・・ 「オネエじゃないのか?」との噂が一部であるそうな。 (驚) 江幡塁さんのブログでも 「女性の美容・女性ホルモン・女性のダイエット」などと言ったコメントまで飛び出し、女性的な心を持ち合わせている予感がします。 さらに、江幡塁さん自身が ありえない量のアクセサリーを手に付けている画像を公開していました。 これはマジなやつかもしれないですね・・・。 と、まぁ冗談はこれくらいにしておきましょうか。 (笑) アクセサリーは友達が作った物だからインスタ用につけただけで、女性の美容コメントも格闘家としての体の鍛え方の延長線上で言っただけなのでオネエとは一切関係ありません。 僕自身はオネエの友達もいるので、そういう人も大好きなんですが、江幡塁さんはオネエとかではなく、普通に練習に集中するために恋愛を我慢しているんでしょうね。

次の

【スポーツ】RIZIN 那須川天心VS江幡塁

那須 川 天心 江幡 塁

biglobe. リング上のマイクで、 「武尊選手、そしてK-1の陣営に言いたいことがあります。 自分にはまだまだやりたい未来がたくさんありあます。 皆さんの声に答えるのが選手だと思いませんか?僕は逃げも隠れもしない。 SNSに書き込んだりするなら、さっさと正式に話をください。 」 と、武尊に対戦を呼びかけます。 これを受け武尊は自身のインスタで、 「オファーを出せるならとっくにお互いしているでしょ!色々言いたいことはあるけど、今はそのために自分が信じることを全力でやるだけ。 絶対実現させるから待ってて!」 と、返答しました。 boutreview. 戦いたいという意思があるのであれば、正式にコンタクトを取ってもらって、契約してもらえれば対戦する可能性はある。 僕らはどんな選手にも門戸を開放している。 那須川天心選手から『何度か交渉してます』という発言があったが、K-1の方から那須川天心選手に正式に試合の交渉をしたことはない。 現時点で先方から正式なコンタクトもない。 」 と、発言しています。 この発言を受け、世間はまだまだ実現は難しそうだと感じています。 2019年9月19日(2019年に対戦の可能性が薄まる) 11月24日の「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」で武尊の復帰戦が発表されます。 相手は、村越優汰で大晦日の那須川天心戦の期待が薄まります。 「今日は言うなって言われてたんですが、やっぱり今こそ、言ういう問いだからこそ格闘技が皆にパワーを与えると思うので、団体とか関係なく日本中、世界中をもっと元気にしていきたい。 必ずでかい大会をやります。 その時はK-1とか他団体とか官益なくみんなで応援してもらって、みんなでパワーをもらってください。 それに向けて頑張ります。 格闘技最高!」 これまでは武尊はリング上でのマイクで 『K-1最高』だったのが『格闘技最高』に変わりました。 4月以降、新型コロナウィルスの影響で格闘技のイベントは全て中止になりました。 出来ないなら出来ないっておっしゃていただけたら嬉しいです。 変に期待してできませんでしたって方が辛いので。 」 と、いうコメントに対して武尊は、 「無理だったら最初から発言しないから。 まあ見てないよ。 」 と、返答しました。 2020年5月(天心は武尊に興味がない) 那須川天心は武尊戦に興味はなく、武尊の方が天心戦にこだわっている流れになっています。 ボクシング転向を示唆する発言をするなど、世界に羽ばたいていくような雰囲気を醸し出しています。 尚、現在も武尊と天心の試合はファンから期待されており、榊原代表が企てている夏のメガイベントでの対戦も大いにありえる状況です。 武尊(たける)と那須川天心の試合が組まる可能性は? 2020年5月現在では、• 武尊は那須川天心と戦いたい• 那須川天心は眼中にない といった感じに両者の意思はすれ違いを見せています。 何故、那須川天心はK-1と契約しないのか? ネット上を見ていると 「那須川天心がK-1に行けばいいのではないか?」という声も多いのですが、K-1には 「3年間の独占契約」という縛りがあります。 更に、 「試合をするたびに1年間の専属契約が自動更新」されるといった契約内容になります。 結果として、K-1を離脱するにあたっては 「1年間、国内で試合が出来ない」という事になります。 しかし、海外の選手や海外での試合は対象外になります。 まとめ 武尊と那須川天心の対戦は団体の壁が邪魔しています。 両者の発言内容からもお互いにいつでもやりたいと意気込みが見えましたが、格闘技団体のビジネス的な問題が絡んでいる様子です。 K-1は看板選手である武尊を囲っているように思います。 この記事をまとめると、、、• 武尊は今年中に那須川天心との対戦が実現しないなら引退すると発言していますが、K-1側に間接的に実現化を催促しているように思え、「ファンを裏切らない」為に意思表示していた• 那須川天心はいつでも対戦する意欲をみせていたが、実現化に時間が経ちすぎたせいで気持ちが冷めていた• 憶測ではISKAのリングという中立のポジションで武尊と那須川天心が対戦する可能性が最も高かったが流れてしまった• K-1が特例を出さない限り実現は難しい.

次の