ウルトラ ヒロイン。 ウルトラヒロインメモリアルSV「友里アンヌ」(モノトーン)

『ウルトラセブン』の永遠のヒロイン「アンヌ隊員」がウルトラヒロインメモリアルで10年ぶりに商品化!

ウルトラ ヒロイン

『週刊プレイボーイ』27号で初グラビアに挑戦した吉永アユリ(C)三宮幹史/週刊プレイボーイ 昨年放送された『ウルトラマンタイガ』でヒロインを演じた女優の吉永アユリ(23)が、22日発売の『週刊プレイボーイ』27・28合併号(集英社)で人生初の水着グラビアに挑戦した。 初々しいフレッシュBODYに、SNSでは反響が寄せられている。 映画『告白』『渇き。 』などに出演してきた吉永は、『ウルトラマンタイガ』でE. のオペレーター・旭川ピリカを熱演し、注目を集めた。 記念すべき初グラビアは、ビキニをまとい身長165・B77・W57・H81センチのスタイルを、恥じらいながらもストレートに披露した。 発売日の22日、吉永は自身のSNSで「初水着ということで、少々緊張気味ですが暖かく見守って下さい(笑)」とキュートにアピール。 同誌の公式サイト『週プレNEWS』でも同日に公開された吉永のインタビュー記事がアクセス1位になるなど、注目を集めている。 ファンからは「週プレ買ったよ!可愛かった」「いやいや!可愛いすぎるでしょ?」「号泣級の可愛らしさです!」「月曜日が楽しみなんて、いつ以来だろうか……ってくらい楽しみです」と絶賛の声が次々と書き込まれている。 吉永は「今回のグラビアは、セクシーさよりも、かわいげや親近感、ヘルシーさを意識して撮影しました。 グラビアを見てくださった方が『あざとかわいい!』って思ってくれたらうれしいです。 同年代の人にも見てほしいし、『あ、こんなコが近くにいてくれたらいいな』って妄想してくれたらイイな。 恥ずかしいけど頑張ったので、『かわいい』って言ってもらえたら、吉永、とっても喜びます(笑)」とキュートに呼びかけている。 『週プレnet EX』では、吉永のグラビアの未公開カットが公開中となっている(閲覧可能期間は7日間)。

次の

ウルトラヒロインメモリアルSV 『友里アンヌ』2種同時発売! ひし美ゆり子さんを直撃!

ウルトラ ヒロイン

このブログにおいては現実世界には存在しない強大な力を有したヒーローや兵器、あるいはそれに対応し得る強力な怪獣や怪人が登場するバトルアクション要素がメインとなった1966年以降の日本における実写作品の連続TVドラマシリーズおよびそれと同一世界観で同一演者が演じる同一キャラクターが登場する1エピソードあるいは続編が描かれた映画やOVのような派生映像作品に登場する重要な女性キャラクターを扱うが、あまりにマイナーな作品や目立ったヒロインがいない作品は触れない場合もある。 また「琉神マブヤー」のような地方局のみで放送しているようなご当地ヒーロー番組は全て網羅できる自信が無いので省く。 TVシリーズに登場する女性キャラの場合、単発エピソードのみのゲストキャラは含まず、原則として最低でも4話程度は登場している必要があるが、登場話数が多くても存在感の薄いキャラや物語上重要でないキャラはヒロインとして扱わない場合もあり、逆に登場話数が少なくても重要キャラならばヒロインとして扱う場合もあり、特に変身ヒロインの場合は優遇される。 それは映画やOVの場合も同様である。 また、小学生以下の女性キャラ、あるいは中高年女性キャラや母親キャラは原則としてヒロインとして扱わないが、その作品における重要キャラの場合や若い女性態を別に持っている場合などは例外として扱うこともある。 また、女性キャラであっても演者が男性の場合はヒロインとして扱わず、逆に中性的キャラであっても演者が女性であればヒロインとして扱う。 着ぐるみキャラであっても明らかに人間の女性のフォルムを有したキャラで上記諸条件にあてはまるキャラの場合はヒロインとして扱う。 またオリジナル作品以外への客演で変身後の姿のみ登場の場合、オリジナル役者が声を担当している場合のみ客演としてカウントする。 そして上記諸条件を満たしていてもうっかり取りこぼしているヒロインもあり、逆に上記諸条件を満たしていなくても登場しているヒロインもあるかもしれない。 「変身ヒロイン」タグについては、一度だけでも変身あるいは変身に相当する特殊強化服を装着して戦ったことがある女性キャラのページに付けるが、その戦いが正義側や主人公側に与するものに限り、悪の側に立って戦ったものや突発的に変身してしまい単に暴れただけのものなどは「変身ヒロイン」には含まない。 また同一演者が複数ヒロインを演じている場合でその演者のグラビア画像がある場合は、劇中での扱いや年齢など様々な要素を勘案してその演者の最も代表的ヒロインと独断した項目にグラビア画像は集中させることにするが、例外もある。 なおヒロインを演じる女優の演じる他のキャラのうち、そのヒロインの異世界でのパラレルキャラあるいは先祖や子孫、そっくりさんなど、明らかにそのヒロインからの派生キャラと認められるものや、派生キャラでなくてもストーリー上あまり重要でないキャラの場合はそのヒロインのページで触れるのみ、あるいは触れることすらないものとする。 また複数作品においてメインキャラを演じるヒロインの場合、キャラ説明が簡潔に済む場合は出来るだけ1つのページでまとめるが、キャラ説明が長くなる場合は作品別に複数ページを設けることもある ウルトラ警備隊の紅一点で主にメディカルセンター勤務 主人公モロボシ・ダンの同僚で、当初は彼がウルトラセブンであることは知らなかった 次第にダンに恋愛感情を抱くようになり恋仲となる 最終話でダンがウルトラセブンであることを打ち明けられ、 その上でアンヌは彼を受け入れるが2人は離別することになる 本作の続編にあある1994年のTV番組「ウルトラセブン太陽エネルギー作戦」では 30年後の世界で他の男性と結婚し一児の母となって登場している 2007年のOV「ULTRASEVEN X」最終話では主人公ジンの脳裏に浮かぶ女性として登場 2008年の映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」では並行世界のレストラン経営者モロボシダンの妻として登場 広島県福山市の18歳の看護婦であったが街が超獣の襲撃を受けた際に人々を守ろうとして命を落とした その勇気を認められ、共に命を落としたパン屋の北斗星司ともどもウルトラマンAに命を与えられて甦り 北斗と合体変身してウルトラマンAとなる能力を授けられた 以後は北斗と共に上京してTACに入隊し超獣軍団の地球侵略に立ち向いつつ 危機に際しては北斗と共にウルトラマンAに変身して超獣と戦うようになった 北斗とは恋人同士であり、本作の主人公の1人でありメインヒロイン だが番組の路線変更のため、28話において突如、月星人の末裔という設定となり宇宙へ旅立つ形で退場した その後、物語後半は北斗1人が主人公となり、北斗1人でウルトラマンAに変身するようになった ただ夕子は38話と最終話には再登場し、シリーズ次作「ウルトラマンタロウ」39話や 2007年の「ウルトラマンメビウス」44話でも月星人の指導者として数度登場している 「メビウス」44話では北斗との再会も果たした また2008年の映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」では並行世界のパン屋の北斗星司の妻として登場している.

次の

ウルトラヒロインメモリアルSV「友里アンヌ」(モノトーン)

ウルトラ ヒロイン

『週刊プレイボーイ』27号で初グラビアに挑戦した吉永アユリ(C)三宮幹史/週刊プレイボーイ 昨年放送された『ウルトラマンタイガ』でヒロインを演じた女優の吉永アユリ(23)が、22日発売の『週刊プレイボーイ』27・28合併号(集英社)で人生初の水着グラビアに挑戦した。 初々しいフレッシュBODYに、SNSでは反響が寄せられている。 映画『告白』『渇き。 』などに出演してきた吉永は、『ウルトラマンタイガ』でE. のオペレーター・旭川ピリカを熱演し、注目を集めた。 記念すべき初グラビアは、ビキニをまとい身長165・B77・W57・H81センチのスタイルを、恥じらいながらもストレートに披露した。 発売日の22日、吉永は自身のSNSで「初水着ということで、少々緊張気味ですが暖かく見守って下さい(笑)」とキュートにアピール。 同誌の公式サイト『週プレNEWS』でも同日に公開された吉永のインタビュー記事がアクセス1位になるなど、注目を集めている。 ファンからは「週プレ買ったよ!可愛かった」「いやいや!可愛いすぎるでしょ?」「号泣級の可愛らしさです!」「月曜日が楽しみなんて、いつ以来だろうか……ってくらい楽しみです」と絶賛の声が次々と書き込まれている。 吉永は「今回のグラビアは、セクシーさよりも、かわいげや親近感、ヘルシーさを意識して撮影しました。 グラビアを見てくださった方が『あざとかわいい!』って思ってくれたらうれしいです。 同年代の人にも見てほしいし、『あ、こんなコが近くにいてくれたらいいな』って妄想してくれたらイイな。 恥ずかしいけど頑張ったので、『かわいい』って言ってもらえたら、吉永、とっても喜びます(笑)」とキュートに呼びかけている。 『週プレnet EX』では、吉永のグラビアの未公開カットが公開中となっている(閲覧可能期間は7日間)。

次の