清水薫 声優。 ゲーム&声優情報局

メジャーセカンドの薫はママになってもかわいい?変わった噂についても

清水薫 声優

代表作品は「ささめきこと」の朱宮正樹役ですね。 清水彩香さんの年齢は31歳(2019年現在)です。 家族で麻雀は珍しいですね、某麻雀漫画を連想してしまいます。 麻雀好きがこうじて麻雀 闘牌コロシアム(ネスコ)というスマホアプリのキャラも演じていますね。 また、バーテンダーのアルバイトをしていた経験があり、カクテルを作れるという特技もあるそうです。 意外とお酒好きで、声優中村桜さんと「清桜」という酒飲みユニットも組んでいます。 清水彩香の裏名義での出演は? 声優の中には裏名義で活動している方もいますよね。 清水彩香さんも裏名義で活動しているか調査してみました!その結果、情報は出てこず、 裏名義で活動していないということが分かりました。 主人公の片思いを知った年上のクラスメイトが、間違って共学校に入ってしまった女子生徒愛好者のために、女子の女子による女子のための部活「女子部」を立ち上げようと話を持ちかけます。 その他にも癖をもった様々な人物が主人公のもとに集まり色んな騒動を巻き起こします。 清水彩香さんが演じたのは主人公に思いを寄せるクラス副委員長「朱宮正樹(あけみやまさき)」です。 主人公が女性好きなのを見抜き、どうすれば振り向いてくれるか悩んだ末、女装するという面白いキャラクターです笑 しかもその女装姿を妹に見られ、偽名で少女ファッション誌のモデルをすることにもなります。 主人公でも良いくらいのキャラクターを持っていますよね。 【最終アフレココメント】最後は、麻黄アキラ役の清水彩香さんのコメントです。 理性を象徴する「青の世界」が本能に支配される「赤の世界」の襲撃と侵略に脅かされているのが舞台となっています。 「青の世界」で研究職に就いていた17歳の主人公が、最前線での戦闘指揮官に抜擢され、そこでかつての教え子達と出会います。 「スカーレッドライダーゼクス」とも呼ばれる6人のライダーを率いて、共に命懸けで教官として別世界の脅威と戦っていきます。 この作品で 清水彩香さんが演じるのはなんと主人公の麻黄(あさぎ)アキラです!名前から勘違いしてしまうかもしれませんが、女の子です。 子供の頃から勉強に明け暮れ、9歳で国家特別選抜学生に認定された誰もが認める天才です。 しかし、両親とは疎遠で、同年代の友人もいないため世間知らずという一面も持っています。 普段は無邪気な年相応の少女ですが、戦闘時にはプロの指揮官へと変貌するギャップが魅力です。 長いこと閉鎖されていた集落を舞台に、そこに導かれた若者達の群像劇やその村の謎に迫るミステリーが描かれています。 具体的には、「第一回人生やり直しツアー」に参加した男女が、都市伝説の集落に向かい、そこで自身のトラウマが生み出したバケモノ「ナナキ」と遭遇し、自分の心と向き合う物語となっています。 この作品で 清水彩香さんが演じたのはマイマイという女子高生です。 友人と同じ人を好きになり周囲から孤立してしまったためツアーに参加します。 振られた相手が主人公に似ており、初めは苛立ちからちょっかいを掛けていたが徐々に本気で気にかけていきます。 このツンデレがマイマイの大きな魅力ですね! 演技力は多才 清水彩香さんは男役から女役まで幅広く演じています。 キャラクターも王道からツンデレやギャグキャラなど多才です。 私は清水彩香さんのマイマイのようなお姉さんっぽい声が好きですね。 とあるアニメでは娼婦役などもこなしていました!ここでは紹介していませんが、看護師などのモブ役としても色々な作品に出演しています。 清水彩香さんのかわいい画像を大放出 次に清水彩香さんのかわいい画像をTwitterやインスタグラムから厳選したので、ご紹介していきます。 スタイルが良くて美人ですよね。 めちゃくちゃ似合っていますね、可愛いです。 清水彩香さんのTwitterのアイコンの写真にもなっています。 清水彩香さんは声もかわいい!歌が上手いかを検証 清水彩香さんは実は歌も得意でアニメ「ハイスクール・フリート」のキャラソンも歌っています。 下記の動画の曲名は「C・H・A・T・T・Y」です!可愛らしい曲で聞いていると元気が出てきますね。 歌詞も若狭麗緒というギャル役なので、女の子らしいものとなっています。 高校卒業後、アミューズメントメディア総合学院に入った可能性が高いので、大学には行っていないのかもしれませんね。 どんな男性が好みなのか、少しでも良いので何かしら情報が欲しいところです。 清水彩香さんのSNSを徹底調査!facebook・Twitterやインスタグラムはやってる? 清水彩香さんのインスタグラムなどのSNS情報ですが、Twitterをやっているようです。 フォロワーは1万5千人で、ツイート内容はイベントなどの仕事関係からお昼ご飯などのツイートまで幅広く投稿しています。 しかし、 演技力は高く、美人でスタイルも良いのでこれから有名になってくるかもしれませんね。 さらに活躍できるよう応援しているので頑張ってください! 以上、Find Anime編集部からのお届けでした。 ぶっちゃけ、 返却する手間もなく最新のアニメを無料で見られるならそっちの方が断然、お得なはず。 そこでオススメなのが U-NEXTです。 登録するのにお金がかかるのでは?と思う方もいるかと思いますが、 実は31日間の無料お試しキャンペーンを行っているのです! しかも、 途中で解約すればお金は一切かかりません。 ただ、「解約するのを忘れてしまうかも・・・」と心配になりますよね。 それも問題ありません。 U-NEXTに登録してからマイページを確認すると、 いつまでに解約すれば良いのかしっかりと日付が記載されています。 解約もマイページから簡単に手続きができるので、1,2分あれば終わります。

次の

メジャーの清水薫の声優は誰?かわいいシーンを画像付きで紹介

清水薫 声優

プロフィール [ ]• ポジション• 野球:()、(リトルリーグ編での小森の負傷時及び、聖秀学院野球部の練習試合のみ)• ソフトボール:(中学・高校)、(大学)• 投打:右投右打• 背番号: 9(三船リトル)• 誕生日:生まれ。 血液型:• 後にの妻となる女性。 普段は負けん気の強い男勝りな性格で、かなり荒っぽい口調が目立つ が、心根はとても純情。 運動神経が小学生の頃は良くなく作中で運動音痴と言われて蔑まれることが多かったが、中学生からは成長して抜群の運動神経になり、高校生編では吾郎の150キロ以上の球も捕っている。 リトルリーグの頃から吾郎に好意を抱いており、その想いは非常に真剣であるが、強気な性格が災いして吾郎と衝突する描写も多々あった。 吾郎が何も告げずに福岡へ転校した際、ショックのあまり部屋に塞ぎ込んで号泣したり、彼が海堂に進学すると聞いた際は、自らの気持ちを曲げてでも進路先を合わせようとするほど。 また、芯の強く頼りがいのある人物としても描かれており、吾郎が落ち込んだ際は励ましの言葉を投げかけ、沢村からいじめられていた小森を庇ったり、W杯時に寿也へ対して美穂のアドバイスしたりという、描写もたびたび見受けられた。 吾郎の改姓後も恋人同士になった後も、一貫して吾郎のことは「本田」と呼んでいたが、結婚後は「吾郎」に変わっている。 泉を出産した後は「おとさん」と呼ぶようになる。 MAJOR 2nd以降は結婚し母親になった影響もあり学生時代の男勝りな性格は鳴りを潜め、荒っぽかった口調も落ち着いており、対人関係も学生時代には田代や藤井に対して呼び捨てだったが、MAJOR 2nd以降は君付けへとなるなど学生時代と比べ性格が大幅に変化が見られる。 来歴 [ ] リトルリーグ編 小学4年時、同級生となった吾郎の野球への熱意に心を打たれ、三船リトルで野球を始める。 縄跳び120回、二重跳び18回の記録を持ちながら、野球に関してはまったくの素人であった。 最初はキャッチボールも出来なかったが、吾郎の協力もあり上達していく。 このことがきっかけで吾郎のことを意識し始める。 小森の負傷後、代わりの捕手を志願し、吾郎の球を1週間で捕れるようになった。 三船東中学校編 三船東中学では部の主将を務める。 吾郎が一言も告げずに転校したことで傷ついていたが、帰郷した吾郎が野球への熱意を失っていなかったことを知って以降は再び彼の理解者になり、アニメでは自分の怪我で野球を逆恨みする山根を一喝。 野球部再始動後は友ノ浦中学との練習試合では野球部の一日マネージャーも務めるなど応援する。 高校受験で吾郎と一緒の海堂高校進学を目指し、偏差値の高い普通科に猛勉強の末に合格するが、ソフトボール部がないことを後で知り、吾郎の勧めもあって海堂を辞退し聖秀学院高校に進学した。 聖秀学院高校編 ソフトボール部のエースを務める。 2年の時に「打倒・海堂」を胸に聖秀に編入してきた吾郎と再会し、ソフトボール一筋と思いつつ、抑えきれない恋心に戸惑う。 野球部新設を目指した吾郎が部員集めのために組んだ練習試合では捕手を務めて吾郎の剛球を受け、リトル・シニアでレギュラーだった弟・大河を入部させるなど、陰日なたに協力。 吾郎の苦闘を最後まで見つめ続ける。 高校卒業後は杏和女子学院大学に進学。 W杯編 大学でもソフトボールを続けている。 帰国した吾郎に初デートで告白され、吾郎を見守り続けて10年の年月を経て交際関係となった。 その後、大学の春休みを利用してW杯日本代表に選ばれた吾郎を応援しにに行く。 そこで佐藤寿也の生き別れの妹・美穂と出会い、佐藤兄妹の橋渡し役も務める。 メジャーリーグ編 メジャーで活躍する吾郎に再び会いに行くためソフトボール部をズル休みしてまで渡米費用を稼いでいたが、練習試合に遅刻してしまい、先輩部員に「ソフトに集中する覚悟が出来るまで練習に来なくて結構」と咎められてしまう。 アルバイトも中途半端になって解雇され、父親にも叱咤されたことから一時は退部を考えたが、沢村や小森ら周囲の人々の思いを知り再びソフトボールに励むようになる。 吾郎が渡米2年目でメジャーに昇格し、所属するインディアナ・ホーネッツの地区優勝決定戦をテレビを通じて日本から応援している。 吾郎がメジャー2年目を終え帰国した際にはお目付け役として茂野家に滞在していたソフィアとの関係を誤解、さらに彼女から「野球選手の妻になること」という重大な決断を迫られ躊躇するが、吾郎の「生涯、自分とバッテリーを組んでくれ」という温かなプロポーズを受け、彼とファーストキスを交わす。 数年後に吾郎と結婚して 茂野 薫(しげの かおる)となる。 戦の時点で第一子を妊娠していた。 臨月を迎えていたが、ワールドシリーズのテレビ中継で吾郎が頭部に打球を受け気絶する光景を目の当たりにしてショックを受け、翌朝陣痛に見舞われ病院に担ぎ込まれる。 ホーネッツがワールドシリーズ優勝を決めた直後に長女・泉を出産し母親になる。 日本プロ野球編 長男・大吾を出産し二児の母親となったが、吾郎の故障によるメジャー引退により一家で日本に帰国する。 吾郎が野手として現役を続けるにあたって、子供達に時期が来るまで教えないよう頼まれ誰よりも理解を示す一方、「父親の本当の姿を知らない子供たちの気持ちを考えて欲しい」と吾郎を叱ることもあった。 MAJOR 2nd 台湾に渡っている吾郎の留守を預かり、専業主婦として家事に追われている。 野球を辞めて以来何にも一生懸命になれない大吾の現状を憂いているものの、繊細な大吾にとっては逆効果ともいえる荒療治的な方法で改善しようし、大吾が光の負傷に責任を感じて塞ぎ込んだ際にも時間経過で立ち直るのを待とうとするなど、彼の抱く劣等感やうしろめたさへの配慮を欠いた描写が目立っていた。 後に光の言葉に発奮し、その光を見返してやりたい一心で再び野球に向き合う決心をした大吾の姿を見てからは「吾郎は吾郎、大吾は大吾だから」と不器用ながらもメンタルケアを行ってノックや捕球の練習に付き合い(ただし、を発症し自ら指導することは断念している)、夫である吾郎を通して寿也に大吾の捕手としてのコーチングを依頼するなど母親として大吾と向き合うようになった。 脚注 [ ] []• 一方、目上の人物にもタメ口で話しかける吾郎とは異なり、目上の人物や初対面の人物に対してはきちんと敬語を使っている。 大好きなソフトボール部がないことを知りながらも、吾郎に対する想いゆえに、海堂を打診したことがある。 アニメ版では時間経過に任せるのは間違っていると思いつつも、大吾にどう接すればよいのかわからず、このような方法をとってしまったことを吾郎に打ち明けている。

次の

メジャー6

清水薫 声優

プロフィール [ ]• ポジション• 野球:()、(リトルリーグ編での小森の負傷時及び、聖秀学院野球部の練習試合のみ)• ソフトボール:(中学・高校)、(大学)• 投打:右投右打• 背番号: 9(三船リトル)• 誕生日:生まれ。 血液型:• 後にの妻となる女性。 普段は負けん気の強い男勝りな性格で、かなり荒っぽい口調が目立つ が、心根はとても純情。 運動神経が小学生の頃は良くなく作中で運動音痴と言われて蔑まれることが多かったが、中学生からは成長して抜群の運動神経になり、高校生編では吾郎の150キロ以上の球も捕っている。 リトルリーグの頃から吾郎に好意を抱いており、その想いは非常に真剣であるが、強気な性格が災いして吾郎と衝突する描写も多々あった。 吾郎が何も告げずに福岡へ転校した際、ショックのあまり部屋に塞ぎ込んで号泣したり、彼が海堂に進学すると聞いた際は、自らの気持ちを曲げてでも進路先を合わせようとするほど。 また、芯の強く頼りがいのある人物としても描かれており、吾郎が落ち込んだ際は励ましの言葉を投げかけ、沢村からいじめられていた小森を庇ったり、W杯時に寿也へ対して美穂のアドバイスしたりという、描写もたびたび見受けられた。 吾郎の改姓後も恋人同士になった後も、一貫して吾郎のことは「本田」と呼んでいたが、結婚後は「吾郎」に変わっている。 泉を出産した後は「おとさん」と呼ぶようになる。 MAJOR 2nd以降は結婚し母親になった影響もあり学生時代の男勝りな性格は鳴りを潜め、荒っぽかった口調も落ち着いており、対人関係も学生時代には田代や藤井に対して呼び捨てだったが、MAJOR 2nd以降は君付けへとなるなど学生時代と比べ性格が大幅に変化が見られる。 来歴 [ ] リトルリーグ編 小学4年時、同級生となった吾郎の野球への熱意に心を打たれ、三船リトルで野球を始める。 縄跳び120回、二重跳び18回の記録を持ちながら、野球に関してはまったくの素人であった。 最初はキャッチボールも出来なかったが、吾郎の協力もあり上達していく。 このことがきっかけで吾郎のことを意識し始める。 小森の負傷後、代わりの捕手を志願し、吾郎の球を1週間で捕れるようになった。 三船東中学校編 三船東中学では部の主将を務める。 吾郎が一言も告げずに転校したことで傷ついていたが、帰郷した吾郎が野球への熱意を失っていなかったことを知って以降は再び彼の理解者になり、アニメでは自分の怪我で野球を逆恨みする山根を一喝。 野球部再始動後は友ノ浦中学との練習試合では野球部の一日マネージャーも務めるなど応援する。 高校受験で吾郎と一緒の海堂高校進学を目指し、偏差値の高い普通科に猛勉強の末に合格するが、ソフトボール部がないことを後で知り、吾郎の勧めもあって海堂を辞退し聖秀学院高校に進学した。 聖秀学院高校編 ソフトボール部のエースを務める。 2年の時に「打倒・海堂」を胸に聖秀に編入してきた吾郎と再会し、ソフトボール一筋と思いつつ、抑えきれない恋心に戸惑う。 野球部新設を目指した吾郎が部員集めのために組んだ練習試合では捕手を務めて吾郎の剛球を受け、リトル・シニアでレギュラーだった弟・大河を入部させるなど、陰日なたに協力。 吾郎の苦闘を最後まで見つめ続ける。 高校卒業後は杏和女子学院大学に進学。 W杯編 大学でもソフトボールを続けている。 帰国した吾郎に初デートで告白され、吾郎を見守り続けて10年の年月を経て交際関係となった。 その後、大学の春休みを利用してW杯日本代表に選ばれた吾郎を応援しにに行く。 そこで佐藤寿也の生き別れの妹・美穂と出会い、佐藤兄妹の橋渡し役も務める。 メジャーリーグ編 メジャーで活躍する吾郎に再び会いに行くためソフトボール部をズル休みしてまで渡米費用を稼いでいたが、練習試合に遅刻してしまい、先輩部員に「ソフトに集中する覚悟が出来るまで練習に来なくて結構」と咎められてしまう。 アルバイトも中途半端になって解雇され、父親にも叱咤されたことから一時は退部を考えたが、沢村や小森ら周囲の人々の思いを知り再びソフトボールに励むようになる。 吾郎が渡米2年目でメジャーに昇格し、所属するインディアナ・ホーネッツの地区優勝決定戦をテレビを通じて日本から応援している。 吾郎がメジャー2年目を終え帰国した際にはお目付け役として茂野家に滞在していたソフィアとの関係を誤解、さらに彼女から「野球選手の妻になること」という重大な決断を迫られ躊躇するが、吾郎の「生涯、自分とバッテリーを組んでくれ」という温かなプロポーズを受け、彼とファーストキスを交わす。 数年後に吾郎と結婚して 茂野 薫(しげの かおる)となる。 戦の時点で第一子を妊娠していた。 臨月を迎えていたが、ワールドシリーズのテレビ中継で吾郎が頭部に打球を受け気絶する光景を目の当たりにしてショックを受け、翌朝陣痛に見舞われ病院に担ぎ込まれる。 ホーネッツがワールドシリーズ優勝を決めた直後に長女・泉を出産し母親になる。 日本プロ野球編 長男・大吾を出産し二児の母親となったが、吾郎の故障によるメジャー引退により一家で日本に帰国する。 吾郎が野手として現役を続けるにあたって、子供達に時期が来るまで教えないよう頼まれ誰よりも理解を示す一方、「父親の本当の姿を知らない子供たちの気持ちを考えて欲しい」と吾郎を叱ることもあった。 MAJOR 2nd 台湾に渡っている吾郎の留守を預かり、専業主婦として家事に追われている。 野球を辞めて以来何にも一生懸命になれない大吾の現状を憂いているものの、繊細な大吾にとっては逆効果ともいえる荒療治的な方法で改善しようし、大吾が光の負傷に責任を感じて塞ぎ込んだ際にも時間経過で立ち直るのを待とうとするなど、彼の抱く劣等感やうしろめたさへの配慮を欠いた描写が目立っていた。 後に光の言葉に発奮し、その光を見返してやりたい一心で再び野球に向き合う決心をした大吾の姿を見てからは「吾郎は吾郎、大吾は大吾だから」と不器用ながらもメンタルケアを行ってノックや捕球の練習に付き合い(ただし、を発症し自ら指導することは断念している)、夫である吾郎を通して寿也に大吾の捕手としてのコーチングを依頼するなど母親として大吾と向き合うようになった。 脚注 [ ] []• 一方、目上の人物にもタメ口で話しかける吾郎とは異なり、目上の人物や初対面の人物に対してはきちんと敬語を使っている。 大好きなソフトボール部がないことを知りながらも、吾郎に対する想いゆえに、海堂を打診したことがある。 アニメ版では時間経過に任せるのは間違っていると思いつつも、大吾にどう接すればよいのかわからず、このような方法をとってしまったことを吾郎に打ち明けている。

次の