宇髄天元 嫁。 鬼滅の刃の音柱宇髄天元と嫁(雛鶴、まきを、須磨)についてです...。

宇随天元がかっこいいですね!嫁や弟や継子も調べてみました!【鬼滅の刃(きめつのやいば)】

宇髄天元 嫁

元々忍びの家系で育っていたことから、派手好きになったのは「地味に生きてきた反動」なんだとか! 炭治郎たちとは「遊郭編」で一緒に戦った柱で、とても頼りになる人物ですよね。 そんな天元は23歳なのですが、既に 3人の嫁がいます…! 嫁自身も優秀な「 くのいち」なんだそうですよ。 そのため、天元の手足となって動くことも度々あるようです。 「遊郭編」では、鬼の居場所を掴むために花魁として潜入捜査もしていましたよね! それではまず、3人のお嫁さんについてご紹介していきたいと思います。 naver. 彼女は蕨姫が鬼であることを見抜くのですが、蕨姫からも怪しまれてしまい身動きが取れなくなっていました。 監視の目から逃れるために、毒を飲んで病に掛かったフリをしたりと 機転が利くのが大きな特徴ですね! また、天元が危機的状況に陥った際、上弦の鬼に麻痺毒を含むくいなを打ち込みに来るなど、 度胸も兼ね備えているようです。 naver. 潜入捜査の際、素性がばれてしまい蕨姫に拘束され尋問されていたのですが、決して屈しない 忍耐力の持ち主でした。 伊之助が帯と戦う際にくいなで手助けをしたり、渇をいれたりと 姉御肌ですよね! 3人の中では 勝気な性格で、須磨と雛鶴を引っ張っているようです。 登場シーンでは基本 涙目で、気が弱く、安心したときも悲しいときも泣きがちです! 「味噌っかす」と自称していたり、自分のことを実力がないと思っているようですね。 しかし鬼のいる遊郭に忍び込み、蕨姫の帯の攻撃をくいな一本でなんとか凌いでいる時点で、かなり凄いのですが…。 天元の家系は、元々「 一夫多妻制」をとっていたようです。 「 15歳になったら3人の嫁を迎える」と決まっていました。 そのため、3人の嫁も天元が選んだわけではなく、一族の長が相性をみて選んだ選んだ人物があてがわれるようです。 といっても、天元は嫁をとても大事に思っているようで「 自分の命のことだけ考えろ」と言っているシーンがありましたよね! 天元にとって命の順序が「 まずは嫁、次に堅気の人間、そして自分」であるから、絶対に死なずに戻って来いと。 』だったからもう居ても立っても居られない。 熾烈を極める戦いだったため、嫁である3人がどうなったのか、無事だったのか気になりますよね。 全員死んでしまったという噂も飛び交っていたようですが…。 本編では 3人とも健在であることが判明していますので、ご安心ください! 自ら毒を飲んだ雛鶴も、天元に解毒剤を飲ませてもらい無事だったようです。 柱は引退してしまいましたが、後輩の育成に力を注いでいるようで「柱稽古」にて再登場します。 そして第130話「居場所」の表紙で、 おにぎりを作っている3人の姿があるのです! 第132話「全力訓練」では、鬼との戦いで療養していた炭治郎が復活し、念願の柱稽古に参加します。 そのときにも、 3人とも元気な姿で炭治郎を迎えてくれるのです。 こんな美人3人にサポートされたら、隊員たちのやる気も出るのではないでしょうか? 一線からは退かないといけないことになりましたが、こういう場面で支えてくれているのが分かるものいいですよね! その後「無限城編」では、天元はお館様の警備に当たっています。

次の

音柱・宇髄天元(うずいてんげん)の派手すぎる名言5選を徹底紹介!│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

宇髄天元 嫁

音柱・宇髄天元はどれくらいの強さなのか まず弱い理由を考察する前に宇髄天元がどの程度の強さなのか、倒した鬼を振り返ってみます。 作中で宇髄天元が倒した鬼は上弦の陸です。 上弦の陸は上弦の鬼の中で6番目の強さ。 その正体は堕姫(妹)・妓夫太郎(兄)の二体で一つという特殊な体をしており、倒すには二体同時に頸を斬り落とさないといけません。 宇髄天元にとって堕姫は楽勝の相手でしたが、妓夫太郎は毒を喰らった影響もあり、かなり苦戦。 炭治郎、伊之助、善逸らと共に戦って、ぎりぎり勝てた内容でした。 この経緯から、おそらく宇髄天元1人では妓夫太郎にも勝つのはちょっと難しかったと見ます。 上弦の陸は、堕姫と妓夫太郎の二体で一つなので、それを考慮すると宇髄天元の強さは上弦の陸よりやや劣るくらいのレベルではないでしょうか。 炎柱・煉獄杏寿郎vs上弦の参「猗窩座」 炎柱・煉獄は上弦の参「猗窩座」との戦いで戦死しています。 「猗窩座」は上弦の中では上から3番目の強さを誇ります。 しかし、煉獄は上弦の参の頸を斬る寸前まで追い詰めていました。 この結果から見ると、上弦の陸で苦戦していた宇髄天元より煉獄の方がはるかに強いという見方が出来ます。 また宇髄天元は自分と煉獄を比較し「俺は煉獄のようにはできねぇ」と思いを吐露してる場面もあり、実質的に煉獄は自分よりも上だということを認めてると思われます。 蟲柱・胡蝶しのぶvs上弦の弐「童磨」 蟲柱・胡蝶しのぶは上弦の弐「童磨」との戦いで戦死しています。 「童磨」は上弦の中では上から2番目の強さを誇ります。 単独の戦闘では全く歯が立たなかったしのぶですが、捨て身の攻撃(藤の花の毒を仕込んだ自分を喰わせる)は、童磨を弱体化させ最終的に勝利を掴むための要因となりました。 これが宇髄天元であったならここまで上弦の弐を弱体化させることも出来なかった、つまり上弦の弐を倒すことは難しかったと思うので、戦力的には胡蝶しのぶが宇髄天元より上だと思われます。 岩柱・悲鳴嶼行冥&風柱・不死川実弥vs上弦の壱「黒死牟」 岩柱・悲鳴嶼行冥と風柱・不死川実弥は共闘して上弦の壱「黒死牟」と戦いました。 「黒死牟」は上弦の中で1番強いというか、上弦の壱より強い鬼は鬼舞辻無惨しかいません。 実質のNo2です。 上弦の伍を倒した霞柱・時透無一郎ですら、黒死牟にあっさり片腕を斬られ殺されています。 そんな黒死牟を相手に共闘とはいえ、バチバチやりあった悲鳴嶼と不死川は時透よりも十分強いと思われ、それはつまり時透に劣る宇髄天元よりも遥かに強いというのが証明されます。 音柱・宇髄天元と現柱たちには決定的な違いがある 宇髄天元と上で述べた柱の強さは、上弦の鬼との戦いから序列が見えてきたと思います。 あと比べていないのは、蛇柱・伊黒小芭内と水柱・冨岡義勇の二人。 宇髄天元とこの二人はどちらが弱いのか?というのが気になるところですが、実は現柱にあって宇髄天元にはないものがあり、それが強さを比べるうえで決定的な差となっています。 それは「痣」 引用元:鬼滅の刃17巻 第150話 宇髄天元が柱を引退した後に、この「痣」を発言させる柱が鬼殺隊では続出してきます。 「痣」を発現させると戦闘力を向上させることができ、「痣」が出ていない状態よりも遥かに強くなります。 現柱は全員この「痣」を発現させていますが、宇髄天元はこの「痣」を発現しないまま第一線を退いたので、恐らく今後も「痣」を発現させることはないと思います。 つまり蛇柱・伊黒小芭内と水柱・冨岡義勇と明確に強さを比べることは出来ませんが、この「痣」が発現していない時点で、宇髄天元はこの二人よりも弱いとする見方が出来ます。 柱最弱でも派手すぎる魅力に変わりはない 色々考察をすると、宇髄天元が柱最弱であることはほぼ確定であるということがわかりましたが、私は宇髄天元が柱の中では一番好きです。 それはやっぱり派手だから! 引用元:鬼滅の刃9巻 第71話 人を魅了するのは強さではなく、やはり華! そういう意味では宇髄天元は柱でも一番華のあるキャラで最高と言えるでしょう。

次の

宇髄天元(うずいてんげん)のプロフィール!派手を司る「祭りの神」!派手派手な音柱は美人な嫁が3人もいる?!【鬼滅の刃ネタバレ】

宇髄天元 嫁

彼女らにとって天元はとなる以前からの付き合いで、彼の人柄もあって三人とも上司としても夫としても大変慕っている。 天元も鬼殺隊として命を張って鬼から堅気の人間を守る気でいるが、 ぶっちゃけると彼女たちの方が大事らしい。 苦情 彼女らは三人とも彼の妻であり、俗に言うところのである。 こういうのはなどではドロドロした関係に描かれやすいが、四人の関係は極めて良好であり、彼女たちは容姿も性格もバラバラでコントのように揉めることはあっても基本的には仲が良く、のような関係となっている。 なお、一夫多妻そのものは宇髄家のしきたりであり、天元も「十五歳になったら、一族の長が相性を考えて選んだ三人の女性を妻に持つ」という掟に従ったに過ぎない。 しかし天元が抜け忍の道を選んでも妻達は彼と共に在り、その天元も妻達の命を最優先に考えており、自分の強みとして周囲に誇っていることからもわかるように互いへの愛情は本物。 妻達は三人ともかつスタイル抜群で、端から見るとみたいに見えなくもない。 夫である天元がであることも手伝って、一部の人物 鬼も からは猛烈に嫉妬しまくられており、以下はそんな彼らの悲痛の叫び ? である。 鬼殺隊士さんからのコメント 「 三人!? 嫁…さ…三!? テメッ…テメェ!!」 「 なんで嫁三人もいんだよざっけんなよ!!!」• 上弦の鬼さんからのコメント 「 お前女房が三人もいるのかよ」 「 ふざけるなよなぁ!!なぁぁぁ!!許せねぇなぁぁ!!」 関連イラスト.

次の