偶然 見つけ た ハル。 偶然見つけたハル(原題)|番組詳細|韓流No.1 チャンネル

ドラマ「偶然見つけたハル」に出演し韓国で人気急上昇中の俳優キム・ヨンデのオフィシャルインタビューが到着!

偶然 見つけ た ハル

2017年からウェブドラマを中心に活動し、今年に入ってからは地上波ドラマにも出演。 2019年韓国で大ヒットとなった学園ドラマ「偶然見つけたハル」ではドラマの舞台となる漫画の主人公役を演じ、完璧なルックスとスタイルで確かな存在感を証明。 その人気で広告モデルのオファーが殺到しているという。 また次回作として韓国で来年放送予定の新ドラマ「 天気が良ければ訪ねて行きます 原題 」への出演も決定。 そんな注目の若手俳優キム・ヨンデのインタビューをいち早く日本の皆様にお届けします。 クランクインから最終回放送まで全てを終えていかがですか? 最後の撮影時には実感が無かったのですが、撮影が終わり打ち上げまで終わってからやっと実感が沸いてきました。 共演したみんなと会えないのも残念ですし、今もみんなに会いたいです。 なので、僕とナムジュの似ている点と言えばたまに見え隠れする「無邪気で少し間抜けな部分」だと思っています。 この1年間で自分自身の演技や演技への姿勢に変化はありましたか? 今まではどちらかと言うと僕が主体的にやっていたというより、 演技を 初めたばかりでしたし全てが不思議で不慣れだったので、流れるままに動いていた部分がありました。 なので、今までがどうであれ今この場に立っているのは俳優キム・ヨンデで、今この場に立ちたいと思っている人がどれだけたくさんいるだろうかと考え、感謝の気持ちを持って慎重に真心を込めて臨まねばと思いました。 特にこういうキャラクターを演じたいというのはありませんが、アクションもしてみたいですしロマコメもやってみたいです。 ノワールのような男の世界を描くジャンルにも関心があります。 ロールモデルは特にいませんが、僕は演技というのはその人の内面が大きく作用すると思っています。 そういう部分で僕はユ・ヘジンさんをすごく尊敬しています。 ユ・ヘジンさんは多様なジャンルの作品で色んな役柄を演じられていますが、演技を見ていると「あ、本当に良い人が演技をしている」と見て感じることができます。 ユ・ヘジンさんの演技から滲み出るそういう部分をすごく尊敬していますし、僕もまたそういう俳優になりたいと思っています。 今まで俳優として活動しながら、健全で正しい自尊心を持たなければならないとたくさん感じました。 誰かよりも優れている、誰かよりも成功している、そういうことからやってくる優越感ではなく、また作品がヒットしたことによる一時的な満足からの自尊心でもなく、1年後、2年後、10年後、たとえ僕がどんな姿であっても僕自身をはっきりと描き出して一貫性のある信頼できる自尊心を持った俳優になり、多様な姿で様々な演技をお見せしたいというのが僕のこれからの抱負です。 その中でも一番変わったことがあるとすれば? ドラマの打ち上げの時にたくさんのファンの方々が来て下さってすごく驚きましたが、それ以外はまだ特にありません。 僕は以前と変わらず全く同じです 笑。 朝起きて出前を頼んでご飯を食べて…TVを見ながら一日ゴロゴロしています 笑。 友人に会う時もありますが、以前僕が海外に留学していたこともあって、当時の友人はみんな海外にいるのであまり会えません。 なので、休みの日は一人で過ごすことが多いです。 トッポギです! 僕、トッポギがすごく好きなんです 笑。 というルーティーンはありますか? よく食べてよく寝ることです 笑 食事管理なども特にしていません。 次の日に朝早くからスケジュールがある時には深夜には何も食べない、その程度です。 ひょっとして何かコンセプトがあるのでしょうか? なので、周りの方がキレイに撮ってくださった写真をアップするようにしています。 特に今年中に、12月31日までに何かしなければ! ということはなく、それよりもその時その時に与えられたことへ最善を尽くそうと思っています。 日本のファンの皆さんにメッセージ 「偶然見つけたハル」をたくさん応援してくださり、また色々と足りない部分のあるオ・ナムジュを愛してくださり本当にありがとうございます。 これからも一生懸命頑張って良い姿をお見せしていきますので、たくさんの期待と応援をしていただけるとすごく嬉しいです。 くれぐれも風邪には気を付けて、毎日幸せに過ごしてくださいね!

次の

韓国ドラマ 偶然見つけたハル 感想 あらすじ

偶然 見つけ た ハル

ダノ(キム・へユン)は財閥の子息たちが通うスリ高校の2年生。 裕福な家庭に育ち、明るく優しい性格でクラスの人気者。 そんなある日時間がタイムスリップしたり、自分の気持ちとは裏腹な行動をしてしまう現象に気づく。 持病の心臓病と関係があるのかと心配になったダノは原因を探るうちに図書館で『秘密』というマンガを見つける。 その中に描かれていたのは、なんと自分やギョン、クラスメイトたちの姿だった!謎の給食料理人ミチェ(イ・テリ)に自分たちが生きているのがマンガの中の世界だと衝撃の事実を教えられるダノ。 追い打ちをかけるようにA3のナンバー1ナムジュ(キム・ヨンデ)がいじめられっ子のクラスメイト、ジュダ(イ・ナウン)に電撃告白。 ナンバー2のドファ(チョン・ゴンジュ)もジュダに想いを寄せ、ダノは婚約者のギョンからも冷たくあしらわれてしまう。 自分がヒロインではなくエキストラだったと知り、ギョンへの想いも漫画家が描いた設定だったことに気づく。 第11話ダノがが向かった場所。 そこには、約束の日が過ぎてもダノを待ち続けるハルがいた。 やっと会えたダノに、ハルは「好き」と思いを伝える。 星でいっぱいの空が見たいというダノを見て、ハルも「凌霄花(ヌンソファ)」の記憶が少しずつよみがえってくる。 「凌霄花」でも星が見たいと言ったダノのことを。 ギョンの忠実な腹心だった自分のことを。 そして「凌霄花」でもダノのためにステージを変えようとしたことを。 ギョンの母の命日。 独りで寂しい思いをしているギョンを、ダノが慰める。 ギョンは物語の中でも外でも、自分の存在覚えてくれている唯一の人物、ダノの大切さに気付く。 再び体調を崩したダノ。 そんなダノのために、ハルは「星空」をダノにプレゼントすることを決心する。 第12話ハルが作ってくれた美しい「星空」に感動するダノ。 一方でギョンは、「凌霄花」でダノが婚約破棄宣言をするのを見て、この「秘密」の世界でも同じことが起こると知り、ダノにその事実を伝えるがダノは信じない。 そんな中、漫画「秘密」のメイン三角関係にも変化が。 ダノのステージ。 リスクの高い手術を避けられそうにないダノは、本当に「婚約破棄」を宣言する。 ギョンに言われたとおりの展開に驚くダノだが、ギョンにプロポーズされ、自分がOKするネームを見て落ち込んでしまう。 ハルとドファはダノのためステージを変えることを企み...。 第13話「凌霄花(ヌンソファ)」でダノの死を思い出したハル。 ミチェから「秘密」の世界でも同じことが繰り返されると言われ不安でいっぱいになる。 ミチェも、「凌霄花(ヌンソファ)」で運命を変えようとして失敗した自分のことを思い出す。 ステージが始まり、ダノは手術を強く勧められ、見舞いに来たギョンとの絆が深まっていく展開に。 一方で「秘密」のヒロインジュダはセミたちに反撃を始めていた。 そんな中、ギョンからダノの手術のことを聞いてしまったハルは、ダノを過保護するようになる。 第14話ダノの死を阻止するため、再びステージを変えるハル。 ギョンは、ダノが健康になってホッとするが、「凌霄花」でダノの死にハルが関わっていることを知っているため、ハルが変えたステージが逆にダノを死に向かわせるのではと不安になる。 また、ミチェから「凌霄花」で自分がスヒャンをシャドウで殺し、スヒャンの自我が消えたことを知らされる。 一方、ハルも「凌霄花」でダノを殺したのは自分だったことを思い出し、ダノを避けるように。 ステージではほぼ完治したダノは、シャドウで昏睡状態になる。 漫画「秘密」には描かれていない展開だった。 ダノに付き添い、涙を流すギョン。 そしてギョンは、「凌霄花」でのダノの死の真相を思い出してしまう。 第15話ダノは、自我が消えハルとの記憶をすべて失った。 悲しみに打ちのめされるハル。 ハルはミチェから自我が消えた理由と、漫画「秘密」の終わりが近いことを知らされる。 ダノとすれ違う度、必死に話しかけるハル。 ハルの自我が消えたとき、ダノが必死で話しかけてくれた時のように、何度も何度もめげず話しかける。 一方ギョンは、自分に一途なダノが嬉しいけど、本当の愛じゃないと知っているため複雑な気持ちだった。 一方で、学校で気を失ったダノが保健室で目が覚めると、そこにはハルがいた。 ダノは、ハルのせいでまた心臓が痛むと、ハルを拒絶する。 放課後、ダノを見かけたハルは、またダノに話しかける。 それはまるで、お別れの言葉のようだった。 第16話(最終話)ギョンおかげで、ダノは自我を取り戻しハルとの記憶もすべて思い出す。 美術室が消えるのを見たハルは、作者がこの世界をどんどん片付けていることに気づく。 ダノのやりたいことリストを見たハルは、一つずつ叶えてあげる。 そして最後の一つだけが残ったころ、ブラックホールのようなものが図書館に現れる。 ハルはダノを連れて逃げ出すが、終わりを阻止することはできないと悟る。 泣きながら抱きしめ合う二人。 そして...。 時は経ち、スリ高校卒業の日。 学校の木の下で、ダノはハルのノートを見つける。 そこには、幸せだった二人の思い出が描かれていた。 これがやりたいリスト最後の一つ、「忘れられないプレゼント」だった。 ハルとの思い出に浸かるダノに、ページをめくるような音が聞こえ...。

次の

『ストーブリーグ』『偶然見つけたハル』4月日本初放送決定!

偶然 見つけ た ハル

ダノ(キム・へユン)は財閥の子息たちが通うスリ高校の2年生。 裕福な家庭に育ち、明るく優しい性格でクラスの人気者。 そんなある日時間がタイムスリップしたり、自分の気持ちとは裏腹な行動をしてしまう現象に気づく。 持病の心臓病と関係があるのかと心配になったダノは原因を探るうちに図書館で『秘密』というマンガを見つける。 その中に描かれていたのは、なんと自分やギョン、クラスメイトたちの姿だった!謎の給食料理人ミチェ(イ・テリ)に自分たちが生きているのがマンガの中の世界だと衝撃の事実を教えられるダノ。 追い打ちをかけるようにA3のナンバー1ナムジュ(キム・ヨンデ)がいじめられっ子のクラスメイト、ジュダ(イ・ナウン)に電撃告白。 ナンバー2のドファ(チョン・ゴンジュ)もジュダに想いを寄せ、ダノは婚約者のギョンからも冷たくあしらわれてしまう。 自分がヒロインではなくエキストラだったと知り、ギョンへの想いも漫画家が描いた設定だったことに気づく。 第11話ダノがが向かった場所。 そこには、約束の日が過ぎてもダノを待ち続けるハルがいた。 やっと会えたダノに、ハルは「好き」と思いを伝える。 星でいっぱいの空が見たいというダノを見て、ハルも「凌霄花(ヌンソファ)」の記憶が少しずつよみがえってくる。 「凌霄花」でも星が見たいと言ったダノのことを。 ギョンの忠実な腹心だった自分のことを。 そして「凌霄花」でもダノのためにステージを変えようとしたことを。 ギョンの母の命日。 独りで寂しい思いをしているギョンを、ダノが慰める。 ギョンは物語の中でも外でも、自分の存在覚えてくれている唯一の人物、ダノの大切さに気付く。 再び体調を崩したダノ。 そんなダノのために、ハルは「星空」をダノにプレゼントすることを決心する。 第12話ハルが作ってくれた美しい「星空」に感動するダノ。 一方でギョンは、「凌霄花」でダノが婚約破棄宣言をするのを見て、この「秘密」の世界でも同じことが起こると知り、ダノにその事実を伝えるがダノは信じない。 そんな中、漫画「秘密」のメイン三角関係にも変化が。 ダノのステージ。 リスクの高い手術を避けられそうにないダノは、本当に「婚約破棄」を宣言する。 ギョンに言われたとおりの展開に驚くダノだが、ギョンにプロポーズされ、自分がOKするネームを見て落ち込んでしまう。 ハルとドファはダノのためステージを変えることを企み...。 第13話「凌霄花(ヌンソファ)」でダノの死を思い出したハル。 ミチェから「秘密」の世界でも同じことが繰り返されると言われ不安でいっぱいになる。 ミチェも、「凌霄花(ヌンソファ)」で運命を変えようとして失敗した自分のことを思い出す。 ステージが始まり、ダノは手術を強く勧められ、見舞いに来たギョンとの絆が深まっていく展開に。 一方で「秘密」のヒロインジュダはセミたちに反撃を始めていた。 そんな中、ギョンからダノの手術のことを聞いてしまったハルは、ダノを過保護するようになる。 第14話ダノの死を阻止するため、再びステージを変えるハル。 ギョンは、ダノが健康になってホッとするが、「凌霄花」でダノの死にハルが関わっていることを知っているため、ハルが変えたステージが逆にダノを死に向かわせるのではと不安になる。 また、ミチェから「凌霄花」で自分がスヒャンをシャドウで殺し、スヒャンの自我が消えたことを知らされる。 一方、ハルも「凌霄花」でダノを殺したのは自分だったことを思い出し、ダノを避けるように。 ステージではほぼ完治したダノは、シャドウで昏睡状態になる。 漫画「秘密」には描かれていない展開だった。 ダノに付き添い、涙を流すギョン。 そしてギョンは、「凌霄花」でのダノの死の真相を思い出してしまう。 第15話ダノは、自我が消えハルとの記憶をすべて失った。 悲しみに打ちのめされるハル。 ハルはミチェから自我が消えた理由と、漫画「秘密」の終わりが近いことを知らされる。 ダノとすれ違う度、必死に話しかけるハル。 ハルの自我が消えたとき、ダノが必死で話しかけてくれた時のように、何度も何度もめげず話しかける。 一方ギョンは、自分に一途なダノが嬉しいけど、本当の愛じゃないと知っているため複雑な気持ちだった。 一方で、学校で気を失ったダノが保健室で目が覚めると、そこにはハルがいた。 ダノは、ハルのせいでまた心臓が痛むと、ハルを拒絶する。 放課後、ダノを見かけたハルは、またダノに話しかける。 それはまるで、お別れの言葉のようだった。 第16話(最終話)ギョンおかげで、ダノは自我を取り戻しハルとの記憶もすべて思い出す。 美術室が消えるのを見たハルは、作者がこの世界をどんどん片付けていることに気づく。 ダノのやりたいことリストを見たハルは、一つずつ叶えてあげる。 そして最後の一つだけが残ったころ、ブラックホールのようなものが図書館に現れる。 ハルはダノを連れて逃げ出すが、終わりを阻止することはできないと悟る。 泣きながら抱きしめ合う二人。 そして...。 時は経ち、スリ高校卒業の日。 学校の木の下で、ダノはハルのノートを見つける。 そこには、幸せだった二人の思い出が描かれていた。 これがやりたいリスト最後の一つ、「忘れられないプレゼント」だった。 ハルとの思い出に浸かるダノに、ページをめくるような音が聞こえ...。

次の