柏餅 葉っぱ 食べ れる。 葉っぱも食べられる柏餅を作りたい :: デイリーポータルZ

柏餅の葉っぱにはどんな意味があるの!?葉っぱも食べられるの!?

柏餅 葉っぱ 食べ れる

でも、昔から当たり前のように食べている方ならば、抵抗ないのかもしれません。 ただ、柏の葉も香り付けが目的であり、あんまりちゃんと洗ったりしていないんですよね。 洗っちゃうと、葉の弾力がなくなってへなへなになってしまうからです。 和食で使われる紫蘇の葉なんかも同様で、洗うとあのパリッとした感触がなくなってしまいます。 と言うことは、外で摘んできたまま、ということです。 農薬なんか使われていたら、なおさらです。 ちなみに味の方は知りません。 (食べたことないから…) 柏についての薀蓄が載っているページがありましたので、ご参考までにご覧になってみてください。 (下記参考URLのページ中ほど、金太郎の絵の付近) 参考URL: ちょっと柏餅の葉についての「うんちく」を。 もともとは旧暦の5月5日が端午の節句でしたから、その頃には柏餅に新しい柏の葉を使うことができました。 これならおいしくはないでしょうが食べられたかもしれません。 しかし、暦が新暦になったのに5月5日に柏餅を食べるということになったので、前の年の葉を保存するようになりました。 蒸してから乾燥させたり、にがりに漬けたりして、乾燥させたものは熱湯で戻したり、にがり漬けのものは流水であく抜きしていました。 こんなのは絶対食べられたものではありません。 今は韓国や中国から真空包装された煮柏の葉が送られてきます。 ごく稀にお客さんに「葉も食べられるんですか?」と聞かれますが、心の中で「なんてこと聞くんだ?」と思いながら「毒にはならないけど食べないほうがいいですよ」と答えています。 A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 Q 「公立の小学校や中学校でのクラス分けで、教師がどの生徒を自分のクラスに入れるかを、担任の主観で決めることがある」と人から聞き、びっくりしています。 もちろん極端に騒ぐ友達同士などを別のクラスにしたり、双子の兄弟を分けたり、その他さまざまな教育的配慮から分けるのは理解できますが、気になるのは、例えば「教師がひいきの子を自分のクラスにいれる」ようなこと。 これは、実際に行われているんでしょうか? 教師から「一方的にひいきされている子」でも、その教師を極端に嫌がっていた場合もあります。 こんなときは悲惨です。 また、そうした場合にあらかじめ親が学校に申し出て回避できたこともあるとか。 クラスの生徒って、現実にどのように振り分けるんでしょうか? 上のようなことが事実なら、なんだか腑に落ちないんですが。 この辺の事情に詳しい方、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。 ほとんど、No. 2のahtanさんのおっしゃるとおりです。 学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。 配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。 その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。 可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当に膨大な時間を要します。 最終的には校長の判断ということで、4月の始めに正式決定します。 そのとき同時に、学年の先生が決定します。 このときの初めての担任顔合わせで、どの先生がどの学級を受け持つことになるのかが決定します。 その際、前年度にその学年を受け持っていた教師がたいてい1人は学校に残っているので、参考となる意見を聞くことがあります。 (この子にはこんな配慮が必要、など …とまあ、ごく大雑把ではありますが、これが学級決めの概要です。 ご家庭のほうから、「ぜひ来年度は、この子とは離して」とか、「ぜひ、女の先生に」とか、いろんな要望を受けることもあります。 教師としては、その要望に正当性、緊急性があるかどうかを判断し、学級決めの際に進言することもあります。 しかし、教師自身さえ、 少なくともヒラは)4月になってみないと何年生を受け持つのかがわからない世界。 希望が通るとは限らない。 ましてや子どもたちにおいては、です。 私は教師になって数年間は、「どんな取り合わせになっても、どんな仲間と一緒になってもうまくやっていく力をつけることこそ、学級社会の意味である。 」と考えていて、学級決めについて、それほど重要には思っていませんでした。 しかしやはり現実には、難しい面もいっぱいあるので、現在は配慮しているつもりです。 でも、今でも私の考えの根底には、「どういうめぐり合わせになっても、お互いの人間関係をよいものにしていく、それが学級。 」というものがあります。 何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。 ほとんど、No. 2のahtanさんのおっしゃるとおりです。 学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。 配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。 その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。 可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当... A ベストアンサー 1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。 2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。 勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。 3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。 つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。 だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。 4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。 「ご勝手に!どうぞ」状態です。 5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。 1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。 2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。 勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。 3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の... Q 柏餅を作りました。 上新粉…150g 白玉粉… 30g ぬるま湯で耳たぶ位のかたさに混ぜ合わせ、 20分強火で蒸上げました。 餅をラップの上からすりこぎ棒で平たくし、 あんをいれて、餅の方は出来上がりました。 柏の葉は水洗いしてクッキングペーパーで水気をふきとり、 乾燥のため少し時間を置いてから、餅を巻いてみました。 これ以後の事で質問なんですが、 巻いてしまってから、簡単に柏の葉を取ることが出来ません。 相当粘って、柏の葉にお餅がついてしまいます。 売っている柏餅のように、簡単に柏の葉を取るには、 どのような工夫が必要でしょうか? 粉の量のせい?柏の葉を完全に?乾燥させる? どんなことでもいいので、ご存知の方、教えてください。 Q 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 暗算とまではいかなくても計算機 ケータイにもその機能はありますし があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。 05」で出ますよね。 なぜ、1. 05をかけるのかわからないのです。 本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。 まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。 よろしくお願いいたします。 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 A ベストアンサー 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。 つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。 だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた 残りである700円が答えです。 でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。 30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。 つまり、1000円の70%なので700円、となります。 %で表現する場合はこれに100を掛けます。 最後、消費税。 前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。 これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。 5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。 おまけ。 暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。 1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、 順番を無視しても答えは一緒です。 これならすぐに暗算できますね。 2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。 3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。 これなら暗算できそうですよね。 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場... また、ご近所の農家でも種を採るためだと思いますが数本の菜の花状態のブロッコリーを見かけます。 ただし、人間の都合から言いますと、見た目の悪さ以外にも食感と栄養価が落ちますので、食べれますが、新鮮な歯ごたえ 黄色く花が咲きかけると粒粒の部分はしんなりとしてしまい、軸は固く筋が入る)・栄養素(ビタミンC他 の面では今後は早めに使用(食材として利用)されますことをお勧めいたします。 nissen. php.

次の

柏餅と桜餅の違いとは?ついている葉っぱは食べるもの?

柏餅 葉っぱ 食べ れる

サクッと流し読み• 槲(かしわ)を餅に巻くのは「子孫繁栄」の願いから 端午の節句が近くなると、スーパーなどでも柏餅が売られているのをよく見かけるようになりますね。 そこで 柏餅に巻かれている葉は「柏(かしわ)」ではなく、本当は「槲(かしわ)」と書くカシワの葉だそうです。 「柏」と書くカシワは、中国産のコノテガシワという針葉樹のことで、実はまったく別のものなのだとか。 そして、 柏餅に巻かれている葉である「槲」は、ブナ科の落葉広葉樹で高木で、北海道から九州まで、幅広く生育しているそうです。 この槲の樹皮からはタンニンが取れるため、昔から皮をなめすのに使われていたとか。 現在は、ハッキリした木目と重厚感から、建材やウィスキーの樽などに使われているようです。 そんな槲の葉っぱですが、どうして端午の節句に食べる餅に巻くようになったのでしょうか。 槲を餅に巻くようになった理由 槲の葉には殺菌効果があるため、もともと葉で食べ物を包むということが行われていたそうです。 カシワの語源は、食べ物を盛る器という意味の「炊ぎ葉」(カシギハ)が由来になっているという説が有力なのだとか。 そして、槲は、枯れた葉が木から落ちることなく枝に残り、そのまま翌春になると新しい葉が生い茂ります。 この 「世代の間に切れ目がない」ことが縁起が良いとされ、子孫繁栄の願いと結びつき、端午の節句に使われるようになっていったのだそうです。 ちなみに、四国地方など、地域によっては槲の葉のかわりに、サルトリイバラという植物の葉を使うこともあるようです。 槲の葉を使うことになった由来には、サルトリイバラを使って柏餅を作っていた人が、江戸に出るとサルトリイバラは生えていないのでカシワを代用したという説もあるのだとか。 サルトリイバラもとても香りのよい植物ですから、地方ではそちらが使われていたのかもしれませんね。 柏餅の葉っぱは食べることができるの? では、そんな柏餅の葉っぱを食べることができるのでしょうか? その答えは 「食べられるけど、食べても美味しいものではない」です。 調べてみたところ、 体に悪いということはなさそうですが、硬く筋張っているので消化は良さそうにありませんよね。 桜餅の桜の葉と違って、本当に葉っぱを食べているという感じがします。 柏餅に槲の葉っぱを巻いている理由は2つあり、 槲の葉の良い香りを活かした「香りづけ」と「保存がしやすい」という理由なのだそうです。 もともと食用のためではないのですね。 まとめ:柏餅の葉っぱはあまり食べない方が良いのかもしれません 今回は、柏餅の葉っぱについて、巻かれている理由など紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 前述のように、 柏餅の葉は「香りづけ」と「保存」のために巻かれているのです。 そのため、柏餅の葉っぱは、別に食べても良いですが、あまり美味しいものではないので、お餅を食べながら剥がしていった方が良さそうですね。

次の

柏餅の葉っぱを食べると体に悪いってホント?そもそも食べるもの!?

柏餅 葉っぱ 食べ れる

食べられるのかメーカーに聞いてみた まず手作りの柏餅を作ってみる前にやることがある。 柏餅を販売しているメーカーに、葉っぱは食べても大丈夫なもの なのかを確認しなくては。 電話で問い合わせをしたのは、たまたま食べた柏餅の製造元。 教えていただいた内容を箇条書きにまとめてみた。 葉っぱは蒸して冷凍保存しておいたものです。 食べても害はないですが、おいしくありません。 食べ物としていれていません。 あくまで包装なので、はがして食べてください。 食べるのはおやめください。 食べられるかどうかといわれたら、食べないでください。 木の葉っぱは普通食べませんよね。 確かにおい しくないですね。 いろいろと言葉を変えて聞いてみたのだが、やはり柏餅の葉っぱは、食べるためのものではないらしい。 あくまで新芽 が出るまで古い葉が落ちないことから子孫繁栄をイメージさせる縁起物。 どうやら桜餅の葉っぱとか、おにぎりの海苔の仲間ではなく、 チマキを包む笹とか、かまぼこの板に属しているようだ。 しかし、特に毒がある訳でもないようなので、ここから先は自己責任で試してみたいと思う。 柏の葉っぱをもらってくる このミッションで一番難しかったのは、柏の葉っぱの入手である。 柏餅用に売ら れているものはあったのだが、それだと市販の柏餅に使われているのとかわらないので、ぜひ柏の木から摘みたい。 そこで身近なところで何人かに聞いてみたところ、母親の知り合いの家に柏の木あるというので、もらいにいくことに した。 これが柏の木。 イメージよりもモサモサしている。 やってきたのは専業農家の方の家。 訳を話すと、「今が食べごろだから、食べら れるんじゃないかな」という心強い答えが返ってきた。 「まあ俺は食べないけど」ともいっていたが。 これはちょっと育ちすぎ。 無農薬なので虫がいる。 虫は柏の葉っぱを食べるんだなと、味方を得た気分。 このくらいの大きさがちょうどいいかな。 摘ませていただいた柏の若葉は、市販の柏餅の葉っぱに比べれば全然やわらか い。 ただ、そのまま食べるにはやはり硬そうだ。 しかし、これなら加熱をすれば十分食べられそうな気もする。 食べられるものと食べられないものの境界線を50年く らい昔に戻せば、きっと食べられる側のはず。 「せっかくだからキャベツ持って行きなさい。 あとエンドウマメも好きなだけ摘んでっていいぞ。 」 「夏ミカン好き?なっているやつ全部 持っていって!」 柏餅を手作りする 柏の葉っぱが手に入ったところで、次は柏餅を作る番だ。 インターネットで探したレシピ()で作ってみたのだが、和菓子はまったく作ったことがなかったので、つくるための作業工程が予想外。 柏餅なんてこんな機会でもなければ作らないものだが、やってみれば予想よりも簡単で、粘土遊びみたいでおもしろ かった。 もち米の粉じゃなくて、うるち米の粉を練って蒸してから、水溶き片栗粉を加えて練って生地を作る。 柏餅っていう名前だけど、餅じゃない。 はじめてにしてはそれっぽくできたような気がする。 あんこは市販のものをそのまま使った。 普通はあんこを包んだ生地を蒸してから最後に葉っぱで巻くのだが、葉っぱに火 を通したかったので、巻いた状態で蒸してみる。 蒸し器がないのでパスタ用鍋を使用。 ビフォー。 アフター。 蓋をあけると、柏のさわやかな香りがうっすらとした。 葉っぱは蒸し餃子に敷かれたレタスみたいにクタクタになっており、これなら食べられそうだ。 葉っぱも食べられる柏餅! 完成した手作りの柏餅、これは温かいまま食べるべきか、冷ましてから食べるべきかで迷ったが、せっかくなのでアツ アツをいただいてみることにした。 初めて作っ たにしては、おいしそうにできたのではないでしょうか。 まず手に持った感じが、市販のものとは葉っぱの硬さが全然違う。 これなら大丈 夫だろうとガブリといってみると、葉脈部分はさすがに硬いが、それ以外は違和感なし。 桜餅の葉が倍くらい硬くなった感じか。 育ちすぎたシソとかエゴマの 葉っぱみたいな食感である。 味も別に苦味とかはなく、新鮮な木の香りが甘い餅のアクセントになっていて、この葉っぱを剥いて食べると、もう物 足りなく感じる自分がいた。 でもやっぱり葉脈は硬い。 これなら普通に食べられる硬さだ。 うまい。 珍しく苦労が報われてうれしい。 市販の柏餅の葉っぱは食べられないけれど、手作りの柏餅だったら食べられる場 合がある。 無人島へ流れ着いたとしても決して役に立つことのない食の知識だが、実体験で学べたので満足である。 おいしくできたので、葉っぱをくれた方に持っていこう。 蒸したての柏餅 はうまい それにしてもできたての柏餅ってはじめて食べたけれど、これはうまいものだ。 市販の冷たい柏餅もおいしい けれど、アツアツの柏餅は別物。 市販の柏餅も食べるときに蒸しなおせば、よりおいしいのではないだろうか。 蒸しても葉っぱを食べるのはやめた方がいいと思 うけど。 食べられないと思われていた柏の葉っぱが食べられたのもうれしいが、自分で作った柏餅がおいしいことの方 がうれしかったりする。 年に一回の子供の日くらいは、こういう手間をかけるのもいいかなと思った。 Ad by DailyPortalZ.

次の