アベンジャーズ 俳優。 『アベンジャーズ』コールソン俳優、結婚19年で離婚

『アベンジャーズ』ファルコン役俳優、マーベルの多様性のなさに失望した経験を告白

アベンジャーズ 俳優

現地時間24日に放送されたオーストラリアの朝のテレビ番組「Sunrise」で語ったと Daily Mail Online などが報じた。 2010年にスペイン出身のモデルで女優の(43)と結婚したクリスには、インディアちゃん(7)、双子のサーシャくん&トリスタンくん(5)という3人の子供がおり、2014年にはパパラッチを避けるためにロサンゼルスから故郷オーストラリアのバイロンベイに移り住んでいる。 今年6月のオーストラリア版 The Daily Telegraph のインタビューでは、休業の理由として家族との時間を大切にするためと説明していた。 [PR] その時は年内は俳優業を休むという話だったが、クリスはこのたび「今から休みを取る。 多分6か月から8か月間。 ただ家に居るつもりだ」と少なくとも来年前半は仕事をしない予定だと発表。 史上最大のヒット作となった『』のプロモーションで世界を周った日々は「最も強烈な3週間だった」といい、その中で「俺はとても長い間、将来のことにばかり目を向け、次にすべきことを追い掛けてばかりだったと気付いたんだ。 そして理解した。 これこそが、俺が取り組んできたことであり、夢見てきたこと。 この瞬間を楽しまなきゃいけないって」と思い至ったと明かした。 それまではオーストラリアで家族とゆっくりするのだろう。 『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題)』は2021年11月5日に全米公開。 (編集部・市川遥).

次の

アベンジャーズ (2012年の映画)

アベンジャーズ 俳優

現地時間24日に放送されたオーストラリアの朝のテレビ番組「Sunrise」で語ったと Daily Mail Online などが報じた。 2010年にスペイン出身のモデルで女優の(43)と結婚したクリスには、インディアちゃん(7)、双子のサーシャくん&トリスタンくん(5)という3人の子供がおり、2014年にはパパラッチを避けるためにロサンゼルスから故郷オーストラリアのバイロンベイに移り住んでいる。 今年6月のオーストラリア版 The Daily Telegraph のインタビューでは、休業の理由として家族との時間を大切にするためと説明していた。 [PR] その時は年内は俳優業を休むという話だったが、クリスはこのたび「今から休みを取る。 多分6か月から8か月間。 ただ家に居るつもりだ」と少なくとも来年前半は仕事をしない予定だと発表。 史上最大のヒット作となった『』のプロモーションで世界を周った日々は「最も強烈な3週間だった」といい、その中で「俺はとても長い間、将来のことにばかり目を向け、次にすべきことを追い掛けてばかりだったと気付いたんだ。 そして理解した。 これこそが、俺が取り組んできたことであり、夢見てきたこと。 この瞬間を楽しまなきゃいけないって」と思い至ったと明かした。 それまではオーストラリアで家族とゆっくりするのだろう。 『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題)』は2021年11月5日に全米公開。 (編集部・市川遥).

次の

アベンジャーズ/マイティ・ソーのロキ役の俳優は誰?トム・ヒドルストンの過去出演作についても

アベンジャーズ 俳優

1億円 前作 (前作) 次作 (シリーズ次作) (マーベル・シネマティック・ユニバース次作) 『 アベンジャーズ』( Marvel's The Avengers 〈でのタイトル 〉、 Marvel Avengers Assemble 〈とでのタイトル 〉)は、製作、配給 で公開されたのの映画。 ヒーローのである。 複数のヒーロー映画のクロスオーバー作品であり、それら全ての作品を同一の世界観として扱う『』シリーズに属する作品に当たる。 その作品群の中では第6作品目の映画であり、その「フェイズ1(第1シーズン)」のクライマックスを飾る作品でもある。 概要 「」の『』の実写映画化作品。 『』()• 『』(2008年)• 『』()• 『』()• 『』(2011年) から成るヒーロー映画のであり、それら全ての作品を同一の世界観として扱う『』シリーズに属する作品に当たる。 その作品群の中では第6作品目であり、その「フェイズ1(第1シーズン)」のクライマックスを飾る作品でもある。 上記作品のヒーローキャラクターら以外にも、やなども共闘する。 出演は、、、など。 2005年4月にマーベル・スタジオがメリルリンチから融資を受けて企画が始まり、2008年5月に『アイアンマン』が成功した後、『アベンジャーズ』公開が2011年7月になると発表され、その後、2012年公開に延期された。 2010年4月にが監督とが執筆した脚本の書き直しのために招集された。 撮影は2011年4月よりで開始され、8月には、9月にはで行われた。 また時には変換された。 ワールド・プレミアは2012年4月11日にのエル・カピタン・シアター()で行われた。 評論家には高評価を受け、また興行面では歴代最高の北米オープニング、史上最速での世界興行収入10億ドル突破など多くの新記録を樹立した。 続編『』も企画され、2015年5月1日に公開された(日本では同年7月4日に公開)。 さらに、続編『』が2018年、『』が2019年に公開された。 ストーリー 神々の国から宇宙空間に飛ばされた は、そこで遭遇した宇宙人種族のリーダー ジ・アザーと地球に侵攻することで手を組む。 地球では、国際平和維持組織長官の が、部下の とともに、緊急事態に陥っている研究施設を訪れていた。 そこでは、 エリック・セルヴィグ博士が研究を進めていた、無尽のエネルギーを秘めた謎の物体、が暴走を始めていた。 そこに突如が開き、ロキが降臨する。 ロキは手にしたセプターでセルヴィグや の心を操り、味方にしてしまった。 彼らはキューブを奪い、施設から脱出する。 世界滅亡の危機を前に、フューリーはヒーローたちの最強チーム「アベンジャーズ」を結成することを決意した。 女スパイの はインド・に派遣され、そこで医師として働き身を潜めていた に協力を要請する。 のエージェント、 は、の を訪れ、 (アイアンマン)にセルヴィグの研究資料を手渡す。 フューリーは、70年の眠りから覚めた スティーブ・ロジャース()に対して、「世界を救え」と説得した。 程なくしてドイツ・に現れたロキは、駆けつけたスティーブ、トニー、ナターシャと対峙するが、あっけ無く降参する。 その隙に、バートンはキューブの安定化に必要なを盗んでいた。 ロキの義兄、 はロキに地球侵略を諦めてアスガルドに戻るよう説得するがかなわず、仕方なくトニーとスティーブに従ってS. の空飛ぶ空母の中にある独房にロキを閉じ込めた。 科学者のバナー博士とトニーは、キューブの位置を特定しようとする。 がキューブの秘められた力を地球外生命体からの攻撃へのとして利用しようとしていることを知ったアベンジャーズは激論となり、仲間割れを起こす。 その間、ロキに操られたバートンと傭兵たちはヘリキャリアを急襲し、エンジンを爆破し航行不能に陥らせようとしていた。 トニーとスティーブは協力して停止したエンジンを再起動させようとする。 バナー博士は爆発の衝撃で我を忘れて凶暴なハルクに変身し、ナターシャを襲うが、ソーが間一髪それを食い止める。 バートンはナターシャとの激しい格闘戦の末に倒されて、ロキのマインド・コントロールから解放された。 独房から抜け出したロキは駆けつけたソーを代わりにそこに閉じ込めると、駆けつけたコールソンを刺し殺し、さらにソーを独房ごと空飛ぶ空母から地上に投げ出した。 そのまま、ロキは首尾よくヘリキャリアからの脱出に成功する。 ハルクは自分を狙ったS. の戦闘機を攻撃しようとして地上へと落下してしまった。 はコールソンを失ったが、 その死をきっかけにアベンジャーズは結束する事となる。 トニーとスティーブは、ロキの目的がアベンジャーズの打倒にとどまらず、自身の力を見せ付けて地上に君臨することであると気付く。 ロキはキューブとセルヴィグが作った装置を使ってスターク・タワーの真上にワームホールを開くと、チタウリの艦隊を呼び寄せ、ついに攻撃を開始した。 反撃するアベンジャーズであるが、チタウリの波状攻撃にてこずる。 スティーブ、トニーとソーは、バートンの助けも借りて、ニューヨーク市民を安全な地下に避難させる。 再びバナー博士はハルクに変身し、ロキを追い詰め、滅多打ちにした。 スターク・タワーの屋上に到達したナターシャは、ロキのセプターを使えばワームホールを閉じられることを目が覚めたセルヴィグから教えられる。 一方、フューリーの上官たちは侵略を食い止めるためにに核ミサイルを打ち込むことを決定していた。 トニーは発射された核ミサイルに飛び乗り、無理やり進行方向を曲げてワームホールを通してしチタウリの艦隊へと向かわせる。 ミサイルがチタウリの母艦に命中すると、地上にいるチタウリの兵士たちが動かなくなった。 アーマーのパワー切れでトニーはニューヨークの街に落下するが、地表に激突する寸前でハルクが受け止める。 ワームホールはナターシャの手で完全に閉じられた。 平和な日常に戻り、ソーはロキとキューブとともにアスガルドに帰った。 アベンジャーズは再び必要とされる時に必ず戻ってくる、とフューリーがヒルに語った。 主要クレジットが流れた後、ジ・アザーが主であるタイタン人のに、うかつに地球に手を出せば、死を招く結果になる危険性を訴えるが、サノスはアベンジャーズに興味を持つように不適な笑みを浮かべていた。 全クレジットが流れた後、アベンジャーズが専門店で黙々とシャワルマを食べるシーンがある。 登場人物・キャスト 2010年のでの『アベンジャーズ』キャスト勢、、。 本作では、さまざまな役割を持って活動するが、相手を茶化す態度やフューリーとS. への不信感から他のヒーローの不興を買い、内部分裂まで引き起こすトラブルメーカー的な側面も見せる。 日本でのキャッチコピーは「ありえないほど《天才》」。 ダウニー・Jrは『』、『アベンジャーズ』を含む4つの作品に出演する契約をマーベル・スタジオと交わした。 本作ではナターシャからの依頼を受けてS. に協力し、トニーと共にテッセラクト捜索の任務にあたる。 日本でのキャッチコピーは「ありえないほど《豹変》」。 ラファロはマーベルとの交渉が決裂した後に出演が決まった。 またラファロによると、これまでのようなではなく、『』のストップ・アクション、によって自分自身がハルクを演じる。 本作では義弟のロキとの関係性が物語の重要なファクターとなっており、彼と戦うことになっても倒すのではなく、改心させてアスガルドに連れ帰ろうとする姿勢を一貫し、偶然出会ったトニーらと衝突しながらも、アベンジャーズの中心メンバーとして活躍することになる。 日本でのキャッチコピーは隆々とした筋肉や天をも操ってしまう神業にちなんで、「ありえないほど《豪快》」。 ヘムズワースは複数の映画出演契約を交わした ヘムズワースとが同じ作品に係わるのは『』に続いて二度目である。 ヘムズワースによると、『』での役作りのために多くの鶏肉、魚、ステーキ、卵を摂取しており、「僕の体重はほとんどタンパク質だよ! 」と冗談にした。 のエージェントにして、世界最強の女スパイ。 優秀なアスリートとして活躍した後、厳しい訓練を受けてS. のスパイとなった。 本作ではアベンジャーズ結成のために尽力し、自らもチームの一員として強大な敵に立ち向かう。 また、ロキによって彼女の過去の一端も明かされる。 日本でのキャッチコピーはセクシーさを強調した衣装から、「ありえないほど《妖艶》」。 ヨハンソンによると、ブラック・ウィドウは、ホークアイとともにスーパーパワーのない登場人物ではあるが、アベンジャーズの一員であることにかわりなく、紅一点ではあるものの、単なるお飾りではない、戦う登場人物だという。 また、本作では、「彼女の知られざるダークな過去も垣間見ることができる」といい、ヨハンソンはそのようなダークな部分に魅力を感じていた。 かつて自身の野望を妨げられ、宇宙の彼方に消えていったが、その際に出会ったジ・アザーと結託。 ソーへの復讐とアスガルドの王位獲得のため、テッセラクトを奪取しチタウリを率いて地球侵略を企む。 その一方でヒーローたちやコールソンに一本取られてしまう場面も多い。 ヒドルストンはロキが抱く野望に関して、実在した独裁者と同じで、人類に彼を崇めさせることによって、争いがなくなり、ある種の平和をもたらすことができると考えており、同時に自尊心を満たすために無限のパワーを追い求めているのだと語った。 詳細は「」を参照 J. 声 - 、日本語吹替 - の項を参照。 ジ・アザー 演 - 、日本語吹替 - チタウリのリーダー。 本作でロキにテッセラクト奪取を指示した張本人で、チタウリに絶対の自信を持つ。 実は後の『MCU』作品に登場する黒幕のの忠実な側近であり、尊敬するサノスのためなら、あらゆることを実行する程忠誠を誓っている。 ゲオルギー・ルチコフ 演 - 、日本語吹替 - ロシア人スパイ。 廃墟でナターシャを椅子に縛り上げて拷問する。 ハインリヒ・シェーファー 演 - ディーター・リーズレ シェーファー警備会社のオーナーである原子核物理学者。 イリジウムを欲するロキに襲われる。 ジャスパー・シットウェル 演 - 、日本語吹替 - S. エージェント。 本作ではヘリキャリアのブリッジのオペレーターを務める。 エリック・セルヴィグ 演 - 、日本語吹替 - ソーの友人の者。 フューリーの依頼により、NASAの研究施設でクリントの監視の下、テッセラクトを研究していたが、出現したロキに洗脳されてしまい、テッセラクトとイリジウムを組み込んだワームホール発生装置を完成させてしまう。 ニック・フューリー 演 - 、日本語吹替 - S. 日本でのキャッチコピーは「ありえないほど《凄腕》」。 役作りではタフガイになるよう、が演じたのキャラクターを取り入れている。 詳細は「」を参照 これ以外には、『マイティ・ソー』ヒロインであるジェーン・フォスター役のは写真のみの登場であった。 また、ハルクが落下して激突する廃墟の警備員として(吹替:)がそれぞれした。 マーベル映画にカメオ出演することで有名な共同原作者(吹替:)は、映画終盤のニュースのインタビュー映像に台詞付きで登場した。 商品がアイアンマン・アーマー マーク7の装着に必要なアイテムに採用されたアーク・クエスト社長の小松克巳も妻子とともに出演した。 (吹替:)演じる、年老いたペギー・カーターがキャプテン・アメリカに再会するシーンは上映時間の都合でカットされた。 本作ではマーク6と7の2着が登場する。 詳細は「」を参照 ナターシャやクリントが使用する、接近戦用の武器。 本作ではS. 計画実行のため、かつてのヒドラと同様に、これを最新の強力兵器のエネルギーとして応用して研究されていたがロキに強奪され、ワームホール発生装置の動力源として利用される。 ジ・アザーからロキに与えられ、彼の武器として使用される。 イリジウム シェーファーが保有していた、隕石に含まれ反陽子を作れる希少金属。 が回収し、そこから得たデータを元に試作した、強力光弾を放つ大型銃火器。 ロキに対処するためコールソンに持ち出された。 チタウリの武器 アーム・キャノン 指向性エネルギー砲。 長距離用ライフル 先端に光る刃と銃口が付いた戦根。 グレネード 携帯端末のような形状の手榴弾。 銃火器 特筆が無いものは、S. の兵士たちが使用(ロキに操られた兵士たちを含む)。 ハンドガン• - マリアが愛用するほか、ニューヨーク市警の警官たちも使用する。 フューリーが愛用する。 - ルチコフの側近が所持する。 サブマシンガン• ショットガン• - ニューヨーク市警の警官たちが使用する。 ライフル• - S. のほか、米国陸軍の市民予備兵部隊も使用する。 ノベスキー N4・ディプロマット - スティーブもロキに操られた兵士たちが装備していたものを奪って使用する。 - ロキに操られた兵士たちのほか、ルチコフがナターシャを捕らえていた廃屋にも置かれている。 重機関銃• - アメリカ陸軍の市民予備兵部隊が使用する。 軽機関銃• 擲弾発射器• - フューリーがこれを用いてF-35Bを1機撃墜する。 - アメリカ陸軍の市民予備兵部隊が使用する。 手榴弾• テクノロジー・ビークル J. 虹彩スキャナー クリントとロキがシェーファー警備会社からイリジウムを奪取するために使用したツール。 ワームホール発生装置 ロキがセルヴィグたち複数の科学者や技術スタッフを操って造らせた、空中にワームホールを開くための装置。 ヘリキャリア S. が誇る秘密基地にして、高空を飛行可能な要塞空母。 本作ではテッセラクトとロキの捜索のために、フューリーの指示で稼働し、ヒーローたちを集結させるなど、物語中盤の主な舞台となる。 クインジェット S. が保有する特殊航空機。 人員の移動や輸送から戦闘任務まで、幅広く運用される。 ヘリキャリアのとして登場する戦闘機で、本作では最低でも3機分の運用が確認できる。 2機目と3機目は世界安全保障委員会からの指示を受け、核搭載機としてヘリキャリアから発艦を試みた結果、2機目はフューリーに撃墜されたものの、3機目は発艦に成功し、戦場となったニューヨークに核ミサイルを発射してしまう。 チタウリのビークル チャリオット チタウリの多くが使用する小型の飛行馬車。 母艦 ワームホールの彼方の宇宙空間に待機していたチタウリの戦艦。 その他のビークル• - 物語のラストでトニーの愛車として登場し、ブルースも同乗する。 - 物語のラストでスティーブの愛車として登場する。 - クライマックスでブルースが自分を介抱した老人から本車両を借りて、ニューヨークに駆けつける。 - 物語のラストでクリントの愛車として登場し、ナターシャも同乗したほか、冒頭のカーチェイスでS. の車両としても運用される。 - S. のほか、アメリカ陸軍も運用する。 - 冒頭でロキに操られたクリントが運転し、ロキやセルヴィグも同乗する。 - 冒頭でマリアがロキらを追跡するために運転する。 ノースウェスタン JG-75• - 冒頭でフューリーとマリアが本機でNASAの施設に降り立つ。 - ヘリキャリアの格納庫内に駐機されており、ソーと肉弾戦を繰り広げるハルクが本機に激突し、破りとった主翼の一部をソーへ投げつける。 ニューヨーク市警• この他にも、ペッパーが乗り込むスターク社のとして、に酷似した民間航空機がクライマックスに登場する。 種族・生物 チタウリ 本作のヴィランである、外宇宙のヒューマノイド型種族で、指揮官のコマンダーと一般兵のソルジャーが登場する。 クライマックスで発生したワームホールから現れてニューヨーク市街を総攻撃し、迎え撃つアベンジャーズを圧倒的な数と兵力で疲弊させていく。 チタウリ・ソルジャー チタウリの一般兵。 青いアクセントが配色された装甲と丸いヘルメットを身につけている。 チタウリ・コマンダー チタウリの指揮官。 金色に配色されソルジャーよりも多い装甲と、異なる形状のヘルメットを身につけている。 詳細は「」を参照 施設・領域 ジョイント・ダーク・エナジー・ミッション・ファシリティーズ S. 計画のために、テッセラクトの研究活動を行なっていたNASAの研究施設。 広大な敷地内に複数のパラボラアンテナや地下施設を構える大規模な施設で、セルヴィグを中心とした研究チームによってテッセラクトの研究は進んでいたが、テッセラクトが発するエネルギーの暴走により、施設全体に避難命令が発令され、完全崩壊する。 ・ スターク・タワー トニーがエコ事業の一環として、の北側に隣接させた超高層ビル。 クライマックスでロキに占拠され、セルヴィグによって屋上にワームホール発生装置が設置され、アーク・リアクターのエネルギーも利用された。 アベンジャーズとロキやチタウリらの戦闘で、文字看板や窓ガラスなどが破損してしまったが、物語のラストでトニーとペッパーによって改修が開始される。 詳細は「」を参照 ナターシャの出身国。 物語の冒頭、ナターシャはこの国の線路沿いの廃墟で、ルチコフらから拷問されかけるが、コールソンからクリントの危機を知らされると、拘束された状態でもルチコフらを簡単に叩きのめしてここを後にする。 インドのの州都。 ブルースは難病に苦しむ人々のためにこの街で医者として密かに活動していたところ、現地の少女の協力を得たナターシャからテッセラクト捜索の依頼を受ける。 ケーニッヒ通り28 シュトゥットガルトの中心部を貫く大通りの一地区。 ロキがハインリッヒ・シェーファーを襲い、自身の障害となるヒーローたちを誘き寄せるためにここのパーティー会場一帯で猛威を振るい、駆けつけたスティーブやトニーとの戦闘の末に投稿する。 シェーファー警備会社本社屋 イリジウムを保管していた企業の本社屋。 ロキに操られたクリントたちと浸入し、イリジウムを奪取する。 宇宙 サンクチュアリ サノスが聖域として居住する、宇宙のとある小惑星帯にある彼の領域。 詳細は「」を参照 製作 企画 2005年4月、マーベル・スタジオのは、の支援の下、配給で『アベンジャーズ』の映画の自社製作を計画していることを初めて明らかにした。 2006年9月、マーベルがのアナリストに計画の簡易プレゼンテーションをしたことが確認された。 スタジオの計画とは、映画『アベンジャーズ』でキャラクターを合流させる前に観客に慣れ親しんでもらうために、各キャラクターの単独主演映画をそれぞれ公開する事であった。 2007年7月、マーベル・スタジオは『』の脚本を書いたを雇い、タイトルを『The Avengers』とすることを発表した。 ペンは参加を認めたものの、仕事がすぐに始まると信じていなかったと述べた。 2008年1月、マーベルは、、アベンジャーズなどの映画化企画を進めるため、をしていたと合意した。 5月、『』の興行の成功後、マーベルは『アベンジャーズ』の公開日は2011年7月を予定していることを発表した。 9月、パラマウントはマーベル製作映画5本を世界配給する契約を交わした。 この契約は、2005年に交わした、最大10本のマーベル映画を配給するというものを延長した。 10月、『』でを演じた、を演じたが同役で『アベンジャーズ』に出演し、また同映画の監督のも製作総指揮として参加することが発表された。 また10月、マーベル・スタジオは『アイアンマン2』、『』、『』、『アベンジャーズ』を製作する長期契約をのローリー・スタジオズと交わした。 また、2008年の『』でハルクの声を担当したの再登板も決まった。 2009年2月、が『アベンジャーズ』を含む複数の映画に役で出演する契約をマーベルと交わしたことが報じられた。 3月、に代わってが『アイアンマン2』に出演し、『アベンジャーズ』の契約も交わしたことが報じられた。 また後日、マーベルは『アベンジャーズ』の公開日を予定していた2011年7月から1年後の2012年5月4日に確定したと発表した。 6月、マーベルの社長のは役のと役のの『アベンジャーズ』出演を認めた。 2010年8月、ケヴィン・ファイギは、より多くのキャラクターが『アベンジャーズ』に登場し、ハルクが重要となると述べた。 9月、はハルク役で『アベンジャーズ』に出演する意思があると述べた。 翌月、製作総指揮のジョン・ファヴローが「最新のハイテクを駆使したヒーローであるアイアンマンに深くかかわり過ぎてしまい、魔法や神話など超自然的な側面を持つマイティ・ソーが登場する『アベンジャーズ』にかかわることは困難」と話し、監督を兼任しないことが明らかとなった。 2010年1月、ケヴィン・ファイギはハイテク・サイエンス・フィクションである『アイアンマン』と『アベンジャーズ』にファンタジーの『マイティ・ソー』を融合させるのは難しいのではないかと尋ねられ、「ノー」と応えている。 3月、ザック・ペンがスクリプトの第一草稿を終え、マーベルの編集長のジョー・ケサダとコミックの『アベンジャーズ』のライターであるブライアン・マイケル・ベンディスがコピーを得たと報じられた。 また同月、が役で『アベンジャーズ』にも出演することが決まった。 2010年4月1日、ではあるが、ジョス・ウェドンが『アベンジャーズ』の監督の有力候補となっていると報じられた。 その後日、『』誌は、ウェドンが監督し、ペンの脚本の手直しするための交渉が完了間近であると報じた。 ウェドンは本作のストーリーを考える際、登場人物のエモーショナルな側面にスポットを当てることでその世界観がわからずとも楽しめる作品を目指した。 この点については1987年の映画『』を参考にしており、ウェドンは「『ウォール街』は金融の専門用語が飛び交う内容だが、私はこの作品を楽しむことが出来た」と語っている。 プリプロダクション 2010年のでの監督。 2010年のウィザード・ワールド大会で『アベンジャーズ』の作者のとマーベル・スタジオCEOのは、の関与を認めた。 アラドは「私の個人的な見解では、ジョスは素晴らしい仕事をするだろう」とこの決定を賞賛した。 2010年6月、にを演じさせるために最終交渉中であると報じられた。 2010年7月、『HitFix』は本作でブルース・バナーを演じるのはエドワード・ノートンではなく、新たなキャストになると報じた。 後日ケヴィン・ファイギが語ったところによると、ノートンの降板は金銭的な問題ではないとのことで、他のキャストと協調性や創造力を発揮できる新たな俳優を探すという。 ノートンのエージェントのブライアン・ソードストームはフェイグの声明を「故意に紛らわしい」とし、「ネガティヴな光で我々のクライアントを塗る不適当な試み」と述べた。 ジョス・ウェドンは2010年ので『アベンジャーズ』の監督に就任したことを表明し 、アウトラインを執筆していると発言した。 ウェドンはさらにジェレミー・レナーがホークアイ役に決まったことを認めた。 また大会中、マーク・ラファロがブルース・バナーを演じることが報じられた。 大会のマーベル・スタジオのパネルではがエージェントのフィル・コールソン役で再出演することが判明した。 2010年8月、パラマウントとマーベルが翌年2月撮影開始を計画していると報じられた。 また、で撮られることが報じられたが 、後にマーク・ラファロがそうはならなかったと述べた。 2010年10月、マーベルはのグラマン・スタジオ 及びシュタイナー・スタジオで撮影するだろうと報じられた。 セットの建設は11月開始が予定され、グラマン・スタジオの社長のパルヴィズ・ファラーザドは製作で何カ月の施設使用が予想されると述べた。 さらに同月、は『アイアンマン3』と『アベンジャーズ』の世界配給権をパラマウント映画から1億1500万ドルで買い取った。 2010年12月、知事のとマーベルの社長は、主要撮影は2011年4月から9月までにで行われる予定であると表明した。 他にニューヨークやで一部が撮影される予定である。 2011年1月、以前の報道に反しては『アベンジャーズ』に出演しないことが本人のインタビューで判明した。 2011年2月、マーベルはサミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーのサイドキックとなるS. の重要人物役のスクリーンテストを行い始めたと説明した。 4日後、がその役での契約を終えたと報じられた。 2011年3月、が『マイティ・ソー』と同じくセルヴィグ役で出演することが判明した。 また知事のジョン・ケーシックは、で『アベンジャーズ』が撮影されると発表した。 撮影 の () []に設置されたセットの一部。 は2011年4月25日にで開始され、他にやでの実施が計画された。 翌日、がトニー・スタークのコンピュータ・アシスタントである ()役を続投することが確認された。 2011年5月、は役で非常に簡単に登場する可能性があると語った。 また同月、は、「月で撮影」でもしない限り自分はするだろうと上で述べた。 6月、スタントマンを務めていたジェレミー・フィッツジェラルドが頭部を負傷する事故が発生した。 2011年7月、郊外で第2班が約1時間に及ぶ撮影を行ったと報じられた。 2011年8月、製作はオハイオ州クリーブランドに4週間移った。 撮影が行われた東9番通りは、映画のクライマックスの舞台であるニューヨークの () []のダブルとして使われた。 オハイオ州を拠点とする第三百九十一憲兵大隊の陸軍予備軍は、クリーブランドの戦闘シーンの背景アクションを提供した。 マイケル・T・ランディス軍曹は、実際の兵士の使うことでシーンをよりリアルにしたと述べた。 撮影は他にオハイオ州サンダスキーのに在る巨大でも行われた。 ステーションの ()は、S. の研究施設を描くために使用された。 クリーブランドで始まった戦闘シークエンスの一部として、オハイオ州パルマの・パワートレイン・プラントで爆発が撮られた。 他に () []と ()でも撮影された。 パブリック・スクエアの南西四半部は、ドイツのとして撮られた。 2011年9月、2日間に渡る撮影のためにニューヨーク市に移った。 撮影は () []とで行われた。 ポストプロダクション 2011年12月、ディズニーは映画をに ()すると発表した。 2012年1月、『アベンジャーズ』はにデジタル・リマスタリングされ、IMAX劇場と従来の劇場で同日に封切られることが報じられた。 マーベル作品のIMAX公開は『』、『』に続いて3作目である。 ワールド・プレミアの翌日の2012年4月、アベンジャーズ一同がを食べる場面が追加撮影された。 以前に版の『』も担当していた(ILM)は『アベンジャーズ』のハルクのアニメーションを手掛けた。 同社の視覚効果スーパーバイザーのジェフ・ホワイトは、「我々は過去10年間で開発したすべてのものを利用してかなり壮大なハルクを仕上げたかった。 大きな設計上の決定の一つは、彼の表情にマーク・ラファロを組み込むことであった。 したがってハルクの多くは、ラファロと、モーション・キャプチャだけに留まらない彼の全ての演技、目、歯、舌に基づいている」と語った。 『』でも視覚効果を担当した、ILMのは本作にも参加しており、主に(アイアンマン)がパワードスーツを着脱するシーンを担当した。 は、山頂でのソーとの戦いのシーンなどのためにアイアンマンのCGモデルをILMから引き継いだ。 WETAの視覚効果スーパーバイザーのガイ・ウィリアムズは「我々はILMとの間で情報資産をやり取りしているが、我々の作業の流れは独特であり、それに他の情報資産を組み込むことは難しい。 しかし、今回我々は彼らのモデルを使うことになり、テクスチャマップの方法が異なるため、テクスチャ空間をやり直さなければならなかった」と語った。 は、ロサンゼルスのメソッド・デザインが作成した。 シルヴェストリはロンドンのでと共に作業を進めた。 2012年3月、アメリカのバンドのが「」という曲を本作のサウンドトラックに提供することが発表された。 この曲はサウンドガーデンの再結成後 初公開の曲であり、15年振りの新曲である。 さらにインドのロックバンドのが、インドでの公開時に使われるテーマ曲 "Hello Andheron" のミュージックビデオを公開した。 スコア盤とサウンドトラック盤は2012年5月1日に同時発売された。 アイアンマン登場シーンでは『』でも使用されたの「 ()」が使われている。 予告編ではの「 ()」が使用された。 マーケティング 2011年の(: New York Comic Con)で映画の宣伝をするクリス・エヴァンス、トム・ヒドルストン、コビー・スマルダーズとクラーク・グレッグ 2010年のでキャスト紹介の後にサミュエル・L・ジャクソンのナレーションによるが上映された。 2011年6月、マーベル・スタジオは、映画製作中であり、ファンの期待を裏切れないとして、2011年のコミコン・インターナショナルには参加しないと表明した。 同年翌月、『』の本編終了後のクレジットの後に挿入されるはずであったシーンがティーザー広告として一時的にインターネットに流出した。 『』によると、試写会を携帯電話で撮影したかのような低画質のものであったという。 2011年8月、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、とマーベル・スタジオは、カリフォルニア州で開催されるD23エキスポ()で、『アベンジャーズ』を含めた新作映画が体験できる展示を行った。 この展示には、映画の一部上映や出演者の登場などが含まれていた。 8月後半、ディズニーはマーケティングからマーベルの広告担当者をはずし、マーケティングは自分たちで行うようになった。 2011年10月、マーベル・スタジオは(: New York Comic Con)で展示を行い、未公開シーンの上映やプロデューサー、ケヴィン・ファイギや出演者によるパネル・ディスカッションを行った。 同月、最初の予告編が公開され、『コミック・ブック・リソーシーズ』()は、二分間では映画の雰囲気はすべて伝わらないが、ファンにとっては堪らないシーンも多数あると評した。 一方、『』は、かっこいいがどのシーンもすでに見たことのあるようなのばかりだと評した。 映画予告編で限定公開された予告編は、公開から24時間以内に1,000万回以上ダウンロードされるという、新記録を樹立した。 後にこの記録は、ダウンロード1,250万回以上を記録した『』によって抜かれた。 2012年2月、iTunesで新たな長編予告編が公開されると、24時間以内にダウンロード回数は1,370万回以上に達し、記録を抜き返した。 劇場版予告編は、『』、『』、『』などの多数の映画で上映された。 2012年1月、マーベル・スタジオは、ツイッターを使ったチャットを世界規模で行った。 この30分間のライブ・イベントでは、監督兼脚本のジョス・ウェドン、出演のサミュエル・L・ジャクソン、トム・ヒドルストン、クラーク・グレッグや2月ので放映予定の30秒コマーシャルのうち10秒分などが登場した。 『』によると、ディズニーはこの30秒枠に推定400万ドルを支払ったという。 5月1日、劇場公開を記念して、マーベル・スタジオ関係者とトム・ヒドルストンとクラーク・グレッグは、で取引開始を告げる鐘を鳴らした。 タイアップ商品 2011年12月、がトニー・スタークが乗るオープンカーとして、かつて発売していたの後継とされるコンセプトカーを登場させる予定が報じられた。 トニー・スタークがアイアンマンに変身する際の劇中の変身アイテムとして、大阪の健康器具販売会社のブレスレット型磁気健康器具が採用された。 封切り ワールド・プレミアが行われたカリフォルニア州ハリウッドの ()に集まったファンたち。 2012年2月、ディズニーは『 ()』を原作とした1998年の映画『』との混同を避けるためにイギリスでのタイトル変更を発表した。 『』誌は『 Marvel Avengers Assemble』であると報じ 、『』は単に『 Avengers Assemble』と呼んだ。 マーベルのイギリスのウェブサイトでは『 Marvel's Avengers Assemble』となっており 、『』のデヴィッド・コックスは史上最悪のタイトルの一つであると評した。 とによるとタイトルは『 Marvel Avengers Assemble』である。 は2012年4月11日にカリフォルニア州ハリウッドの ()で行われた。 2012年4月28日、第11回の閉幕作品として上映された。 日本では、公開が待てないファンの声を受けて、一般公開は3日間前倒しされて8月14日となり 、東京で開催されたジャパンプレミアと封切り日が重なった。 日本での公開が世界で最後になったのは、配給会社の宣伝戦略であるという。 公開に先立ち、日本でのである「日本よ、これが映画だ。 」とともに7人のヒーローが描かれた絵看板が「」の一人、により製作され、名古屋市の映画館に掲げられた。 ソフト化 ブルーレイ、ブルーレイ3D、DVDとは、 から、もっとも早い地域で2012年8月29日、米国では2012年9月25日 、日本では2012年12月19日 に発売された。 プロデューサーのによると、ブルーレイには『アイテム47』という作品が入っているほか、未公開シーンが多数含まれているという。 また、本作品は Marvel Cinematic Universe: Phase One — Avengers Assembledと題された、の「フェーズ・ワン」作品を全て集めた10枚組みセットにも含まれる予定である。 このセットはブルーレイと同時発売の予定であったが、ディスクを収納するスーツケースにまつわる訴訟が起きたため、2013年第一まで発売が延期された。 英国では、の音声解説が取り除かれたこととフィル・コールソンが殺害されるシーンが劇場版から変更されたことに対して、一部のファンから批判が出た。 ディズニーの英国支社によると、ロキとコールソンが対峙するシーンをより暴力的な表現でないようにしたのは、暴力描写に関する規定は各国で異なり、英国版では別の地域で用いられたシーンを使用したからであるという。 主要キャストに、、の3人が起用されたが、Blu-ray・DVDの予約が開始されると同時に、のレビューには、「話題性重視の安易な人選である」と吹替えに起用された3人への批判や、彼らの起用を決めた関係者への不満が殺到した。 これはそれまでのマーベル・シネマティック・ユニバースシリーズ作品で彼らの役を担当していたの(前作の映像ソフトに収録されている本作の予告編でのみ担当)、、を降板させており、それら3人の声優による新録、差し替え版が制作されず、劇場公開版の吹き替えのみが収録された事も影響している。 しかし、ディズニーは吹き替え版の声優を続編などでも基本的に続投させているため、現在に至るまでマーベル・シネマティック・ユニバース関連作品では媒体を問わず一度起用された芸能人の出演が続いている。 週間BDランキングによると、日本では発売第1週目でブルーレイとDVDの2枚組みセットが5. 2万枚を売り上げ総合第1位となったほか、デジタルコピー付の3枚組みは3. 6万枚で総合第5位、ブルーレイ3Dが入っている4枚組みは総合第8位となり、全3セットが10位以内に入った。 ホームメディア発売開始から14週目には、売り上げは2億240万ドルとなり、総興行収入は17億1,415万7,910ドルに達した。 地上波テレビ放送 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 1 21:00 - 22:54 114分 9. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 評価 批評家の反応 アベンジャーズは、批評家から主に肯定的な評価を受けた。 ブルース・バナーの演技が評価された(トロント・プレミアにて)。 『』のトム・マッカーシーは肯定的な評価を与え、「それは騒々しく、世界を守る物語は誰でも再三再四見たものであり、そしてキャラクターは半世紀以上にわたって500冊のコミックに登場している。 しかし、どんなによく知っていても結果としてできる料理がいつも絶品であるように、ウェドンと彼の仲間はなんとかすべての個性と成分をかき回すことができた」と書いた。 『』のコラムニストのザキ・ハサンは、『アベンジャーズ』は『』(1978年)以来最高のスーパーヒーロー映画であると断言した。 『』の ()は『アベンジャーズ』の熱狂的なペースを賞賛し 、『』のは「ファンに希望するものを正しく提供している」とコメントした。 一方で『』のは批判的で、「落胆させられる」と評した。 キャストの中では、特にブルース・バナー(ハルク)役のマーク・ラファロの演技が高く評価された。 ジョー・ノイマイアーは、ラファロの演技が他のキャストよりも優れているとした。 『』の ()は、ラファロの演技はダウニーと並んで映画のハイライトであると評した。 『 』の ()は、「ラファロはハルク神話をうまくリフレッシュしている。 そしてチームの華やかな面子と対照的に、魅力的に内気なオタクで天才のバナーを演じている」と評した。 トゥランは同キャラクターを演じることにおいてラファロは前任者(と)を超えたと考えた。 興行収入 公開前の観客調査によると、男性層の関心が非常に高く、女性層も強いことが示された。 事前のオンライン・チケットは完売し、北アメリカでの公開3日間で1億2500万ドル以上を売り上げることが示唆された。 さらに追加チケットにより1億5000万ドルを超え 、『アベンジャーズ』の初週末成績は2012年の『』(1億5250万ドル)、2008年の『』(1億5840万ドル)、2011年の『』(1億6900万ドル)に匹敵すると見られた。 全世界 『アベンジャーズ』の興行収入は北アメリカで6億2336万ドル、全世界で15億1956万ドルに達した。 これは当時、歴代作品で『』と『』に次ぐ3番目の記録であり、2012年の映画では最高であった。 世界での公開時成績は3億9250万ドルであり、歴代3位(当時)の記録である。 公開から12日目で製作費の2億2000万ドルを回収し 、19日目で世界興行収入10億ドル超えの作品の一つとなった。 北アメリカ以外 2012年5月13日時点で北米外では約6億2890万ドルを売り上げている。 これは歴代のスーパーヒーロー映画の興行収入では最高である。 2012年4月25日水曜日に北米外10カ国での興行が始まり、1710万ドルを売り上げた。 4月26日と27日にはさらに29カ国で公開され、それまでの3日間の興行収入は7310万ドルに達した。 4月29日日曜日までに39カ国での公開初週末興行収入は1億8510万ドルに達した。 北米外では3週連続で週末興行収入1位となった。 ニュージーランドとマレーシアとアイスランドでは初日、フィリピンでは単日、シンガポールとタイでは初日と単日成績の新記録を築き上げた。 オーストラリア(620万ドル)、メキシコ、フィリピン、ベトナムでの初日成績は『』に次いで歴代2位となった。 メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、エクアドル、ペルー、中央アメリカ、ボリビア、台湾、フィリピン、香港、アラブ首長国連邦などでは初週末興行収入の新記録を築き上げた。 オーストラリアでの公開5日間で史上2位の2020万ドルを売り上げた。 イギリス、アイルランド、マルタでは公開初日に250万ポンド(約410万ドル) 、初週末にはスーパーヒーロー映画史上最高となる1580万ポンド(2570万ドル)を売り上げた。 北アメリカ 北アメリカでは2012年5月4日の公開初日に8080万ドルを売り上げ、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』に次いで歴代2位となる公開初日、単日記録を築いた。 金曜の深夜上映ではスーパー映画史上最高となる1870万ドルを売り上げた。 深夜上映抜きでは、単日では歴代最高額(6180万ドル)を売り上げた。 土曜日(6960万ドル)と日曜日(5710万ドル)では史上最高記録となった。 初週末3日間では全体で2億704万ドル、IMAX劇場で1530万ドルを売り上げて『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』を抜いて最高記録となった。 更新した記録 2012年5月13日時点での北米の興行記録である。 2012年5月、ディズニーCEOのは続編の企画に入っていると発表した。 『アベンジャーズ』以降のマーベル・スタジオ作品の配給権はウォルト・ディズニー・ピクチャーズへ売却されたが、マーケティング資材ではディズニーではなくパラマウント映画のロゴが使われている。 に登場する「コズミック・キューブ」のこと。 ではもっぱら「テッセラクト」(the Tesseract、のこと)と呼ばれるが、『アベンジャーズ』では単に「キューブ」(the Cube)とも呼ばれている。 らによると、各物語をつなぐ核となるアイテム。 2012年4月20日時点のよりアーカイブ。 2012年4月20日閲覧。 Breznican, Anthony 2011-10-07. 1175 : 37; online. のMay 2, 2012時点におけるアーカイブ。 2015年9月7日閲覧。 2012年5月8日. FilmFestivalTraveler. com. 2012年5月8日時点のよりアーカイブ。 2012年5月8日閲覧。 2012年5月1日時点のよりアーカイブ。 2012年5月1日閲覧。 via. 2010年7月25日. 2010年8月2日閲覧。 [ ]• 現実世界ではが建っている場所である。 (ちなみにコールソンはテレビドラマ「エージェント・オブ・シールド」で極秘裏に復活する)• 2012年6月28日閲覧。 シネマトゥデイ. 2012年9月5日閲覧。 2008年10月28日. 2010年4月14日閲覧。 2010年4月14日閲覧。 2009年5月16日閲覧。 Ron Messer 2010年10月10日. 2010年10月10日閲覧。 2010年7月23日閲覧。 Vilensky, Mike 2010年9月24日. 2010年9月25日閲覧。 シネマカフェ 2012年6月6日. 2012年9月5日閲覧。 [ ]• 2010年4月14日閲覧。 Brian Warmoth 2010年7月26日. 2010年7月26日閲覧。 Malkin, Marc and Malec, Brett 2010年12月17日. 2011年1月5日閲覧。 2010年4月14日閲覧。 シネマトゥデイ. 2012年9月5日閲覧。 Adamek, Pauline January 2012. Filmink FKP International Exports : 70—75. 2010年6月11日閲覧。 Farley, Christopher John 2010年9月17日. 2010年9月18日閲覧。 THR staff 2011年8月20日. The Hollywood Reporter. 2011年8月22日閲覧。 And like all the delusional autocrats of human history, he thinks this is a great idea because if everyone is busy worshipping him, there will be no wars so he will create some kind of world peace by ruling them as a tyrant. But he is also kind of deluded in the fact that he thinks unlimited power will give him self-respect so I haven't let go of the fact that he is still motivated by this terrible jealousy and kind of spiritual desolation. 2010年7月24日. 2010年7月25日閲覧。 Ching, Albert 2012年5月3日. Newsarama. 2012年5月9日閲覧。 Campbell, Josie 2012年5月2日. Comic Book Resources. 2012年5月9日閲覧。 O'Connell, Mikey 2011年3月25日. Zap2It. 2011年3月25日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2011年2月3日時点のよりアーカイブ。 2011年2月3日閲覧。 2011年2月7日閲覧。 2011年5月5日閲覧。 Stratton, David 2012年4月26日. 2012年8月22日閲覧。 2010年4月14日閲覧。 映画がもっとおもしろくなるハリウッドチャンネル 2012年4月26日. 2012年4月27日時点のよりアーカイブ。 2012年4月27日閲覧。 Sangalang, Angela 2012年6月1日. Examiner. com. 2012年8月30日閲覧。 Couch, Aaron 2012年8月29日. 2012年8月30日閲覧。 シネマトゥデイ. 2012年8月22日閲覧。 Child, Ben 2012年6月14日. 2013年4月27日閲覧。 , p. 114• McClintock, Pamela 2005年4月28日. 2010年4月14日閲覧。 2006年9月14日. 2012年12月5日時点のよりアーカイブ。 2010年8月2日閲覧。 Joshua S. Hill 2007年6月14日. Comic Book Movie. 2010年4月14日閲覧。 Davis, Erik 2007年5月4日. 2013年4月25日時点のよりアーカイブ。 2010年4月14日閲覧。 White, Michael, and Andy Fixmer 2008年1月25日. 2010年4月14日閲覧。 2008年5月5日. 2010年4月14日閲覧。 Fernandez, Jay A. 2008年9月28日. の2008年10月2日時点におけるアーカイブ。 2010年4月14日閲覧。 Kit, Borys 2008年10月6日. の2008年10月7日時点におけるアーカイブ。 2010年4月14日閲覧。 Jessica Barnes 2009年3月12日. 2013年4月25日時点のよりアーカイブ。 2010年4月14日閲覧。 Fred Topel 2009年8月18日. 2010年4月14日閲覧。 Ditzian, Eric 2009年9月24日. 2010年4月14日閲覧。 Rick Marshall 2009年10月14日. 2010年4月14日閲覧。 シネマトゥデイ 2009年10月17日. 2011年4月13日閲覧。 2010年1月26日. 2010年4月14日閲覧。 Marnell, Blair 2010年3月3日. 2010年4月14日閲覧。 2010年4月1日. 2010年4月14日閲覧。 Graser, Marc 2010年4月13日. 2010年4月14日閲覧。 福田麗 2012年7月13日. シネマトゥデイ. 2012年7月17日閲覧。 Warner, Kara 2010年7月30日. 2010年8月2日閲覧。 Lesnick, Silas 2010年4月17日. 2010年4月19日閲覧。 McWeeny, Drew 2010年7月9日. HitFix. 2010年7月9日閲覧。 McWeeny, Drew 2010年7月10日. HitFix. 2010年7月10日閲覧。 Ellwod, Gary, and Drew McWeeny 2010年7月11日. HitFix. 2010年7月12日閲覧。 Hardawar, Devindra 2010年7月22日. 2010年7月23日閲覧。 Downey, Ryan J. 2010年7月22日. 2010年7月23日閲覧。 Corinne Heller 2010年7月23日. 2010年7月24日閲覧。 [ ]• 2010年8月10日. 2010年8月10日閲覧。 Friedman, Roger 2010年8月10日. Showbiz 411. 2010年8月10日閲覧。 2011年7月15日. 2011年12月23日閲覧。 Cached version of , Long Island Business News, October 7, 2010. , requiring subscription. , October 20, 2010, p. A13 of print edition. McClintock, Pamela 2010年10月18日. 2010年10月18日閲覧。 Film New Mexico. 2010年12月23日閲覧。 [ ]• Marshall, Rick 2011年1月21日. 2011年1月21日閲覧。 2011年3月3日. 2011年3月3日閲覧。 Sangiacomo, Michael 2011年3月3日. Cleveland. com. 2011年3月3日閲覧。 2011年4月26日. 2011年4月26日閲覧。 Paltrow interviewed on Something For the Weekend, , 2011-05-08, 2011, via Gallagher, Simon, , ObsessedWithFilm. com, 2011-05-08. Retrieved 2011-05-08. 2011年5月17日. 2011年7月5日時点のよりアーカイブ。 2011年5月17日閲覧。 2011年6月27日. 2011年7月5日時点のよりアーカイブ。 2011年6月27日閲覧。 Vancheri, Barbara 2011年7月1日. 2011年7月1日時点のよりアーカイブ。 2011年7月1日閲覧。 Sangiacomo, Micheal 2011年8月8日. 2011年8月8日時点のよりアーカイブ。 2011年8月8日閲覧。 Sgt. 1st Class Mark Bell 2011年11月7日. 2011年11月7日時点のよりアーカイブ。 2011年11月7日閲覧。 Jackson, Tom 2011年8月9日. 2011年8月9日時点のよりアーカイブ。 2011年8月9日閲覧。 Jackson, Tom 2011年8月11日. 2011年8月11日時点のよりアーカイブ。 2011年8月11日閲覧。 Sangiacomo, Micheal 2011年8月11日. 2011年8月11日時点のよりアーカイブ。 2011年8月11日閲覧。 Sangiacomo, Micheal 2011年8月11日. 2011年8月12日時点のよりアーカイブ。 2011年8月12日閲覧。 Sangiacomo, Micheal 2011年8月17日. 2011年8月18日時点のよりアーカイブ。 2011年8月18日閲覧。 Sangiacomo, Micheal 2011年8月28日. 2011年9月12日時点のよりアーカイブ。 2011年9月2日閲覧。 Lesnick, Silas 2011年9月2日. 2011年9月12日時点のよりアーカイブ。 2011年9月2日閲覧。 2011年9月3日. 2011年9月12日時点のよりアーカイブ。 2011年9月3日閲覧。 2011年12月22日. 2011年12月23日時点のよりアーカイブ。 2011年12月23日閲覧。 Vlessing, Etan 2012年1月31日. 2012年2月1日時点のよりアーカイブ。 2012年2月1日閲覧。 Breznican, Anthony 2012年5月4日. 2012年5月5日時点のよりアーカイブ。 2012年5月4日閲覧。 Animation World Network. 2012年5月6日時点のよりアーカイブ。 2012年5月6日閲覧。 大口孝之 2012年8月10日. PLUS. 2012年9月13日閲覧。 Storm, Marc 2011年11月16日. 2011年11月17日時点のよりアーカイブ。 2011年11月17日閲覧。 Weintraub, Steve 2012年4月5日. Collider. com. 2012年4月6日時点のよりアーカイブ。 2012年4月6日閲覧。 2012年3月26日. 2012年3月26日閲覧。 Baksi, Dibyojyoti 2012年3月26日. 2012年3月26日時点のよりアーカイブ。 2012年3月26日閲覧。 2012年3月27日. 2012年3月27日時点のよりアーカイブ。 2012年3月27日閲覧。 Boucher, Geoff 2011年6月22日. 2011年7月22日時点のよりアーカイブ。 2011年7月18日閲覧。 Breznican, Anthony 2011年7月18日. 2011年7月27日時点のよりアーカイブ。 2011年7月24日閲覧。 com 2011年8月9日. 2011年8月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年8月9日閲覧。 Finke, Nikki 2011年8月23日. Deadline Hollywood. 2011年8月25日時点のよりアーカイブ。 2011年8月25日閲覧。 Marvel. com 2011年10月4日. 2011年10月5日時点のよりアーカイブ。 2011年10月5日閲覧。 Comic Book Resources 2011年10月11日. 2011年10月11日時点のよりアーカイブ。 2011年10月11日閲覧。 Fernandez, Jay A. 2011年10月11日. 2011年10月12日時点のよりアーカイブ。 2011年10月12日閲覧。 プレスリリース , , 2011年10月14日 , の2011年10月14日時点におけるアーカイブ。 , 2011年10月14日閲覧。 プレスリリース , Warner Bros. Pictures, 2011年12月23日 , の2012年1月2日時点におけるアーカイブ。 , 2012年1月2日閲覧。 Sacks, Ethan 2012年3月2日. 2012年11月2日時点のよりアーカイブ。 2012年3月3日閲覧。 Deadline. com. 2012年5月4日時点のよりアーカイブ。 2012年5月4日閲覧。 Marvel. com 2012年1月27日. 2012年1月30日時点のよりアーカイブ。 2012年1月28日閲覧。 Fritz, Ben 2012年1月10日. 2012年1月30日時点のよりアーカイブ。 2012年1月28日閲覧。 Comic Book Resources 2012年4月26日. 2012年4月26日時点のよりアーカイブ。 2012年4月26日閲覧。 森脇稔 2011年12月4日. 2013年5月2日閲覧。 O'Hara, Helen 2012年2月28日. 2012年2月28日時点のよりアーカイブ。 2012年2月28日閲覧。 Ford, Rebecca 2012年2月28日. 2012年3月14日時点のよりアーカイブ。 2012年3月14日閲覧。 2012年5月1日時点のよりアーカイブ。 2012年5月1日閲覧。 Cox, David 2012年4月27日. の2012年5月2日時点におけるアーカイブ。 O'Connell, Michael 2012年3月16日. 2012年3月19日時点のよりアーカイブ。 2012年3月19日閲覧。 Zakarin, Jordan 2012年3月28日. 2012年3月29日時点のよりアーカイブ。 2012年3月29日閲覧。 福田麗 2012年6月26日. シネマトゥデイ. 2012年6月26日閲覧。 土屋孝浩 2012年8月18日. 瀬戸久美子 2012年8月28日. 2012年8月29日閲覧。 山田泰生 2012年7月28日. 2012年7月29日閲覧。 [ ]• Tribbey, Chris. 2012年11月2日時点のよりアーカイブ。 2012年10月7日閲覧。 2012年10月4日時点のよりアーカイブ。 2012年10月4日閲覧。 Hi-Def Digest 2012年5月21日. 2012年11月2日時点のよりアーカイブ。 2012年6月12日閲覧。 Marvel. com 2012年7月31日. 2012年9月17日時点のよりアーカイブ。 2012年9月17日閲覧。 ロケットニュース24 2012年12月5日. 2013年2月1日閲覧。 Clint, Morris 2012年8月14日. Moviehole. net. 2012年8月30日閲覧。 Lee, Jason 2012年6月6日. HD-Report. 2012年11月2日時点のよりアーカイブ。 2012年6月12日閲覧。 Breznican, Anthony 2012年9月6日. Entertainment Weekly. 2012年9月6日時点のよりアーカイブ。 2012年9月6日閲覧。 2012年11月2日時点のよりアーカイブ。 2012年9月21日閲覧。 ガジェット通信 2013年1月4日. 2013年2月1日閲覧。 [ ]• 2012年12月26日. 2013年4月27日閲覧。 Movie Balla. 2013年2月20日閲覧。 [ ]• 2012年5月7日閲覧。 ComingSoon. net. 2012年5月5日. の2012年5月5日時点におけるアーカイブ。 2012年5月5日閲覧。 2012年5月7日閲覧。 McCarthy, Todd 2012年4月20日. 2012年4月20日時点のよりアーカイブ。 2012年4月19日閲覧。 But Whedon and his cohorts have managed to stir all the personalities and ingredients together so that the resulting dish, however familiar, is irresistibly tasty again. Hasan, Zaki 2012年5月4日. 2012年5月6日閲覧。 の2012年5月3日時点におけるアーカイブ。 2012年5月3日閲覧。 2012年5月2日. の2012年5月3日時点におけるアーカイブ。 2012年5月3日閲覧。 2012年5月3日. の2012年5月3日時点におけるアーカイブ。 2012年5月3日閲覧. ""I'm always angry," he says at one point, and while "The Avengers" is hardly worth raging about, its failures are significant and dispiriting. The light, amusing bits cannot overcome the grinding, hectic emptiness, the bloated cynicism that is less a shortcoming of this particular film than a feature of the genre. Neumaier, Joe 2012年4月30日. New York City. 2012年5月5日閲覧。 2012年5月4日. 2012年5月5日閲覧。 2012年5月2日. の2012年5月2日時点におけるアーカイブ。 2012年4月30日閲覧. "On The Avengers ' comparatively minute canvas of two and a half hours, Whedon effectively creates a sketch of a working universe and tells us that his characters are emotionally damaged but doesn't explore that damage in any substantive way. Finke, Nikki 2012年4月12日. 2012年4月20日時点のよりアーカイブ。 2012年4月12日閲覧。 2012年5月8日閲覧。 2012年4月16日時点のよりアーカイブ。 2012年4月16日閲覧。 Finke, Nikki 2012年4月25日. Deadline. com. 2012年4月26日時点のよりアーカイブ。 2012年4月26日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年5月8日閲覧。 Corliss, Richard 2012-05-06. の2012-05-07時点におけるアーカイブ。 2012年5月13日閲覧。 2012年4月26日時点のよりアーカイブ。 2012年4月25日閲覧。 2012年5月1日時点のよりアーカイブ。 2012年4月29日閲覧。 2012年5月5日時点のよりアーカイブ。 2012年4月29日閲覧。 Segers, Frank 2012年5月6日. 2012年5月8日時点のよりアーカイブ。 2012年5月8日閲覧。 McClintock, Pamela 2012年4月25日. 2012年5月1日時点のよりアーカイブ。 2012年4月26日閲覧。 2012年5月1日時点のよりアーカイブ。 2012年4月29日閲覧。 Segers, Frank 2012年4月29日. 2012年5月1日時点のよりアーカイブ。 2012年4月30日閲覧。 Finke, Nikki 2012年5月7日. 2012年5月9日時点のよりアーカイブ。 2012年5月14日閲覧。 2012年5月5日閲覧。 2012年4月27日. 2012年5月5日時点のよりアーカイブ。 2012年4月27日閲覧。 2012年5月5日閲覧。 Reynolds, Simon 2012年5月2日. 2012年5月4日時点のよりアーカイブ。 2012年5月4日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年5月8日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年5月8日閲覧。 Ray, Subers. 2012年5月4日閲覧。 Subers, Ray 2012年5月5日. Box Office Mojo. 2012年5月5日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年5月8日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年5月8日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年5月6日閲覧。 2012年5月8日時点のよりアーカイブ。 2012年5月8日閲覧。 Entertainment Weekly 2012年5月6日. 2012年5月6日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年5月8日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年5月8日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年5月8日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年5月8日閲覧。 Finke, Nikki 2012年5月6日. Deadline. com PMC. 2012年5月6日閲覧。 2012年5月13日. 2012年5月14日閲覧。 2012年5月14日閲覧。 2012年5月11日閲覧。 2010年3月8日. 2012年5月6日閲覧。 Amazon. com. Box Office Mojo. 2012年5月14日閲覧。 Lien, Tracey 2011年9月15日. Kotaku. 2011年9月15日時点のよりアーカイブ。 2011年9月15日閲覧。 Sinclair, Brendan 2011年9月19日. 2011年9月20日時点のよりアーカイブ。 2011年9月20日閲覧。 Szalai, Georg 2011年10月15日. 2011年10月17日時点のよりアーカイブ。 2011年10月17日閲覧。 Lieberman, David 2012年5月8日. 2012年5月8日時点のよりアーカイブ。 2012年5月14日閲覧。 Graser, Marc 2011年10月11日. の2011年10月12日時点におけるアーカイブ。 2011年10月12日閲覧。 Yamato, Jen 2012年4月30日. MovieLine. 2012年5月3日閲覧。 That's how the Cosmic Cube came about; what started as a little seed would grow and grow and grow to The Avengers. 2010年9月6日. 2012年10月3日閲覧。 参考文献• 『マーベル・スタジオ・ビジュアル・ディクショナリー』、2019年。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (日本語)• (英語)• - (日本語)• - (英語)• - (英語).

次の