胃 カメラ 怖い。 逆流性食道炎の胃カメラ検査が怖い!嫌だ!したくない!という方へ

胃カメラ。怖いです。

胃 カメラ 怖い

私の胃にピロリ菌がいて、胃粘膜の萎縮も疑われる状態であることは『』でも詳しく記載しましたが、遂にピロリ菌を除菌するために胃カメラを飲んで来ました。 ピロリ菌の除菌方法は、1週間の服薬で完了するという至ってシンプルなものですが、その薬を出してもらうのにはどうしても胃カメラでの検査が必要になります。 医者の話によると内視鏡での検査で 「この患者にはピロリ菌の除菌が必要」という診断をしないと、薬を出せないらしいのです。 1週間抗生物質を服薬してから1か月後に再度検査をして、ピロリ菌が除菌されたかどうか調べます。 この時の検査方法は胃カメラではなく『尿素呼気試験』というもので、検査用の薬を飲んで吐き出された息を調べる検査をするようです。 また、1度目(1週間)の服薬で完全除菌できる割合は8~9割程度らしく、1度目で除菌できなければ2度目の服薬をすることになります。 費用の面で言うと、保険が適用されるのは2度目までらしく、3度目以降は自費になるようです。 苦しくない胃カメラが存在する?! さて、以前鼻からの胃カメラで悶絶体験をして二度と胃カメラは飲まない!と決めたにも関わらず今回内視鏡検査を受けようと思ったのは、麻酔を使っての内視鏡検査は全然苦しくないとの情報がどうやら本当らしいと知ったからです。 実際、友人も麻酔を使用しての胃カメラを受けて「全然へっちゃらだったよ!」と言っていたし、年齢を重ねてそろそろ本気でメンテナンスしないと大変な事になりそうだという危機感から、今回思い切って内視鏡検査を受けることにしました。 内視鏡検査の手順 検査の前夜は、消化の良い物を食べるように指示されました。 また21時以降の飲食は一切なし。 当日は検査の15分前には受付するように、という指示でした。 前回の受診時、説明を受けて渡された『同意書』を提出し、簡単な検査の説明と注意点を聞きました。 同意書の内容には、内視鏡操作によって0. 007%の確率で出血が起こったり胃や腸に穴が開く、薬剤によるアレルギーなどの症状が出る事があり、0. 00045%の確率で死亡することもあるということ、また麻酔(鎮静剤)の使用により呼吸抑制、血圧低下、不整脈などが偶発される確率が0. 025%、死亡率は0. 0016%とされること、などを知った上で検査に同意します、というものでした。 胃カメラで死亡することや偶発症があることを初めて知り、ちょっとだけ動揺しました(^^; いよいよ検査室の隣の部屋のリクライニングチェアに移動し、看護師さんによる準備が始まります。 これは何てことありません。 これを飲み込まず5分後に吐き出します。 苦みを感じるジェルで、注入して1~2分後くらいから喉がしびれるような感覚に襲われます。 麻酔液は診察台に上がってから注入されたようです。 恐らく、このタイミングで麻酔液を注入されたのだと思います。 気がつけば最初の準備で通された検査室隣の部屋のリクライニングチェアで眠っていました。 検査されたことすら全く記憶がなく、眠っている自覚もなく・・・ 麻酔とは、どれほど恐ろしい効き目なんだっ!! 腕を見ると、診察前につけられた注射器の液体が半分に減っていました。 つまり、倍量でないと効果のない人も中にはいる、という事っ?! いやー・・・自分でもびっくりしました。 「へっちゃらよ!」とは聞いていましたが、へっちゃらどころか胃カメラが体内に入ったことに気づかないって・・・ 衝撃的な体験でした。 胃カメラの診察結果 その後、診察室にて担当医より内視鏡検査の結果を聞かされました。 「特にガンなどの腫瘍もありませんでした。 それでは1週間ピロリ菌をやっつける薬を飲んでもらって、約1か月後に再度診察を受けてください。

次の

胃カメラは痛くない?料金や麻酔は?当日の様子など体験談

胃 カメラ 怖い

胃カメラ検査の手順と感想 ではここから僕から見た「胃カメラ検査の実態」をレポートしていきたいと思います。 ちなみに、僕が受けたのは口から入れる胃カメラ検査です。 ネットの情報を見てると鼻から入れる方が楽、という情報もよく見かけたんですが、僕が行った病院は口からの胃カメラ検査しか選べませんでした。 準備室的な部屋に入る。 (検査室ではない)• 胃カメラに関する説明と簡単な問診を受ける。 最初に胃の中をきれいにする液体を飲まされる。 少量だがおいしい物ではない。 ちょっと苦かったような気もする。 口の中にどろっとした麻酔を入れられる。 量は大さじ2杯ぐらい。 「喉の奥の方に溜めた方がえずきにくくなる」というネットの情報があったのでトライしてみたが、麻酔なので口の中の感覚がなくなり、どこらへんに麻酔が溜まっているのかわからなくなった。 飲み込むと嫌なので(飲んでも害はないらしいが)、結局上を向いてじっとするぐらいしかできなかった。 口の中がしびれて感覚がなくなっていくのは気持ち悪い。 5分ほど経ったら麻酔を吐き出す。 口の中だけでなく、舌もしびれるのでここ以降はしゃべりづらくなる。 検査室に移動する。 筋肉注射を打たれる。 これが検査中一番嫌だったかもしれない。 ただ「筋肉注射=めっちゃ痛い」と思っていたものの、そこまで痛くなかった。 さらに液体の麻酔を飲まされる。 量は少量だがちょっと苦い。 麻酔を飲んだらベッドの上で横になる。 身体の左側を下にして寝転がる。 ここまでが胃カメラを受ける準備だが、精神的な緊張やらなんやらですでにグロッキー。 液体の麻酔を飲んでから数分後、いよいよ胃カメラ検査がスタート。 胃カメラの太さはイタリア料理に出てくるグリッシーニぐらい。 (冒頭のイメージ写真を参照)• もちろん弾力があってグネグネ曲がる。 口から胃カメラを入れられる。 麻酔が効いていてえずいたりすることはなかったが、「喉になんか差し込まれている」という感覚はある。 胃カメラが喉を通過するのがちょっときつい。 食道の細さに対して、胃カメラがちょっと太い感じ。 胃カメラが胃に到達したあともどんどん奥に突っ込まれる。 えっ、まだ入れるの??っていうぐらい、ぐいぐい胃カメラ(僕の視点では黒くて太い線)を押し込まれる。 たぶん胃の終端部分まで見ていたんだと思う。 お医者さんはモニタを見ながら操作しているが、自分は横になっているので見えなかった。 痛いとかえずくとかいう感覚はないが、かといって全く楽なわけではなく、「口から喉の奥になんか入れられてる」「喉に何かが詰まっている」という感覚はあるので検査中はちょっと苦しい。 看護師さんが背中をさすってくれている間はちょっとだけ苦しさがまぎれる。 でもとにかく早く終わってほしかった。 検査自体は2~3分で終了。 もしかしたら5分ぐらい経っていたかも?正確な時間は分からない。 なかなか強烈な体験で終わった直後は放心状態になった。 「検査中につばが出てきたら、むせないように飲み込まずに口から出してください」と言われていたが、ほとんど出なかった。 検査終了後、10分ほど検査室の脇の待合スペースで休憩。 その後、検査を実施したお医者さんから検査結果の説明を受けた。 「きれいな胃ですね。 というか、普通の正常な胃です。 「見た感じ、ピロリ菌もいなさそうです。 「この状態なら毎年胃カメラじゃなくてもいいんじゃないですかね。 まあ絶対大丈夫という保証はしませんけど」• というような話だった。 とりあえず何も異常がなくて良かった!• その後、休憩室に移動して1時間ほど休憩。 30分ぐらい経つと口の中の麻酔もほとんど切れてきた。 つばも普通に飲み込めるようになった。 1時間経ったら昼食も問題なく食べられた。 ただし、胃カメラが通るときに喉に負担がかかったのか、その日は風邪を引いたときのような軽い喉の痛みがあった。 (翌日には治った) はい、僕の胃カメラ検査レポートは以上です! 参考:バリウム検査の手順と感想 ついでにバリウム検査の手順と感想も載せておきます。 若い人(30歳未満)の人はバリウム検査すら受けたことがない、という人も多いんじゃないでしょうか? おっさんになるとこんな検査を受けなきゃならんのですよ。 嫌ですね~ -o-;• 最初に少量の発泡剤(重曹)を飲まされる。 そしてこれ以降げっぷ禁止。 が、これがかなり難しい。 初めて検査を受けたときはげっぷの止め方がわからず、思わずげっぷをしてしまった。 (たぶん間違えて息まで止めてしまったせいだと思う・・・)• げっぷを出してしまったらもう一回発泡剤を飲んでげっぷを我慢しなければならない。 初めて検査を受ける人は事前に炭酸水とかで練習しておいた方がいいかも?(適当な意見)• それからバリウムを飲む。 量は紙コップ一杯分ぐらい?もうちょっとあるかな?• 味はなく、どろっとしている。 とりあえず、げっぷを我慢するのが大変なので、おいしい、おいしくないとか考えている余裕はない。 検査台に移動してレントゲン撮影開始。 この検査台がいろんな角度にぐるんぐるん傾く。 さらに技師の人から「(検査台の上で)身体を右に向けて!左に向けて!うつぶせになって!」とあれこれ指示を出される。 げっぷを我慢しながら妙な角度で傾いている検査台の上で身体を動かさなきゃいけないので、非常に難易度(と苦痛度)が高い。 げっぷをするとやり直しになる(のかな?)ので、げっぷをしないようにとにかく必死。 身体を動かしたり検査台が動いたりするのはいろんな角度で胃の形やらバリウムの動きやらを撮影するため(だと思う)。 2~3分ぐらい(?)で撮影終了。 正確な時間はわからないが、精神的にも肉体的にも辛いので検査中は結構長く感じる。 撮影が終わったら下剤を飲む。 1日中トイレから出られないとかそういうことはないが、トイレに行く頻度はちょっと増える。 胃カメラに比べるとステップは少ないですが、それでも楽な検査ではないですね~。 まとめ:「で、胃カメラとバリウム、どっちがいいの?」 前述の通り、どっちも楽じゃないです。 どっちがいいと聞かれても、どっちも嫌です!! ・・・が、両者を天秤にかけると バリウムの方がまだちょっとマシかな、という気がします。 バリウムで一番辛いのはげっぷを我慢することですが(あと検査後のトイレもか)、胃カメラだと麻酔があったり、注射があったり、あと検査そのものに肉体的な苦痛があったりするので、トータルで見るとバリウムの方が少し楽なんじゃないでしょうか。 (少なくとも僕の場合は) とはいえ、胃カメラの方が小さな異常を発見しやすいって言われると、胃カメラを一生避けるわけにもいかず、なかなか難しいところです。 とりあえずお医者さんが「毎年じゃなくてもいいんじゃないか」と言っていたので、3年に一回ぐらいのペースで受けてみようかな~と考えています。 あと、鼻からの胃カメラもあるんですよね。 口より楽って聞くけど、実際どうなんでしょうか? 口胃カメラ、鼻胃カメラ、バリウムだとどれが一番マシなのかちょっと気になります。 まあとにかく、健康だったらそれが一番です。 僕は20歳ぐらいの頃に何度も気胸(肺に穴が空く病気)を再発して、そのたびに手術を受けていた時期がありました。 いや~、あれは本当に辛かった。 なのでこの先、大きな病気はしたくないですね。 なにはともあれ、みなさんも健康には十分気をつけて下さいね。

次の

胃カメラ未経験者におくる「胃カメラ初体験レポート」

胃 カメラ 怖い

点滴が挿入されれば次はカメラ室へ移動します。 カメラ室ではベッドに横になる前に胃の中の泡を減らすドロッとした 液体を飲みます。 そして、 氷を舐めます。 この氷が麻酔薬でした。 喉をしびれさせることで、胃カメラの刺激 苦痛 を和らげます。 それから、いよいよベッドに横になります。 マウスピースって言う 丸い穴のあいたプラスチックを口に加えます。 少し意識が戻ったときには既に胃カメラは終わっていたんですよね。 別の部屋に移動を促されたんですが、歩けないので車いすで移動です。 あまり鎮静剤が効かなかった体験談として、にこるちゃんが臨場感溢れる記事を書いています。 とっても参考になる記事なのでぜひ読んでみてくださいね。 胃カメラの結果はいつ? 病院によっては胃カメラしたその日に結果を教えてくれることもありますし、後日と言われることもあります。 もし胃カメラをした時に、『生検』って言って気になる部分の組織を医師が採取して検査機関に提出していれば、結果は7~10日後以降となります。 胃カメラの費用 何らかの症状があって受診した場合は保険適応となるので、多くは3割負担だと思います。 費用としては3割負担で5000円程って言われていますが、追加検査などによっても金額は変わります。 鎮静剤と授乳 授乳中での鎮静剤使用は少なからず不安はありますよね。 私が言われたのは.

次の