比嘉 大吾 試合。 ボクシングアート

比嘉大吾「契約解除」を可能にした、ボクサー「ジム移籍」事情の変革: J

比嘉 大吾 試合

2018年4月のV3戦を迎える頃、元WBC世界フライ級王者の 比嘉大吾選手は 不運なアクシデントにより ライセンス無期限停止処分を受けていました。 先月、ようやく ライセンス停止処分が解除されたとの報道がありましたね! 比嘉大吾選手は小兵ながらもハードなKOパンチャーで、普段のひょうきんな性格とは裏腹に武骨な素顔をのぞかせる、玄人好みのボクサーです。 ペナルティが解除されて、晴れてボクサーとしてリングに上がることが可能になりました。 そんな、比嘉大吾選手の 現在の様子と 復帰する階級、 復帰戦の予定などを調査してみました。 また、 比嘉大吾選手は 井上尚弥選手とも意外な関係にあります。 それについてもご紹介しますね! 是非最後までご覧下さいね。 比嘉大吾の現在の様子は?ライセンス無期限停止後何をしていたの? この記事の冒頭では、比嘉大吾選手のライセンス無期限停止処分を敢えて「 不運なアクシデント」と表現しましたが、皆さんご存知の通り「 減量失敗による失格」のペナルティが科されました。 その詳細をこの記事で言及するつもりはありません。 さて、先月のGood Newsが飛び込んでくるまで、比嘉大吾選手は一体何をしていたのでしょう? また現在はどのような様子なのでしょうか? 練習終わりにだいご君とバッタリ。 調子かなりいい感じ。 今日はよ寝よ。 そのころから4か月経過していますから現在はもう少しシャープになっているのかも知れません。 下の画像は今年2月頃のようです。 Hi,bro😁🔥💙 — KANA kanasilverwolf 本格的なスパーリングではありませんが、 現在復帰に向けて動き始めている様子が伺えます。 これは 鹿児島の徳之島とのことです。 比嘉大吾の復帰戦の予定は?階級はバンタム級? かねてから年内復帰戦の噂がありましたね? 具志堅会長も比嘉大吾選手の年内復帰戦を明言しています。 ボクシング白井具志堅ジムの具志堅用高会長(64)が10日に都内で、ライセンス無期限停止処分を解除された元WBC世界フライ級王者比嘉大吾(23)を年内に復帰させるプランを明かした。 「年内にはやらせたい。 名前を忘れられてしまう。 スーパーフライ級で予定している」と話した。 階級については、 具志堅会長は「スーパーフライ級」とのことですが、実際に 比嘉大吾選手が現在ランクインしているのはWBCのバンタム級です。 5位にランクインしていますね! ちょっと驚きました 笑 また、追加の情報ですが 比嘉大吾選手とも親交のある井上尚弥選手は、比嘉大吾選手へバンタム級への階級アップをアドバイスしています。 比嘉への減量のアドバイスについては、「自分は根性と気合で落としたんで、アドバイスはない」とキッパリ。 だが、自身も減量苦からライトフライ級から2階級上のスーパーフライ級へ上げた経験があり、「(ライトフライから)フライに上げてもキツさは一緒なんで、スーパーフライに上げちゃったし、比嘉もバンタムに上げればいいんですよ」と提案した。 現在のバンタム級には井上尚弥選手をはじめ、ルイスネリ選手、ロドリゲス選手、ノニトドネア選手、ギレルモリゴンドウ選手など、スターが綺羅星のごとく名を連ねるかなりヘビーな階級です。 さすがは 黄金のバンタム級と言われた階級ですね。 エデルジョフレという選手をご存知ですか?もし知っていたなら、あなたは恐らく… 笑 比嘉大吾選手と上記の選手との対戦を考えると、ボクシングファンならずとも興味がそそられますよね! 【関連記事】 比嘉大吾と井上尚弥、どんな関係?対戦の可能性はあるの? これは意外と有名な動画かも知れません。 比嘉大吾選手と井上尚弥選手がスパーリングしているシーンです。 <参考記事> まとめ V3戦の頃、比嘉大吾選手はすでに主戦場とするフライ級では身体に筋肉も付いていたため、減量が厳しくなっていました。 痩せているのに、なぜ体重オーバーするの?という素朴な疑問を持つ人も多いかも知れませんが、筋肉というのは脂肪1kgと筋肉1kgを比較すると体積がまったく違うんです。 分かりやすく言うと「体重60kgのボディビルダー」と「体重60kgの新橋のオヤジ」を比較すると、ボディビルダーが細く小柄に見えるんです。 体脂肪率1ケタ台のボクサーにあと900g絞れというのは酷な話。 比嘉選手、ともかく戻ってきてくれてありがとう! 復帰戦勝利を目に焼き付けます!頑張って! 今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

ボクシングアート

比嘉 大吾 試合

人物 [ ] 出身で、を卒業。 父親が少年野球の監督であることから小学校、中学校とに熱中し、出場を目指して高校でも野球を継続するつもりが、2月11日にがを破り世界王座を獲得した世界の中継をで観戦し、試合が早く終わったため放送された、沖縄出身で元世界王者のが強豪をバッタバッタと倒すKOダイジェストに心を奪われ、「ボクシングをやろう」と決意した。 比嘉が幼い頃に離婚後、離れて暮らしていた父親に相談すると元で沖縄県立宮古工業高等学校ボクシング部監督のを紹介され、知念の下でボクシングを学ぶべくへ渡り、に入学した。 宮古工業高に入ると知念から「とにかく攻める」スタイルを伝授された。 高校時代は3年次の()で少年の部フライ級でベスト8が目立った成績であった。 高校卒業後はオリンピック日本代表選手を目指して大学進学を希望していたが、ボクシング部の顧問が、具志堅が経営するの宮古島応援会会長でもあったため 具志堅に比嘉の名が伝わり、国体終了後に比嘉をするべく具志堅自身が宮古島へ訪問するなどしたことからプロ入りを決意し、1月20日に白井・具志堅ジムへ入門することを発表した。 プロ転向後の2014年6月17日にで、タイのセーンゲン・サックナロンを相手に51. 5kg契約4回戦を行い、初回50秒KO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。 その後5戦して全てKO勝ちで6連勝。 7月24日にで世界を懸けてと対戦し、7回1分2秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 WBC世界フライ級ユース王座を2度防衛したのちに返上し、7月2日に後楽園ホールで東洋太平洋フライ級王者のと対戦し、4回2分39秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した。 2016年11月5日にと対戦し、4回2分55秒KO勝ちを収めOPBF王座の初防衛に成功した。 2月4日に後楽園ホールでとノンタイトル10回戦を戦い、4回2分29秒TKO勝ちを収めた。 世界王座獲得 [ ] 2017年5月20日にでWBC世界フライ級王者のに挑戦し王座獲得を目指したが、エルナンデスが前日計量で200グラムして王座を剥奪され 、比嘉が勝てば新王者となりエルナンデスが勝てば王座が空位となる条件で試合は行われ、比嘉が6回2分58秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 6月8日にWBCは比嘉を2017年6月度の月間優秀選手賞に選出した。 2017年10月22日にでWBC世界フライ級5位のトマ・マソンと対戦し、デビュー戦から14連続KO勝ちとなる7回1分10秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した。 11月9日にWBCは比嘉をWBCの2017年11月度の月間優秀選手賞に選出した。 2月4日にで元世界2階級制覇王者でWBC世界フライ級9位のと対戦し、初回2分32秒KO勝ちを収め、2度目の防衛に成功すると共に15戦連続KO勝ちの日本タイ記録を樹立した。 2月12日にWBCは比嘉をWBCの2018年2月度の月間優秀選手賞に選出した。 沖縄での防衛戦から僅か2ヶ月後の4月15日、で同級2位の()を迎えて3度目の防衛戦を行う予定が組まれていたが、試合前日(4月14日)に実施された計量の1回目でリミット(50. 8Kg)から900gオーバーとなり、再計量のため2時間の猶予を与えられたが制限時間30分前に具志堅が計量ギブアップを宣言したことにより規定により比嘉は王座を剥奪された。 なお、日本人世界王者がウエートオーバーにより王座を剥奪されたのは比嘉が初めてとなった。 当日は試合開催の条件として設定された55. 3kgを試合12時間前の午前8時に実施された計量でクリアしたものの 、夜の試合では減量失敗の影響から、精彩を欠いた内容となり、9回1分14秒でセコンドがタオルを投げ入れ(試合棄権アピール)、TKO負けが宣せられた。 この結果、比嘉はプロ16戦目での初黒星を喫し、狙っていた16戦連続KO勝ちの日本新記録も樹立することが出来なかった。 この計量失敗の失態を受け、は4月25日、比嘉に無期停止処分と復帰する場合に1階級以上転級させることを義務付け、具志堅ジムには管理責任を問い戒告処分とすることを決めた。 ライセンス停止処分解除 [ ] 2019年9月27日、比嘉と所属ジムの具志堅会長がJBCへ処分解除を申し入れ、JBCの倫理委員会で処分解除の方向性が確認された。 倫理委員会は、既に1年5カ月が経過したことや、比嘉が階級を上げて復帰に備えてきたことを考慮したという。 2019年10月3日、JBCは比嘉のボクサーライセンス無期限停止処分を解除したと発表した。 今後はで復帰戦を行う予定。 2019年11月11日、がランキングを更新し、バンタム級7位にランクインした。 2020年2月13日、後楽園ホールにて119ポンド(約53. 97キロ、スーパーバンタム級相当)契約のノンタイトル8回戦で、フィリピン・バンタム級11位のジェイソン・ブエナオブラと1年10カ月ぶりの復帰戦を行った。 2回には左ストレートをもらう場面もあったが、6回にボディーへの連打で2度ダウンを奪い、6回2分25秒TKO勝ちを収めた。 試合後には、「2年休んでまたかと思われるかもしれないが、自分に期待していない自分もいる。 夢を追って東京に出て来た当時の闘争心が今の自分にはない。 それがない限り、チャンピオンになるのは無理」と複雑な胸中を吐露し 、「今後こんな気持ちだったらやっても意味ないので、ファンが熱狂的で本人がこうだったら意味がない。 このままモチベーションが上がらなかったら辞めようとも思っているし。 これからいろいろ考えます」と語った。 2020年3月13日、比嘉が白井・具志堅ジムに契約更新しないと意思表示し、ジムを離れることになった。 待遇のほか、練習や試合に臨む体制などで折り合いがつかなかったという。 現役は続行の考えで移籍先を探すことになる。 獲得タイトル [ ]• アマチュア: 45戦36勝(8KO)8敗• プロ:17戦16勝(16KO)1敗 戦 日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考 1 2014年6月17日 勝利 1R 0:50 KO セーンゲン・サックナロン プロデビュー戦 2 2014年8月22日 勝利 2R 2:40 TKO ロッタン・ウォーポーシーサケット 3 2014年11月26日 勝利 1R 1:20 TKO 藤井敬介(宇都宮金田) 4 2015年1月12日 勝利 1R 1:36 KO ポンパユ・チャイヨンジム 5 2015年5月10日 勝利 2R 2:55 TKO バーデン・リベラ 6 2015年6月8日 勝利 4R 0:37 KO クリス・アルファンテ 7 2015年7月24日 勝利 7R 1:01 KO コンファー・CPフレッシュマート ユース王座決定戦 8 2015年11月7日 勝利 10R 2:05 TKO レンレン・テソリオ WBCユース防衛1 9 2016年3月5日 勝利 2R 2:19 TKO ロメル・オリベロス WBCユース防衛2 10 2016年7月2日 勝利 4R 2:39 KO アーデン・ディアレ 東洋太平洋フライ級タイトルマッチ 11 2016年11月5日 勝利 4R 2:55 KO フェリペ・カグブコブJr OPBF東洋太平洋王座防衛1 12 2017年2月4日 勝利 4R 2:29 TKO ディオネル・ディオコス 13 2017年5月20日 勝利 6R 2:58 TKO WBC世界フライ級タイトルマッチ 14 2017年10月22日 勝利 7R 1:10 TKO トマ・マソン WBC防衛1 15 2018年2月4日 勝利 1R 2:32 TKO WBC防衛2・連続KO日本記録タイ 16 2018年4月15日 敗北 9R 1:14 TKO 前日に計量失格で王座剥奪 17 2020年2月13日 勝利 6R 2:25 TKO ジェイソン・ブエナオブラ 脚注 [ ]• スポニチアネックス 2018年2月4日• 宮古毎日新聞 2016年12月1日• 宮古毎日新聞 2014年1月22日• 宮古新報 2014年6月27日• 宮古毎日新聞 2015年7月28日• スポニチアネックス 2016年7月2日• 沖縄タイムス 2016年11月5日• スポーツ報知 2017年2月4日• Fightnews. com 2017年5月19日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月19日• Fightnews. com 2017年5月20日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月20日• WBC公式サイト 2017年6月8日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月10日• Fightnews. com 2017年10月22日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月22日• WBC公式サイト 2017年11月9日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月10日• 琉球新報 2018年2月4日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月4日• WBC公式サイト 2018年2月12日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月13日• Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2018年4月14日. 2018年4月14日閲覧。 デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2018年4月15日. 2018年4月16日閲覧。 デイリースポーツ 2018年4月15日. 2018年8月1日閲覧。 デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2018年4月16日. 2018年4月16日閲覧。 Fightnews. com 2018年4月15日• 共同通信2018年4月25日• スポーツ報知 2018年4月26日. 2018年8月1日閲覧。 日刊スポーツ 2019年9月28日• Boxing News(ボクシングニュース)2019年10月3日• Boxing News(ボクシングニュース) 2020年2月13日• 日刊スポーツ 2020年2月13日• 日刊スポーツ 2020年3月13日• 琉球新報 2020年3月13日. 2020年5月12日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)• daigo6710 - 前王者 第42代東洋太平洋王者 2016年7月2日 - 2017年5月20日(返上) 空位 次タイトル獲得者 前王者 世界王者 2017年5月20日 - 2018年4月14日(剥奪) 空位 次タイトル獲得者.

次の

比嘉大吾×クリストファー・ロサレス 試合結果・両者コメント

比嘉 大吾 試合

比嘉大吾 比嘉大吾選手は、プロデビューから15連続KOという日本タイ記録をもつ、元WBC世界フライ級チャンピオンです。 沖縄初の世界チャンピオンである「具志堅用高」さんの名試合をTVで偶然見て、そのあまりの強さに心を奪われたことからボクシングを始めました。 高校卒業後に、高校時代のボクシング部顧問の知り合いであった、憧れの「具志堅用高」さん本人から、プロにならないかとスカウトを受け「白井・具志堅ジム」へ入門することを決意しました。 その後、破竹の勢いで連勝を続け、2017年5月20日にメキシコの「ファン・エルナンデス」選手を6R2分58秒TKOで下し 「 WBC世界フライ級王座」を獲得しました。 世界チャンピオンとなった後も危なげなく2度の防衛に成功しましたが、2018年4月14日に行われた3度目の防衛戦の前日計量で、 日本人世界王者としては初となる計量に失敗。 世界王座を剥奪されました。 その後、行われた試合でも9回1分14秒でTKO負けを喫し、更に日本人世界王者としては初となる計量失敗を重くみたJBCから プロライセンスの無期限停止処分を受け、現在は試合が出来ない状態となっています。 ここからは、プロライセンスの無期限停止中の比嘉大吾選手の「 現在や今後」、「 復帰や引退の可能性」などをまとめています。 比嘉大吾プロフィール等• 本名:比嘉 大吾 ひが だいご• 生年月日:1995年8月9日• 所属ジム:「白井・具志堅スポーツジム」• プロデビュー:2014年6月17日• 引退日:現役選手 2019年6月27日現在• 出身地:沖縄県浦添市• ボクシングスタイル:右ファイター• プロ戦績:16戦15勝1敗 15KO• アマ戦績:45戦36勝8敗 8RSC• 獲得タイトル:「WBC世界フライ級王座」• 比嘉大吾の現在 2019年 や今後 ここでは、 比嘉大吾選手の現在 2019年 や今後について書いています。 比嘉大吾選手の復帰を望むファンが多くいる中、試合ができない状態の比嘉大吾選手は、ボクシングの練習をしているのでしょうか? 調べてみたところ、 比嘉大吾選手のTwitterにはボクシングの練習風景を収めた動画がいくつか公開されていました! 下記は練習動画を含む、比嘉大吾選手のツイートまとめです。 剥奪された当時 2018年4月 は、短くて1年の剥奪という話で今が2019年7月。 ジムと比嘉大吾選手との意思疎通がうまくいっていないことが復帰に至らない一番の原因のようです。 現役は続行するとのことで、現在は移籍先を探しているようです。 8kg以下 」の一つ上の階級である「スーパーフライ級 52. 16kg以下 」で5位にランキングされていました。 2019年7月12日現在は、他の階級でもランキングされておらず、 全てのランキングから名前が消えている状態です。 プロボクサーライセンスを無期限停止されており、1年以上のブランクがあることが、ランキング消滅の大きな理由のようです。 KOキング比嘉大吾フッカーーツ! 勝って後楽園のリングで写真撮ろうと言っていたんだ シビレタヨ大吾おめでとう — 江藤光喜 tyonann 比嘉大吾はインスタの投稿を全て削除した? 結構な投稿があった 比嘉大吾選手の「インスタグラム」ですが、 現在は全ての投稿が削除されています。 投稿してはいけない写真でもあったのでしょうか?なにか情報があれば教えて欲しいです。 比嘉大吾まとめ 今回は『 比嘉大吾の現在や今後 復帰?引退?ランキングからも名前が消えたけどどうなるの?』ということで、元WBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾選手の現在をまとめてみました。 練習動画を公開していることからも、引退することはなさそうです!また復帰するとすれば「バンタム級」が濃厚です。

次の