掃除 隙間。 メンディングテープとは?掃除しにくい水回りの隙間におすすめ!いろんな用途を紹介します|cocofamilog

隙間掃除グッズベスト7!狭いところもラクラク隙間掃除の世界

掃除 隙間

毎日お世話になっているキーボードは、使っていくうちに汚れていくものです。 とくにキーの隙間にたまったホコリや食べかす(?)などは衛生的にも気になりますね。 キーをすべて外して掃除するのがベストな選択であることはわかるのですが、失敗して元に戻らなくなるリスクは避けたいし、専用の器具が必要だったりと本格的にやろうとするとかなり面倒です。 そこで、何とかしてキーボードを分解せずに気になるキーの隙間の汚れを取り除く方法を調べてまとめてみました。 まずはじめに試すのは「たたく」 何よりも前にすべきことは、「裏返してたたく」ことです。 正直なところ、隙間に入り込んだホコリや謎の汚れの8割はこれで取り出すことができます。 注意すべき点は、大きなものから小さなものまで思った以上に大量の汚れが飛散しますので、外やキッチンのシンクなど、汚れても大丈夫な場所でやることです。 身近にあるモノを使って掃除をする 裏返してたたいても出てこない、重力ではどうにもならない汚れについては、強制的に出す必要があります。 一般家庭にある掃除機で吸い出したり、あるいはドライヤーの風でいくら頑張っても、はっきり言って効果はほとんど期待できません。 エアーダスター ドライヤーでは局所的に強力な風を当てることができませんが、エアーダスターであれば効率よく隙間に入り込んだゴミを吹き出すことができます。 をひとつ持っていればいつでも「シュッシュッ」と掃除ができまが、より効果的に吹き出したい場合は消耗品になりますがが抜群です。 綿棒 たとえば爪楊枝の先にティッシュを巻き付けた「マツイ棒」的なモノではなかなか汚れが取れてきませんが、綿棒の先はけっこう効果があります。 隙間が狭くて入らない場合は指でしごいて細くして使います。 先を少しだけ湿らせて使うと、より効果的に汚れを浮き出してくれます。 セロテープ セロテープを少し長めに切って、粘着面が外を向くように二つ折りにしたものをキーボードの隙間に入れます。 その状態で左右に動かすと汚れが付着して取れてきます。 地味な作業ですが小さなホコリも確実に取り除けます。 ウェットティッシュ エタノールを含むウェットティッシュは、汚れを取ると同時に除菌効果も期待できます。 キーボードからトイレの便座の5倍もの雑菌が検出されたというイギリスの報道が話題になりました。 たまに除菌しておいたほうがいいかも知れません。 キーボード専用の掃除道具もある 身近なモノでもそれなりに掃除ができますが、より効率よく行うにはキーボード専用のツールを用意する方法もあります。 さまざまな種類のものがありますので、いくつかピックアップしてご紹介します。 キーボード用ミニUSB クリーナー.

次の

隙間掃除に便利なグッズ10選!スキマ時間に汚れをササッとキレイに|RELITEM by ユアマイスター

掃除 隙間

セリアには数種類のスライムがある セリアのおもちゃコーナーには10種類ほどのスライムがありました。 車内のホコリを取るために使うので、ベチャベチャしなく(水分が多くない)て、少しずつ使えるように保存ができるような器に入ったものを探しました。 掃除用なのに「ラメ」は気になりましたが、100円なのでひとまず試してみるかってことで。 手触りはなかなか文字では表現しにくいですが・・• 湿り気が少しある(ティッシュに置くと少し濡れる)• 固めだけど自重で平たくはなる 普通のスライムですねってことになりますが、掃除に使う目的としては行けると判断できました。 これで掃除をしてみました。 スライムで車内の掃除(ドア取っ手部分) ドアの内側にある取っ手のくぼみ部分です。 本来の目的はドアの開閉時に取っ手として使用することですが、一時的に小銭や駐車券やゴミ等を置いてしまうところです。 取っ手の窪みの底の部分にネジがあって、その溝に小さいゴミのかけらがあります。 また、底の方には細かいホコリもあります。 濡れタオルではホコリは取れますが、なかなか小さいゴミは綺麗に取れてくれません。 今回はスライムを直径3cmぐらい引きちぎって使ってみました。 たまたまちぎったところにラメが沈殿していて、手にラメが着きましたが、そのまま続行です。 このスライムを取っ手に押し付けながらコロコロ転がしながら汚れを取ってみました。 ネジの隙間のゴミも取れましたが、少し錆びたように固まったものをはがすことまではできませんでした。 また、スライムのラメは手に着きましたが掃除している間に、スライムに吸収されたのか、掃除の後にはなくなっていました。 ドアの取っ手にもスライムのラメが付着することはありませんでしたよ。 スライムで車内の掃除(インパネ部分) 次はインパネ部分です。 ここは濡れタオルで拭きにくいですね。 メインの速度計とタコメーターの真ん中ぐらいは拭けますが、隅っこはタオルの厚みで生地が届きません。 これをスライムでコロコロしてみました。 掃除前(左側)のメーターの下部に白い点々がホコリです。 掃除後(右側)はそれがなくなりました。 写真には取れませんでしたが、メーターの周りの窪みの部分にあったホコリも取れましたよ。 スライムで車内の掃除(カーナビ部分) 次はインパネ横のカーナビ部分です。 ここは濡れタオルでもささっと拭いてホコリを払う感じで綺麗になります。 あまりスライムに期待する個所ではありませんが、やってみます。 ここもカップホルダー底の隅にホコリや細かいゴミが溜まります。 濡れタオルも届かないし、ゴミをすくってもこぼれたりして、掃除機が必要な部分ですね。 右側のカップホルダーは実はコーヒーがこぼれていた(乾いた状態)のですが、そのコーヒーもスライムの湿り気で拭き取ってくれました。 スライムで車内の掃除(センターコンソール部分) 次にシフトレバー/サイドブレーキ/小物入れのあるセンターコンソール部分です。 我が家のこの小物入れは芳香剤とナビのリモコンを置くぐらいですが、毎日使っていると何かしらのゴミやカスが溜まっていくもんですね。 ここは今回のスライム掃除で期待度が大きい部分です。 スライムで車内の掃除(シート部分) 当初はインパネや小物入れなどの隅っこのホコリやカスの掃除のためと思って始めたのですが、このゴミの取れ方ならシートのゴミも取れそうな気がしたので試してみました。 かなり分かり難いのですが、赤丸の部分に何かのカスが落ちていました。 これは濡れタオルで拭くと、シートが濡れるし、カスも拭き取るというよりも払い落とすような形になるので、できればスライムで取れたら・・と期待しました。 ただ、スライムでの掃除はお勧めしません。 スライムで掃除中に、何度かスライムが部分的にシートにこびりついてしまいました。 何度かスライムを転がしたり叩き付けたり(軽く)して、こびりついたものをはがし取ることができましたが、ちょっと安定感がイマイチでした。 下手すると取れなくなりそうな感じ。 このシートはジャガード織りなのですが、生地の方がスライムを掴んでしまうのでしょう。 樹脂部分とは勝手が違いました。 まとめ:スライムで車内の掃除のメリットとデメリット 今回、セリアの100円均一のおもちゃのスライムで自動車車内の掃除をしてみました。 全般的には期待通りに掃除ができましたので、今後も、スライムでの掃除は継続します。 ただ、万能ではないため、役割を明確にして使うのが良さそうです。 スライムで車内の掃除のメリット• 手軽で簡単 100円均一で買えるし、掃除で必要な分だけちぎり取って使えます。 足りなければ追加してコロコロするだけで掃除ができて楽です。 隅々のホコリとカスが取れる 形が自由自在なので隙間のゴミもキャッチします。 後始末が楽 掃除の後はスライムはぐにゃぐにゃの個体なので、バラバラにならず風にも飛ばされず、ゴミ箱に捨てるだけです。 ラメ入りでも手指に残らないので酷く汚れることはありません(掃除後の手洗いはした方が良いでしょうね) スライムで車内の掃除のデメリット• 光沢は出ない ホコリとカスは取れますが、樹脂部分やインパネ・ナビの光沢が出るということはありませんでした。 少し湿ってはいますが、そこまでの効果はないため、光沢を出したい場合は液晶用クリーナーなどを使うことをお勧めします。 布には向かない シートの掃除でスライムがこびりつくことがありました。 こびりつきさえなければ、樹脂部分と同様にゴミは取れますが、スライムのこびりつきが剥がれないかもしれないので、お勧めしません。

次の

隙間掃除におすすめグッズ5選!ソファーやテーブルの隙間にも入る?

掃除 隙間

トイレの掃除といえば、トイレ用洗剤を使って便器をブラシでこすり床は掃除機をかける、そしてたまに床の拭き掃除をして終わりという人が多いのではないでしょうか。 実は私もそのタイプです。 しかし、掃除機や拭き掃除だけではトイレの便器と床の隙間にたまった汚れが取り切れていないため、そのまま放置してしまうといやなニオイの原因となる可能性もあります。 まずは汚れの原因を理解しましょう。 そしてここでご紹介する掃除方法を試してみて下さい。 家族のみんなも驚くくらいきれいなトイレにすることができます。 今回はトイレの床と便器のわずかな隙間が汚れる原因とその掃除方法について説明します。 また、トイレの掃除は週に1回という人も多いようですが、毎日使うトイレだからこそきれいな状態のまま維持できるようにするための秘訣についても併せて紹介しますので、参考にして下さい。 トイレの床と便器の隙間にたまる汚れの正体とは トイレ掃除で最も重要視しがちなのが、便座の汚れを落とすことですよね。 市販のトイレ用洗剤も数多くありますが、いずれも便器内に直接かけるタイプが多く目につきます。 たしかに「床と便器の隙間」は一番汚れやすい場所ではありますが、だからといってそれ以外の場所の掃除を疎かにすると、雑菌が溜まってトイレ特有のイヤなニオイの原因にもなりますので、できるだけこまめに掃除する必要があります。 トイレの床掃除の注目ポイント 掃除機をかけたり洗剤をつけた布で拭いたりするのが一般的ですが、どうしても見落としがちなのが、便器と床の隙間に溜まった汚れです。 とくに、小さい男の子がいるご家庭では、立ってオシッコをした際に失敗してしまって、尿が便器を伝って床との隙間に落ちてしまいがちなので、ここも合わせてキレイにしておく必要があるのです。 便器と床の隙間にホコリなどの汚れが溜まったままだと、それらが飛び散った尿と合わさることによって、雑菌が繁殖しやすくなるため、さらにそこからイヤなニオイが発生してしまいます。 また、それによって床が変色してしまう可能性もあります。 正しい掃除方法をマスターして、出来るだけ汚れを溜めないようにしましょう。 トイレの床と便器の隙間の掃除は汚れを全部出すことから始めよう トイレの床と便器の隙間に入り込んだ汚れは、ただ拭いたぐらいではなかなか落とすことができません。 隙間に入り込んだ汚れの元は尿汚れなどを含んだホコリです。 ここに溜まったホコリを除去するためにはまず、隙間から汚れ自体を掻き出して取るという方法があります。 細い隙間に入り込むモノとしては、古い歯ブラシを使うと良いでしょう。 なければ、竹串などでも代用することができます。 床と便器の隙間にブラシを当てて、念入りに歯磨きをするのと同じように、隙間の汚れを掻き出していきます。 それが終わったら、お掃除シートなどで全体的に拭いておきます。 すでに床と便器の隙間に黄ばみ汚れが付いている場合 酸性のトイレ用洗剤を使うのも効果的です。 黄ばみの主な原因である尿汚れはアルカリ性なので、酸性の洗剤を使うことによって黄ばみを落とすことができます。 ただし、この状態になってからだと、ただ拭いたくらいでは汚れを落としきることができないため、トイレのお掃除シートなどに洗剤を染み込ませて、小一時間ほどラップをして汚れを浮き上がらせる必要があります。 トイレの床と便器の隙間をしっかり掃除しないとニオイの原因となることも ただでさえニオイが気になるトイレですが、床と便器の隙間に尿汚れなどが付着したままだと、さらにイヤなニオイの原因にもなりますので、こまめに掃除する必要があります。 たしかに、先ほどご紹介した方法で汚れ自体を書き出すことも有効ですが、汚れの状態によっては一度業者に依頼して便器ごと外した状態でキレイにしてもらうことも視野に入れてみましょう。 そこまでお金はかけたくないという場合でも、むやみに自分で便器を取り外すことは避けたほうが良いでしょう。 無理に取り外すことで、便器やタンクが壊れたり、排水管との接続部分がズレて、結局別の業者を呼ぶハメになりかねないからです。 掃除中はしっかり換気して行う すでに黄ばみが発生しているようなガンコな尿汚れを落とすには、市販のカビ取り剤か漂白剤を使うといった方法もあります。 汚れの気になる部分に直接吹き掛ける際には、周囲の床にかからないように、養生テープなどで保護しておきます。 30分ほど放置したら、吹き残しがないように丁寧に水拭きをします。 この作業を行う際には、くれぐれも換気には十分に注意してください。 床と便器の隙間の掃除と一緒に壁の掃除もしよう とくに男性や小さな男の子のいるご家庭では、トイレの床と便器の隙間の汚れと同様に、壁の掃除もこまめに行う必要があります。 一見するととくに汚れていないように見えても、立ってオシッコをするとどうしても床や壁に尿がはねてしまうため、それらが壁に付着したホコリと合わさることで、さらにトイレのイヤなニオイの元となるのです。 トイレの床を掃除する際には、トイレ用洗剤を使って全体的に拭き上げ、さらに水拭きと乾拭きをするのがベストです。 ですが、忙しい毎日のなかでそこまでトイレ掃除に時間をかけていられないという現実もあるでしょう。 毎日小まめにできる簡単掃除方法 もっと簡単に済ますためには、トイレ用お掃除シートを使う方法があります。 お掃除シートを使って、壁の上から下に向かって拭いていきます。 この時、より尿はねが目立つ部分、座った目線から下の部分を重点的に行うと良いでしょう。 トイレの便器や床だけではなく、壁紙にもニオイが染み込むことを予防することで、トイレのイヤなニオイをさらに減らすことができるでしょう。 トイレのベストな掃除頻度について 実際に、トイレ掃除はどれくらいの頻度で行うのが理想的なのでしょうか? できることなら毎日少しずつでも掃除をしたほうが、キレイな状態をよりキープできますが、それもなかなか難しいですよね。 汚れを溜めすぎずにある程度トイレをキレイに保つには、最低でも週に1回はしっかりと掃除をしておきたいところです。 週末や仕事が休みの日にトイレ掃除をすると決めて行うと良いでしょう。 ですが、家族構成や来客の頻度などによっては、週1回のトイレ掃除だけではけっして十分とは言えません。 とくに男性や小さい男の子がいるご家庭では、尿が飛び散りやすい床や壁だけは、こまめに掃除しておいたほうが良いと思います。 毎回念入りにトイレ掃除をしようとすると、ついつい億劫で後回しにしてしまいがちになりますが、少しでもキレイな状態を保つためには、多少手抜きでもできるだけ毎日掃除をする習慣をつけたいものですね。 関連する記事• 2018. 25 トイレ掃除はこまめにやっていますか? 私は家事の中でトイレ掃除が一番苦手ですが、そういった主婦の方も多いはず。 家族が多いとトイレを使う回数も[…]• 2018. 27 トイレの便器の掃除は毎週していても、壁はあまり掃除しないという人も多いと言います。 そして気がつくとカビが生えてきて、なぜトイレの壁にカビが生えてきたの[…]• 2018. 29 トイレタンクの手洗いの部分の黒ずみが気になっていませんか? 毎日何度も使う場所なので水垢汚れはついてしまいます。 この汚れ、来客の予定があった[…]• 2018. 02 トイレの壁が漆喰の場合、どうやって掃除したらよいのか、悩みますよね? 漆喰ならではのメリットもありますが、ビニール素材の壁のように、洗剤を吹きか[…].

次の