ハウス クリーニング 開業。 ハウスクリーニングの開業には何が必要?費用や資格などくわしく解説

ハウスクリーニング・おそうじで独立開業・起業|JHAハウスクリーニングスクール栃木校

ハウス クリーニング 開業

開業スタイル 大きく分けて2パターンの開業スタイルがあります。 それぞれの特徴をよく理解し、自分にあったスタイルを選ぶことが重要です。 それぞれのメリット・デメリットを挙げてみます。 フランチャイズに加盟 メリット:大手ハウスクリーニング会社の名前を使用できる。 デメリット:加盟費として開業時にまとまった資金が必要になり、収益の有無にかかわらず毎月固定の費用を本部に納めなければならない会社もあるようです。 独立する メリット:開業資金が最小限に抑えられる。 売上げが全て自社の利益になる。 デメリット:集客を自分で行う必要がある。 最近は、無料で集客できるサイトもあるので、あまり負担にならないかもしれません。 知っておいた方がいいこと 最後に、ハウスクリーニングを開業する際に知っておいた方がいいマメ知識をいくつか紹介します。 賠償責任保険 ハウスクリーニングはお客様のお宅に伺って作業します。 細心の注意を払っていても、クロスを汚してしまったり、エアコンクリーニング中に部品が壊れてしまったり、思いもよらない作業中の事故が起きます。 お客様から多額の修理代を請求されて、数ヶ月分の売上げが泡となって消える…なんてことがないように、保険に入っておくと安心です。 無料で集客できるサイト 「くらしのマーケット」をはじめ、無料で登録してハウスクリーニングのサービスを掲載できるサイトがあります。 () 例えば「くらしのマーケット」の場合、掲載料やサイト制作費用などが無料で集客できます。 お客様と予約が成立した時点で予約手数料が発生する仕組みです。 独立したばかりで集客に不安がある場合は登録しておくといいかもしれません。 予約が成立するまではお金がかからないので、負担になることはありません。 サイトによっては掲載料や見積もり料が発生することもあるようなので、事前にしっかり調べてください。

次の

ハウスクリーニング・おそうじで独立開業・起業|JHAハウスクリーニングスクール千葉校

ハウス クリーニング 開業

ハウスクリーニングのフランチャイズは、未経験から始めても安定した収益を期待できるビジネスです。 なかには専門的な分野もありますが、研修を利用すれば必要な知識・スキルをしっかりと身につけられるので、未経験であることを不安に思う必要はありません。 ただし、収益に直結する「費用」については、行動を始める前にきちんと確認しておく必要があります。 そこで今回は、フランチャイズでハウスクリーニング業を営む場合に必要な費用を徹底的にまとめました。 目次 ハウスクリーニングのフランチャイズ開業と運営に必要な資金の目安 初期費用(開業資金)と運営資金3ヵ月分が必要になると仮定した場合、ハウスクリーニングのフランチャイズ開業には、およそ100~550万円の資金が必要です。 ただし、開業する店舗の規模や、加盟するフランチャイズによって費用は異なるので、あくまで参考の一つとして認識しておきましょう。 特に金額に大きな差が出る部分は、フランチャイズの加盟金や資材費、ロイヤリティの金額です。 また、自宅を店舗にできるかどうか、スタッフを何人雇うのかなど、開業するスタイルによって必要資金は変わってくるため注意しておきましょう。 ハウスクリーニングのフランチャイズ開業に必要な資金(初期費用) ハウスクリーニングのフランチャイズは、全体的に初期費用を抑えやすい傾向があります。 その要因となっているのは、自宅を事務所代わりに使用できるパッケージが多い点。 資材費はやや高いものの、敷金や礼金などの物件取得費を用意する必要がないので、実店舗が必要になるフランチャイズに比べると少ない資金で開業できます。 ただし、加盟するフランチャイズによって「加盟金」「研修費」「資材費」が大きく異なる点には注意しなければなりません。 無理のない予算で開業するためにも、まずは初期費用の種類や相場をしっかりと確認していきましょう。 加盟金 加盟金は、フランチャイズへ加盟する際に支払う費用です。 後述で解説するロイヤリティと同じく、「ブランドやノウハウの使用料」といった意味合いがある費用ですが、加盟時に一度だけ支払う費用なので、ランニングコストにはなりません。 加盟金はフランチャイズ本部によって大きな差があり、ハウスクリーニング業界では10~90万円程度が相場です。 本部のブランド力が強いほど、サポートが充実しているほど加盟金は高い傾向にありますが、加盟金が高いからと言って必ずしも手厚いサポートがあるわけではないので注意しておきましょう。 反対に、加盟料の安いフランチャイズを選べば初期費用を大きく抑えられますが、その代わりに別の費用が高く設定されている可能性があります。 加盟料は特に重視されやすい費用ですが、そのほかの費用とのバランスやサポート内容なども意識したうえで、総合的に判断することが大切です。 保証金 保証金とは、加盟店から本部への支払いが滞った際に、その不足分を補てんする目的で集められる「一時金」のこと。 保証金はあくまでも本部に預けているお金であるため、契約を解除する際には返還してもらえます。 ハウスクリーニングのフランチャイズでは、保証金の相場は10~30万円程度となりますが、なかには保証金自体が存在しないフランチャイズも見られます。 ただし、毎月の支払いに問題がなければ、最終的に保証金はすべて返金されるため、無理をして「保証金ゼロ」という文字に飛びつく必要はありません。 加盟料と同じく、保証金自体がない場合はほかの費用が高めに設定されている可能性があるので、初期費用の内訳は細かく確認をするようにしましょう。 研修費 フランチャイズでハウスクリーニング業を営む場合、そのパッケージには基本的に「研修」が含まれています。 研修費は0~150万円と非常に幅が広く、加盟するフランチャイズによっては加盟金に研修費が含まれています。 研修期間は3日~1週間程度が主流であり、研修では基本的な清掃技術をはじめ、経営ノウハウや営業スキルなどを学べます。 もちろん研修内容によって費用に多少の差はつきますが、研修費はフランチャイズのブランド力の影響も受けるため、研修費の高さが内容の濃さに直結するわけではありません。 また、フランチャイズによっては開業前の研修に加えて、開業後の研修や経営指導を行っている本部も存在します。 ほかにも、ケースによっては交通費や滞在費などが発生する可能性があるので、少しでも開業費用を抑えたい方は、契約を結ぶ前にしっかりと費用関係を確認しておきましょう。 資材費 ハウスクリーニング業を始める際には、清掃用具や機器などの資材が必要になります。 多くのフランチャイズでは、この資材が開業時のパッケージとして用意されており、資材をまとめて受け取れる代わりに「資材費」が発生します。 資材費もフランチャイズによって大きく異なる費用であり、その相場は40~150万円ほど。 また、新たに車両を購入する必要があるフランチャイズでは、車両代として35~80万円ほどの追加費用が発生するので注意が必要です。 そのほか、パソコン代やシステム使用料、看板など、資材費の内訳は多岐にわたるので、「資材には何が含まれているのか?」「追加で購入するものはあるのか?」については、事前にしっかりと確認をしておきましょう。 ハウスクリーニングのフランチャイズに必要な運営資金 ハウスクリーニング業を営むには、開業資金に加えて「運営資金」も必要です。 主なものとしては、人件費や消耗品費、広告宣伝費、ロイヤリティの4つが挙げられます。 運営資金は毎月発生するものであるため、各費用の概要や相場をしっかりと把握しておきましょう。 人件費 人件費については、開業するハウスクリーニングの規模や、開業者の置かれている状況によって大きく変わってきます。 たとえば、オーナーが1人でハウスクリーニング業を営む場合は、月々の人件費は必要になりません。 夫婦2人で営むケースについても人件費は発生しないため、毎月のランニングコストは大きく抑えられます。 その一方で、中規模から大規模の店舗や、一度に複数の現場へ出向く場合には、アルバイトやパート、場合によっては社員が必要になります。 金額は稼働させる時間によって変わりますが、アルバイト・パートでは毎月15万円程度、社員では毎月25万円程度が目安です。 人件費の負担は予想以上に大きくなることがあるので、新たな人材の採用は慎重に検討しましょう。 消耗品費や雑費 ハウスクリーニングで使用する掃除道具は、使っていると徐々に劣化していきます。 また、洗剤のように毎回使用する消耗品もあるので、消耗品費や雑費を軽視してはいけません。 具体的な金額としては、1人で運営をする場合は毎月5万円、2人で運営をする場合は毎月8万円が目安となります。 加盟するフランチャイズによっては、パッケージに消耗品・備品のサポートが含まれている可能性があるので、ランニングコストを抑えたい方は事前にチェックしておくと良いでしょう。 広告宣伝費 ハウスクリーニングのフランチャイズには、営業を代行してくれる本部と、代行してくれない本部の2タイプがあります。 後者のフランチャイズを選ぶ場合は、集客のために自ら広告宣伝費を捻出しなければなりません。 広告宣伝費の目安は1ヵ月あたり5~10万円となりますが、宣伝方法を工夫すれば費用を節約することが可能です。 たとえば、宣伝用のチラシは1枚3円ほどで作れますし、ホームページによる集客でも広告宣伝費を大きく抑えられます。 なお、パッケージに販促ツールが含まれているフランチャイズの場合は、開業資金や月々のコストに「販促費用」が含まれるので注意しておきましょう。 ロイヤリティ ロイヤリティとは、フランチャイズの加盟者がブランドやノウハウの使用料として、本部に毎月支払う費用のことです。 ロイヤリティには、大きく「定額方式」「売上歩合方式」「粗利分配方式」の3つのタイプがありますが、ハウスクリーニングのフランチャイズで主流になっている方式は以下の2つです。 定額方式…毎月決まった金額を支払う方式• 売上歩合方式…売上に対する割合が固定されている方式 ロイヤリティの負担は予想以上に大きくなることがあり、場合によっては赤字経営の要因になります。 そのため、加盟するフランチャイズを選ぶ段階から、強く意識しておきたいポイントと言えるでしょう。 ちなみに、なかにはロイヤリティが一切発生しない本部も存在しますが、このようなケースではほかの費用が割増になっている可能性があります。 ハウスクリーニングのフランチャイズのキャッシュフローシミュレーション ハウスクリーニング業の一般的なキャッシュフローシミュレーションは、以下の通りです。 (必ずしも当てはまるわけではないので参考程度にしておいてください。 ) 以下のシミュレーションは、夫婦経営(人件費なし)・自宅経営(家賃なし)・ロイヤリティは月8万円を想定しています。 1日にこなす仕事は4件、客単価は15,000円、月の営業日数は25日です。 支出(月) 28万円 =8万円(消耗品費・雑費)+12万円(広告宣伝費)+8万円(ロイヤリティ)• ハウスクリーニングは客単価が比較的高いため、毎日3件~4件の仕事さえ獲得できれば、夫婦2人で年収1,000万円を超えることも夢ではありません。 ただし、特に競合他社が多いようなエリアでは、順調に仕事を獲得できない可能性が高まります。 客単価が高いぶん、稼働できない場合のダメージも重く圧しかかってくるので、何よりも集客には力を入れなくてはなりません。 また、ロイヤリティの計算方式として「売上歩合方式」が採用されている場合は、売上が増えるほど支出も増えていきます。 仮に売上の10%と考えて上記のケースに当てはめると、ロイヤリティだけで毎月15万円と大きな差が生じてくるので、ロイヤリティの方式も慎重に検討するようにしましょう。 ハウスクリーニングのフランチャイズの関連記事•

次の

ハウスクリーニングのフランチャイズ開業・運営に必要な資金とは

ハウス クリーニング 開業

失敗しないフランチャイズ経営なら「おそうじ本舗」がオススメ!• 全国で 知名度が高いから集客効果も高い• 実店舗がいらない、人件費をかけずに店舗運営ができる• ハウスクリーニング業では、一般家庭で行われるものより、専門的な清掃が求められます。 専用の機材や洗剤を使い、一般家庭では落とせない汚れを落とすのが、ハウスクリーニング業の主な仕事です。 清掃する場所は、床や壁、お風呂やトイレ、キッチンの水回りなど、多岐にわたります。 エアコンやキッチンのレンジフードを分解して、部品を清掃するのも、ハウスクリーニング業によく見られる仕事です。 また、一般家庭だけでなく、マンションやアパートの空き室清掃や、オフィスや店舗の定期清掃など、仕事先も幅広くなっています。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ハウスクリーニング業の将来性は? ハウスクリーニング業は、今後さらに需要が伸びていく、将来性のある仕事だと言えます。 その根拠は、以下2点あります。 高齢者世帯の増加• 女性の社会進出 現代は、高齢者社会となっています。 高齢になると体力がなくなるため、自分で掃除をすることは大変です。 こうした世帯では、掃除をハウスクリーニング業者に依頼するようになります。 女性の社会進出により、共働き世帯が増えている点も、ハウスクリーニング業にとって追い風になっています。 共働き世帯は掃除の時間を確保することが難しいため、ハウスクリーニング業者に清掃を依頼する家庭も多いのです。 高齢者世帯や共働き世帯はともに、今後ますます増加すると見込まれています。 そのため、 ハウスクリーニング業の需要も増えていくのは間違いありません。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ハウスクリーニング業を始める2つの方法 ハウスクリーニング業で開業するのに、資格や許認可は必要ありません。 やろうと思えば、誰でも開業できます。 ハウスクリーニング業で開業するのには、主に以下2つの方法があります。 個人で開業する方法• フランチャイズに加盟して開業する方法 ここでは、それぞれの方法について説明していきましょう。 個人で開業する方法 ハウスクリーニング業の開業方法の1つ目は、自分で一から店を開く方法です。 店を開くといっても、ハウスクリーニング業の場合、コンビニや飲食店のように、実店舗を持つ必要はありません。 車一台あれば、無店舗で開業できます。 ハウスクリーニング業は誰でもできると説明しましたが、当然ながら、清掃の技術は必要です。 そのため個人で開業する場合は、その前にハウスクリーニング業者でアルバイトなどをして、実務経験を積む形になるでしょう。 個人開業のメリットは、稼いだお金が全て自分のものになる点です。 また、店をどのように運営するのかも、自由に決められます。 一方で個人開業には、集客が難しいというデメリットもあります。 個人開業の場合、知名度がゼロの状態からスタートしなければなりません。 知名度のない店は信頼性も低いため、依頼しようとは、なかなか思ってもらえません。 個人開業は、下積みの期間も含めて、稼げるようになるまでに時間がかかる開業方法だと言えるでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 フランチャイズに加盟して開業する ハウスクリーニング業は個人で開業する以外に、「フランチャイズ」に加盟するという方法もあります。 フランチャイズとは、本部の看板を借りて、自分の店を運営するというビジネスモデルです。 ハウスクリーニング業でも、「おそうじ本舗」などをはじめ、様々なフランチャイズ本部があります。 おそうじ本舗に加盟した場合、おそうじ本舗の店舗として、自分の店を開けます。 フランチャイズに加盟して開業する場合も、もちろん実店舗は必要ありません。 車が一台あれば、それだけで営業できます。 フランチャイズに加盟する場合、個人開業と違って、下積みを積む必要はありません。 なぜならフランチャイズに加盟すれば、本部が研修を開いて、加盟者たちにハウスクリーニングのやり方を教えてくれるからです。 現に、多くのハウスクリーニング業のフランチャイズ本部では、加盟者の8~9割以上が清掃業の未経験者となっています。 フランチャイズに加盟する場合、本部に開業資金と、毎月ロイヤリティを支払わなければなりません。 額は業種や本部によって異なりますが、ハウスクリーニング業の場合、開業資金の相場は300~400万円ほど、ロイヤリティの相場は6万円ほどになっています。 フランチャイズに加盟することのメリットは、最初から集客効果が期待できることです。 知名度の高いフランチャイズ本部に加盟すれば、それだけでお客さんから信頼を得られるため、依頼をもらいやすくなります。 フランチャイズに加盟して開業すれば、短期間で稼ぐことも十分期待できます。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ハウスクリーニング業に向いているタイプは? どんな仕事もそうであるように、ハウスクリーニング業にも向き不向きがあります。 もしあなたがハウスクリーニングに向いているタイプなら、成功することも夢ではないかもしれません。 ここでは、ハウスクリーニング業に向いている人のタイプについて紹介していきます。 お客さんに奉仕する気持ちで作業できる人 ハウスクリーニング業の成功者たちの声を聞くと、多くの人たちに共通しているのが、 お客さんに対する奉仕の気持ちを持っていることです。 たくさん依頼をもらうためには、リピーターの獲得は欠かせません。 奉仕の気持ちが伝われば、お客さんはまた依頼したいと思ってくれます。 逆に奉仕の気持ちがなく、いやいや作業をしていると思われれば、また依頼してもらえる確率はほとんどないと言えるでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 細かいところまで目がいく人 ハウスクリーニング業のクレームで多いものの一つが、「汚れが残っている部分があった」というものです。 仕事が大雑把だと、こうした細かい汚れを見落としてしまいます。 これでは、お客さんからの信頼を失い、リピートしてもらうことは期待できません。 逆に、他の業者が見落とした汚れをきちんと落とせば、それだけでお客さんからの信頼を得られやすくなります。 知識や技術の習得に貪欲な人 フランチャイズに加盟して開業する場合、成功できるかどうかは、開業前の研修の時点で決まっていると言っても過言ではありません。 ハウスクリーニングで成功するためには、知識や技術の習得は不可欠です。 同じ研修を受けた人たちの間でも、どんな姿勢で臨むかによって、その後に得られる知識や技術力には大きな差が出ます。 研修で知識や技術の習得に貪欲に取り組める人は、成功する確率が高いと言えるでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 まとめ ハウスクリーニング業は、一般家庭や事業所などの清掃をする仕事です。 開業に資格や許認可は必要なく、フランチャイズに加盟すれば、未経験からでもすぐに始められます。 高齢者世帯と共働き世帯の増加により、ハウスクリーニング業の需要はますます高くなっています。 そのため、ハウスクリーニング業はこれから始めるのに、おすすめの業種です。 早い段階で稼ぎたいという方は、個人開業よりもフランチャイズへの加盟がおすすめです。 興味がある方は、おそうじ本舗などのフランチャイズ本部に資料請求してみるといいでしょう。

次の