ロト 6 セット 球 次回 予想 数字。 第1491回2020年6月15日(月)ロト6当選予想数字|🌹AIロトちゃん🎈研究10年👍@月間3万PV🧲フォロバ100%(自作Program管理👍)|note

ロト6生活(LOTO6の総合情報サイト)

ロト 6 セット 球 次回 予想 数字

セット球の種類 ロト7やロト6の抽せんでは、「01」~「37」(ロト6では「43」)までの数字が描かれたボールを、電動攪拌式遠心力型抽せん機(愛称:夢ロトくん)によって摘出します。 そのボールは高精度に作られていますが、毎回同じボールを使用していると、傷ができたり誤差が生じてしまい、特定の数字に出目が偏る可能性が出てきます。 そのため、抽せんにおいては公平にボールが摘出されるよう、37個のボールを10種類用意して、それらを毎回変更して使用しています。 その10種類のボールの組を「セット球」と呼び、A・B・C・D・E・F・G・H・I・Jと名前が付けられています。 各セット球の違いは数字の色で判別できます。 各セット球の色 各セット球で使用されている色は、「赤」「黄」「ベージュ」「緑」「青」「紺」「紫」の7色です。 Aセット~Eセットまでが、 前述した色の順番でセット毎に一つずつ色がずれていき、Fセット~Jセットまでが逆の順番で一つずつ色がずれていきます。 セット球の選択 高精度に作成されたセット球ですが、実際の抽せんでは各セットの出目の出方にはそれぞれに特徴が出ます。 毎回、規則正しく使用されていると、特徴のある出方をするセット球が使用されたときに、特定の数字を判断されやすくなってしまいます。 これを防ぐため、本番抽せんの直前にランダムにセット球を選択することになっています。 セット球の選択に当たっては、外部の立会人が過去の使用履歴を参考にしながら決定します。 セット球の検査 外部の立会人によって選択されたセット球は、本番抽せん前に、セット球のボールに誤差や傷がないかを立会人によって計量されます。 東京セット球・大阪セット球 「東京宝くじドリーム館」(東京都中央区京橋2丁目5番7号)で使用されるセット球を「東京セット球」と呼んでいます。 「大阪宝くじドリーム館」(大阪市浪速区湊町1丁目4番1号)で使用されるセット球を「大阪セット球」と呼んでいます。 同じセット球名であっても、東京セット球と大阪セット球では全くの別物です。 (ロト7は数字が37まで)• 最近の投稿• ロト7の概要・データ• 最近のコメント• に より• に より• に ルッコラ より• に より• アーカイブ•

次の

【ロト6】大内式!超セット球コラム 第1491回(2020年6月15日抽せん)予想

ロト 6 セット 球 次回 予想 数字

当せん数字のロトナンファン的見方 当せん数字を見る上で、数字にどのような特徴があるかを見ることも楽しみ方のひとつです。 ロトナンファンが当せん数字のどこを見て、次の予想につなげていっているか、専門用語の説明を含めご紹介。 ここで紹介している用語は、月刊誌『ロト・ナンバーズ「超」的中法』や姉妹サイト『超速ロト・ナンバーズ』でも使われてますので、 ロトナンを楽しむ上で覚えていて損はありません。 引っ張り 引っ張りとは、ある数字が2 回以上連続して出現することを言います。 連続する=引っ張る、と表現しているのです。 たとえば、第1 回に出現した「02」が第2 回にも出現した場合は、引っ張り。 ちなみに、ロト6において、ある数字が出現して引っ張る理論上の確率は14. ロト7は、18. ミニロトは、16. スライド スライドとは、ある数字が出た次回に、その数字の前後の数字が出現することを言います。 その数字の前の数字が出た場合は、左スライド。 逆に後の数字が出たときは右スライドと呼んでいます。 たとえば、「10」が出た次回に「09」が出れば左スライド、「11」が出れば右スライド。 左右スライドの理論上の確率はロト6が13. 6%、ロト7が18. ミニロトは15. なお、当サイトでは「01」の左スライド、「43」(ロト6)と「37」(ロト7)と「31」(ミニロト)の右スライドは定義していません。 連続数字 連続数字とは、文字どおり連続する2つの数字のこと。 たとえば「01-02」や「33-34」などです。 このような連続数字は、理論上ロト6で54. 7%、ロト7で74. 5%、ミニロトで52. 5%の確率で出現します。 下ヒトケタ共通数字 下ヒトケタ共通数字とは、数字の下ヒトケタが同じ数字のこと。 たとえば「01」「11」「21」「31」「41」は下ヒトケタが「1」の共通数字です。 このように下ヒトケタ共通数字が出現する理論上の確率は、ロト6で78. 6%、ロト7で89. 3%、ミニロトで58. 0%と非常に高いです。 ほぼ毎回出ていると言っても過言ではありません。 セット球 セット球とは、抽せんで使用されるロト7の場合「01」~「37」、ロト6の場合「01」~「43」、ミニロトの場合「01」~「31」の球のこと。 「01」~「37」 ロト7の場合 、「01」~「43」 ロト6の場合 、 「01」~「31」 ミニロトの場合 の球で1セットで、このセットがAセット球~Jセット球の10種類用意されています。 これは、同じセット球を使用し続けると、出現する数字にある種の片寄りが出てくるため。 逆に言えば、セット球ごとに出現傾向がある、ということが考えられます。 なお、セット球の詳しい情報は「セット球ってなに?」に掲載してます。 ペア数字 ペア数字とは、同時に出現する2個の数字の組み合わせのこと。 たとえば当せん数字が「01 02 03 04 05 06」だとすると、 「01」のペア数字は「01-02」「01-03」「01-04」「01-05」「01-06」となります。 このようにペア数字の出現回数を調べることによって、どの数字と同時に出現しているかがわかります。 日別出現 日別とは、日別に出現傾向を分析して、予想に活用していくもの。 月別出現 月別出現は、1月~12月の各月での出現数字を分析したもの。 ロトナンファンは、このようなポイントを見て、次の予想の参考にしています。 月刊誌『ロト・ナンバーズ「超」的中法』や、弊社発行の関連書籍、姉妹サイト『超速ロト・ナンバーズ』では、 このようなデータを掲載しています(掲載月や書籍内容によっては掲載がないものがございますのでご了承ください)。 以上のようなポイントを踏まえて、当せん数字を見てみると、当せん数字の傾向がわかってくるかもしれません。

次の

当せん番号案内(ロト6)

ロト 6 セット 球 次回 予想 数字

今回の特集は、ロト6のセット球に注目したもの。 ロト6では、抽せん に使用される「01」~「43」の球のセットが10種類あり、それぞれの出現傾向を見ることによって、的中精度をさらに上げようというものだ。 セット球を知らない人でも本攻略法がわかるように、セット球について説明しているのでご安心を。 セット球を知って、大きな当せんを目指して欲しい。 セット球攻略とは 実際に使用されるセット球。 ロト6では43個で1セットとなっていることがわかる。 なお、セット球は、立会人が直近のセット球の使用状況を見て、どのセット球を使うかを決める。 今回の特集の攻略に入る前に、まずは、セット球について簡単な説明をしておきたい。 ロト6の抽せんは「01」~「43」の球を使用して、6個の本数字と1個のボーナス数字を抽出する。 この使用する「01」~「43」の球をひとくくりでセット球と呼ぶ。 そして、このセット球にはA~Jの10種類のセット球が存在しているのだ。 なぜ、10種類ものセット球が用意されているかというと、ひとつのセット球を使い続けると、出現数字に片寄りが出てしまうからだ。 その片寄りの発生を防ぐために10種類ものセット球があり、各セット球を均等に使いまわすという方法が取られているのである。 裏を返せば、各セット球には、それぞれ片寄りがあるということ。 つまり、その出現傾向を分析することによって、セット球ごとの狙い目が分かるのだ。 スポンサーリンク 攻略の決め手は「狙い撃ち」 では次に、各セット球の出現傾向をどのように予想に生かすかを説明していきたい。 上の写真は、ロト6の抽せんで使用されるセット球がしまわれている箱。 箱にA~Jの文字が示されているのがお分かりだろう。 これら10種類のセット球のうち、どのセット球を使用するかは、抽せん当日購入締め切り10分前(18時20分ごろ)に、立会人によって決定される。 つまり、事前にどのセット球が使用されるかを知ることは不可能なのだ。 では、どのようにセット球ごとの傾向を、攻略に生かすのか。 単刀直入に言えば「1セット狙い打ち」である。 要するに、ひとつのセット球に的をしぼり、そのセット球をずっと追い続けるのだ。 なお、 下にセット球の配色表を掲載しておいた。 こちらは、各数字のセット球ごとの色を示したもの。 もし、インターネットが使用可能なら、宝くじの公式HPで抽せんの生中継を見ることができるので、この配色表があれば、どのセット球が使われているかを確認することができる。 また、有料ではあるが、ケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」(有料300円[税別]/月)では、18時20分ごろに当日使われるセット球を、会場からリアルタイムで掲載している。 18時20分ごろに使われるセット球が判明した後、該当のセット球の予想数字を買いに行くという方法。 ロト6の抽せん日(月曜日と木曜日)の発売は18時30分までなので、購入時間はタイトだが、売り場で携帯端末を片手に「超速ロト・ナンバーズ」の当日使用されるセット球情報を見てから、予想を買うユーザーがいることも事実だ。 狙い目となるセット球を決め10回は連続して狙う セット球攻略において、常々言われているのが、「どのセット球が使われるかも予想しなくてはいけない」ということ。 しかし、この特集ではあくまで「1セット狙い撃ち」を推奨したい。 抽せんに使用するセット球は、抽せん会当日に立会人によって決められると述べたが、その決め方はきわめてランダムなのだ。 10回ごとに規則正しく10個のセット球がローテーションで使われるわけではない。 そこで1カ月はこのセット球というように決めてしまって、そのセット球の傾向のみで購入するというものだ。 参考までに、2017年5月24日(水)時点で最も未使用期間が長いAセット球の出現実績、2017年の使用状況を掲載。 ちなみにケータイサイト「超速ロト・ナンバーズ」では、全セット球の 出現実績、使用状況を掲載。 さらに「次回のセット球予想」や、を毎週水・土に更新。 気になった方はぜひ試して欲しい。 スポンサーリンク Aセット球について(2017年5月24日時点) 使用回数: 136回 出現実績: 2017年使用状況: ・第1164回 ロト6 ( 2017年4月10日抽せん) 本数字「04 07 11 33 34 37 」 、ボーナス数字「24 」 ・第1154回 ロト6( 2017年3月6日抽せん) 本数字「08 12 30 36 41 42」 、ボーナス数字「04」 ・第1143回ロト6( 2017年1月26日抽せん) 本数字「19 21 31 39 42 43」 、ボーナス数字「29」 予想例: たとえば、出現実績からトータルトップ「37」は、2位より6回多く出ており注目すべき数字。 2017年3回の抽せんを見ると、30番台が2個以上出ているので、30番台も狙い目。 また、最も出ていない「02」もいつか出る数字なので、穴狙いでオススメ。 「超速ロト・ナンバーズ」のアクセス方法 月額300円(税別)で使い放題! ロト7、ロト6、ミニロト、ビンゴ5、ナンバーズ3&4が楽しくなる情報満載! 会員登録をすると、各くじのオリジナル攻略法やあらゆるデータを元にした予想数字など、当たる数字が携帯でいつでも確認できます。 各くじの抽せん結果がメールで届いたり、くじに絡んだゲーム、風水やカバラ占いなど楽しく役立つメニューがいっぱい! 高額当せんへの近道はケータイサイトにあり!! 詳しくは ケータイサイト「」にアクセス!.

次の