同期のサクラ デイリーモーション。 【同期のサクラ】8話フル動画

同期のサクラの動画を無料視聴!Dailymotion/Pandora/動画配信まとめ

同期のサクラ デイリーモーション

2019年10月から日本テレビにてドラマ『同期のサクラ』第1話がスタートします。 このドラマは、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない、高畑演じる忖度できない主人公・サクラが駆け抜けた10年間を、1話ごとに1年ずつ描いていく物語になっています。 主演を務めるのは女優『高畑充希』さん。 高畑充希さんといえば、『過保護のカホコ』が評判でしたし、演技には定評がある女優さんです。 そして今回は『過保護のカホコ』を手掛けた脚本家・遊川和彦のオリジナル脚本ということで、完成度の高いドラマになるのではと期待しています。 本記事ではドラマ『同期のサクラ』の視聴率一覧とネタバレ記事をまとめています。 ドラマ『同期のサクラ』を見逃してしまったという方は、放送後1週間以内であれば『TVer』でご覧になることができます。 ドラマ『同期のサクラ』スタッフ・キャスト 出演者キャスト 北野 サクラ役:高畑充希 月村 百合役:橋本愛 木島 葵役:新田真剣佑 清水 菊夫役:竜星 涼 土井蓮太郎役:岡山天音 火野 すみれ役:相武紗季 黒川 森雄役:椎名 桔平 他の出演者については情報が入り次第更新致します。 番組スタッフ 脚 本 遊川和彦 チーフプロデューサー 西 憲彦 プロデューサー 大平 太、田上リサ 演 出 明石広人、南雲聖一 制作協力 AX-ON 製作著作 日本テレビ ドラマ『同期のサクラ』の視聴率を最終話まで更新! 10月9日 第1話 8. 5% 11月6日 第5話 11. 8% 11月13日 第6話 11. 7% 11月20日 第7話 12. 2% 12月4日 第8話 10. 8% ドラマ『同期のサクラ』のネタバレまとめ ドラマ『同期のサクラ 』1話から最新話までの見逃し配信方法は? 国内ドラマを配信しているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『同期のサクラ』の配信状況予定は以下のようになっています。 動画配信サービスでは『無料お試し』というサービスを実施しています。 様々な動画配信サービスがありますが、『Hulu』の最大のメリットは 『すべての動画を見放題』できるという点です!! 他の動画配信サービスでは、動画見放題作品と有料動画の2種類があり、基本的に最新作に関しては有料動画のケースがほとんどです。 『無料で観れるんだ!』と思って、いざ無料おためしを利用してみたら有料動画でガッカリした。。。。。。。 こんなケースも良くあります。 しかし、『Hulu』の場合は 2週間無料おためしを利用すると、無料で全動画を視聴することができます。 ここが他の動画配信サービスと大きく違う点です。 そして気になるのが『登録が面倒くさいかも』という点です。 ですが、『Hulu』の無料おためし登録は凄く簡単で2ステップで登録が完了します。 これだけです。 あと2週間無料おためしを利用してみて、気に入ったら継続するもよし、気に入らなかったら、無料期間中に解約すれば1円も料金は発生しません。 Huluは日本テレビ系ドラマ作品は『かなりの速さで』配信されるので、気になる作品を直ぐに視聴することができます。 最近のドラマだと・・・・・・・• 高嶺の花• 正義のセ• トドメの接吻• ゼロ 一攫千金ゲーム• Missデビル• 崖っぷちホテル!• ブラックスキャンダル• PRINCE OF LEGEND• 今日から俺は!!• あなたの番です• 白衣の戦士• 向かいのバズる家族• 遊戯みたいに行かない• 頭に来てもアホとは戦うな• あなたの番です。 偽装不倫 これらの動画が 追加料金無しで見放題できます。 無料おためし2週間以内で解約すれば、お金は1円もかかりません。 本ページの情報は2019年9月時点のものです。 最新の配信状況はにてご確認ください。 PandoraやDailymotionなどの動画共有サイトでは視聴できないの? 動画を無料で視聴しようとして思いつくのが、• Pandora(パンドラ)• Dailymotion(デイリーモーション)• ひまわり動画• miomio(ミオミオ) だと思います。 無料で視聴ができる!ということで利用する人も多いですが、 動画共有サイトには危険がいっぱいです。 まさか自分がウイルス感染するなんて思っていなかったから、どれだけの被害が出るかなんて知らなったけれど、それはそれは酷いものだったよ。 動画共有サイトでドラマを無料で観たいという欲求を利用して罠を仕掛けられたんだね。

次の

第7話・ドラマ「同期のサクラ」を見逃し動画無料フル視聴しよう!【サクラに人生を揺るがす究極の選択がー】

同期のサクラ デイリーモーション

【第6話のおさらい】花村建設に入社して6年目、子会社に飛ばされたサクラは路上でモデルハウスの呼び込みに励む日々を送っていた。 その会議で理不尽な要求をしてくる評論家のマネージャーをいつものように怒らせてしまったサクラは早々にプロジェクトを外されてしまう。 ある日評論家マネージャーに振り回されていたすみれは娘つくしの目の前で評論家達に頭を下げる姿を見せてしまう。 その姿を見たつくしは反抗的な態度を取り、怒ったすみれはつくしに手を上げてしまう。 母親としての自信をなくし落ち込むすみれを見たサクラはじいちゃんへFAXを送ると・・・ この記事では、ドラマ「 同期のサクラ」の【 第7話】を 無料動画視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。   動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。 お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。 自己責任でご視聴ください。 サクラ(高畑充希)の病室に訪れた黒川(椎名桔平)は、眠り続けるサクラに、「こんなことになったのは俺のせいかもな」と語りかけていた……。 2015年11月。 サクラは花村建設の子会社に飛ばされたまま、社会人7年目を迎えていた。 故郷の島に架かる橋が着工し、直接工事には関われないものの祖父の柊作(津嘉山正種)と共に橋を渡るのを楽しみにするサクラ。 しかしなぜか最近「橋は架からない」という不吉な夢ばかり見ることに不安を感じていた……。 その日、モデルハウスで新築の家の販売会をしていたサクラは、かつての上司・黒川から「島に架かる橋に問題が起きた」と突然呼び出される。 急いで本社に駆けつけ、待っていた葵(新田真剣佑)に案内されて土木部へ行くと、そこには人事部長から常務に出世した黒川と、かつてサクラと衝突した土木部の担当役員・桑原(丸山智己)の姿が。 黒川は、橋の着工後に想定より地盤が弱いことがわかり、もし完璧を期すのであれば基礎を予定より深く打ち込まなくてはいけないと話す。 今の深さでも安全基準はクリアしているため問題はないのだが、噂が広がり島民の間に不安が広がっているため、島の出身者として現地の説明会で島民を説得してほしいと頼まれるサクラ。 調査会社の資料を見て今のままでも安全基準に問題がないことに納得したサクラは、島の説明会に行くことを決め……。 その夜、サクラは百合(橋本愛)、葵、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)と共にいつもの喫茶店へ。 美咲島に行く話で盛り上がる中、蓮太郎は一級建築士の試験に受かったことを報告。 さらに付き合っている人がいる、と意外な相手を発表する!楽しい時を過ごすサクラだが、不吉な夢のことは頭から離れず……。 そして島での住民説明会前日。 サクラの故郷を見ようと同行した同期たちと共に、島の建設予定地に立ったサクラは感慨深く満面の笑みをこぼす。 そんな中、葵だけは複雑な表情を浮かべているのだが……。 柊作がずっと体調不良をサクラに隠していたことを島民に聞いたサクラは実家の祖父の元へ向かう。 病院に行くことを勧めるが、柊作は都合の悪いことは聞こえないふりをするばかり。 その夜、サクラの実家を訪れた同期たちは柊作自慢のコロッケが並ぶ食卓を囲み、楽しい夜を過ごす。 入社してからの思い出話に花を咲かせるサクラと同期の姿をホッとしたように見つめていた柊作だが、サクラが席を外した隙に「話がある」と同期たちに怖い顔で迫り……。 柊作から切なくもショッキングな頼み事を託された同期たちは言葉を失う……。 翌朝、住民説明会に向かおうと実家を出たサクラの前に葵が現れる。 葵は、橋の工事について、あることに気づいたと打ち明け……!夢の実現を前に究極の選択を迫られるサクラ。 ブレず曲がらず生きてきたサクラの集大成とも言える第7話。 しかし、土木部長の桑原は国の基準を見たしているので問題ないと言う。 そこで、島出身のサクラが住民説明会で冬眠を納得させる指名を受け、美咲島に向かった。 同期のメンバーもサクラを助けるために同行した。 説明会当日、葵は公表されている計画と実際は違うことをサクラに伝えた。 サクラは最後までどう説明するか迷ったが、結局、事実をありのままに伝えたため、光司は中止となり、橋を架けることはできなくなった。 その日、サクラのじいちゃんが亡くなってしまう。 東京に戻ったサクラは自暴自棄になり、部屋に閉じこもってしまった。 連絡の取れないサクラを心配した百合がサクラの部屋を訪れた。 一級建築士に合格! しかも、すみれさんと蓮太郎が交際! な、なんと意外な関係。 そして、美咲島に同期のみんな一緒に来られるなんていい感じだなあと やっとじいちゃんのコロッケと、島でとれた野菜と魚。 美味しそうでした。 そして、じいちゃんの土下座しての同期へのお願い。 サクラの両親がどうして亡くなったのか、それからじいちゃんがどういう思いでサクラを育てたか。 今回はじめて明らかになりました。 涙、涙の名演技といいセリフにしびれました。 かつて土木部でサクラと対立した桑原とまた対峙。 安全基準ギリギリの改ざん。 それをサクラは許せるのか? 島の住民と会社の板挟みになったサクラ。 すみれから、「ピンチになった時には自分ひとりで抱え込まずに同期のみんなを頼りなさい」と言われました。 そして、いつものセリフを確認するかのように言って、島民のみんなに真実を包み隠さず話しました。 偉いぞサクラ。 結果的に自らの夢を自分自身で潰すことになったサクラ。 追い打ちをかけるように家に帰るとじいちゃんが倒れていて、そのまま葬儀。 じいちゃんはサクラの仕送りに一切手をつけていませんでした。 そこでも涙。 傷心のまま、東京に戻るとじいちゃんの亡くなる直前のFAXが…… サクラは散っても枯れてはいない また花が咲く 橋の建設を断念するサクラの覚悟をじいちゃんは悟っていたかのようなメッセージ。 天国とやり取りできるFAXがあったら、じいちゃんといつも繋がれるのに…… もう、サクラにアドバイスできる人間がいなくなってしまいました。 橋の夢も壊れ、最愛のじいちゃんに死なれ、会社のプランも台無しにしたサクラには深い深い絶望しか待っていません。 ラストまでの約20分間。 ただひたすら泣くことしかできない第7話でした。 今後の展開 次回からは傷心でボロボロになったいくサクラ。 固いものはポキっと折れると弱いと言われますが、サクラを支えてくれていたものの軸が、じいちゃんと夢だったんでしょうね。 それを失ってしまったサクラはもう生きていく理由がないようです。 頼むのは同期の仲間だけ。 しかし、まっすぐ過ぎる人というのはいったんうまく行かなくなったら厄介です。 高畑充希さんが昨年主演した「忘却のサチコ」の主人公サチコは、結婚式の披露宴時に婚約者に逃げられてしまいます。 サチコは平然と仕事を続けますが、自分でも気が付かないところで心に傷を負っていて、ふいに婚約者との思い出に囚われます。 サチコが苦しみを一瞬でも忘れられるのは美味しいものを食べている時です。 サクラにもそんな苦しみを忘れられるアイテムがあればいいのですが、番組サイトの次回のあらすじでは、蓮太郎の実家のラーメンを食べても効き目がないようです。 サクラは何と出会うと、心が救われるのでしょうか? サクラの同期になった気分になって、どうやったらサクラが元気づけられるか考えてしまいます。 考えてみると、ドラマの中でも、サクラは本当に趣味と言えば、建築一筋で、それ以外に全く興味がありませんでした。 デジカメを首に提げも、建築しか撮影していませんでした。 本業一筋に頑張るのもいいですけど、何か遊びやゆとりを生むような、違う視点で見られる趣味があったら、ドーンと落ち込むこともなかったのかな。 また、何かを達成するとか言うような夢が叶わないと落ち込む要素が多い気がします。 食べてる時が幸せとか、文章を書いてる時が幸せ、幸せなことがが達成ではなくて行動であると比較的幸せになるハードルが下がります。 サクラにもそんな身近なことにも幸せの種があることを知ってもらいたいです。 サクラは次回で落ち込んで、そこからそのまま、2019年の昏睡状態になるんでしょうか? それとも、何かワンクッションあって、 何か行動を起こすのでしょうか?.

次の

【同期のサクラ】6話フル動画

同期のサクラ デイリーモーション

放送期間:2019年14月04日(水)放送後~2019年12月11日(水)21時59分 見逃し配信のサービス期間は 1週間限定です。 また 途中で広告が入るので、少し面倒くさいんですよね。 広告無しで、放送後1週間以降も同期のサクラ8話を見たいですよねー^^ いつ見ても広告はなく、 放送後から1週間過ぎても同期のサクラを無料で視聴することが出来る動画配信サービスを紹介していきます。 1週間を過ぎた場合はHuluがおすすめ! 同期のサクラ8話が放送され、1週間を過ぎた場合は動画配信サービスで視聴しましょう。 サクラ(高畑充希)の病室には百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の姿があった。 意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。 そこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、こんなことになったのは自分たちのせいだ、と頭を下げる……。 2016年11月。 自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父・柊作(津嘉山正種)を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていた。 そして2018年1月。 百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配していた。 これ以上休職期間が伸びると会社にもいられなくなるため、なんとかサクラを元気付けようと知恵を絞る4人。 葵はこちらから悩み相談を持ちかければ、サクラの性格上出てきてくれるのではないかと考える。 百合は悩みを聞いてほしいとサクラの部屋を訪ねる。 髪が伸び変わり果てた姿でドアを開けたサクラは、荒れ果てた部屋に百合を上げる。 「外に出る気になれない」と話すサクラに、百合は菊夫がどうしても連れて行きたい場所があるのだと話す。 菊夫がサクラを連れてきたのは二人の思い出の場所。 そこへ行けばきっとサクラの元気が出ると思う菊夫だったが、壊れてしまったサクラの心を前にすると、なす術もなく……。 蓮太郎はサクラの好きだった実家のラーメンで元気づけようとするも失敗。 さらに自分の設計図について意見を求めると、サクラは突然「何も浮かばない」と堰を切ったように泣き出してしまう。 駆けつけたすみれ(相武紗季)がサクラを抱きしめるも、その涙は止むことがなく……。 誰もサクラを救い出せない中、葵はサクラを街に連れ出し、元気づけようとするも、あえなく撃沈。 さらに百合は、サクラのあまりに自暴自棄な態度から口論になってしまい……。 心を病んだサクラを助けることができず、途方にくれる同期たち。 サクラは、そんな4人の気持ちに感謝しながらも「頑張れと励まされるのが辛い」と話し、自分のことを見捨ててほしいと頼む。 今まで自分たちを救ってくれたサクラの豹変ぶりを前に、4人はそれぞれ強い喪失感に襲われて……。 数日後。 サクラの元に書留が届く。 それは会社から、このままでは解雇になる、という通知。 そして黒川(椎名桔平)からのメモが入っていた……。 引用: サクラが病院で寝たきりになっていた理由がみんなに会いたいと思い外に出て、人を救ったことで倒れてしまうなんてとても悲しくて涙が止まりませんでした。 サクラのために動く4人は仲間として歩み寄り、じいちゃんに頼まれたことを守ろうと必死だが、サクラの落ち込み様が酷く、毎日必死で生きていた人が生きる気力をなくすというのはこういうことかと思いました。 何もできないと思った4人は、家族や周りの大切な人たちに連絡を取ったり話したりと人が寂しさを感じた時に頼るのはやはり仲間という存在で声を聴くだけで少しでも元気になるものだと思いました。 いつもサクラを虐めているように見えた黒川はサクラに期待をして会社からのクビを止めていた事や、喫茶店のおばあさんは同期5人のために店を楽しくやっていたことを知り、サクラはいつも周りに救っているんだと思いました。 会えずに病院行きになってしまったサクラの気持ちを4人は知っているかのように立ち直ろうとしていたんだねと呟いた事に感動しました。 皆がサクラを立ち直らせようとあの手この手を使ってもサクラは立ち直ることができず皆と距離をとってしまい月日が流れてしまったけど、百合ちゃんがもう一度サクラを立ち直らせるために皆に声をかけてお爺ちゃんの真似をしてサクラにファックスを送るとサクラがそれを見てやっと自分を取り戻してくれたところが良かったです。 こんな風にずっと心の壁を作っていたサクラを皆が諦めることなくもう一度サクラを元気つけようとしたことがサクラの新しい人生への光になったと思うし辛いことや悲しいことが続くとやっぱり立ち直るには時間がかかると思うのでこんな素敵な仲間を持てたサクラ達が羨ましいです。 皆で乗り越えていく姿を見るとこんな仲間に出会えるって奇跡だなと思いました。 葵、「サクラがいい奥さんになる。 」とか、「お前1人くらい養える。 」とか偉そうなこと言ってたくせに、百合が落ち込んでるときに抱きしめるなんてありえないです。 それに対して、百合もちょっと応えていたけど、サクラへの申し訳なさとかあって、キスは回避したのかなぁと思いました。 でも、そのあと妊娠までしていたなんでびっくりです…。 百合も産んで結婚するのかと思ってたら、結婚はしない決断をしたのは、目覚めたときのサクラのためなのかなと思いました。 今はサクラ、眠ってる状態だけど、目覚めたら百合と百合の子供のゆめちゃんと3人で暮らして欲しいなぁなんて思ってる私がいます。 サクラが毎回方言を話すシーンの時に「懐かしいなぁ」って思っていたら、何とサクラの故郷の離島は新潟の設定だったんですね! 個人的にちょっと嬉しいです^^。 故郷に橋をかける夢と、じいちゃんを一度になくしてしまったサクラの為に同期4人(+すみれも)が励まそうとして・・良い人達が側にいてサクラは幸せ者ですね。 いつもの喫茶店で「元のサクラに戻って欲しいの!!」ってシーンは優しさに溢れていて感動しました。 でもサクラは心が壊れてしまっていて・・何だか切ないです(涙)。 赤ちゃんを産んだ百合の為に集まった同期達が、じいちゃんのFAXを真似して「サクラのいない世界なんて生きていたくないから」にはもらい泣きしました。 弱々しいサクラは別人のようですがなんだかこっちの方が魅力的に見えてしまいました。 いつもの強気な感じよりも人間らしいというか喋り方も柔らかい感じがしてすごく良かったです。 でも同期のみんなはサクラを以前の感じに戻そうと励ましましたがダメだったのは余程、じいちゃんの存在は大きかったんだと感じました。 同期のみんなはサクラと出会わなければきっとこんなに仲良くはなってなかったと思いました。 意識不明になった原因が子供を庇ったからだったのはサクラらしいなと感動しました。 そして最後に病室でサクラが目を覚ます場面は今までの色々な出来事が浮かんできて。 とても嬉しかったです。 こんなに真剣に、思わずドラマだという事を忘れつつ、没頭して見たのは久しぶりです。 それほど、この8話は素晴らしかったです。 ストーリー、役者達の演技力、演出、すべてが本当に素晴らしかったとしか言いようがありません。 おじいちゃんを真似たFAXがドアの下から流れてきた時は、号泣してしまいました。 本当に、これで立ち直らなかったら、終わりだ。 それほどの破壊力がありました。 そして、最後にサクラが目覚めた時は、思わず「良かったー!!!」とTVに向かって、思わず安堵の独り言をつぶやいてました。 それにしても、百合が葵のプロポーズを断った事、物凄い男前!!!と思いました。 百合、最高にカッコ良かったです。 サクラが百合が葵の子供を産んだ事、どう思うのかな?と、目覚めた今は気になります。 次回、サクラがどう反応するのか楽しみです。 最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

次の