新盆 香典 相場。 新盆見舞いの金額は?親・兄弟・友人知人でどう違う?

初盆の香典の金額相場と書き方とは?ペンは薄墨で書くの?

新盆 香典 相場

Sponsored Link 新盆 にいぼん:初盆 とは故人の四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆のこと。 一般的には普通のお盆よりも特に念入りに行うのが習わしです。 となると、いろいろ頂きものも多いですよね。 熨斗の書き方は? ・新盆のお返し。 お礼状の書き方は? Sponsored Link 新盆のお返しは必要? 新盆のお返しについては、 宗 教や地域によって風習が異なります。 法要の際に精進料理などの食事の席を設けて、これをお返しとする地域もありますし、新盆のお返しは不要とするところもあります。 しかし、一般的には何らかの形でお返しをする場合が多く、 高額なお香典 線香料・ご仏前・提灯代・お供えなど:現金 を頂いた場合を除いて、品物でお返しをするのがポピュラーです。 高額なお供え物であっても、品物で頂いた場合は品物でお返しするのが一般的。 高額なお香典 現金 を頂いた場合に限って、お金を包んでお返しする場合もあります。 もちろん、品物でお返ししても問題ありません。 これは地域差がありますので、お住まいの地域の風習に従って下さい。 この場合、いくらくらいが高額か?ということになりますが、だいたいの目安として、 5万円以上の場合は高額、それ未満の場合は品物でお返しすると良いでしょう。 新盆のお返しの相場は? 基本的なお返しの相場は、頂いたお供え物やお香典の「 およそ半分」というのが一般的。 俗にいう「お礼は半返し」に当てはまります。 ただし、 身内などで非常に高額なお香典を頂いた場合に限り、きっちり半返しをする必要はありません。 この場合は、「生活にお役立て下さい」という意味が多分にあるため、きっちり半返しをするとかえって失礼に当たる場合もあります。 高額の目安は、先ほども述べたとおり、5万円前後を考えれば良いと思います。 Sponsored Link 新盆のお返しはいつすればいいの?お返しのタイミングは? お返しの時期についてですが、基本的には「 なるべく早めに」を心がけましょう。 最近の主流は、法要に来ていただいたその場でお返ししてしまうというもの。 一般的に2,000~4,000円のお供え物やお香典を頂く場合が多いことを想定して、1,000~2,000円程度の品物をあらかじめ用意しておき、その場で持って帰ってもらうものです。 そして、それ以上のお供え物やお香典を頂いた方にのみ、 後 からお礼に伺う または郵送などで贈る というケースが多いようです。 この場合、お礼に伺ったり、贈ったりする時期もなるべく早めの方が良く、 目安として遅くとも 8月中にはお礼をする必要があります。 法要に直接来られないので郵送などで頂いた場合も、同じく8月中を目安にお返ししましょう。 新盆のお返しはどんな品物をお返しすればいい? 季節柄、 日持ちのするもの を選ぶと良いでしょう。 故人が好きだった物や、お菓子、水ようかん、ゼリーなどが一般的ですね。 夏場なので、そうめんを選ぶ人も多いようです。 遠方から来る人のことも考えて、軽い品として、焼き海苔やお茶、タオルなどもおすすめです。 もし迷ってしまったら、 百貨店やシャディーなどのギフトショップのギフトコーナーを覗いてみると良いと思います。 こうしたお店では、のしや名入れまでしてくれるので、便利ですよ。 また、高額なお供え物やお香典を頂いた場合は、 カタログギフトでお返しするという方法もあります。 あからさまな金額が分からないので、嫌味が無いですね。 新盆のお返し。 「 御 初盆志」「 御 新盆志」「御新盆供養」「御初盆供養」「志」が一般的ですが、関西では「粗供養」とする場合が多いようです。 のしは 黒白、黒銀が一般的。 地域によっては緑白を用いる場合や、キリスト教などでは青白を用いることもありますが、迷ったら黒白であれば間違いが無いと思います。 rakuten. 迷ってしまったり、わからない場合はお近くに住んでいる方に相談してみましょう。 相談する相手が居ない場合は、 お近くの百貨店のギフトコーナーで相談すると教えて貰えます。 新盆のお返し。 お礼状の書き方は? 郵送などでお返しする場合は、お礼状も添えましょう。 持参する場合はこの限りではありませんが、やはりお礼状を添えた方が丁寧です。 以下にお礼状の文例を挙げておきましたので、参考にしてみて下さいね。 真夏の暑い時期に、故人を偲んで来てくれた方に、 スマートに感謝の気持ちを伝えられると良いですね。 本記事が、そのための参考になれば幸いです。

次の

新盆には香典?提灯代?どちらをおいくらぐらい届けるするものなの?

新盆 香典 相場

SPONSORED LINK 初盆・新盆とは? 時期について 初盆・新盆とは、死後、告別式を終え49日が過ぎた後、 初めて迎えるお盆のことを言います。 それぞれ、 「はつぼん」「にいぼん」と読みますが、新盆は 「あらぼん」や 「しんぼん」など、何通りかの読み方があります。 初盆や新盆には使い分けや決まりは特にありませんが、地域によって呼び方に違いがあるようです。 通常のお盆と大きく異なる点はありませんが、亡くなってから初めて家に戻られるお盆ですから、より丁寧に供養を行いますので、 親戚や知人などを招いて法要を行うことが多いです。 初盆の法要の流れは、まず仏壇や仏具を清めます。 お盆の入りに、精霊棚を作って供物をお供えし、僧侶を呼んでお経をあげて頂きます。 その後、参会者で食事をとる、という流れになります。 ただ、宗派によって準備ややり方に違いがありますから、 初盆の際には菩提寺の僧侶に相談してみるのが確実です。 また、お盆の時期は僧侶は繁忙期にあたりますから、相談や予約などは遅くても 1ヶ月前には行うようにしておきましょう。 <初盆の準備> お供えや香典の相場、金額は? 普段のお盆の時期にお伺いする時はお供えを持参する事が多いですが、 初盆の時は必ず香典を包みます。 香典の金額は、故人との関係にもよりますが、一般的には 5,000円から1万円程度包むことが多いです。 お供えを持参した場合には香典の金額を少なめにしても大丈夫ですから、故人との関係などを踏まえて内容を検討してください。 SPONSORED LINK また、香典を入れるのし袋を選ぶ時には、 中に入れる金額に合ったものを選ぶようにしてくださいね。 中の金額に不釣り合いなほど立派なのし袋は選ばないようにすることがポイントです。 お布施の相場は? 浄土真宗の初盆 普段のお布施の相場は3千円から1万円くらいですが、初盆の場合は 1万円から3万円程度包むことが多いです。 また、お布施の他にお車代 5千円から1万円くらい 、僧侶が食事を取られないようであれば御膳料 5千円から2万円くらい を 別に包みます。 お渡しする時は直接手渡しせず、小さなお盆などに載せてお渡しするようにしましょう。 ただ、お布施などの金額は地方や宗派によって異なることが多いですから、 事前に詳しい方に相談しておくようにしましょう。 また、浄土真宗の場合は、他の宗派の初盆とは異なり灯籠や盆提灯、精霊棚といったものは不要になります。 その代わり、三具足 花瓶、香炉、燭台 に加え、お供えやお飾りを用意します。 それから打敷を飾り、お仏飯をお供えし、供笥一対に丸餅 切り餅でも可 を2段程度お供えします。 分からない時は僧侶に相談すると丁寧に教えて頂けますから、恥ずかしがらずに相談するようにしてくださいね。 初盆の服装。 男性や女性のマナーは? 施主や遺族は、 男女ともに喪服を着用することが多いです。 ただ、親族のみで初盆を行う場合は、喪服ではなく、地味目な服装でも問題ありません。 お墓参りを行う際に、派手な帽子や日傘を使用しないことには注意してくださいね。 故人の知人や友人などの立場で初盆に招かれた場合は、正式には 略式喪服を着用するのがマナーです。 ただ、施主や遺族より、礼服の格が上になってしまわないように注意してください。 真夏の暑い時期ですから、地域や宗派、故人や施主との関係によっては、 地味目な平服で参列することも増えてきているようです。 どちらにしろ、暑い時に脱いで調節出来るような服装をしていくと便利です。 また、お手伝いをする場合には、白などの色調で無地なエプロンやお葬式用のエプロンなどを持参するのがマナーですから、忘れないようにしましょう。 いかがでしたでしょうか。 初盆の時のマナーなどはなかなか人に聞きにくいところもありますから、ここでしっかりとマナーを押さえておいてくださいね! 【関連記事】 こちらの記事もぜひとも合わせて読んでみてくださいね。 鏡餅を飾り始めると、今年も終わりだなと実感される方が多いのではないでしょうか。 年 親族として結婚式に出席する場合は、友人や同僚などの結婚式にゲストとして出席する場合と、マナーに多少の 年が明け、神社や寺院などに参拝する初詣。 新年の健康と平安を祈願する日本の伝統的な行事です。 自分では気がついていなくても、周囲の人に臭いと思われていないか? 2018年8月、鹿児島県の口永良部島の噴火警戒ニュースが報道されました。 3年前の2015年は、箱根山 クリスマスですね。 街全体がクリスマスムード一色になるこの時期、心もワクワクしますね。 そして何より恋人 クリスマスも近づき、街もライトアップで灯りがともり、街全体が明るさを増しているこの頃だと感じています 天神祭とは東京神田祭、京都祇園祭りと並ぶ日本三大祭りの中のひとつです。 水の都大阪の、火と水の伝統的な 山からみる初日の出って、特別な感じがして良いですよね~。 山、そして初日の出といえば、富士山!と思う方.

次の

初盆香典 相場金額》新盆/親戚/会社/親/知人/兄弟/近所/叔父/叔母/孫/親族

新盆 香典 相場

初盆の香典の金額相場はいくらくらいなのでしょうか? また、初盆の香典の書き方は表書きや名前などどのように書くのでしょうか? また、初盆の香典は薄墨か濃い筆ペンで書くのが正しいのか、ボールペンやサインペンはマナー違反になってしまうのかも確認していきましょう! お盆の風習というものは、家や地域によっても様々ですが、特殊な場合を除けば、大体統一されているものです。 その中でも初盆・もしくは新盆というものは同じ意味を持ち、人がなくなり四十九日を終えて初めて迎えるお盆の事を言います。 初盆というものは、親戚や個人と親交が深かった人などを招いてきちんとお坊さんにお経をあげてもらったりと、しっかり法要を行う所がほとんどです。 では 初盆に招かれた場合、 香典の金額の 相場がわからなかったり香典袋の書き方や薄墨を使えばいいのかがわかららなかったりする場合も多いと思いますので参考にしてください。 初盆の香典の金額の相場はいくらくらい?• 初盆の香典の書き方は?表書きや名前はどう書くの?• 初盆の香典は薄墨それとも濃い筆ペンで書くの?• まとめ スポンサードリンク 初盆の香典の金額の相場はいくらくらい? 初盆に招かれた場合には、お伺するときに必ず香典を包みます。 ただ、どのくらいの金額が相場なのかというのは難しいですよね。 その金額というのは、故人と親しい間柄だったか、もしくは故人と近い親戚ということでも変わってきます。 それでも初盆の香典の金額相場は 5000円~10000円くらいです。 もしどうしても気になる場合には同じく初盆に招かれた人に尋ねて金額を合わせたりするのも良いでしょう。 そして、金額で注意しなくてはいけないことは、4・9という枚数は「死・苦」を連想させるので、よくありません。 お金を入れるときは方向をそろえて、もし新札を入れる場合には必ず2つに折ってから入れます。 ただ、初盆の場合にはお供え物を持参するという事もあります。 お供え物を持参した場合には、香典の金額はそれに合わせて少なくしても大丈夫です。 地方によってはお供え物だけで香典を遠慮するところもあるので、そのあたりも事前に確認しておいた方が良いでしょう。 提灯代の場合は「御提灯代」• お坊さんへ渡すお礼は「御布施」• お坊さんへ渡す交通費の場合には「御車代」もしくは「御足衣代」 となるので、その香典がどのような用途なのかという事も重要になってきます。 初盆の香典の名前の書き方 初盆の香典に自分の名前を記載し、誰からの香典なのかわかるようにする必要があります。 この場合、自分の名前は、中央の半分から下の部分(のしの下の部分)に書きます。 初盆の香典は薄墨それとも濃い筆ペンで書くの? 初盆の香典は薄墨それとも濃い筆ペンで書くのでしょうか? 故人がなくなった時の香典は、今は一般的には 薄墨で書くのは四十九日までとされています。 薄墨は訃報の悲しみで済みが薄くなるという意味などがあるようですが、四十九日以降はそれが薄れ、法事法要では黒墨を用いるようになっているようです。 そのため、初盆の香典は 濃い墨の筆ペンを使いましょう。 まとめ 毎年のお盆のお墓参りと違い、初盆・新盆というのは故人が亡くなり四十九日を終え、黄泉の国へ旅立ち始めて家に戻ってくるという意味でとても重要な法要となります。 普段のお盆とは違い、親戚や故人と親しかった人などが集まる場でもあるので、最低限のマナーは知っていきたいものですよね。 初盆の流れというものは基本的には同じような感じですが、地方や家によっては基本とは違った方法で法要を行う場合もあり、それを知らないと困ることになってしまいます。 もし初盆に招かれた場合は、基本的な初盆を知ることも大切ですが、やはり同じく招かれた人などに訪ねるという事も必要になってくると思います。 特に香典の金額やその書き方などは特に気になるところだと思います。 初盆に関わらず、香典を包む場合には事前にいろいろと確認をしてから包むことが大切です。

次の