だから君の太陽でい。 山猿、新曲『君の太陽』配信スタート!モデルとなったソフトバンク甲斐選手からのコメント公開(E

ワンダー 君は太陽 感想・レビュー|映画の時間

だから君の太陽でい

常にファンの事を一番に想い、地元福島から「愛」を発信している山猿が、2020年6月20日に新曲『君の太陽』の配信を開始した。 そして、同曲のモデルになった福岡ソフトバンクホークス甲斐拓也選手からコメントが寄せられている。 配信がスタートした新曲『君の太陽』は、山猿が甲斐選手夫妻の結婚を祝福して二人をモデルに書き下ろした楽曲。 甲斐選手は選手登場曲として山猿の曲を使用するなど、かねてより山猿のファンを公言していた。 そして、現在の登場曲では山猿の楽曲を4曲使用しているが、今回配信される『君の太陽』もその中に含まれている。 そんな甲斐選手が、新曲『君の太陽』の配信リリースにあたり、動画コメントを寄せ、この度それが山猿の公式YouTubeチャンネルにて公開された。 甲斐選手は、この楽曲について動画内で「僕ら夫婦にとって大切な曲です」とコメント。 他にも楽曲についての感想や想いなどを語っている。 先日配信された『名前の無い歌』のMVがYouTubeで400万回再生を突破、LINE MUSICのウィークリーランキングで、堂々の1位に輝くなど、大ヒットを記録している山猿。 新曲『君の太陽』も大きな注目を浴びるのではないだろうか。 株式会社イータレントバンク.

次の

山猿、新曲『君の太陽』配信スタート!モデルとなったソフトバンク甲斐選手からのコメント公開(E

だから君の太陽でい

あらすじ 出典: 動画出典: 先天性の遺伝子疾患により人とは違う顔を持って生まれ、27回もの手術を受けてきた10歳のオギー(ジェイコブ・トレンブレイ)。 登校初日、家族に見守られて学校へと向かうオギーだったが、クラスメイトの心ない言動に傷つき、帰宅後に悲しさと悔しさを爆発させてしまう。 そして、先生が授業で発する「今月の格言」には、私たちの何気ない日常にふとした気づきを与え、目を覚まさせてくれるような言葉がたくさん詰まっています。 そんな人生の指針となるような名言を紹介します。 父ネートから「ルール」として告げられるのがこのセリフです。 オギーが学校に通うのはまだ早いのではないかと心配していた父は、オギーが孤立してしまうであろうことを敢えて否定しません。 無責任に大丈夫だと安心させる言葉を言うわけでもなく、 お前には家族がいるから、何があっても1人じゃないと告げるのです。 このあと2人はハグをして、オギーは初登校の門をくぐります。 ちなみにルールは2つあり、もう1つは「答えを知っていても授業中に手を挙げるのは1回。 理科は別だ、ガンガンいけ」というものでした。 オギーは理科が得意で、それによってクラスメイトとの交流が生まれていきます。 選ぶなら親切なことを」 出典: オギーの初登校の日のホームルームで、担任のブラウン先生が「今月の格言」として紹介した言葉です。 これはオギーのために先生が用意した格言なのかもしれません。 正しさばかりを追求すると、時に人を傷つけてしまうことにもなりかねません。 親切であること、人に優しくすることを忘れないでほしいという生徒たちへのメッセージが込められているように感じます。 心は人の未来を示す地図で、顔は人の過去を示す地図なの。 あなたは絶対に醜くないわ」 出典: 初登校でクラスメイトにからかわれたオギーは、傷心で帰宅します。 「なぜ僕は醜いの?」と泣きながら訴えるオギーに母が送った言葉です。 オギーの顔は生まれつきの病気と度重なる手術に耐えた証であって、いわば勲章のようなもの。 オギーの顔は醜くなんかないし、オギーの心はとてもきれいで強いから、必ず明るい未来が待っている、と訴えかける母の深い愛が印象的です。 お菓子をもらいに行こうよ」 出典元: ハロウィン当日、オギーは仲良くなれたジャックが自分の悪口を言っているのを聞いてしまい、体調を崩して学校を早退。 ハロウィンパレードにも行かないといって自室にこもってしまいます。 姉のヴィアはオギーをパレードに誘いますが、オギーは自分の気持ちが分かるわけがない、と姉を突き放します。 実はヴィアは、家族がオギーにかかりきりであることを「仕方ないから」と自分に言い聞かせつつも、いつも寂しさを募らせていました。 そして親友のミランダが新学期から突然自分を避けるようになり、さらに孤独感にさいなまれていたのです。 ヴィアは自分がミランダに避けられていることをオギーに打ち明け、上記の言葉をオギーにかけ、パレードに誘い出します。 ヴィア自身の寂しさと、オギーを気遣う優しさがにじみ出ているセリフです。 古代エジプトの墓に刻まれていた言葉だそうで、 一番大事なのは、その人が何をするかという意味。 この時、ハロウィン以降ずっとオギーから避けられているジャックは、その理由が分からず1人で悩んでいました。 何とか状況を変えようと決意し、行動に導いてくれたのが、この格言だったのです。 ケンカのきっかけは察しがつく。 人を殴るのはよくないが、親友は守るべきものだ」 オギーが通う学校の校長、トゥシュマン先生がジャックへの手紙に綴った言葉です。 クラスメイトのジャスティンがオギーのことをゾンビと侮辱したことで、ジャックは思わずジャスティンに殴り掛かりケンカになってしまいます。 ジャックは2日間の停学になり、反省の手紙を校長に送ります。 その返事の手紙の中で、トゥシュマン先生が上記の言葉をしたためます。 最初に暴力をふるったのはジャックですが、その行動は 親友のオギーを守るためだということをトゥシュマン先生は理解していたのです。 先生は手紙の中で「このまま頑張って、いい生徒でいてほしい」とも書いています。 先生の優しさと人柄がよくわかる手紙です。 我々の見る目を変えなくては」 出典: これもトゥシュマン先生の言葉です。 オギーへのいじめが明るみに出たことで、ジャスティンは両親ともに学校に呼ばれ停学を命じられます。 両親はオギーの存在に非があるという発言をしますが、それに対してトゥシュマン先生が言ったセリフです。 どうしても変えられないものがあるなら、それを理解したうえで、自分が変わらなくてはならない、というトゥシュマン先生の心の強さと正しさが感じられる言葉です。 ジャスティン本人はこの言葉の重みを受け止め、いじめをはたらいていたことを深く反省しますが、両親は納得できずに息子を転校させてしまいます。 お前の顔が好きなんだ」 出典: 修了式の日、父ネートはオギーが1年間頑張ったことを褒め称えます。 そして、ある告白をします。 オギーは人前に出る時に、顔を隠すために宇宙飛行士のヘルメットをかぶっていたのですが、ハロウィンの時にヘルメットが行方不明になっていました。 それを隠したのは父だったのです。 事実を知ったオギーは父を責めますが、その時に父が返した言葉です。 人と違う顔であることなど何の問題でもなく、オギーを心から愛しいと思っている父の愛情が伝わる、優しさにあふれたセリフです。 オギーは自分が普通ではないということを最初から自覚していました。 しかし、それはあくまで外見の話であって、 内面を見れば誰もが様々な事情を抱えていて、皆一人ひとり違うんだ、ということを物語っています。 「普通」の定義自体を問う、深い言葉です。 みんなも闘ってる。 相手を知りたかったら、やることは1つ。 よく見ること」 修了式でオギーが「ブラウン先生の最後の格言」として独白で紹介しています。 まさに この映画を総括した名言とも言えるでしょう。 外見だけを見て判断するのではなく、内面をしっかり見ることが大事。 これは、私たちが生きるうえでの大事な指針ともなるべき言葉ですね。 まとめ 『ワンダー 君は太陽』の中でも印象に残る名言を10個ご紹介しました。 愛と優しさにあふれた本作は、セリフの一つひとつが名言と言っても過言ではありません。 この映画を見て、いろんな言葉やセリフを味わってみてください。 どの言葉も、あなたの人生をきっと豊かなものにしてくれるはずです。

次の

ワンダー 君は太陽 感想・レビュー|映画の時間

だから君の太陽でい

説明・あらすじ 原題:Wonder(2017) カのヒューマンドラマ映画。 監督は。 原作はR・J・パラシオの同名小説。 オギーは10歳、普通の子じゃない 10歳のオギー・プルマン()は、普通の子には見えない。 遺伝子の疾患で、人とは違う顔で生まれてきたのだ。 27回もの手術を受けたせいで、一度も学校へ通わずに自宅学習を続けてきたオギーだが、母親のイザベル()は夫のネート()の「まだ早い」という反対を押し切って、オギーを5年生の初日から学校に行かせようと決意する。 夏休みの間に、オギーはイザベルに連れられて、校長先生に会いに行く。 先生の名前はトゥシュマン()、「おケツ校長だ」と自己紹介されて、少し緊張がほぐれるオギー。 だが、「生徒が学校を案内するよ」と言われたオギーは動揺する。 紹介されたのは、ジャック・ウィル(ノア・ジュプ)、ジュリアン(・カイザー)、シャーロット(エル・マッキノン)の3人。 いかにもお金持ちの子のジュリアンはオギーに、「その顔は?」と聞いてきた。 オギーは毅然とした態度をとるが、帰宅してからは元気がなかった。 だが、イヤならやめてもいいと言いかけるイザベルに、「大丈夫、僕は行きたい」と答えるのだった。 そのため学校へは行かず、母イザベルが勉強を教えていたが、新入生が多い中等部から小学校に通うことを決意する。 夏休み中にトゥシュマン校長へ挨拶しに行くと、同級生が校内を案内することに。 案内役は、優しそうなジャック、金持ちのジュリアン、キッズモデルのシャーロット。 心ないジュリアンの物言いに、内心傷つくオギーだったが、勇気を出して通うことにする。 登校初日、家族全員に勇気付けられ、皆んなの驚異の視線の中をくぐり、教室へ入る。 しかし結局その日は誰もオギーに近づかなかった。 その後もドッチボールで標的にされたり、ジュリアンに意地悪なことを言われたり。 遂に家で「なぜ僕は醜いの?」と泣き出すが、家族は愛情たっぷりに励ますのだった。 一方、優しい姉ヴィアは、両親がずっとオギー中心で回っているため、寂しい思いをしていた。 一番の理解者で大好きな祖母が亡くなってからは、幼なじみで親友のダが心の支えだったが、夏休み後から急に避けられてしまう。 ショックで廊下に立ち尽くすダに、ンという生徒が明るく話しかける。 一人っ子だと言う彼に同じだと嘘をつき、一緒に演劇部に入部することに。 しかしそこにはダの姿もあり、劇の配役は主役が彼女で、ヴィアは代役になるのだった。 帰り道、ンに告白されキスをするが、本当は弟がいることを打ち明け、家に招待するとオギーとも親しくなるン。 後日ふたりの交際を知ったダは淋しくなり、思わずオギーに電話する。 実はダの両親は離婚しており、寂しい思いを紛らわすためにサマーキャンプに参加した彼女は、憧れのヴィアになりきっていたため、その話題を話さなくて済むようにヴィアを避けていたのだった。 しばらくしてオギーは得意な理科のテストで、隣で苦戦しているジャックにこっそり答えを見せてあげ、そこからふたりは仲良くなる。 初めての友達に母イザベルも感動するのだった。 それから学校が楽しくなり、オギーの大好きなハロウィンの日がやってくる。 全身隠れたゴーストの仮装で教室に入ると、ジュリアンたちといたジャックはオギーと気づかず、話を合わせるために彼の陰口を言ってしまう。 ショックを受けたオギーはジャックを避けるようになり、本当はオギーが大好きなジャックは困惑する。 再び独りぼっちになったオギーに、今度はサマーという女の子が話しかけ、仲良くなるのだった。 しばらくしてジャックはサマーに避けられている理由を尋ねると、口止めされていたサマーは「」とだけ言う。 ハロウィンでの失言に気づいたジャックは、理科の研究大会はオギーと組むと宣言。 しかしそれを気に入らないジュリアンがオギーの悪口を言うと、ジャックは怒って彼を殴ってしまう。 理由を察した校長は「人を殴ってはいけないが、親友は守るべきものだ」と言い、2日間の停学処分に留めるのだった。 演劇舞台当日。 主役のダは両親が来ないことをンに言うと、ヴィアの家族が君を見てくれると言われ、思い立って仮病を装い、ヴィアに主役の座を渡すのだった。 彼女の素晴らしい演技に感動する家族。 ダも誇らしげに舞台袖から見守る。 数日後、ジャックはオンラインゲームでオギーに謝罪し、ふたりは仲直り。 研究大会で巨大なカメラ・オブスクラを作って見事に優勝し、オギーはクラスの人気者になる。 しかし嫉妬したジュリアンは陰湿な嫌がらせをしだすが、ある日ブラウン先生がそれに気づき、いじめ問題を重要視している校長はジュリアンに停学を言い渡すが、両親は息子の意思も聞かずに転校を選ぶのだった。 野外学校でオギーとジャックは映画上映会を抜け出すと、他校の上級生が絡んできて喧嘩になる。 倒れたジャックを庇い立ちはだかるオギーに、かつてジュリアンの仲間たちが助太刀に入り、なんとか逃げ切る。 新たな友情が生まれ、オギーは感激のあまり涙する。 そして迎えた修了式。 オギーは学校に通わせてくれた母に感謝し、イザベルも「あなたは奇跡(Wonder)の子よ」と称える。 そして驚くことに、優秀な生徒に贈られるヘンリー・ビーチャー賞にオギーが選ばれる。 皆んなに祝福されたオギー家族に感謝し、ブラウン先生が教えてくれた格言「人をいたわれ。 みんなも闘っている。 相手を知りたかったら、やることは1つ。 よく見ること」を思い出すのだった。

次の