ネクスト イン ファッション。 ネクストインファッション★前半★キャスト・あらすじ・ネタバレ

Netflix「ネクスト・イン・ファッション 」ジャッジはどんな人たち?

ネクスト イン ファッション

西洋と東洋をフュージョンしたスタイルが斬新で僕も好きです。 彼女の作品はパリやニューヨークのランウェイや Opening Ceremonyなどの有名なセレクトショップでも取り上げられるまでに成長しています。 カラフルなアートの感性とコンテンポラリーな雰囲気がすごく評価されてますね! 僕が女性なら欲しくなるアイテム多いかも。 19歳でアシュトンはGLAZAと呼ばれる最初の会社を立ち上げ。 ドレスのデザイン縫製もかなり得意で経験を持っていますが唯一出場者の中で自身のブランドは持っていませんでした。 自身のメンズウェアーブランドは高く評価されているブランドです。 プリントを得意としておりビーチウェアはかなり心地の良い印象です。 ニューヨークやイタリアなど様々なデザイナーの元で働いた経験を持っています。 ストリート業界では注目されているブランドです。 デザイナーとして活躍するのはとても難しいです。 彼らはそれなりにデザイナーとして話題を呼ぶ人たちですが誰もが知るデザイナーほどの知名度を確立するために出場しています。 今後の彼らの活躍にもぜひ注目したいですね!.

次の

【NETFLIX】新作のファッションデザイナー発掘番組「ネクスト・イン・ファッション」を見て思ったこと(結果などのネタバレなし)

ネクスト イン ファッション

おしゃれアイコンのアレクサ・チャンと「クィア・アイ」のタン・フランスが司会を務める「ネクスト・イン・ファッション」。 ハートウォーミングな雰囲気も魅力のひとつです。 「ネクスト・イン・ファッション」(2020年~) 優勝賞金は25万ドル(約2700万円)。 さらにロンドンを拠点とする高級ファッションのオンラインサイト「NET-A-PORTER(ネッタポルテ)」でコレクションを展開することができる。 「ネクスト・イン・ファッション」は、18人のファッションデザイナーがテーマに沿った服をデザイン&制作し、才能を競い合うデザインコンペティション番組だ。 レギュラー審査員のほか、ゲスト審査員にはデザイナーのフィリップ・リムから巨匠トミー・ヒルフィガーなどが登場して番組を盛り上げる。 番組の共同司会者タン・フランス(左)とアレクサ・チャン(中央)。 そしてデニムをテーマにしたエピソードにゲスト審査員として登場したトミー・ヒルフィガー(右)。 参加するファッションデザイナーたちは、そもそも世界的に活躍する有能な人材ばかり。 有名ファッションスクール出身者、若くして自力でブランドを立ち上げた者、ビヨンセやアリアナ・グランデなど有名アーティストの衣装を手がけたことがあるデザイナーも多い。 だからレベルの高い闘いが楽しめることは約束されているのだが、本作のおもしろさは全10回でファッション界の新たなスター誕生を見届けることだけにあらず。 途中までは2人1組でひとつのテーマに取り組む過程の、自分とは異なる他者との関係性にこそ醍醐味があるのだ。 ---fadeinpager--- 中国出身のエンジェル・チェンと韓国人デザイナーのミンジュ・キム。 2人1組で作業を進めていくパートナーシップも大きな見どころ。 協調性と自己主張のバランス、そして自分よりも優れている他者の才能を認めること。 これが言うほど簡単ではないことは、仕事やプライベートにおいて誰にでも覚えがあるはず。 相手を蹴落とすのではなく、自分をさらなる高みへと導いてくれる存在としてライバルたちを受け入れていく。 ときには感情のバトルもあるけれど、毎回誰かをハグしたくなるような優しさと感動を覚えるハートウォーミングな作りは、タンのパーソナリティが生かされていることもあって「クィア・アイ」に通じるものがある。 最終的な勝者はひとりだけ。 でも18人のデザイナーたちの間に生まれた連帯感こそが、彼らの人生にとって最高の宝物といえるのかもしれない。 「クィア・アイ」でも大人気のパキスタン系イギリス人のタン・フランス。 YouTubeで配信中の「Dressing Funny」や著作『僕は僕のままで 』 もチェックしてみて。

次の

ネクスト・イン・ファッションをみた

ネクスト イン ファッション

西洋と東洋をフュージョンしたスタイルが斬新で僕も好きです。 彼女の作品はパリやニューヨークのランウェイや Opening Ceremonyなどの有名なセレクトショップでも取り上げられるまでに成長しています。 カラフルなアートの感性とコンテンポラリーな雰囲気がすごく評価されてますね! 僕が女性なら欲しくなるアイテム多いかも。 19歳でアシュトンはGLAZAと呼ばれる最初の会社を立ち上げ。 ドレスのデザイン縫製もかなり得意で経験を持っていますが唯一出場者の中で自身のブランドは持っていませんでした。 自身のメンズウェアーブランドは高く評価されているブランドです。 プリントを得意としておりビーチウェアはかなり心地の良い印象です。 ニューヨークやイタリアなど様々なデザイナーの元で働いた経験を持っています。 ストリート業界では注目されているブランドです。 デザイナーとして活躍するのはとても難しいです。 彼らはそれなりにデザイナーとして話題を呼ぶ人たちですが誰もが知るデザイナーほどの知名度を確立するために出場しています。 今後の彼らの活躍にもぜひ注目したいですね!.

次の