いろは に 愛 姫 稼働 停止。 【いろはに愛姫】稼働停止や撤去が続出?!噂の激甘台を打ってきた結果w【パチスロ設定狙い】

いろはに愛姫(6号機)【スロット新台】解析・スペック・打ち方・設定判別・導入日・ゲーム性・天井まとめ

いろは に 愛 姫 稼働 停止

以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 中段チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 角チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 右リール適当打ち後、中リールに青7を狙う。 何も揃わなければチャンス目。 ==左リール下段に赤7が停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 右下がりベルテンパイ+右リール中段ベルでチャンス目。 押し順に正解すると、ARTゲーム数が上乗せされる。 その他の場合は適当打ちでOK。 毎ゲーム左リールに中段チェリーを狙うと・・・? AT中の打ち方 押し順ナビ発生時はそれに従う。 リール枠が白く発光したら、左 or 中リールにBARを狙う。 その他の演出発生時は、通常時の打ち方でレア小役をフォロー。 なお「青7を狙え」演出発生時は、押し順当てにチャレンジして偏りを見抜こう。 小役確率 通常時 — 優遇モード 優遇モードとは 通常時には、「通常」と「優遇」の2つのモードが存在。 優遇モード中に成立したBIGは必ず「優遇BIG」となり、ボーナスによる上乗せゲーム数が100G or 200Gになる。 優遇モード移行契機 優遇モードへは、通常時のスイカ成立時に移行抽選が行われる。 ただし、優遇モードへ移行したかどうかについては判別できない。 BIG当選時の優遇BIG昇格抽選 優遇モード中でなくとも、BIG当選時には優遇BIGへの昇格抽選が行われる。 昇格した場合は、愛姫ボーナス終了時の上乗せが多くなる。 またナオエ決戦ボーナスでは、開始時の初期上乗せで3桁ゲーム数が上乗せされている。 なおART中には、優遇モードの概念がない。 そのため、ART中にBIGを引いた際は「BIG成立時の優遇BIG昇格抽選」のみが行われる。 通常時のBIGは「愛姫ボーナス」、ART中のBIGは「ナオエ決戦ボーナス」となる。 232枚の払い出しで終了、純増枚数は約150枚。 「青7を狙え!」発生時に押し順を当てられれば、ARTゲーム数が上乗せされる。 BIG終了後は必ずARTに突入。 REG 「赤7・赤7・BAR」揃い。 通常時のREGは「いろはボーナス」、ART中のREGは「ツバキボーナス」となる。 8回の入賞で終了、純増枚数は約40枚。 ART「隻眼ノ嫁」 ART「隻眼ノ嫁」は、1セット30G以上、純増枚数は約0. 初当たり時のART初期ゲーム数は平均100G。 ART中は、「青7を狙え!」発生時に押し順を当てることができればゲーム数上乗せ。 【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット! 特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の

いろはに愛姫|3択青7揃いを設定別で%ではなく成立確率で表してみた 設定判別に役立つ情報も!

いろは に 愛 姫 稼働 停止

もくじ• 3回分失敗してるとして、1700Gを判別に使用してるとします。 1500枚くらい上振れしてる…w もしかしたらボーナス中の数字含んでる説がほんのりありますね。 上振れしてる要素とすれば 押し順当てがめちゃくちゃ偏ってるとこですかね。 連舞という連続すればするほどゲーム数が乗りやすいのでこの影響は大きいです。 この要素でめちゃくちゃART継続頻度と更に青7狙いでゲーム数増えるので、ここの上振れはかなり機械割に影響してきます。 ちなみに小役こぼしはカウントしてる上では0回で、パンクは残り数ゲーム時にわざとさせたのが2回ほどありますので、ほぼ機械割に欠損してる要素はないと思います。 ただ、ボーナスに上振れは一切なかったですね!これはびっくりです。 大都さん素晴らしいな!と思ったのがボーナス中不定期で来ることなんですよ。 1回の上乗せは確かに10Gがメインで少ない…けどこれが連続で狙えカットインが来た時に連続で揃う噛み合ってる感!これがたまらないくらい気持ちいい瞬間w サブ液晶にしっかり連続回数が表示されるのもいいよね。 カットインにもパターンがあるし、中の上段青7停止以外は全てのパターンで揃うパターンがあるのもまさに高評価につながる点です。 それに付随してますが、ART中の作り込みですよ。 前回の記事にたくさん追記した項目ですが、押し順以外の判別がまるで欠陥がない。 正直、どこかに判別が早くなる抜け道があるだろうと思って必死に様々な過程から計算しました。 けど、結局見つかりませんでした。 完全敗北です…だからこそ、いい台だなって評価なんです。 演出はやや単調だが、リール制御が面白い 私はこの台について、やや評価が低いのはチャンス目中心のゲーム性と演出面です…ここだけ改善すればもっと面白かったなぁというのが今の感想です。 よくも悪くも通常時もART中もひたすらチャンス目待ちになってボーナス察知も単調なので、演出にあんまり期待できないという点が少し残念だなと…ゲーム性はクレアに近いかな。 ただ!重複してるときだけチャンス目やチェリーの制御が少し変わるんですよwあと重たいけどリーチ目役がいい味出してますよー! 面白い重複確定目 これがまた面白いのでいくつか紹介しときますね。 これは逆押しゲチェナビタ押しからです。 第一停止の時点で1確ですがスイカはずれ目の綺麗な形…。 激熱の祝福つきですw お次はチャンス目Cの重複時のみ狙えるスイカはずれ+下段リプレイ揃い。 ダブル成立役みたいで綺麗ですよね~! 通常時の単独ピンク成立時に飛んでくる愛姫カットインです。 これわりと外れるんですが、逆押しゲチェナビタで揃い1確…きもちよきです…w 最後は重いフラグですが、逆押しほぼスイカの出目からのオール平行テンパイ。 確定ベル2確のめちゃ綺麗な出目ですね!逆押しリベスの出目は99%スイカなので飛び跳ねる勢いですw もちろんA+ARTなので、成立図柄を極力引き込む制御なのでこんな感じに遊べます。 1000ちゃんもA+ATで同じように出目で遊べたりしたのですが、1000ちゃんがはやりきらなかった理由はずばり1つです。 ボーナス中が遅いのは仕方ないですが、ATの純増が高すぎた結果単調になってしまったんですよね。 一方で愛姫はビッグさえ引ければ比較的ロングARTに繋がりやすく、次のボーナスも狙えるくらいのゲーム数も結構現実的な数字で貰えます。 そこが面白い理由じゃないかなと思います。 やっぱりA+ART機はART中にこそ噛み合って楽しい台なのでマイルドながら繋がりやすいというのは個人的に非常に良い点だと感じています。 ホール側の設定投入が下手すぎる 試行回数としてはこの回転数で6回触りました。 で、そのうち朝一から行ったのが4回で、1回は設定6に助けてもらってるので判別は0G計算ですが、他は600G…でも大半が1回だけ迷子になったときだけでそれ以外は 実質BIG1回分くらいで判別が終了しています。 理由として、複数のホールを見て回りましたが、まず毎日据え置きしているホールがある。 逆に毎日絶対に変更しているホールがある。 そうなると機械割は判別前から100%を越えてるんです。 何なら自分が行く ホールは朝一座る前からおおよそ判別が終わってます。 そりゃ毎日103%以上抜かれますよね?? あと複数台ある時は更に運用が難しいと思いますが、例えば3台導入で左中右、それぞれの設定にしてるホールさん多すぎませんか。 じゃんけんの心理と同じで、人は 極力違う選択肢を選びやすい心理があります。 例えば、左の台が中が多く当たってるなら…自分の台は 左か右から判別を始める人が多いと思うんですよね。 こうなると判別を間違える方が難しいんです。 その逆を突いて違う設定をしばらく回してもらう…又はたまたま上振れして別の選択肢で2500G回ってへたれやめして…後任者が前任者を見て同じ選択肢を取っている。 こうすることで、少なくとも朝一から狙う層を減らすことができたはず。 好きな人が好きなように打ってるのは私としてはいいことだと思いますが、朝一からカチカチくんとスマホでyotube見ながら通常時スラッシュで消化している人ばかり…みたいな光景にはならなかったはず。 一方で、数日たって全国的な機械割が高すぎる…!という理由で稼働停止をされているホールが非常に多くなりました。 理由はもちろん、朝一から粘る人が増えたのも一つですが、朝一から設定を読みやすい入れ方をするのが原因だと思ってます。 その結果として朝一から粘る人が増えているのが現状です。 最初から甘い数字になることなんて明白だったはずですし、営業資料でも明記されていたはずです。 それにも関わらず103%を越えているから停止…103%を越えてるホールは間違いなくホール側の運用に問題があると私は思います。 で、忘れ去られてますが、この台には一番設定が迷子になる6があります。 実際に使ってるホールは今も稼働させているホールが多く、比較的上手く運用できていると思います。 多少の還元機になるのは導入当初から明白なので、この台の運用はいかにして 「人の入れ替わりを狙えるか」が一番大切なんです。 ホームレスの友人が「いろはに愛姫」を打ってたら、ART中に強制稼働停止されました。 今回の経緯をnoteにまとめたので拡散お願いします。 全国にいる愛姫ファンの皆さんは気をつけてください。 — あっきー🍖仕掛人 suro8izonshow ART中に強制稼働停止…正直驚きました。 1ユーザーである私目線ですと理不尽にしか感じませんがお店側としては何か意図があったのでしょうか。 取り急ぎで書いたので誤字脱字あったらすいません。 この騒動が早期に落ち着く事を祈ってます。

次の

いろはに愛姫、相次ぐ稼働停止からいよいよメーカー買い取りになる模様・・・

いろは に 愛 姫 稼働 停止

BIG・ART中に発生。 設定により7を狙え演出時の3択押し順振り分けが変化。 設定「左」であれば3択のうち左の正解率UP、設定「右」であれば3択で右の正解率UP。 3 96. 0 106. 確定ベル:中段ベル揃い• チャンス目C:スイカハズレ レア小役別のBR比率 チェリー同時当選時 設定 BIG REG 左 40. ボーナス察知手順 まず 「右リール中段にBARをビタ押し」 以下停止形で打ち分ける。 小役成立時はもう一度同じ手順を踏む。 左リールに中段チェリーが停止するといろはが成長。 設定示唆などは無し。 ただ、政宗のスピンオフ機種ということでこの機種の特性を推察することができました。 押し順による7揃いの比率が各々の設定ごとに違うのだと感じました。 機械割を見ると「左 中 右」は「96. この機種を打つ前の想定で、3つポジティブなイメージを抱きました。 1つ目は政宗のスピンオフということです。 5号機後半の一番の不遇台は「政宗2」だと感じています。 バラエティでの扱いをするホールさんが多かったことと、その時期は5号機の高射幸性遊技機が多かったことで打つ人があまり多くありませんでした。 ナビが発生した時に「どうせ当たらない。 」と思いながらも心のどこかで気合いが入っているものです。 そして実際にナビが当たった時に「どや!刺した!」と心の中で高揚感を得ました。 愛姫に於いても自力で青7を揃える気持ち良さは変わらないと想像しました。 2つ目は大都技研の6号機で良い機種を作れている実績です。 鏡、リゼロ、バンバンと私の中ではどれも好きな機種が多いです。 鏡では6号機での投資リスクの少なさを感じ、リゼロでは純増枚数の気持ち良さを感じ、バンバンでは技術介入要素の楽しさを感じたので、期待を持てました。 3つ目は立ち回りです。 設定6を平常営業で使うことはあまりないと感じます。 左 中 右と設定があり、「今日は設定右だな。 」と看破できた場合、明日の設定が据え置きだったら今までにはない立ち回りができるのではないかと思います。 これらの期待を持って実践に挑みました。 先ずは押順ナビの「決め打ち」から始めました。 「前情報がない方が打つなら、左から押す人が多いだろう。 それなら右で攻めてやる!」と屁理屈な考えの中、試行します。 投資2kでチャンス目を引きました。 演出がザワつくものの、出目的にはリーチ目が出現しませんでした。 演出をカットしていたら、ボーナス確定画面が出現しました。 この機種はボーナスフラグを察知することが大切だと感じました。 配列を考えて、右リール中段にBAR図柄をビタ押し。 そのまま停止したら左リールにピンク図柄を狙い、中リールにピンク図柄を狙いレギュラーボーナス。 揃わなければピンク頭の異色ボーナス。 右リール中段にBAR図柄をビタ押し、4コマ滑って中段にピンクが揃った場合、ピンクの同色ボーナスか青頭の異色ボーナスになりました。 これが実践上、最速なフラグ判別手順だと感じました。 (BARビタからヌルっとピンクが4コマ滑るのが気持ちいいです。 もうこの時点で「右は違うんじゃね?」という状態に陥りました。 では改めて左の決め打ちへ変更します。 「あの.. 試行数が足りないから10回のナビまで我慢しました。 もうこれは設定中だな、間違いないと思い、中押しの決め打ちを試行しました。 今までのサンプルでは、設定中の一番結果が良かったので、その後はダメもとで中押しによる試行をしました。 恐らく、設定は中だったのだと思います。 この機種の持つARTの性能として、あくまでも次のボーナスを繋ぐものであり、純増数は0. 3枚です。 ディスクアップのARTと同じような感覚でした。 残念だなと思うことは、通常時にツバキBONUSの恩恵がないことと、ボーナスがそこまで軽くないことです。 ただ、それ以外は気にならず、今年出た機種の中でもクオリティが高い台だと個人的に評価します。 最近の6号機の傾向からみられる、有利区間が終わったら0Gやめばかりで攻めにくい感覚は覚えませんでした。 触りやすい機種だと感じます。 この機種を打つ機会として、心で目押しができる「エスパー状態」の日に打ちたいです。 例え、設定が左でも「ここは右だな!」と感じ、当てることができるときは楽しいと思います。 自力で青7を揃える政宗シリーズの良さを踏襲し、打ち込むことで機械割を上げることができるというのは面白い試みです。 気軽に触ることができる機種なので、愛姫は今後も触りたい機種です。

次の