リトル ショップ オブ ホラーズ。 [中止]『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』

リトル・ショップ・オブ・ホラーズ (1986年の映画)

リトル ショップ オブ ホラーズ

映画『リトルショップ・オブ・ホラーズ 1986 』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 リトルショップ・オブ・ホラーズの登場人物(キャスト) シーモア・クレルボーン(リック・モラニス) ダウタウンで生まれ育った青年。 どん臭く恋に奥手。 珍しい植物を育てるのが趣味。 職場の同僚オードリーに恋をしているが、告白できずにいる。 オードリー(エレン・グリーン) サディストの彼と別れられずにいる金髪の美女。 シーモアと同じ花屋で働いている。 優しくて穏やかなシーモアに惹かれている。 ムシュニク(ヴィンセント・ガーディニア) 花屋のオーナー。 シーモアを拾って雇うが、非常に厳しく人使いが荒い。 オリン・スクリヴェロ(スティーヴ・マーティン) 傲慢で暴力的。 オードリーの彼氏だが、女を従わせることで満足感を得る。 恐怖に歪む表情を見るのが好きな変態。 恐怖の歯医者として恐れられている。 人の血が好物でシーモアに甘言を説き、生血を調達させる。 実は地球征服にやって来たグリーンモンスター。 リトルショップ・オブ・ホラーズのネタバレあらすじ(ストーリー解説) 映画『リトルショップ・オブ・ホラーズ 1986 』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。 リトルショップ・オブ・ホラーズのあらすじ【起】 貧民街ダウンタウンで生まれ育ったシーモア・クレルボーンは、珍しい植物を育てるのが趣味。 彼はムシュニクに拾われ、彼が経営する花屋で働いているが、どん臭くいつも鉢を割っては叱られてばかりいた。 同僚には金髪で美しい女性オードリーがいる。 彼女に恋をしているシーモアだったが、奥手な彼は彼女に告白できずにいた。 オードリーには好戦的でサディストな彼氏がいたが、周囲にはいい加減に別れた方が良いと言われるも、別れられずにいる。 本当はサディスティックな男とはきっぱり別れ、穏やかで優しいシーモアと付き合えたらと望んでいるのだった。 花屋のオーナームシュニクは、どん臭くて全く使い物にならないシーモアと、男のせいで遅刻してばかりいるオードリーを抱え、客の来ない店の経営に頭を抱えるばかり。 どうにかして、売り上げを上げて有名店にしたいと考えているが、良い案は浮かばず店を閉めるしかないと覚悟を決める。 そんな時、店の地下室でシーモアが育てているという、謎の植物を店舗のウィンドウに展示してはどうかとオードリーが提案。 その後も店は連日、満員御礼。 ムシュニクの花屋はたちまち有名店となった。 まさか、栄養は人の血液か。 彼は思い切って2・3滴、血液を与え元気に大きくなれと願った。 ムシュニクは植物が元気になったことで、商売繫盛にもろ手を挙げた。 彼は先日あった皆既日食の際、謎の光と共に出現した植物を発見。 中国の花屋の棚に並んでいたので、金を払って植物を購入した。 植物にはどうやら意思があるようで、シーモア以外の人間にも興味を示す。 それと同時に店も混み合ってムシュニクも笑いが止まらない。 連日、忙しく働くシーモアとオードリー。 シーモアは疲れと貧血にて朦朧としていたが、そんな彼をオードリーが励ましてくれるのだった。 その日の夜、閉店後の片づけをしていたシーモアの前に、オードリーの彼氏オリン・スクリヴェロが現れる。 オリンは傲慢で好戦的。 女を従わせることを良しとしているのだった。 シーモアはオリンに従わせられるオードリーを目にし、なんて酷い男なのだと呟く。 シーモアは連日の出血で貧血気味。 指も傷だらけで治る暇もない。 回復を待って欲しいと声をかけると、空腹だと呟きが聞こえる。 植物が話せるようになるとは。 生血など人を殺害する以外に調達できるはずがない。 奴は甘言を説き、シーモアが思いを寄せるオードリーを苦しめるオリンを餌にすれば、苦しむことはないと告げるのであった。 リトルショップ・オブ・ホラーズのあらすじ【転】 暴力的なオリンが消えれば、オードリーには平穏が訪れる。 シーモアはそう信じて、オリンが営む歯科医院へ。 オリンは恐怖に歪む表情を目にすることで、快感を得る変態だった。 彼はより多くの快感を得るため、笑いガスを多用。 シーモアを恐怖に陥れようとしたが、ガスのバルブが故障してしまい、そのせいでガス中毒となり息絶えてしまう。 しかし、その様子をムシュニクが密かに目撃してしまう。 オリンが行方不明になったことでオードリーは涙に暮れていたが、シーモアはこの機に乗じて彼女を一心に励まし、心を射止めることに成功。 2人は互いの望みを叶え、晴れて結ばれるのであった。 幸せな気分で帰宅したシーモア。 だが、そこへムシュニクがやって来て、罪を告白しろと詰め寄る。 リトルショップ・オブ・ホラーズの結末・ラスト(ネタバレ) それからはスター街道へまっしぐら。 シーモアには講演旅行の話や園芸ショーと題したテレビ番組、数々の取材の話が圧しも切らずに舞い込んでくる。 彼は訳も分からず、連れ回されては報道陣に囲まれて今や時の人。 シーモアは我に返り、報道陣や記者達を追い返した。 冠テレビへの出演が決まれば大金が舞い込む。 大金が手に入れば、貧民街からの脱出が叶うため、オードリーと結婚し幸せな家庭が築けるではないか。 シーモアはオードリーから結婚の約束を取り付け、荷物をまとめて店から去ろうと決めた。 シーモアに餌を強請り調達に行かせている間、電話にてオードリーを店に呼び出し、彼女をおいしくいただこうとする。 そこへ、シーモアが戻りオードリーを救出。 彼女へと全てを明かしたシーモアだったが、オードリーは金銭目当てで彼と一緒になるわけではない。 彼女は初めて会った時からシーモアに好意を寄せていたのである。 2人は改めて互いの心を打ち明け合い、気持ちを確かめた。 それから、自分は宇宙から地球征服のために来訪した、グリーンモンスターなのだと明かし、シーモアを追い詰めておちょくるのであった。 そうして、花屋を根こそぎ破壊し、シーモアを生き埋めにしてしまう。 だが、シーモアとてバカではない。 画して、シーモアとオードリーは予定通りに結婚し、夢のような幸せな家庭を築くのである。 リトルショップ・オブ・ホラーズの感想・評価・レビュー まさかこれからホラー作品が始まるとは思えないほど、出だしから軽快で楽しげな曲が流れてきます。 一度聴いたら頭から離れないこのキャッチーな曲たちが、実はディズニー映画の作曲家として有名なアラン・メンケンによるものだというのは、驚きつつもかなり納得がいきます。 音楽はもちろん、物語もとても魅力的です。 特にラストの主人公と宇宙植物が対決するところは、面白いながらもハラハラさせられました。 ハッピーエンドで終わっていますが、最後に少しゾクっとなるシーンがあって、ホラーの余韻が残るのもとても良いです。 俳優陣の演技もこの上なく素晴らしい!気軽に観られるホラー・SF作品です。 (女性 20代).

次の

リトル・ショップ・オブ・ホラーズ

リトル ショップ オブ ホラーズ

映画『リトルショップ・オブ・ホラーズ 1986 』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 リトルショップ・オブ・ホラーズの登場人物(キャスト) シーモア・クレルボーン(リック・モラニス) ダウタウンで生まれ育った青年。 どん臭く恋に奥手。 珍しい植物を育てるのが趣味。 職場の同僚オードリーに恋をしているが、告白できずにいる。 オードリー(エレン・グリーン) サディストの彼と別れられずにいる金髪の美女。 シーモアと同じ花屋で働いている。 優しくて穏やかなシーモアに惹かれている。 ムシュニク(ヴィンセント・ガーディニア) 花屋のオーナー。 シーモアを拾って雇うが、非常に厳しく人使いが荒い。 オリン・スクリヴェロ(スティーヴ・マーティン) 傲慢で暴力的。 オードリーの彼氏だが、女を従わせることで満足感を得る。 恐怖に歪む表情を見るのが好きな変態。 恐怖の歯医者として恐れられている。 人の血が好物でシーモアに甘言を説き、生血を調達させる。 実は地球征服にやって来たグリーンモンスター。 リトルショップ・オブ・ホラーズのネタバレあらすじ(ストーリー解説) 映画『リトルショップ・オブ・ホラーズ 1986 』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。 リトルショップ・オブ・ホラーズのあらすじ【起】 貧民街ダウンタウンで生まれ育ったシーモア・クレルボーンは、珍しい植物を育てるのが趣味。 彼はムシュニクに拾われ、彼が経営する花屋で働いているが、どん臭くいつも鉢を割っては叱られてばかりいた。 同僚には金髪で美しい女性オードリーがいる。 彼女に恋をしているシーモアだったが、奥手な彼は彼女に告白できずにいた。 オードリーには好戦的でサディストな彼氏がいたが、周囲にはいい加減に別れた方が良いと言われるも、別れられずにいる。 本当はサディスティックな男とはきっぱり別れ、穏やかで優しいシーモアと付き合えたらと望んでいるのだった。 花屋のオーナームシュニクは、どん臭くて全く使い物にならないシーモアと、男のせいで遅刻してばかりいるオードリーを抱え、客の来ない店の経営に頭を抱えるばかり。 どうにかして、売り上げを上げて有名店にしたいと考えているが、良い案は浮かばず店を閉めるしかないと覚悟を決める。 そんな時、店の地下室でシーモアが育てているという、謎の植物を店舗のウィンドウに展示してはどうかとオードリーが提案。 その後も店は連日、満員御礼。 ムシュニクの花屋はたちまち有名店となった。 まさか、栄養は人の血液か。 彼は思い切って2・3滴、血液を与え元気に大きくなれと願った。 ムシュニクは植物が元気になったことで、商売繫盛にもろ手を挙げた。 彼は先日あった皆既日食の際、謎の光と共に出現した植物を発見。 中国の花屋の棚に並んでいたので、金を払って植物を購入した。 植物にはどうやら意思があるようで、シーモア以外の人間にも興味を示す。 それと同時に店も混み合ってムシュニクも笑いが止まらない。 連日、忙しく働くシーモアとオードリー。 シーモアは疲れと貧血にて朦朧としていたが、そんな彼をオードリーが励ましてくれるのだった。 その日の夜、閉店後の片づけをしていたシーモアの前に、オードリーの彼氏オリン・スクリヴェロが現れる。 オリンは傲慢で好戦的。 女を従わせることを良しとしているのだった。 シーモアはオリンに従わせられるオードリーを目にし、なんて酷い男なのだと呟く。 シーモアは連日の出血で貧血気味。 指も傷だらけで治る暇もない。 回復を待って欲しいと声をかけると、空腹だと呟きが聞こえる。 植物が話せるようになるとは。 生血など人を殺害する以外に調達できるはずがない。 奴は甘言を説き、シーモアが思いを寄せるオードリーを苦しめるオリンを餌にすれば、苦しむことはないと告げるのであった。 リトルショップ・オブ・ホラーズのあらすじ【転】 暴力的なオリンが消えれば、オードリーには平穏が訪れる。 シーモアはそう信じて、オリンが営む歯科医院へ。 オリンは恐怖に歪む表情を目にすることで、快感を得る変態だった。 彼はより多くの快感を得るため、笑いガスを多用。 シーモアを恐怖に陥れようとしたが、ガスのバルブが故障してしまい、そのせいでガス中毒となり息絶えてしまう。 しかし、その様子をムシュニクが密かに目撃してしまう。 オリンが行方不明になったことでオードリーは涙に暮れていたが、シーモアはこの機に乗じて彼女を一心に励まし、心を射止めることに成功。 2人は互いの望みを叶え、晴れて結ばれるのであった。 幸せな気分で帰宅したシーモア。 だが、そこへムシュニクがやって来て、罪を告白しろと詰め寄る。 リトルショップ・オブ・ホラーズの結末・ラスト(ネタバレ) それからはスター街道へまっしぐら。 シーモアには講演旅行の話や園芸ショーと題したテレビ番組、数々の取材の話が圧しも切らずに舞い込んでくる。 彼は訳も分からず、連れ回されては報道陣に囲まれて今や時の人。 シーモアは我に返り、報道陣や記者達を追い返した。 冠テレビへの出演が決まれば大金が舞い込む。 大金が手に入れば、貧民街からの脱出が叶うため、オードリーと結婚し幸せな家庭が築けるではないか。 シーモアはオードリーから結婚の約束を取り付け、荷物をまとめて店から去ろうと決めた。 シーモアに餌を強請り調達に行かせている間、電話にてオードリーを店に呼び出し、彼女をおいしくいただこうとする。 そこへ、シーモアが戻りオードリーを救出。 彼女へと全てを明かしたシーモアだったが、オードリーは金銭目当てで彼と一緒になるわけではない。 彼女は初めて会った時からシーモアに好意を寄せていたのである。 2人は改めて互いの心を打ち明け合い、気持ちを確かめた。 それから、自分は宇宙から地球征服のために来訪した、グリーンモンスターなのだと明かし、シーモアを追い詰めておちょくるのであった。 そうして、花屋を根こそぎ破壊し、シーモアを生き埋めにしてしまう。 だが、シーモアとてバカではない。 画して、シーモアとオードリーは予定通りに結婚し、夢のような幸せな家庭を築くのである。 リトルショップ・オブ・ホラーズの感想・評価・レビュー まさかこれからホラー作品が始まるとは思えないほど、出だしから軽快で楽しげな曲が流れてきます。 一度聴いたら頭から離れないこのキャッチーな曲たちが、実はディズニー映画の作曲家として有名なアラン・メンケンによるものだというのは、驚きつつもかなり納得がいきます。 音楽はもちろん、物語もとても魅力的です。 特にラストの主人公と宇宙植物が対決するところは、面白いながらもハラハラさせられました。 ハッピーエンドで終わっていますが、最後に少しゾクっとなるシーンがあって、ホラーの余韻が残るのもとても良いです。 俳優陣の演技もこの上なく素晴らしい!気軽に観られるホラー・SF作品です。 (女性 20代).

次の

鈴木拡樹 演じる冴えない青年が豹変!?『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』ゲネプロレポート《鈴木×井上 ver.》

リトル ショップ オブ ホラーズ

日本では劇場未公開。 現在、となっている。 ストーリー [ ] 花屋の店員シーモアは心優しいがドジでどこか頼りない青年だ。 彼は鬼店長のマシュニク氏にこき使われていたがマシュニク氏の娘、オードリーに淡い恋心を寄せていた。 ある日シーモアの余りのドジっぷりに遂に堪忍袋の緒を切らしたマシュニク氏は「何か店に為になる事をやらんと首にする」と脅して来た。 慌てたシーモアは「僕が育ててる、珍しい植物を店に飾ればお客が来るかも」とマシュニク氏に提案、マシュニク氏は「すぐ持って来い!」と怒鳴る。 ところがシーモアが持って来たのは、彼が愛するオードリーの名前から取って「オードリージュニア」と名付けられた、枯れかかっている小さなハエジゴクもどき(?)。 マシュニク氏は「どんな方法を使っても良いからそいつをうんとでっかくしろ!!」と言う。 ところがオードリージュニアはどんな肥料をやっても、どんなに水をやっても大きく育たない。 すっかり弱り果てたシーモア。 だが彼はひょんな事からオードリージュニアの肥料を発見する。 それは何と人間の血液だった。 更に驚くべき事にオードリージュニアは人間の言葉で「腹が減った! 飯が食いてぇ!! 何か食わせろ!!! 」とシーモアに催促して来るのだった。 翌朝、シーモアが出店してみるとオードリージュニアはぐんと大きく育っていた。 マシュニク氏もすっかりご満悦でシーモアを「我が息子よ!」と褒めたたえる。 更に花評議会の人々が「更に大きく、立派に育てたら表彰したい」と申し出て来た。 ところが暫くするともうオードリージュニアはしんなりと萎れかかっていた。 さっきまでニコニコ顔だったマシュニク氏は鬼の形相で「さっさとこのへたれ植物を元に戻せ!」とシーモアに雷を落として来るのだった。 とは言えオードリージュニアにエサである血をあげ続けていたために彼の指は傷だらけ、これ以上やったら自分が貧血で倒れてしまうとオードリージュニアに泣きついてきたが、全く聞く耳を持たない。 泣く泣くシーモアは深夜の町にエサ探しに出掛ける。 だが悪い事は重なるもので、彼はふとした弾みで人を殺してしまう。 真っ青になった彼はとりあえず死体を店に持ち帰る。 店では大食らいのオードリージュニアが相変わらず「飯食わせろ! メ~~~シ~~~!!」と催促して来る始末。 流石にキレそうになるシーモア。 しかし発想の転換を効かせ、死体をオードリージュニアに食べさせてしまう。 翌朝、更に大きくなったオードリージュニアを見たマシュニク氏は流石に気味悪そうな顔をするのだった。 一方シーモアも毎夜のオードリージュニアからのエサ催促の為にすっかり参ってしまい、おまけに歯痛まで発症してしまう。 歯医者に出掛けるシーモア。 ところがここの歯医者、患者を傷めつける事に無性の喜びを感じる変態サド歯医者なのだった(因みに待合室には彼の愛読書らしき「月刊苦痛」が置いてある)。 ひどい目に合わされたシーモアは歯医者に決闘を挑み殺してしまう。 結局この歯医者もオードリージュニアにおいしく食べられてしまうのだった。 遂に怪物の様な大きさにまで成長したオードリージュニアを見て「こいつは(悪い意味で)ただモノじゃない」と感じたマシュニク氏は、今夜は自分がこのバケモノ植物の面倒を見ると言い、シーモアを叩き出す。 思いがけない休暇を貰ったシーモアはオードリーと実家でディナーデートを楽しむ事にする。 彼の母親が作ってくれる料理はとても体に良い薬膳料理だった。 一方マシュニク氏はオードリージュニアからのメシ催促を果敢にも断り続けていた。 だがその時、店に拳銃を手にした凶暴な強盗が侵入して来た。 恐怖に泣きべそをかくマシュニク氏は「金ならあの中に」とオードリージュニアの口を指差す。 いそいそとオードリージュニアの口の中に体を入れた強盗は、哀れ彼の胃袋の中へ消えてゆくのだった。 翌日、マシュニク氏は「もうあいつの面倒は見ん!」と吐き捨てる様にシーモアに言う。 再び夜間、オードリージュニアの面倒を見る事になったシーモア。 その日はオードリーも一緒だ。 二人きりで良い雰囲気になるシーモアとオードリー。 だが空気を読まぬオードリージュニアのメシ催促をシーモアのおふざけと勘違いしたオードリーは怒って帰ってしまう。 度重なる暴挙に遂に怒り心頭に発したシーモアはオードリージュニアを口汚く罵るが、あっけなくオードリージュニアの催眠術に掛かり、またまたメシ探しに出掛ける羽目に。 そこで出会った娼婦も又シーモアに殺され、オードリージュニアにおいしく食べられてしまうのだった。 一方度重なる町の人々の失踪に遂に警察も動き出し、シーモアが臭いと感じ花屋に赴く。 その日は花協議会による、オードリージュニアの表彰の日。 協議会の人々、シーモア、オードリー、マシュニク氏、そして警察等の観ている目の前で、今や象ほどの大きさにまで成長したオードリージュニアはゆっくりと、花を開かせてゆく。 その花は失踪した人々の顔だった。 まずいと感じたシーモアはすぐ逃げ出し、警察も後を追う。 必死の逃避行の末、何とか警察を巻き店に逃げ帰って来たシーモア。 しかし怪物植物オードリージュニアはまだシーモアにメシをねだる。 意を決意したシーモアは、ナイフを手に「うんと食うが良い!」と決死の覚悟でオードリージュニアの口の中に入って行く。 しばらくしてオードリーとシーモアの母も店にやって来た。 二人の前でオードリージュニアは新しい花を咲かせる。 それはシーモアの顔だった。 彼は「僕は悪くない…」とつぶやくとしゅんと萎れてしまうのだった。 キャスト [ ] この節のが望まれています。 日本での公演 [ ] 初演は1984年、。 主演はと。 その後何度も再演を繰り返している。 2020年3月の他で公演予定。 主演はと(Wキャスト)。 歴代キャスト・演出 演出 シ-モア オードリー ムシュニック オリン その他 1984(初演) 田中利花 三浦丘美子 高久精華 1984(再演) 田中利花 三浦丘美子 高久精華 1987 田中利花 三浦丘美子 高久精華 1991 岡崎友紀 田中利花 三浦丘美子 石川いづみ 1995 荒井美乃里 井上珠美 小野妃香里 舘形比呂 1999 真織由季 奈良井恭子 池間アカネ 野崎数馬 市村ヒロシ 2001 麻生かほ里 中村音子 音羽椋 紀元由有 野崎数馬 市村ヒロシ 2005 2010 2012 2020 [ ] () リメイク映画 [ ] ミュージカルのヒットを受けてに監督ででリメイクされた。

次の