積水 ハウス セキスイ ハイム 違い。 積水ハウスとセキスイハイムの違い! わかってない人が多い!!: 家の営業マン

積水ハウスとセキスイハイムの違いと比較~プロが教える9つの選び方

積水 ハウス セキスイ ハイム 違い

ハウスメーカーの中でも、大手メーカーとして知られていて、CMで目にすることも多い積水ハウスとセキスイハイム。 どちらも「セキスイ」とはつきますが、実は完全に別会社で、工法やデザインの特徴も違います。 積水ハウスは着工棟数が業界トップを誇っており、セキスイハイムも毎年5位以内には名前を連ねるなど、両社とも、大手ハウスメーカーの中でも圧倒的な実績があります。 ここでは、積水ハウスとセキスイハイムの違いについて、下記の9つの項目に分けてわかりやすく解説します。 資本関係• 工法・構造• 価格帯・坪単価• 耐震性• 住宅のデザイン• 気密性・断熱性• 社員の平均年収• 就職人気 積水ハウスとセキスイハイムの違いを知りたい方はもちろん、積水ハウスとセキスイハイムのどちらかに注文住宅を依頼したい人も、ぜひ参考にしてください。 もくじ• 積水ハウスとセキスイハイムの違いを9つの項目でわかりやすく比較 積水ハウスとセキスイハイムは名前が似ているので、似たようなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、別会社で、商品の特徴にも違いがあります。 ここでは項目ごとに違いを比較していきます。 1963年には積水ハウス株式会社に商号を変更しています。 元々は積水ハウス産業株式会社が赤字会社だったため、積水化学が1963年に切り離しましたが、新しい社長がやり手だったので、すぐに業績を伸ばしていきます。 その成功を見て、積水化学工業は再び1968年に住宅関連業界に参入します。 翌年、住宅事業推進本部を発足し、1971年セキスイハイムM1というユニット住宅を発売します。 この積水化学工業の住宅部門の名称がセキスイハイムです。 現在は積水化学工業の連結対象からは外れており、2017年の資本金は2025億9100万円です。 主要子会社として、積和不動産、積水ハウスリフォームなどがあります。 主要株主は10%未満ですが、積水化学工業になります。 一方で、セキスイハイムは積水ハウスの連結子会社です。 東京セキスイハイム株式会社など、各地域に多くのグループ会社が存在し、住宅、リフォーム、不動産事業などを展開しています。 商品のバリエーションも豊富で、敷地や要望にあった、多様な空間づくりが可能です。 一方で、セキスイハイムは工場で住宅の部材を組みたての80%を行うユニット工法を取り入れているため、工期が短く、高品質を保てるのが強みです。 同じ条件ですと、積水ハウスの価格帯は2500~3500万円、セキスイハイムは2000~3800万円程度です。 どちらの会社も商品がいくつかあるため、商品ごとに坪単価に違いはありますが、積水ハウスの坪単価は70~80万円、セキスイハイムの坪単価は65~85万円が目安になります。 セキスイハイムのほうは価格帯、坪単価、ともに少し幅が出ていますが、プランの制約があり、プランの変更やオプションなどで追加料金がかかるためです。 平均で考えると同程度で、どちらの会社も広告費がかかっているため、他のメーカーより坪単価が高い傾向にあります。 今までに日本で起こった大地震を超える地震にも耐えうる耐震性を誇り、変形をおさえたり、揺れを分散させたりする技術を採用しています。 木造は予算を別にすると、プランの自由度は高いです。 セキスイハイムは工場で組み立てを行うユニット工法であるため、プランに制限がかかることが多く、要望に合わせると、オプション料金がかかることが多いです。 デザインはどちらも商品のバリエーションがあるので、希望に近いデザインが見つかるでしょう。 一方で、セキスイハイムは高断熱のサッシを採用しており、工場生産で窓部分を作り上げるため、気密性に優れていて、トータルすると引き分けになります。 その住宅メーカーの中でも、セキスイハイムも積水ハウスも平均年収は上位に入ります。 積水ハウスが有価証券報告書で公表している2019年度の平均年収は819万円だそうです。 セキスイハイムは非公表ですが、600~900万と言われています。 30歳前後の平均年収に関しては、どちらも500~600万円のことが多いですが、営業は営業成績が給料に直結するため、少し幅があります。 職種としては、給料の高いほうから営業、設計、工事、事務となっています。 実際、30までに家を建てられるという話が、就職説明会で話されるなど、どちらもトップクラスの年収です。 上でもお話をしましたが、比較的年収が高いハウスメーカーの中でも、両社は知名度も高く、平均年収も高いことから、文系、理系どちらからの応募も多く、有名大学の卒業生も数多く働いています。 積水ハウスを利用して家を建てた人の口コミ・評判 一般的な口コミとして、積水ハウスは値段が高いという声が多いですが、実際、家を建てた人の満足度は高く、積水ハウスの家を建てたことが1つのステイタスと考える人も多いです。 スマートな印象の営業マンが多く、アフターフォローもしっかりしていることから、会社への信頼が高いのも特徴です。 一方で、他の会社よりは値引きが少ないという意見もありますが、比較的予算に余裕がある人が多いので、大きなマイナスポイントにはなっていないようです。 セキスイハイムを利用して家を建てた人の口コミ・評判 セキスイハイムを利用して家を建てた人の話としては、高気密・高断熱で省エネ効果が高い、夏涼しく、冬暖かいなどの意見が多いです。 CMで目にする「あったかハイム」は、床下蓄熱暖房という、深夜に床下に蓄熱し、部屋全体を温める暖房システムですが、セキスイハイムを利用する人のほとんどが使っていて、これも評価が高いです。 また、工期が短いのでよかったという意見も多いです。 一方で、プランに制限があったので、苦労した、見た目がよくある家になってしまったという意見もあります。 積水ハウスとセキスイハイム、結局どっちがいい? どちらも営業エリアは全国で、大手メーカーとしての信用もあります。 この両社を検討する場合は、予算(坪単価)、デザイン、技術力、設備、工期などに優先順位をつけて、積水ハウスとセキスイハイムのどちらに条件が近いか、比較するのをおすすめします。 また、それぞれの会社の評判や口コミをチェックすることもあるかと思いますが、同業他社の社員が書き込んでいる場合もあるので、実際に建てた人の話を参考にするようにしてください。 積水ハウスをおすすめしたい人の特徴 積水ハウスは住宅メーカーの中でも最大手で、知名度もブランド力に対する信頼性もあります。 また、耐震性やアフターフォローなどもしっかりしていますので、安心して家づくりができるメーカーを選びたいという方におすすめです。 また、上品で落ち着いたデザインは、どの世代にも支持されますが、特に、年齢層が高めの方に人気があります。 積水ハウスはハウスメーカーの中での価格帯は高いほうに入りますので、予算には多少余裕があったほうがいいでしょう。 セキスイハイムをおすすめしたい人の特徴 セキスイハイムの住宅は全体的に省エネに優れています。 特に、エネルギーの自給自足を目指すZEH住宅に力を入れており、ソーラー住宅の着工数は何度も年間1位になっています。 そのような背景から、セキスイハイムをおすすめできるのは省エネやエコに関心がある方です。 工場での部材の組み立てが多いので、品質も一定の髙さで、安心感があります。 長期的に快適に過ごせるため、二世帯住宅を考えている方にもおすすめです。 積水ハウス・セキスイハイムとよく比較されるハウスメーカーを紹介 積水ハウスとセキスイハイム以外にもよく競合にあがるハウスメーカーがいくつかあるのでご紹介します。 大手のハウスメーカーが多いので、聞いたことがあるメーカーがほとんどかと思います 一条工務店 一条工務店は、CMなどの宣伝活動をほとんど行っていないため、積水ハウス、セキスイハイムに比べると、多少知名度は落ちてしまいます。 しかし、展示場などへの出店が多く、実際に見学をして、気に入ったという人が多いです。 木造ハウスメーカーでは着工数が多く、免震住宅では全国シェアNo. 1を誇ります。 落ち着いた昔ながらの家といった印象も幅広い世代に支持されている理由です。 積和不動産 積和不動産は積水ハウスの完全子会社です。 「お部屋探しMAST」でも知られており、賃貸、不動産売買、新築分譲マンション、新築一戸建てなど、幅広く事業を手掛けています。 その中でも、アパートの建設を考えている人が競合する場合が多いです。 積水ハウスやセキスイハイムでもアパートの建設は可能ですが、その後の賃貸まで、引き続き頼れる点は強みです。 大和ハウス ハウスメーカーの売上で、毎年、積水ハウスと1位、2位を争っているのが大和ハウスです。 鉄骨造、木造のどちらも手掛け、耐震性の強さを売りにしています。 ただし、ここ最近、国の認定を取得していない基礎を使った住宅が4000棟ほど発覚したことから、若干信頼性は落ちてしまっています。 トヨタホーム トヨタホームもセキスイハイムと同じように鉄骨系のユニット工法を取り入れています。 その結果、強度に優れていて、大空間、大開口の明るく開放的な間取りが実現可能です。 また自由設計で、希望に沿ったプランが作成できる点も評価されています。 ヘーベルハウス 数年前に起こった大洪水で、びくともしないことが話題にもなったへーベルハウスはやはりその強度がウリです。 都市部の狭小地でも施工が可能で、都市型住宅と言われることもあります(北海道や東北地方などの寒冷地には営業所がありません)。 価格帯や坪単価が積水ハウスやセキスイハイムと近いため、競合となることが多いです。 ミサワホーム 大手の1つに数えられるミサワホームもCMで見かけることが多いメーカーです。 グッドデザイン賞を受賞するなど、商品力、企画力ともに評価されています。 木質プレハブ住宅ではトップで、断熱性や耐震性に絶対的な自信を持っています。 ミサワホームも価格帯や坪単価が近く、競合にあげられることが多いです。 パナホーム パナホームの名前は2018年4月から、パナソニックホームズに名前を変えました。 注文住宅だけではなく、分譲住宅・マンション、リフォームも手掛けています。 土地活用にも力を入れていて、建売分譲住宅や分譲マンション、建築条件付きの宅地も多く売り出しています。 パナソニックグループの技術力を生かし、省エネに関する設備も充実しています。 住友林業 住友林業は木造の大手住宅メーカーで、木を豊富に使った、温かみの溢れる住宅です。 自由度が高いこともあり、坪単価は比較的高い方ですが、その分、高級感のある外観や内装は木造住宅でもトップの人気を誇ります。 業界全体でも着工戸数は上位5位以内に入り、毎年セキスイハイムと競り合っています。 まとめ 積水ハウスとセキスイハイムの違いについて、解説してきました。 積水化学を元に始まり、名前が似ている両社ですが、現在は別会社で、それぞれ特徴に違いがあります。 どちらも大手メーカーの中でも着工件数はトップクラスで、抜群の知名度に負けない、ブランド力、商品力があります。 注文住宅をお考えの際は、ぜひ候補の一つにあげてください。

次の

セキスイハイムと積水ハウスの違いは?坪単価・特徴など9つの項目で比較!

積水 ハウス セキスイ ハイム 違い

セキスイハイムとは セキスイハイムは、積水化学工業の住宅ブランド名です。 積水化学工業住宅カンパニー住宅営業部が販売している家のブランドが「セキスイハイム」です。 つまり、 セキスイハイムという会社は存在しません。 ブランド名になるので、トヨタの「レクサス」やAppleの「iPhone」のようなイメージです。 会社名ではなくブランド名が有名になっている住宅メーカーになります。 セキスイハイムの特徴 セキスイハイムは工場で材料を作り、現場で組み立てる方法を行った最初の住宅メーカーです。 住宅のパーツを工場で生産することで、安定した品質で大量生産によりコストを抑える家づくりができます。 つまり、 コストパフォーマンスの良い住宅を造ることができる住宅メーカーです。 工場で造ることで、安定した品質の注文住宅が建設できます。 さらに、現場で1日である程度家の形になります。 雨が降った場合でも家の中が濡れないため、安心できる家づくりが可能です。 住宅メーカーによっては、雨が降った場合材料が雨ざらしになってしまいます。 家の材料が雨に濡れるのは困りますよね。 セキスイハイムは、工場生産のメリットを活かした家づくりのできる住宅メーカーです。 多くの実績から安定した品質の住宅を建設したい方は、セキスイハイムで家を建設してみてはいかがでしょうか。 セキスイハイムの10つの性能 セキスイハイムでは、快適な家を建てるために以下の10つの性能で家づくりを行っています。 耐震性能• 耐久性能• 温熱・空気環境• 気密・断熱性能• 省エネ性能• 可変性能• 遮音・防音性能• 耐風・耐水・耐火性能• 防犯性能• 加齢配慮 これらの性能に力を入れているからこそ、良い家が建てられます。 これだけ性能の良い家であれば安心して暮らせますよね。 セキスイハイムの商品ラインナップ セキスイハイムで建てられる家の商品をご紹介します。 どのような家が建てられるのか参考にしてみてください。 パルフェ:鉄骨住宅 プラン デシオ:鉄骨住宅 プラン ドマーニ:鉄骨住宅 プラン ハイムbj:鉄骨住宅 プラン スマートパワーステーションGR:鉄骨住宅 プラン クレスカーサ:鉄骨住宅 プラン グランツーユー:木造住宅 プラン スマートパワーステーショングランツーユー:木造住宅 プラン セキスイハイムについては、「」の記事で詳しく解説しています。 さらに詳しくセキスイハイムについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 積水ハウスとは 積水ハウスとは、「積水ハウス株式会社」のことになります。 先ほどお伝えしたセキスイハイムとは異なり、こちらは会社名になります。 積水ハウスは、 積水化学工業の住宅部分が積水ハウスとして別会社になった会社です。 そのため、セキスイハイムの積水化学工業が分裂した会社が積水ハウスになります。 そのときの名残である「せきすい」という名前が残っているのが積水ハウスです。 積水ハウスの公式サイトにも以下のように記載されています。 積水ハウスは、元々、積水化学工業株式会社のハウス事業部からスタートしました。 そこから1960年積水ハウス産業株式会社として独立し、1963年に商号を積水ハウス株式会社に変更し、現在に至っています。 積水ハウスが母体の積水化学工業から独立した約10年後、積水化学工業が再度社内に住宅部門として「セキスイハイム」を設立しました。 このように社名は良く似ているのですが、それぞれ違う工法、販売方針で営業しております。 工法などの詳細の違いにつきましては、それぞれのホームページでご確認いただければ幸いです。 より引用 似ている名前なのでややこしいですが、別会社なので覚えておきましょう。 積水ハウスの特徴 積水ハウスの特徴は、誰もが知っているハウスメーカーということもありますが、主に以下の4つがあります。 自由設計によるデザイン性• 技術力• 家を建てた後も安心できるサポート• 充実した保証システム このような特徴があります。 簡単にですが、どのようなものか順番にお伝えしていきます。 自由設計によるデザイン性 注文住宅は、 好きな仕様や間取りで家を建てられます。 しかし、ハウスメーカーの提案力が無ければ素敵な家を建てることはできません。 積水ハウスは、確かな技術力と提案力であなたの要望を答えてくれる素敵な家を建設できます。 技術力 家は、これから何十年もあなたとその家族が暮らしていけるような場所でなければいけません。 積水ハウスの注文住宅は、確かな技術力で高品質の注文住宅が建てられます。 地震に強い家 綺麗な空気を保つ積水ハウスのエアキス 地震に強かったりきれいな空気になるような仕組みを利用したりして、快適な住まいづくりを可能としています。 せっかく家を建てるのであれば、安心して暮らしやすい家を建てたいですよね。 家を建てた後も安心できるサポート 家は建てたら終わりではありません。 その後もサポートしてほしいですよね。 家を建てたら何もサポートがないのでは、困ってしまうのではないでしょうか。 積水ハウスは、家を建てた後もあなたの家をサポートしてくれるので安心です。 充実した保証システム 積水ハウスは保証システムがあるので、万が一施工に不備があった場合も安心です。 保証があれば、 雨漏りなどが起こった場合、保証範囲内で修繕してくれるからです。 しかし、保証がない場合は自腹で修繕しなければいけないので、保証のある積水ハウスのような住宅メーカーで家を建てましょう。 積水ハウスの商品ラインナップ 積水ハウスは多くの商品があります。 どのような商品があるのかをご紹介しましょう。 数多くの種類があるため、きっとあなたになった注文住宅が建てられるはずです。 鉄骨1・2階建て構法ダイナミックフレーム・システム 積水ハウスの鉄骨造の注文住宅をご紹介します。 頑丈な鉄骨造の家を建てたい方は、参考にしてみてください。 イズ・ステージ プラン ビー・サイエ:2階建て プラン イズ・ロイエ プラン イズ・ロイエ:コージースタイル プラン ビー・モード プラン ビーモード・レジェンド プラン 木造住宅構法:シャーウッド構法 木造住宅のシャーウッド構法の商品をご紹介します。 積水ハウスの木造住宅になるので、木造住宅を建てたい方はご覧ください。 柱や壁の位置を自由に決められるので、あなたの要望に合った間取りの家を建てられます。 一般的な工法では選べないため、間取りを選びたい方は積水ハウスがおすすめです。 ビエナ プラン べレオ・プラス:複合型多目的マンション プラン 積水ハウスの特徴は、「」の記事で詳しくお伝えしています。 積水ハウスについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 セキスイハイムと積水ハウスの坪単価、価格の違い セキスイハイムと積水ハウスを比べる上で、坪単価や価格は気になるのではないでしょうか。 両方大手ハウスメーカーになるため、いくらぐらいなのか知りたいですよね。 セキスイハイムの坪単価:70~80万円 セキスイハイムの 坪単価は70~80万円です。 実際にセキスイハイムで家を建てた方や建てる方の坪単価を見てみましょう。 セキスイハイムは坪単価50万円でも建つという口コミ 割と適正な判断だね。 セキスイハイムは坪50万円でも建つよ。 モデルハウス見て坪50万円だと言ってるなら何に金がかかってるか分かってないんだと思うよ。 より引用 坪単価69万円の口コミ グランツーユーで建てた方教えてください。 坪単価69万は妥当ですか? 空調、太陽光、外壁タイル別で。 最初の見積もりでは 坪単価80万から値引きで 69万です。 より引用 坪単価80万円の口コミ SPSで 坪単価80万くらい 太陽光と外壁込みで 坪単価100万になる。 より引用 積水ハウスの坪単価:70~80万円 積水ハウスの坪単価も 70~80万円が目安です。 積水ハウスの坪単価についての口コミは以下の通りです。 鉄骨住宅は100万円を超えるという口コミ 積水に限らず鉄骨で大手の 坪単価目安100万位はみておきましょう。 より引用 大手なら100万円は欲しい口コミ 大手ならどこも予算は坪100前後は欲しいところ 建物の 坪単価ならハイム等のユニットなら60~、積水ハウスなら70~可能 より引用 積水ハウスは坪単価100万円を超える口コミ ローコスト以下の設備では積水ブランドも何もありません。 ブランドで買うならローコスト以上の設備は必須でしょう。 外壁はダインやベルバーン、瓦屋根、木造なら構造材はヒノキに変更、無垢フローリング、トリプルサッシ、無垢建具、水回りは各社トップグレード品、壁面木質パネル、床暖房、太陽光、コージェネなど これぐらいは入れないとローコストに見劣りし積水ブランドに釣り合いません。 積水なら住宅本体40坪で 坪単価100万は超えるでしょう。 より引用 積水ハウスの分譲地で建てた方の口コミ 積水ハウスの分譲地でイズロイエ契約しました。 元々ダイワとかミサワとかトヨタも見ていましたが、積水の分譲地の雰囲気が良かったのと、建売物件を見学して良いなと思い清水の舞台から飛び降りるつもりで契約しました。 建売用の間取り集から希望に近いものを選んで間取りを調整しました。 真四角の総二階の床面積は34坪です。 外構も積水に依頼して220万円 エネファームと太陽光発電4. 1キロで270万円 照明をLEDのダウンライトにして25万円 土地改良費が鋼鉄の杭を打つらしく180万円 床暖房はサービスしてくれました。 シーカス エアキスは標準との事です。 オプションで床をデラックスに。 あとリビングにエコカラットを採用してみました。 営業さんが、色々とキャンペーンを利用して、ちょっとした値引きをしてくれたので消費税抜きの金額が3400万円で契約しました。 坪単価に上記の費用を入れれば 坪単価100万円になりますね。 識者の方からはバカにされそうですが、色々と自分なりに考えて決めました。 ちと高い家に住む事になりますが その分仕事を頑張ろうと思います。 より引用 セキスイハイムと積水ハウスの坪単価はほとんど同じ セキスイハイムと積水ハウスの坪単価は、 どちらも70~80万円が目安です。 ほとんど同じ価格帯のため、正確な値段を知りたい方は、無料見積もりを依頼するしかありません。 坪単価はあくまでも目安:正確な値段は問い合わせる必要がある 坪単価ですが、あくまでも目安でしかありません。 人それぞれ設計や間取りなどの家づくりは異なります。 そのため、 人それぞれ坪単価は異なるので、あくまでも目安でしかありません。 同じ大きさの家でもオプションやグレードが変われば、坪単価は変わります。 そのため、正確な値段は実際に見積もりを作成してもらうしかありません。 また、公式サイトにも正確な坪単価はお教えすることができないとの記載があります。 積水ハウスは、お客様のご要望に基づき、お客様と一緒にお住まいを建てさせていただく、いわゆる自由設計を基本としております。 お住まいの金額もお客様のご要望、敷地条件、建物規模、仕様等によって差が出てまいります。 もちろん商品によっても差が出てまいります。 ですから、一概に弊社住宅の坪単価をお伝えすることは容易ではありません。 現在お住まいづくりをご検討中ということでしたら、是非一度最寄りの事業所又は展示場にお声をおかけください。 担当の営業の者がご説明させていただきます。 より引用 このように、坪単価についてはハウスメーカーは明確な情報を公表していません。 そのため、 坪単価を知りたい場合は実際に家を建てた方の意見や口コミを参考にするしかありません。 ただ、それでさえ人それぞれプランが違うので目安でしかありません。 坪単価を正確に知りたい方は、実際にお問い合わせを行い、いくらぐらいで家が建てられるのかを相談してください。 セキスイハイムと積水ハウスの構法の違い セキスイハイムと積水ハウスでは、住宅の構法が異なります。 どのような違いがあるのでしょうか。 これから家を建てる方に取っては、どのような造りで家が建つのか気になりますよね。 セキスイハイムで建てられる注文住宅 セキスイハイムで家を建てる場合、どのような家が建つのか気になりますよね。 セキスイハイムで建設できる注文住宅について知りたい方は、参考にしてみてください。 セキスイハイムで建てられる家 セキスイハイムでは、 鉄骨系や木造系の住宅が建設可能です。 また、積雪地や北海道向けの注文住宅も用意されているので、あなたに合った家が建設できます。 平屋はもちろんのこと、二世帯住宅なども建設できるので、まずは問い合わせてみてください。 セキスイハイムのボックスラーメン構造 セキスイハイムは、 ボックスラーメン構造のユニットの住宅が建設できます。 ボックスラーメン構造とは、柱と梁(はり)で家を組み立てる構造のことです。 頑丈な造りの家が建てられます。 また、柱と梁を利用することで、壁を少なくし広い間取りにできるメリットがあります。 きっとあなたに合った構法で家が建設できるので、セキスイハイムを検討している方は参考にしてみてください。 積水ハウスで建てられる注文住宅 積水ハウスでは、どのような注文住宅が建てられるのでしょうか。 積水ハウスの家の構造などが知りたい方は、参考にしましょう。 積水ハウスは自由設計のデザインが魅力 積水ハウスの注文住宅は、 自由設計のデザインが魅力です。 積水ハウスだからこそ、高い提案力の家が建設できます。 人それぞれ、地域も家族構成も異なります。 また、家のプランや間取りも異なるので、 良い家を建てるためには臨機応変に対応できる住宅メーカーでなければいけません。 家を建てるならおしゃれで住みやすい家が良いですよね。 一生に一度の買い物だからこそ、「こだわった注文住宅が建てたい」方は、積水ハウスに相談してみてはいかがでしょうか。 積水ハウスの注文住宅の構造 鉄骨造はもちろんのこと、 木造住宅が建設できます。 平屋や2階建て、3階建ての家が建設できるので、あなたの要望に答えてくれるはずです。 理想の注文住宅を建てたい方は、積水ハウスがおすすめです。 セキスイハイムと積水ハウスはどっちがいいの? セキスイハイムと積水ハウスについてお伝えしました。 名前は似ていますが、別々の会社になりそれぞれ特徴が異なります。 結局のところ、どちらがいいのか気になる方もいるのではないでしょうか。 坪単価もほとんど変わらないので、悩みどころですよね。 セキスイハイムに向いている人 セキスイハイムは、 ボックスラーメン構造などの頑丈な家が造れます。 工場生産で品質の高い家が短期で建設できます。 積水ハウスに向いている人 一方で、積水ハウスは自由度が高く、 おしゃれなデザイン性のある注文住宅が魅力です。 おしゃれな注文住宅に憧れますよね。 まずは資料請求をして特徴を調べる セキスイハイムも積水ハウスもおしゃれで機能性の高い家が建設できます。 そのため、 まずは資料請求してみるのがおすすめです。 人それぞれセキスイハイムが良いという人もいれば、積水ハウスが良いという人がいるからです。 どのような家が建てられるのかそれぞれのパンフレットやカタログをもらえれば、違いがわかりやすいですよね。 それぞれ比較した上で、実際にお問い合わせをしてみたり、住宅展示場に足を運んだりしてどちらがいいのか判断しましょう。 セキスイハイムと積水ハウスを比較して、あなたに合った住宅メーカーで理想のマイホームを手に入れてください。

次の

セキスイハイムと積水ハウスの2社で迷っています。 ハイム、ハウスのそれぞれの売りポイントや価格など違いをわかりやすく教えていただけませんか? ちなみに土地は知り合いの所から売って

積水 ハウス セキスイ ハイム 違い

積水ハウスと セキスイハイムをご存知でしょうか? 名前こそ似ていますが、両社は 異なるハウスメーカーで、日本でも有数の大手でもあります。 工務店と違い、大手のハウスメーカーともなると保証などのアフターフォローのサービスが付きやすく、なにより安心感があります。 これから家を買うにあたり、 大手のハウスメーカーを検討しているという方は多くいることでしょう。 ただ、大手といってもそれぞれです。 それぞれどのような特徴があり、違いがあるのか気になりますよね。 今回は大手ハウスメーカーの 「積水ハウス」と 「セキスイハイム」について、 違いや 比較ポイントなどを解説します。 また、本文に入る前にあなたに一つ質問をさせてください。 「ハウスメーカーを選ぶ際に最も大事なことは何だと思いますか?」 もちろん正解は一つではありませんが、私は 「しっかりとハウスメーカーの特徴や違いを理解し、比較・検討した上で絞り込むこと」だと考えています。 住宅業界で働いた経験があるような人以外は、ハウスメーカー毎にどういった違いがあるのか理解している人は少ないはずです。 それぞれの会社の坪単価やデザイン性の違い、耐震性や気密性・断熱性、購入後のアフターフォローに間取りの自由度、木造なのか鉄骨造なのかなど違いは多岐に渡ります。 事前にしっかりと情報収集を行わずに、いきなり住宅展示場等に足を運び、フィーリングで依頼するハウスメーカーを決めてしまう。 このような人は、「もっと自分の条件にあったハウスメーカーがあった・・・」と後から気づき、一生後悔するような羽目になります。 マイホームは人生でもっとも大きな買い物です。 面倒だからといって事前の下調べや比較・検討を怠ることは絶対にやってはいけません。 ネットでの情報はもちろんのこと、より一次情報に近い信頼性の高い情報に多く触れるようにすることで、ハウスメーカーを選ぶ目が養われていきます。 またハウスメーカーの多くは、無料でカタログや資料請求ができるので、少しでも気になった業者からは積極的に資料を取り寄せるようにしましょう。 (カタログや資料の中には、Webサイトには掲載されていないより具体的で有益な情報が掲載されています。 ) 最初のころはどのハウスメーカーもそれぞれよく見えるのですが、情報を仕入れていくにつれ、それぞれの違いや自分にとっての良い・悪いが分かるようになるので。 ただし、何社ものハウスメーカーにいちいち資料請求をするのは、面倒ですし手間がかかるもの。 最近ハウスメーカーを選ぶ人の中で主流になっているサービスが、東証一部上場の「」が提供している「 無料カタログ一括請求サービス」です。 0からハウスメーカーを絞り込まなくても、予算やローコスト住宅などのテーマ、建築予定のエリアを選ぶだけで、条件にあったハウスメーカーがピックアップされます。 利用料はもちろん無料ですし、資料請求をしたからといって、迷惑でしつこい営業に悩まされる心配もありません。 少しでも気になったハウスメーカーがあればひとまず資料を請求してみることで、最初は考えてもいなかったハウスメーカーの中に、自分の条件とぴったりマッチした出会いがあることも多いです。 大手や地場の工務店などの先入観を取り払い、フラットな目線でいろいろな情報を取り入れてみてください。 しっかりと比較・検討を重ねた上で依頼したハウスメーカーであれば、間違いなく依頼後も納得がいくはずです。 スマホやPCから3分もあれば依頼ができるので、ほんの少しの手間を惜しんで、一生後悔するようなことの無いようにしてくださいね。 それではここから、積水ハウスとセキスイハイムの違いについて、詳しく解説をしていきましょう。 大手ハウスメーカーを選ぶメリットとは? 「積水ハウス」と 「セキスイハイム」は、どちらも日本有数の大手ハウスメーカーです。 知名度が非常に高い企業のため、不動産について詳しくないという方でも、これら2社の名前は聞いたことがあるでしょう。 どちらもハウスメーカーであるため、家を購入できるという事に相違はありません。 会社が異なるため、それぞれに違いこそありますが、大手のハウスメーカーならではのメリットというのはどちらにも共通してあるものです。 工務店ではなく、あえて大手のハウスメーカーを選ぶメリットというと、何があるのでしょうか? 大手ハウスメーカーの主なメリットは以下3つです。 安心感と信頼感がある• アフターサービスが充実している• 品質が安定している 大手のハウスメーカーというと、日本でも有名な大企業となります。 住宅に限らず、大手というのは 破綻のリスクがないため、安心して契約できるという魅力があるので、住宅の購入にあたってトラブルを心配する必要がありません。 家の購入というのは、意外とトラブルが起きやすいです。 特に、入居後に瑕疵(かし)が見つかったりすると、誰が瑕疵を修繕するのか、保証はあるのかで揉めやすいですね。 その点、大手のハウスメーカーともなると、入居後の アフターサービスはもちろん、保証もしっかりやってくれるので、入居後のトラブルに悩まされる心配がありません。 むしろ定期的にメンテナンスを実施してくれるハウスメーカーは、設備を長期にわたって使用できるほどです。 その他のメリットとして、住宅の安定的な品質があげられます。 大手のハウスメーカーともなると、全国から注文を受けているもの。 要するに 大量に注文できる仕組みがあるということですね。 受注の数がどれだけ増えても大丈夫なように、資材の調達から施工に至るまで、すべてが効率的になるようにマニュアル化されており、常に安定した品質の住宅を建ててくれます。 住宅の建設がシステム化されることによって得られるメリット、それは 住宅の質の安定化です。 0からすべて設計するような工務店の場合、住宅の品質は建設業者の技量次第となります。 腕が良ければ品質が上がりやすいのですが、まだ未熟な建設会社に依頼をすると欠陥や不具合のある住宅が建ちやすいです。 その点、 マニュアル化されている大手ハウスメーカーならば、不具合や欠陥を生じさせることなく、安定した品質の家を供給することができるのですね。 マニュアル化のメリットは他にもあります。 例えば、同じような家を建てられるので 完成図が予想しやすいなど。 安心感がある上に、保証も厚く、安定した品質の家を建ててくれる大手ハウスメーカーは、家を買うにあたって 失敗したくないという方ほどオススメですよ。 積水ハウスとは? 積水ハウスといえば、日本でも特に名前が知られている有名な大手ハウスメーカーです。 住宅の建設だけでなく、 分譲マンションや 賃貸のお部屋探しなど、不動産関係のサービスを総合的に提供している企業です。 住宅着工戸数が特に多い企業で、実績の数は業界でも最高峰でしょう。 まさに大手のハウスメーカーに相応しい人気企業です。 積水ハウスというと、 鉄骨住宅に強みのある企業ですが、 木造住宅も手掛けています。 積水ハウスの 「木造住宅シャーウッド」といえば、地震や台風、火事などの 災害に強いという特性があります。 また、断熱性能が強化されているため、快適に暮らすことができます。 加えて、大口の開口部などを設置できる住宅となっているため、宅内にもしっかりと太陽の光を届けることができるでしょう。 このように、積水ハウスは質の高い木造住宅も建設できます。 最新の技術を取り入れている積水ハウスの鉄骨構造住宅は 地震に強く、自由度の高い設計を可能にしています。 鉄骨構造の住宅というと、頑丈な反面、自由なデザインがし難いという欠点を抱えています。 しかし、積水ハウスの鉄骨住宅なら、1階の天井高が2,740mm、最大スパンは7,000mmと、自由に空間を広げることができます。 さらに、1階の天井を高くしつつ、2階の天井を低くするなど、 各フロアを自由にデザインできる柔軟性があるので、希望や要望が反映された好みの家を建てられるでしょう。 ちなみに工事に関しては、グループ会社の 積和建設が請け負っています。 積水ハウスは大手のハウスメーカーということもあり、全国に展開しています。 全国各地にイベントを設けているので、住んでいる場所に関係なく 住宅展示場などの情報も手に入るでしょう。 住宅の購入後の アフターサービスは 「30年保証」を約束してくれるなど、長期のアフターサービスも用意されています。 全国展開をしているほどの大手のため、安心感はどこよりもあるでしょう。 最新の技術を取り入れることで、高品質な住宅を建ててくれる上に、さらに入居後もしっかりと保証してくれるアフターサービスが充実しているなど、大手が求められる条件がすべて揃っています。 大手のハウスメーカーならではの 良質なサービスを求めているという方にとって、積水ハウスはまさに理想的なハウスメーカーとなるでしょう。 参考元: セキスイハイムとは? セキスイハイムは、日本で有名なハウスメーカーです。 全国で営業活動している大手企業であり、累積建築戸数が多く、実績豊富で安心感がありますね。 積水ハウス同様に、 鉄骨住宅に強いという特徴があります。 さらに、業界の中でもいち早く ZEH ゼッチ に取り組むなど、 エコに対する意識が強い企業でもあります。 太陽光発電やオール電化などのエコな住宅に強みのある企業のため、環境保全に興味のある家庭ほど相性の良いハウスメーカーとなるでしょう。 耐震性能や耐風、耐火性能など、災害に強い住宅であることは当然として、各家庭に合わせて様々な住宅を用意しています。 子育て向きの住宅や、エコを意識した住宅、共働きで働く家庭のための住宅、高齢の親世代と一緒に暮らすための二世帯住宅など、種類が多くあるため、セキスイハイムならば一人ひとりの事情に合った家が見つかるでしょう。 セキスイハイムの強みは太陽光発電などのエコだけではありません。 高齢者向けの住宅も手掛けています。 床段差や上下差、体力差、年齢差、そして温暖差に配慮されているセキスイハイムの高齢者向けの住宅ならば、高齢の親世帯とも安心して暮らせますね。 セキスイハイムでは、 工場で作った家を現場で組み立てる方式を採用しています。 要するに既に完成されている家をそのまま組み立てるだけなので、品質にバラつきがなく、不具合や欠陥のない 安定した家が建ちやすいということですね。 保証に関しては、 「20年の保証システム」と 「60年目まで無償の定期診断」を実施しています。 24時間365日、いつでも 無料で相談できるサポート体制もあるため、何かトラブルがあった際にはすぐに相談に乗ってもらえますよ。 大手ならではの 安心感に加え、住宅の品質は常に高く、サポート体制も充実しているなど、セキスイハイムもやはり大手ハウスメーカーに相応しいサービスを提供しています。 参考元: 「積水ハウス」と「セキスイハイム」の背景 積水ハウスとセキスイハイムは、名称こそ似ていますが、どちらも 別の企業となります。 ですが、まったく無関係の企業というわけではありません。 まず 積水ハウスについてですが、こちらは積水化学工業から 独立してできた企業です。 対して セキスイハイムは、積水化学工業の 連結子会社となります。 積水ハウスは、積水化学工業のハウス事業部から独立した会社で、セキスイハイムは積水ハウスが独立した後に積水化学工業にできた住宅部門という扱いですね。 元を正せば、どちらも 積水化学工業という共通点があります。 ただ、それはあくまで過去の話であり、現在は完全に別会社として扱って問題はありません。 どちらの会社の方が良いかで悩んだら、両社からパンフレットを取り寄せ、それぞれの一長一短を比較して選ぶと良いでしょう。 どちらも大手ハウスメーカーであることに違いはないので、似たような特徴を共通して持っています。 ではこの2社のうち1社を選ぶとした場合、どこを比較して選べば良いのでしょうか? 「積水ハウス」と「セキスイハイム」を徹底比較! 積水ハウスと セキスイハイムは、どちらも安定した品質の家を長期保証付きで建ててくれます。 大手なだけあって、信頼して家を買えることでしょう。 大手のハウスメーカーから家を買いたいという方からすれば、どちらも条件の良いハウスメーカーとなります。 ただ、会社が違うと サービス内容などに違いが生じます。 積水ハウスとセキスイハイムを比較する場合、具体的にどこを見れば良いのでしょうか? ポイントは5つです。 災害への耐性• 住宅の価格• 住み心地• 保証やアフターサービス• デザインなど設計の自由性 これらを比較して違いを理解しましょう。 1.災害への耐性はどちらも同じくらい 積水ハウスとセキスイハイムは、どちらも大手ハウスメーカーということもあってか、一定水準の品質があります。 特に 耐震性能や 耐久性能について言えば、どちらもそれほど 差はないでしょう。 そのため災害への強さに関しては、どちらを選んでも違いはあまりないです。 両者とも災害についてはしっかりと備えているので、安心して暮らせます。 2.住宅の価格はどちらも同じくらい 価格についても、どちらかの方が特別高い、もしくは特別安いということはないです。 だいたい 同じくらいの価格となるため、家の価格で比較することは難しいですね。 2社は比較的高価格なハウスメーカーとなるため、両社から見積もりを出してもらっても、価格は相場よりも高めになるでしょう。 3.住み心地など快適性はどちらも同じくらい 快適性についても、どちらも 断熱性や気密性に長けた住宅を建てているので、両社で大きな差が出ることは無いでしょう。 もちろん、細かい点について言えば、違いはあります。 ただこの辺りの違いは、主観的な問題になってくるので、客観的にこちらの方が快適だと判別することは難しいです。 どちらの方が住みやすいかは、実際に住宅展示場で 家を見て判断するしかないでしょう。 4.保証やアフターサービスは「セキスイハイム」が有利 積水ハウスとセキスイハイムは、どちらも 長期保証のあるハウスメーカーです。 そのため、入居後であっても安心して暮らせるというメリットがありますね。 ただし、アフターサービスの内容について言うと、積水ハウスよりも セキスイハイムの方がメリットが大きいです。 というのも、積水ハウスの場合、30年の長期保証があるといっても、点検が無料になる期間も 30年までで、それ以降は 有料となります。 対してセキスイハイムの場合、保証期間は20年間と積水ハウスよりも短いのですが、その代わり 点検と診断は60年間無償となります。 また、 24時間365日いつでも対応してもらえる 電話サポートがあることも、評価できるポイントです。 点検の無償期間の長さで言えば、積水ハウスよりもセキスイハイムの方が優れていますね。 できるだけ長く、今の家で安心して暮らしたいと思うなら、無償での点検期間が長い 「セキスイハイム」の方がおすすめでしょう。 5.住宅のデザインや設計の自由性は「積水ハウス」が有利 新築で住宅を建てる場合、こんな家にしたいという希望があるでしょう。 この希望にどこまで応えられるかですが、この分野に関してはセキスイハイムよりも 積水ハウスの方が優れているでしょう。 というのも、セキスイハイムは、工場で作ったユニットを現場で組み立てるという工法を採用しています。 要するに、既に規格が決まった家しか建てられず、デザインや設計に関して言えばあまり自由ではないということですね。 対して、積水ハウスの場合、 「ダイナミックフレーム・システム」という 独自の技術を用いることで、 設計やデザインを自由に変更しやすいという強みがあります。 ダイナミックフレーム・システムは、積水ハウスが得意とする鉄骨構造を進化させたものです。 圧倒的な設計自由度と比類なき高き安全性を誇るイズ・シリーズがさらなる進化を遂げました。 自由を求めて広がる大空間は、1階の場合、天井高2740mm、最大スパン7000mm。 思いのままの広さを手に入れた住まいで、暮らしの豊かさも多様に広がっていきます。 この未来の日本の家のスタンダードをつくる新構法を「ダイナミックフレーム・システム」と名付けました。 出典: 1階や2階のフロアをそれぞれ自由に変更できる積水ハウスならば、セキスイハイム以上に希望が反映された家を建てやすいということですね。 なにより、セキスイハイムは高いお金を払う割には見た目が普通で、あまりオシャレではない印象があります。 一方で積水ハウスの家は、デザインのセンスが良く、オシャレな外観をしています。 設計の自由性やデザインの良し悪しで言うと、セキスイハイムよりも 「積水ハウス」の方が優秀でしょう。 「積水ハウス」と「セキスイハイム」に関するまとめ 「積水ハウス」と 「セキスイハイム」は、歴史をたどると同じ 積水化学工業に至りますが、現在は 別個の会社です。 どちらも日本では有名な 大手ハウスメーカーであり、安心と信頼、高い品質、そして入居後も長期にわたってフォローを受けられる保証サービスなどがあります。 どちらも大手ハウスメーカーならではのメリットを備えている会社なので共通点も多いですが、 違いもあります。 価格や災害への耐性などは同じくらいですが、保証などの アフターサービスや 設計の自由性などに関して言えば違いがあります。 点検などのアフターサービスに関して言えば、セキスイハイムの方が優れています。 設計の自由性やデザインに関して言えば、積水ハウスの方が優れているでしょう。 それぞれに一長一短があるので、総合的に判断することをおすすめします。 また冒頭でも紹介した通り、納得のいくハウスメーカーを選ぶためには、複数のハウスメーカーから資料やカタログを取り寄せることが重要です。 事前の情報収集をしっかりと行った人とそうでない人では、ハウスメーカー選びの納得感が全く違います。 せっかくのマイホーム購入が、人生で一番の後悔にならないよう、しっかりと比較・検討の時間を確保するようにしてください。 あなたのマイホーム購入が少しでも納得のいくものになれば、筆者としてこれ以上嬉しいことはありません。

次の