膀胱 炎 の 原因 女。 膀胱炎の症状・原因・治し方を泌尿器科医が解説。市販薬は効く?

膀胱炎の原因|ストレスや病気で発症するの?間質性と慢性、繰り返す理由も解説

膀胱 炎 の 原因 女

ほとんどの膀胱炎は「大腸菌」が原因ですが… 膀胱はおしっこをためておくところだから「きたない」のではないか?と思われてる方が多くいますが、尿は血液からできているもので(老廃物)無菌状態なのです。 そこにバイキンが侵入してくることから膀胱の内壁が炎症を起こすのが「膀胱炎」。 そのほとんどは「大腸菌」が原因です。 大腸菌はなぜか、大腸にいるときはなにも問題のない菌なのですが、ほかの臓器に入ると炎症を起こす原因となります。 女性は肛門と尿道の距離が短いので大腸菌が侵入しやすいのが困ったものです。 排便のさい、大腸菌も外に出ます。 目に見えなくても、肛門や膣の近くに残ってる可能性があります。 それが「拭いたとき」「シャワートイレの勢い」によって尿道ちかくに移動して、侵入する…。 清潔を心掛けていてもなかなか難しいものもありますね。 しかし、最近若い女性に多くなりつつあるのが「クラミジア」による膀胱炎なのです。 クラミジアってなに? クラミジア感染症は性感染症のうちでもっとも多い病気です。 クラミジアに感染する患者は、女性が60%以上を占めます。 クラミジアへの感染は、男女とも性交渉が活動的な若年層に多く、特に女性に多いのが特徴です。 20歳から24歳までの女性患者数は、男性患者数の2倍近い数にのぼります。 クラミジアは、無症状。 つまり「かかっている自覚症状がない」というのが特徴です。 泌尿器科や婦人科で診断したり治療せずにいることが多く、本人も自覚がないまま、いつの間にか恋人に感染を拡げてしまうことが多いのです。 他の病気や健康診断で初めて発覚することもすくなくありません。 クラミジアは人や動物の細胞に寄生します。 男性の場合は• 尿道炎• 副睾丸炎• 無精子症の原因 になったりする病気ですが、自覚症状はありません。 女性の場合は• 卵管炎• 骨盤腹膜炎• おりものが多くなる• 子宮頚管炎• 不妊症 などを引き起こします。 クラミジアによる膀胱炎が増えつつある理由は? クラミジア感染症は性感染症。 セックスで感染します。 男性の精子と一緒に排出されます。 コンドームをしない状態でセックスし、射精した精子が尿道近くにある場合、膀胱炎の原因になります。 クラミジアはつい放置してしまいいがちですが、膀胱炎を引き起こすと当然自覚症状があります。 クラミジアはウイルスと細菌の中間のような性質を持つ微生物ですが、体の免疫力(殺菌能力)によって退治は可能で膀胱炎の治療により、治ってしまうことがほとんどです。 やっぱり免疫力が大切 わたしたちの体のなかには、ウイルスや細菌、カビ、寄生虫など体に害を及ぼすものから自分自身をまもり、それらを排除する「免疫力」があります。 免疫は主に白血球の働きによって作られます。 マクロファージ• NK細胞• T細胞• B細胞 というさまざまな種類の免疫力が連携して、外敵から体を守ります。 しかし、病気やストレス、寝不足や食生活の乱れから免疫力が低下すると、ふだんなら起きない炎症をおこしたりしてしまいます。 膀胱炎を起こさないようにするには、原因菌が何であれ免疫力を落とさない生活を心掛けましょう。 体の巡りをアップして免疫力がぐんぐんあがる「膀胱炎にならない天然果汁」はサジージュース! サジーは天然果実なのでとれる量に限りがあるそうです。 急いだほうがいいかも! がに投稿。 カテゴリー:。 記事ナビゲーション.

次の

女性が膀胱炎になるとオリモノに症状は出る?原因は性行為って本当?|おりものケアサイト

膀胱 炎 の 原因 女

睡眠不足、風邪、過労等により、体の免疫力が低下している場合にも発症しやすくなる。 服用した薬剤、食べ物の刺激等が原因になる場合がある。 生理用ナプキン等をまめに交換しないと細菌が繁殖しやすくなる。 性別・年齢・妊娠中で原因が異なる場合も 女性は体の構造的に細菌が入りやすい 女性特有の体の構造上、 尿道口のそばに膣や肛門があるため細菌が付きやすい、 尿道が短いため膀胱内に細菌が入りやすい、 生理時の経血により外陰部が清潔な状態を保ちにくい等により膀胱炎を起こすと考えられています。 慢性膀胱炎は、 前立腺肥大症、尿路結石、腫瘍(尿路に生じた)等が原因で発症するケースが多いようです。 乳幼児では、免疫機能が未発達なため細菌感染を生じやすく、 女児に多く発症する傾向にあります。 トイレの回数が増える。 トイレの度に痛がる。 乳児であれば機嫌が悪くなる。 その他、 発熱、血尿などといった症状があれば、膀胱炎の可能性があります。 また、間質性膀胱炎や骨盤痛症候群と呼ばれる原因不明の膀胱炎もあり、酸っぱい、辛い等の食品等、子どもの体質に合わないものを食べた場合に症状が出現するケースがあるようです。 妊娠中は膀胱の大きさやホルモンの変化により発症 妊娠中は、大きくなっている子宮に引っ張られるように 膀胱も大きくなり、尿を溜める容量も増える傾向にあります。 すると、尿が膀胱内に長時間留まるようになり、膀胱炎を発症しやすくなる場合があります。 また妊娠中は、 エストロゲンやプロゲステロンの分泌が増加し、膀胱を収縮させる平滑筋の機能が低下するため、膀胱炎を起こしやすくなる場合があります。 さらに、妊娠中の 免疫力の低下によりおりものが増加し、細菌が繁殖しやすくなり膀胱炎を発症させる場合があります。 膀胱炎は繰り返すの? 膀胱炎を発症すると、生活習慣の見直しや改善を行わない限り、再発する可能性があると考えられています。 膀胱炎を繰り返すわけ 下記の理由が考えられます。 症状が回復してきたので受診を停止したが、実は完治していなかった。 (膣や腸に菌が残存しているため)• 尿路に何らかの異常が生じているため、膀胱炎の症状を繰り返している。 ステロイド薬を服用中により、免疫力の低下がみられ、膀胱炎に移行することがある。 間質性膀胱炎を発症すると、膀胱の痛み、頻回な尿意、残尿感等の苦痛が続くが、確立された治療方法がないため、対症療法を行うことになり、長期にわたり再発と寛解を繰り返しやすくなる。 膀胱炎以外の膀胱疾患がある場合に、膀胱炎を繰り返しやすくなるケースがある。 (膀胱結石、神経因性膀胱、膀胱がん等) 慢性膀胱炎の男性、閉経後の女性は特に注意が必要 男性が膀胱炎を発症するのは、何らかの原因や病変が潜んでいるケースが多いため、回復に時間がかかり、再発を繰り返しやすいといわれています。 男性で膀胱炎症状のある方は、早めに泌尿器科で検査を受けましょう。 また、閉経後の女性は、 女性ホルモンの分泌が減少することで膣の潤滑が悪くなり、萎縮性膣炎を発症しやすくなり、膀胱炎を引き起こし、再発するケースも多いようです。

次の

膀胱炎の原因|ストレスや病気で発症するの?間質性と慢性、繰り返す理由も解説

膀胱 炎 の 原因 女

性行為が原因で膀胱炎を発症することがある 膀胱炎は、膀胱に侵入した細菌が増殖して炎症を起こす病気で、発症すると排尿痛や頻尿、血尿といった症状がみられます。 性行為が原因で膀胱炎を発症してしまうのは、腸や腟に付着していた細菌を尿道に押し入れてしまうことがあるためです。 また、不潔な状態で性行為をすると、身体についていた細菌が尿道から侵入し、膀胱にまで達してしまうこともあります。 ちなみに、膀胱炎は誰でも発症する可能性がある病気ですが、身体の構造上、男性より女性のほうが発症しやすいと言われています。 これは、女性の尿道が短いのに加えて、尿道のすぐ近くに腟や肛門があるため、外から細菌(大腸菌であることが多い)が膀胱に侵入しやすいためです。 膀胱炎の症状 膀胱炎は以下のような症状が現れるのが特徴です。 性行為のあとにこれらの症状が出たときは、病院を受診して適切な検査・治療を受けましょう。 また、膀胱炎を繰り返さないためにもコンドームを着用する・性行為前の入浴を徹底するなど性行為の在り方についてパートナーと話し合うことも大切です。 下腹部痛• 発熱(37. 5度前後の微熱が多い)• 頻尿、残尿感• 尿の濁りや血尿• 排尿痛 性行為による膀胱炎、どうすれば予防できる? 性行為がきっかけで膀胱炎にならないよう、以下のことに気をつけましょう。 性行為の前後は、必ずお風呂やシャワーで身体を清潔に 自分自身はもちろん、パートナーもお風呂やシャワーで身体を清潔にしましょう。 性行為の後は必ずトイレへ トイレに行って排尿すれば、性行為中に尿道や膀胱に入ってしまった細菌を洗い流すことができます。 また、水分を多めに飲んで、排尿量を増やすこともおすすめです。 コンドームをつける コンドームをつけると細菌などが体内に侵入するリスクを下げることができるため、避妊だけでなく、膀胱炎を始めとする病気の予防にも効果があります。 疲れているときは性行為をしない 膀胱炎は細菌に対する抵抗力が落ちているときに発症しやすくなります。 疲れているときや、睡眠不足が続いているときは性行為を控えましょう。 おわりに:性行為が膀胱炎の原因になることを知っておこう 性行為が原因で発症する病気として、まっさきに思い浮かぶのは性感染症かもしれませんが、この記事で解説したように、膀胱炎を発症することもあります。 性行為の前後にシャワーなどで身体を清潔にするのはもちろん、コンドームを使って予防しましょう。 また、性行為をきっかけに膀胱炎になることが多いという人は、繰り返さないためにもパートナーと性行為についてきちんと話し合ってくださいね。

次の